盆 栽男 さん プロフィール

  •  
盆 栽男さん: 盆 栽男の超ミニ盆栽
ハンドル名盆 栽男 さん
ブログタイトル盆 栽男の超ミニ盆栽
ブログURLhttps://ameblo.jp/tyoumini/
サイト紹介文超ミニ盆栽の楽しさを紹介するページです。
自由文超ミニ盆栽は新しい盆栽のスタイルです。

既存の決まりや習慣にとらわれないで新しい楽しさと美しさを創り出して下さい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/09/12 17:16

盆 栽男 さんのブログ記事

  • とうかえでの超ミニ盆栽
  • トウカエデ3人衆大きさは異なっても 同級生。(10年生くらい) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 竹串に巻き付けて作ったクネクネ盆栽5年生 盆栽なんか貧乏人でもできる。確かにそうなんですが盆栽ほど恵まれた人しかできない趣味も少ないかと思います。時間に恵まれ 健康に恵まれ 小金に恵まれ 家族に恵まれ仲間に恵まれこれ以上はない程の幸せ者にしかできない趣味です。堂々と幸せ者をア [続きを読む]
  • にれけやきの超ミニ盆栽
  • ↑ニレケヤキ 挿し木8年くらい ↑ニレケヤキ挿し木8年くらいニレケヤキは挿し木がしやすいので挿し木の練習には適しています。 2又に分かれた部分を挿し木すれば双幹の盆栽ができます。小指の太さくらいまでなら挿し木できるので盆栽として作っておいてから 切り取って挿し木することもできます。 左ニレケヤキ8年生   右ニレケヤキ8年生 切り戻し雑木類は切り戻しの季節です。毎年 1節もしくは2節 背が高くなる [続きを読む]
  • かわる2
  • 相手が変われば 自分も変わらずを得ない仕方ないですね。windous7これでいいですと言っているのに 無理やり10に変えられてしまったばかりに このブログの書き方が表示される画面と同じように書けたのが HTML形式でしか書けなくなってしまいました。IEで見ていただくお客様は画面が変にはなっていないようです自分の画面が隙間だらけの変な画面に見れてしまうのは気分が悪いですね。 またカメラから画像を取り出してブログ用 [続きを読む]
  • かわる
  • 変わる  盆栽は生き物なので同じ姿ではいられません。    千変万化は世のならいです。 本では3幹でしたが 元気一杯より 幽玄枯淡のほうがよかったりもします。3幹が双幹になりました。 私の盆栽歴では最初の20年くらいは大きさにこだわらなかったのですが 雅風展は出展するジャンルがきまっているので10センチクラスに整理しました。そして現在は体力的にも超ミニ盆栽になっています。 [続きを読む]
  • 無理
  • 無理なことはあります。超ミニ盆栽でクロマツの本格的な模様木はできません。雅風展の10センチクラス 7センチクラスの主木はクロマツの模様木を使うのが通例になりますが それ以下の小さいクラスではクロマツで重量感のある形は私にはできません。クロマツはヒョロヒョロ樹形でお茶をにごしていますがズングリムックリ樹形で3センチの鉢に入るクロマツを作ってみたいですね。 ヒノキとクロマツの寄せ植えです。5年生くらい [続きを読む]
  • 小さきもの
  • 小さい盆栽を集めています。小さきものは愛らしい。 ↑今年実生のカリン寄せ植え。1本では淋し過ぎて見れない樹でも10本以上まとめればそれなりの存在感が示せます。 ↑ 青シダレモミジの2年生。青シダレモミジは実が出来難く 発芽率が悪く実生の小さい苗木は貴重です。↑コハウチワカエデ(衣笠)の実生3年生。↑トウカエデの実生3年生↑コハウチハカエデの実生3年生↑ヤマモミジ実生3年生。・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 小さいから
  • イヌシデの今年の実生です。 鉢に落ち着くまで1ヶ月たてば    飾って楽しむこともできます。    小さいからこそ 可愛いからこそ 種まきの楽しみ    鉢合わせの楽しみ   飾る楽しみができます。 左はモミジ 右はトウカエデ 共に実生5年生くらいです。左のモミジの幹に注目していただくとポチポチと芽当たりが見えます 葉があった場所です。ポチポチが6カ所なので実生6年生がわかります。小さい [続きを読む]
