てるてる さん プロフィール

  •  
てるてるさん: 旅食同源 〜単なる旅好き〜
ハンドル名てるてる さん
ブログタイトル旅食同源 〜単なる旅好き〜
ブログURLhttp://tantabee.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文写真付き旅日記、たまに楽器演奏、生活日記
自由文常に次はどこに旅行しようか考える私。
長い休みが取れれば大抵旅に出ます。
国内海外場所を問わず、移動手段は鉄道がメインで、飛行機も利用。
最近は、おかげ様で海外出張もあり、外国を車で移動することもあります。
旅にでない時は楽器演奏したり、仕事に関わる資格の勉強したり。そんな日々を過ごす内容です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2009/09/12 09:38

てるてる さんのブログ記事

  • 2018.05.02 港澳旅5日目 帰国
  •  この旅も5日目で最終日。朝食後に宿泊地近くでお土産の菓子を買って、荷物整理をしてチェックアウト。フェリーターミナルまではバスで行こうと思ったが、荷物が大きくて歩くのが面倒だったので、タクシーで移動した。フェリーターミナル前では11月のマカオグランプリの広告。マカオから香港の空港まで直接行く高速船を旅3日目にマカオに到着した時に予約していた。香港の市街とマカオとの間は1時間に何本もあるぐらい本数が多い [続きを読む]
  • 2018.05.01 港澳旅4日目(4) マカオ・コタイのリゾート地から
  • タイパからコタイに入るところに中国人民解放軍の駐屯地がある。マカオも中国の一部なんだなと感じさせる場所である。人民解放軍の施設の向こうには、ギャラクシーマカオ。何とも対照的な建物である。タイパ島内に数年以内に新交通システムが開通する予定だと聞く。第1段階は空港からコタイのリゾート地までだが、将来はマカオ半島側にも開通する予定だという。まずは、ベネチアンマカオに入ることにした。火曜日でありながら、建 [続きを読む]
  • 2018.05.01 港澳旅4日目(3) マカオ タイパ島
  • コロアネ島からコタイのリゾート地を経由して、タイパ島に到着。ここから観光地を歩いて最終的にコタイのリゾート地まで歩くこととする。まずは官也街から。壁画が印象的。官也街は軽食の店や菓子屋などがずらりと並ぶ。試食できるところも。官也街から外れると、閑静な地元住民の街。食べたいっ!!古い街並みの向こうはコタイのリゾート地。ギャラクシーマカオが見える。街中の壁画を見て回るだけでも楽しい。カルモ教会。1885年に [続きを読む]
  • 2018.05.01 港澳旅4日目(2) マカオ コロアネ島
  • 石排湾郊野公園からバスで路環市区まで数分の移動。コロアネ(路環)で一番の見所は聖フランシスコ・ザビエル教会。1928年に建てられた教会で、中はこじんまりとしている。前から気になっているが、韓国人の像が教会内にある。韓国ドラマの撮影にも使われたことがあるのだとか。コロアネの狭い路地を進む。コロアネの街の南端にある譚公廟という道教寺院。航海の安全を守る神様が祀られている。譚公廟から海岸沿いを進む。対岸は中国 [続きを読む]
  • 2018.05.01 港澳旅4日目(1) マカオでパンダを見る
  • 旅4日目。マカオの島部をメインに巡る1日。新馬路からバスに乗って、石排湾郊野公園で下車。バスを降りて、もと来た道を少し歩いて戻ると、石排湾郊野公園の入口にたどり着く。バス停にはこの案内が全くないので、前回それを知らずにバス停から前の方に進むと動物園ではなくて、山道に入ってしまった。当時の話はこちら。ここでのお目当の建物へ。動物園全体の入場料は無料なのだが、この建物だけは1人10パタカ(約130円)。65歳以上 [続きを読む]
  • 2018.05.26 諏訪大社(長野県)
