株式会社トライアンフ さん プロフィール

  •  
株式会社トライアンフさん: 株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ
ハンドル名株式会社トライアンフ さん
ブログタイトル株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ
ブログURLhttp://higuchi.triumph98.net/
サイト紹介文人事採用コンサルティングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。
自由文書籍紹介
http://www.triumph98.com/company_info/book/index.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供383回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2009/09/10 09:36

株式会社トライアンフ さんのブログ記事

  • 平日ゴルフについて
  • ゴルフに夢中であったころ、平日にゴルフに行く事が何度かあった。実は、毎回後ろめたかった。後ろめたいので、スマホでしょっちゅうメール確認する。こういう時に限って、ロクなメールが来ないので、イライラしてスコアも悪い。おまけに帰りが自... [続きを読む]
  • 外国人パワー
  • お客様の要請でとある経営者勉強会の合宿の講師で箱根へここで驚いたのは、アジアからの外国人の多さ恐らく宿代3万円以上する高級な宿泊施設だが、7割が外国人らしい。スタッフも、バンバン英語を話す。箱根全体でも、海外からのお客様が多くそれで成り立... [続きを読む]
  • 人間性の高さ
  • 羽生選手宇野選手がワン・ツーフィニッシュという感動的幕切れとなった男子フィギュアラグビー以外のスポーツを生放送で観るのも珍しい。それにしても、4年に一度きりのこの舞台であの演技をする精神力と我々には見えない日々の過酷な訓練やリハビリトッ... [続きを読む]
  • 学びの場
  • 久しぶりの講演は、社労士の方々の定期勉強会、何と400人以上の参加者があった。テーマは、事業継承を人的側面から議論するというものだ。僕もまだ道半ばのこの壮大な実験に対して、社労士の方々からどんな反応があるのか、楽しみだった。... [続きを読む]
  • お酒の話
  • 社内の宴席では、アルコールを口にしたことはほぼないので、いつも当然のように「樋口さんは、烏龍茶ですか?ジンジャーエールにしますか?」と訊かれる。実は、全くの下戸という訳ではなく、気のおけない仲間の宴席では、多少飲む事もある。... [続きを読む]
  • 第2回 中国学生スカウトフェア
  • 日曜日からはいよいよ学生との面接が始まった。事前に書類選考した学生達3人と7回のグループ面接を熟す。最近こういう業務はしていないから、老体にはなかなか堪えるが、笑顔で頑張った。前回に続き、学力や意欲面では日本人学生を超える子も... [続きを読む]
  • 紹興の街
  • 水の街 紹興。古い建物や寺院 、観光名所と近代的な街並みが混じり合う様は、なかなか居心地が良い。早朝の散歩での一コマです。そして駐車場には至る所にドイツ製高級車がある。想像だが、裕福な人達が比較的多い街なのではないだろうか。 [続きを読む]
  • 杭州にて
  • 土曜日早朝に成田空港に着いて全日空機で杭州に入った。去年から始めた中国人学生採用イベントの第2弾である。土曜日は、集合した企業の会社紹介のみ学生は150人ほどか、前回よりも男子学生が多い。彼等は、学んでいる日本語をブラッシュアップするため... [続きを読む]
  • 誰のためか
  • まあ懲りずに続けているこのブログのおかげで、「ブログは社員教育ですか?」と聞かれることも多い。だがしかし、恐らく140人程の社員のうち、これを熱心に読んでくれているスタッフは、1/4程度だと思う。お客様やパートナーでも読んでいただく方々多い... [続きを読む]
  • 知りたがり
  • 組織が整って来ると、当然役割分担がされて、現場で起きている事を知ろうとすると、部下の報告に頼るようになる。普通の中小企業経営者にとってこれは、実は、寂しい事だ。恐らく自社の事は何でも知っておきたいという気持ちは、社長の本能或いは... [続きを読む]
  • お先に
  • 最近は、夕方6時の定時前にオフィスを出る事がままある。会食ということもあるけど、その後の用と言えば、犬の散歩と読書だけ、という日もある。働き始めて30数年こんな日が来るとは思わなんだ。最初は、予定がない事が恥ずかしく無理に予... [続きを読む]
  • 貞観政要
  • この本は、唐の第2代皇帝李世民(太宗)の言行録。もちろん中国のこうした書物を読んだ訳ではなく、前ライフネット出口さんの勉強会で使われたテキストだ。名君と呼ばれる稀代のリーダーの要件として大変驚く内容があったので紹介する。1 ... [続きを読む]
  • 会社からの自立
  • なかなか難しい事だと思うけれど、会社に従属して言われた事を黙々としていく人生はつまらないと思う。我慢して得られるものもあるが、それが幸せには結びつかないのではないかと思う。今週は、大阪のお客様の管理部門スタッフの方々と面談させていただいた... [続きを読む]
  • 海辺のホテルで
  • 昨日は、新卒入社で丸7年前線で頑張ってくれているスタッフの結婚披露宴があった。横浜公園とその先の海を一望できる素敵なホテルだった。いつもスタッフのめでたい席は経営者としての最高の喜びだが、今回はいつも以上に楽しみにしていた披露宴だった。... [続きを読む]
  • 棲月(今野敏)
  • 大好きな今野敏さんの「隠蔽捜査」シリーズ今までのシリーズでは、主人公の東大出のエリート警察官僚である 竜崎伸也のパーソナリティに実現出来ない自分を投影して一喜一憂するのだが、今回のシリーズは、なんだか人間臭くて、最後はホロっとしてしまう内容... [続きを読む]
  • 自社の採用が悩ましい
  • 当社は、人事部門の方々の間では、少しは知る人ぞ知る、という具合かもしれないが、一般の方々にはまだまだ無名の会社だ。それが一番困るのは、何と言っても採用である。経験者採用をしていると、新卒採用時に会えていればなあ、と思う事... [続きを読む]
  • 世界で何が起きているか?
  • リーダーは、広い視野が求められると良く言われるが、その通りだと思う。普通の人は、自分の興味がある事だけを考えていれば良いかもしれないが、リーダーには責任があるので、それだけでは済まない。「知らないこと」「知ろうとしないこと」は無責任だと思う... [続きを読む]
  • がぶ飲み力
  • よく紹介するように、当社は、どちらかというと女性スタッフができがいいので、リーダーポジションにオファーするのも、彼女たちのほうが数が多い。 顧客に責任感をもって、仕事をきちんとしてくれる彼女たちは、「上司」というものを「困ったと... [続きを読む]
  • 死なない食事
  • 土曜日は、熊本での読書会今回のテーマは、食事と健康参考本は、以前ここでも紹介した神尾哲男さんの「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」多忙な若手に対して食事に気を配れというのは、昔の自分を振り返れば、なかなか難しい... [続きを読む]
  • 新聞の話
  • 40年近く続いた「朝の新聞購読」という生活習慣をついにやめた。合理的な理由はとにかく勇気のいる事だった。だって、日経新聞を毎朝読む事はビジネスマンの常識以外の何物でもなかったからね。こんな時代が来るとは思わなかった。友人の日経... [続きを読む]