  • 小さくても
  • 小さくとも頑張ってるよ。 カメラの上のモミジは昨年の実生2年生です。小さいモミジを作るコツは 軸きり挿し芽を行なうか。自然実生で日当たりのよい場所に生えているのをなかでも小さい苗木を捜します。大きい鉢へ植えてしまうと大きくなってしまうので出来るだけ小さい鉢を用います。 上の写真は今年のネムノキ1年生です。(真ん中の太い木だけが1本2年生)ネムノキは私が植え替えると枯れやすいです。今回は根を乾燥させな [続きを読む]
  • 挿し木の季節
  • 6月は衣替えの季節 挿し木・取り木の季節です。 ↑コップのふち子さんキティー編↓ヤマモミジの実生3年生くらい ↓コハウチハカエデ実生3年生くらい ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・挿し木の奨め盆栽の苗木を得る方法に実生挿し木取り木などがありますが 一番手軽にできて成功か失敗かも判りやすくお勧めです。 ↑赤花のアセビ昨年の6月頃挿し木しました。色の薄い部分が今年伸びた枝で このぶぶんを折りと [続きを読む]
  • 同級会
  • 同窓会・同級会はとても苦手なので なんらかの理由をつけて出席を断ってきました。もう私の年代になると 案内状は少なくなりホッとしています。 3本のモミジは超ミニ盆栽を始めて間の無い頃に植え付けましたので実生10年以上になります。幹は細いですが10年の歳月で太りが大きくなり鉢に入らなくなってきました。出来る範囲で切り戻しもして背が大きくならないようにもしています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • お元気ですか
  • 岡本君 ・ 太郎君 お元気ですか?どちら様も 年とりゃーたなも。 この鉢へ入れて3年目だよね。戦うための角が1本折れても 関係ないね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ちょっとした細工まっすぐな幹では物足りないと思う人はこんな方法もあります。1.木が活動している5月〜7月に行う2.曲をつけたい箇所を事前に曲げたり戻したりして軟らかくしておきます。3.曲げる場所 [続きを読む]
  • 軸きり挿し芽論
  • じくきりサシメロン(挿し芽の方法)です。 (  トウカエデ  )(平成28年5月10日掘り出しました)超ミニ盆栽ファンの皆様には 実生する場合は軸切り挿し芽を推奨していますがそんな面倒な作業は必要なの?と私も思う方でした。 最近になって方針変更したので実際に経験したことをお話できずに 進行形でお伝えしますのでやっぱり 余分な作業となってしまうかもしれません。繰り返しになりますが 超ミニ盆栽の幹から [続きを読む]
  • 今昔物語(3)
  • 今昔の今という字は現在という意味として不審も抱いていませんが  昔の意味はは何時から何時までが 昔なんでしょう?それはともかくとして 昔はこうだった。 ビフォアー・アフターです。↓ ヒトツバタコ(ナンジャモンジャの木)実生2年生。 ↑2014年の4月28日に 私の家でクネクネ盆栽作成の実技を行って撮影していただきました。「つくる 育てる 飾る 超ミニ盆栽」  33ページです。・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • ちょっと困っています
  • ちょっと大き目の超ミニ盆栽  超ミニ盆栽をやってるとたまには大き目の盆栽や       小さめの盆栽がほしくなります。ここではちょっと大き目の盆栽を紹介します実は ウィンドウズ7から10にけろと頻繁に案内が来ていたのですが 7で十分でいまさら変える必要がないし 近頃は細かいことが考えられなくなっています。>変えろとの案内は手を変え書き方を変えて送ってきます。 そのうちに面倒なので適当に して [続きを読む]
  • 今昔物語(2)