  • 1泊2日で行きは中央道、帰りは新東名を通る城と御朱印めぐりをしてきた。5月20日にTOEICの試験があって、事前打ち合わせは直前の5月23日に行ったが、今年から2巡目をスタートした日本100名城と、新たに開始した続100名城めぐりがメイン。神社寺院はその途中にあればそこを参拝しようということに。5679朝5時半に旅の相方が迎えに来て自宅を出発。渋滞も殆どなく順調に進む。目の前に八ヶ岳が見えて来たら、間も無く長野県入り。568 [続きを読む]
  • 2018.04.30 港澳旅3日目(2) マカオ入り
  • マカオのフェリーターミナルからタクシーで宿泊先へ移動。4年半ぶりのマカオは随分道が変わったような感じがする。宿泊先に荷物を置いて、早速マカオの街歩きスタート。新馬路から1本南側を走る福隆新街から。過去何度かマカオに来ているが、この辺りを歩いた記憶はない。新馬路の民政総署前に出ると、車も人も多い場所だった。正面の建物は郵便局。民政総署の建物に入る。ここはポルトガル統治時代に政治や自治を行っていたところ [続きを読む]
  • 2018.04.30 港澳旅3日目(1) 香港 黄大仙からマカオへ
  • 旅3日目。マカオに移動する日なのだが、船での移動の時間は決めていない。そんなわけで、香港の主なところでまだ行っていない場所に朝訪問することにした。油麻地からMTRに乗って、黄大仙で下車。駅前は寺院に関連した用品のお店と、後ろには高層のアパートが林立している。メインは黄大仙廟。月曜朝11時頃にしてこの参拝客の多さ。この道教寺院は元々中国本土にあったが、宗教が禁止されてこの地に移転してきたのだという。神様が [続きを読む]
  • 2018.04.29 港澳旅2日目(4) 香港 尖沙咀・旺角の夜
  • 旅2日目。尖沙咀からフェリーで中環に渡り、上環まで歩いて、西港城からトラムに乗って北角まで行き、折り返しで銅鑼湾まで行ったところまでは前のページで書いたとおりである。このページでは、夕方に地下鉄MTRで尖沙咀に戻ったところから書くことにしたい。というわけで、尖沙咀のマイメロまで戻ってきた。朝はさほど人はいなかったが、18時頃はこのように賑わっている。尖沙咀にて早めの夕食。蒸し暑い中、歩き疲れたのでビール [続きを読む]
  • 2018.04.29 港澳旅2日目(3) 香港 上環から北角までトラムの旅
  • 中環から上環の西港城まで歩き、ここから北角までトラムに乗って移動する。一部の電車がここが始発なので、確実に座って移動ができる。この電車に乗って移動することにした。後扉から乗って、料金は後払い。2階席の一番前に座れた。ここから北角までここからの車窓をどうぞ。左の線路は上環から更に西へ向かう路線で、こちらは右側を進む。香港のトラムは片側にしか運転台がなく、前にしか進めない。そのため、車内の座席も横向き [続きを読む]
  • 2018.04.29 港澳旅2日目(2) 香港 中環から上環まで
  • 九龍側の尖沙咀からのフェリーを中環で降りたところからの話。降りてすぐのところでは、日曜市が開かれて野菜が売られていた。中環のアップルストアは、通りの真上にある。1階の道路部分は、2階建てバスが通り抜けられる高さは確保している。この日は日曜日。ということで、中環の中心街には出稼ぎのフィリピン人と思われる女性が多くたむろしている。実は、この辺りで便意を催してしまう。目の前のデパートにあるかと思って入った [続きを読む]
  • 2018.04.29 港澳旅2日目(1) 香港 佐敦から尖沙咀まで歩く
  • 旅2日目。佐敦(ジョーダン)のホテルで朝を迎え、朝食後に街に出る。前日は夜遅くなったので、10時過ぎのスタートになった。2階建てバスがひっきりなしに走る彌敦道(ネイザンロード)を南進する。建物がコロニアルな雰囲気を醸し出し、木々は南国を感じさせる。キャラクターが並ぶ階段を進むことにした。階段を進んだ先にも、キャラクター像が並ぶ通り。中華圏では知られたキャラなのだろうか。私には全くわからない。キャラクター像 [続きを読む]
  • 2018.04.28 港澳旅1日目(2) 香港 九龍からビクトリアピークへ
  • 香港の入国審査はかなり並んだ。到着便がちょうど重なったようで、過去に経験したことがないぐらい。30分以上並んだので、入国の紙をもらった時(香港はスタンプ押されない)には既に預けた荷物がターンテーブルに乗っている状態だった。香港のホテルは彌敦道(ネイザンロード)沿いにあって、空港からの鉄道駅から中途半端に離れているので、バスでの移動。案内所で聞いて、佐敦駅まで行くにはA21番に乗るように勧められた。橋を渡っ [続きを読む]
  • 2018.04.28 港澳旅1日目(1) 香港までの車窓から
  •  去年のGWは長い連休を丸々利用して、フィンランドからバルト三国に下り、経由地イスタンブールで乗り換えの時間を利用して街に出るという内容の濃い旅をした。その前は、母親を連れて台湾へ。更にその前は北欧、スイス、マルタ、ベルギー周辺・・・という過去で、ヨーロッパに行くことが多い。 今年は、連休後半に演奏に参加する案件があり、また地元で行きつけの麻辣鍋を予約していて、それもあって短い旅程の旅をすることにな [続きを読む]
  • 2018.04.15 春旅3日目(2) 錦帯橋・吉香公園・岩国城
  • 椎尾神社から歩いて錦帯橋へ。「内務省」って書かれているので、石柱の設置は戦前ということになる。新緑に錦帯橋。何度も訪れているが、天気が良かったのはいつ以来だろうか。今回の最終目的地は山の上にある岩国城。橋を渡る前に、橋の通行、ロープウェイ、岩国城の入場がセットになった券を購入。桜の時期が終わって、観光客の数は駐車場の様子を見る限り落ち着いている。2つある囲いのうち、奥の方が巌流柳の木と言われている [続きを読む]
  • 2018.04.15 春旅3日目(1) 御朱印めぐり岩国市
  • 岩国の親戚宅を3年ぶりに訪問し、そこから市内の神社めぐりの話。市内の今津からバスに乗って、錦帯橋の1つ手前の椎尾神社で下車。前回と同じパターンかも。赤い幟が立ているところが神社の参道。正式には椎尾八幡宮である。階段の途中にあるのは境内社の稲荷社。拝殿に到達するまでに、他に淡島社と荒神社もある。1626年に岩国藩(当時は藩として正式には認められていないが)の藩主吉川広正が駿河八幡宮と地元の道祖神を合祀して岩 [続きを読む]
  • 2018.04.14 春旅2日目(4) 広島造幣局花のまわりみち
  • 今回の旅行で五日市を歩いて回るに際していろいろ調べていたら、ちょうどこの日に広島造幣局の桜の公開と重なることが分かった。五日市にある造幣局へは、小学校の社会科見学で中に入ったことがあったが、それ以来の訪問なので35年ぶりである。JR五日市駅の改札を出たところにも造幣局の案内があった。昔は造幣局前を通る通常の路線バスがあったが、今は廃止となり、毎年開催期間中は造幣局までシャトルバスが出ている。というわけ [続きを読む]
  • 2018.04.14 春旅2日目(3) 御朱印めぐり広島市佐伯区
  • 佐伯郡五日市町が広島市佐伯区になって何年が経ったのだろうか。私が住んでた頃は五日市町で、佐伯区になる前に引っ越したので、佐伯区という地名にいまだに違和感があり、五日市という地名の方がしっくりくる。そんな街の御朱印巡りをした話を書きたい。JRの五日市駅は明治時代から存在する駅。そのためか、14両編成まで停車できるホームが今も残っているが、今走っているのは長くても8両編成。五日市駅の改札を出たところに歴史 [続きを読む]
  • 2018.04.14 春旅2日目(2) 御朱印めぐり廿日市・草津(広島)