  • 超ミニ盆栽は成長がゆっくりしているので  昔も今も あまり変化がありませんが     それでも 確かな歩みが見てとれます。 ↑2011年4月2日撮影 ↓2014年8月13日撮影 平成28年5月15日撮影 ヤマモミジ 12年生くらい。水切れ対策として片葉切りをしているのでちょっと淋しいです。 ↓2011.03.26のミヤマカイドウ挿し木をしてから5年くらい。 ↓2015.06.19 撮影 深山カイドウ [続きを読む]
  • 思い出など
  • 盆栽を始めて40数年 盆栽人生も色々ありましたが   盆栽をここまで続けられたことは幸せでした。                 ↑2011.04.02.撮影                 ↓2015.06.15 撮影 ↑2016.05.10撮影・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・退職を機に荒れた庭をイングリッシュガーデンに作り直したいとして ホームページで二人の日々の作業を [続きを読む]
  • 今昔物語
  • 超ミニ盆栽にも 枯れそうになったり 展示会に   展示してもらったり盆栽ごとの歴史があります。 ↑2009年9月16日の写真超ミニ盆栽を始めて間がない頃です。朱泥の丸鉢へいれましたが これで育つのかなーと自信がありませんでした。この時点で取り木15年位だったのでちょっと枯らしてしまうのは惜しいと思いましたが元気に今日迄育ちました。↓2013年の写真 ↑上の写真の鉢では土の表面まで白い色の根が伸びだし [続きを読む]
  • 鉢上げシリーズ
  • 畑や 大きい鉢で育ててきた苗木を希望の大きさの鉢へ植え替えて 盆栽としての育成スタート とします。 ↑ 盆栽棚の下に種を播いておいたモミジの5年生くらいの実生苗です。高さは35センチ位 これをなんとか超ミニ盆栽に仕立てたい。棚下で日当たりは悪いけれど 栄養豊富な場所なので片根で腰高な樹になっています。常識的には片根を短く切って足元の細い根を大切にして真っ直ぐに植えつけてちょっと腰高の直幹盆栽にしま [続きを読む]
  • 寄せ植えシリーズ
  • 困った時の寄せ植え 何を作ろうかな?と困った時苗木が余ってしまった時1本ではちょっと盆栽として淋しい時気分転換のためには寄せ植えを作ることをお勧めします。 ↑ 今年種を播いて発芽したばかりのクマシデ(イワシデ)です。軸きり挿し芽をして余った苗木が15本あったので小高い丘を作って寄せ植えにしました。苔が生えて木が落ち付けば 飾って楽しめるのが超ミニ盆栽の特徴です。 ↑今年の3月1日のブログで紹介した  [続きを読む]
  • もみじまつり(2)
  • ↓ 大宮は今日からですね。  赤シダレ 実生5年位。 丈夫なのが残る。好きな樹種が 増える。まんべんなく 色んな樹種を育てたい気持ちは常々持っていますがモミジがいちばん多くなっています。 ↑実生10年位。 ヤマモミジ ↑ 野村モミジ 実生5年生くらい。 ↑ヤマモミジ 実生5年生くらい。 ↑ノムラモミジ 実生5年生くらい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これから 夏に [続きを読む]
  • 仲間が増える
  • 盆栽の楽しさは  作る  育てる  飾る だと言ってきましたが  盆栽の最大の効用は 盆栽仲間が増えることです。  盆栽仲間は同じ趣味でつながっており 楽しさ無限大となります。 一人で楽しむより二人で楽しめば2倍楽しい 10人で楽しめば10倍楽しい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・↓ ノムラモミジのひょうちゃん盆栽 盆栽仲間と 盆栽について語ると何時 [続きを読む]
  • ドングリの背比べ
  • ドングリの背比べ であったり目くそ鼻くそであったりします。ここではドングリの背比べのお話です。我が屋のドングリは コナラとミズナラ   クヌギとアベマキカシワ ウバメガシ 庭木としてシラカシ アラカシ があります。 ↑カシワの3年生くらい。 ↑アベマキの5年生くらい。 ↑ ミズナラの5年生くらい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↑ 4月22日のコナラのミズゴケ [続きを読む]