  • 広電廿日市から廿日市市内の御朱印めぐりスタート。駅のホームとバス乗り場の高さが変わら図、すぐに乗り換えられる位置にあるなんて、理想のバリアフリーである。電車の本数並みにバスも走ってれば問題ないんだけど、そういう訳にはいかないんだろうな。駅から歩いてすぐの場所に、崖の上にある天満宮が見える。藤の花が崖に咲き誇っている感じ。崖の上にある廿日市天満宮は、鎌倉時代前期に厳島神社の神主として赴任した藤原親実 [続きを読む]
  • 2018.04.14 春旅2日目(1) 500 TYPE EVA乗り納め
  •  今回の旅行の最大の目的は、新幹線のTYPE EVA乗り納めのため。前回2016年2月に新大阪から広島まで乗車したので、今回は反対方向の博多から広島まで乗ることにした。(参考)前回のTYPE EVA乗車記ホテルを朝6時前にチェックアウトし、博多駅へ。この時間は人通りがほとんどない。なぜ乗り納めなのか?5月13日で運行終了する為である。14番線から6時40分に出発とのことだが、早すぎただろうか。その前に出発のひかりレールスター [続きを読む]
  • 2018.04.13 春旅1日目(4) 御朱印めぐり天神・博多
  • 太宰府から西鉄電車で福岡天神まで移動。途中の西鉄二日市から特急車両が知らない間に新しくなってる。先代の特急もまだ古くなかっただろうに、もう入れ替えちゃったんだね。車内は混んでいたが、快適に移動することができた。天神の駅から歩いてすぐの警固神社(けごじんじゃ)ヘ。元々は今の福岡城にあったが、江戸時代に入って福岡城築城に際し、この地に移転してきたという。天神の駅前に位置し、周辺は繁華街。神社に隣接してい [続きを読む]
  • 2018.04.13 春旅1日目(3) 御朱印めぐり太宰府市
  • 大宰府政庁跡に隣接した戒壇院から御朱印巡りスタート。奈良時代に東大寺、下野薬師寺と並んで、隣接の観世音寺は「天下の三戒壇」と呼ばれ、正式な僧侶になるために授戒を行う場所だった。江戸時代に観世音寺を離れて、今は臨済宗妙心寺派に属している。隣の観世音寺も残されていて、奈良時代から続く寺院ということで、宝物館は必見。奈良時代の寺院らしく、仏像の周囲置かれていた四天王像もある。宝物館内は撮影不可。観世音寺 [続きを読む]
  • 2018.04.13 春旅1日目(2) 水城・大宰府政庁
  • 福岡空港から博多に向かい、荷物を預けて鹿児島本線で水城(みずき)まで。続100名城の案件がなかったら、ここでは下車してなかった。水城駅構内に水城の案内があり、みどりの窓口には続100名城のスタンプも置かれている。ガイドブックには、スタンプ設置とは書いていないが、これは大事な情報である。当初は水城館まで歩いてスタンプを押す予定だったが、早速ここで済ませた。水城駅は大野城市に位置する駅。ここから水城の跡を目指 [続きを読む]
  • 2018.04.13 春旅1日目(1) 飛行機で羽田から福岡へ
  • 土曜の朝に乗りたい電車があって、それが目的で前日の金曜日も休暇を取った。羽田を朝7時25分発に出る飛行機に乗って福岡に向かった。以下、福岡までの車窓をどうぞ。離陸直後の川崎上空。横浜内陸部だろうか。真ん中辺りにスタジアムが見える。富士山と左に山中湖、真ん中に富士吉田市街、右に河口湖。左に西湖、右に本栖湖、その左にある小さな湖は精進湖。この先、上空にもやがかかって、うまく撮影できない状態が兵庫県まで続 [続きを読む]
  • 2018.04.08 日本100名城 佐倉城 そして麻賀多神社へ
  • 本佐倉城を見た後は、佐倉城へ。2016年12月に日本100名城めぐりの1巡目を締めくくったとき以来の訪問である。当時のページはこちら↓http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03前回は麻賀多神社から佐倉城に向かったが、今回は京成佐倉駅から歴史博物館方面に歩いて入る。そうするとあるのが外堀。石垣を使っていないのが特徴。佐倉城は明治時代に入って取り壊されて、陸軍の練兵場や国立病院が置かれ、現在は一部が国立歴史 [続きを読む]