湘南フィルハーモニー合唱団 さん プロフィール

  •  
湘南フィルハーモニー合唱団さん: 湘フィル練習日誌
ハンドル名湘南フィルハーモニー合唱団 さん
ブログタイトル湘フィル練習日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eiokura/
サイト紹介文湘南地区にて「オーケストラ付き合唱曲演奏会の開催」を目的として活動しています。
自由文合唱団の練習風景、ステージの裏側などをつづっています。
来年5月に「カルミナ・ブラーナ」演奏会を予定しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/09/12 22:27

湘南フィルハーモニー合唱団 さんのブログ記事

  • 緊張から解放へ
  • 今週もNanieのカオスの部分を集中練習。お恥ずかしい話、初めのうちは自分の音だけを間違えないように必死でみているので、視野がホントに狭い。少しずつ分かってくると、他のパートがどんな音を出しているのかが聞こえてくる。あら〜同じ音出していたんだ、ぶつかって... [続きを読む]
  • カオスから抜け出す
  • Nanie の復習です。なかなかに手強い。音もリズムも予想したところにいかないし、予習をしても、一斉に歌い始めると音を見失い、混沌としたカオスに突入してしまいます。でも、ゆっくり丁寧に練習していくと、お隣で男声が同じ音を歌っていたり、ぶつかっている音がきれいだ... [続きを読む]
  • 声の方程式
  • 息を供給するところ、響きを当てるところ、姿勢や口の形、声を出す上で大事なポイントとなることを毎回発声のレッスンで教えていただいている。これは「方程式」のようなもので、よほど体調が悪いとかでない限り変わらない、自分の体のどこをどうすればどういう声が出るのか... [続きを読む]
  • ちゃんと読む
  • ブラームスの「ネーニエ」、美しいのですが難しいですね。美しい旋律を歌いたくなる気持ちを抑えて、まずはちゃんと読めるようにするのが大事かなと思います。リズム読みだけでなく、ひとつの単語がどこまでか、句読点はどこか、くらいは把握しておかないと、そのうち上下に... [続きを読む]
  • 美しい小品
  • 今週からブラームスのNanieに取り掛かりました。とろけそうに美しいロマンティックなメロディです。美しい曲だけに自分で酔ってしまうと絶対うまくかないので要注意、ハードルが高い気がします。今期はこの他にもう1曲ブラームスの小品があり、おまけにアンコールも歌うとい... [続きを読む]
  • 課題いろいろ
  • 白井先生の発声は、斎藤先生とはまた一味違ったアプローチで、なるほど〜と思うことがたくさんあります。ブレスコントロールを歌のフレーズにつなげていくこと、子音をちゃんと入れるためのトレーニングなどなど、続けたら効果がありそう。ちゃんと現場で意識できればいいの... [続きを読む]
  • 言葉を伝える
  • 県の合唱祭の日程が6月24日(日)午後のBブロックに決まりました。楽しみですね。練習するたびにいい曲だなぁという思いが強くなります。どうしてもこう歌いたい!という気持ちがないと正しい音程にならない、というマエストロの一言が心に響きました。テクニックの裏付け、... [続きを読む]
  • 子音もていねいに
  • 「くちびるに歌を」と「讃歌」。一度に両方練習できるなんてとっても幸せ。すごくたっぷり歌った感があっていいですね。日本語もドイツ語も、歌として伝わるように掘り下げていくと、いくらやっても難しいなぁと思います。日本語だって、大事でない音ばかり大きくなってしま... [続きを読む]
  • 声の美意識
  • 斎藤先生の発声でいつも心に沁みること。自分の声はこれでいいのかという「美意識」。自分でよくないことに気づくこと、自分でよくしようとすること。よそに来ていくお洋服は、センスのよさはもちろんほしいけれど、せめて場違いな格好はしたくない。とても分かりやすくて、でもつい振り返るとドッキリ。いろいろ教えていただいているのだから、すこしずつでもセンス磨きたいなぁ。というわけで、「くちびるに歌を」。力んだあまり [続きを読む]
  • リズム読みの勧め
  • 先週の練習日記が今週の当日になってしまいました。今日もきっと讃歌7番の練習ですね。先週はあちこち音が取れていなかったり言葉が言えていなかったりリズムがあいまいだったり、要するにできてないところが多くて混沌としていました。次に出す音がわからなくては声が出せないし、音がわかっていても言葉が言えないともごもごしてしまいますから当然です。ここで有効なのがリズム読み。練習時間にマエストロにやっていただくのも [続きを読む]
  • 止まったら黙る
  • 「指揮棒が止まったら黙る」代々続く湘フィルの家訓なのですが、時々緩んではまた引き締めてを繰り返しています。先日もちょっと練習中のざわざわが気になり、早速団長が看板を作って正面に掲げました。(いつも感心する精巧な出来栄え)大人の合唱団なのに少々恥ずかしいことですが、大事なことなので心に留めておきたいですね。マエストロの練習はきびきびとテンポよく進むので、次はどこからか、ページや小節数にすばやく反応でき [続きを読む]
  • 自分から歌おう
  • 「くちびるに歌を」はぶつかる音ばかりで難しいと思っていたけれど、この音の緊張感がたまらなくいいと今日は感じた。何度も繰り返すうちにいいフォームで響きがまとまってくると、共鳴がぐっと増えて空気が変わる。出だしと中間部に挟まれるアカペラの部分は聴かせどころ。60周年の記念演奏会はインフルエンザで出られなかったのですが、とてもいい演奏だったと評判でした。歌いたかったなぁ。合唱祭でもぜひまたいい演奏をしたい [続きを読む]
  • 他パートをうっとりさせる
  • 2月17日(土) 今日は今年のヨコハマ・コーラルフェスト(2/16〜2/18)の中日で、松村先生(同フェスト実行委員長)は、後半からご出席。前半は服部先生ご指導で、「讃歌」4番の復習、後半は松村先生ご指導で、「讃歌」5番の音取りだった。 4番の復習は、いつもどおり、とても丁寧に、「勘所」を浚っていただいた。音程、リズムといった点だけでなく、歌い方、歌いだす前の準備等、キッチリと念押ししていただいた感じである。5 [続きを読む]
  • 筋力体力
  • 今週は服部先生のご指導で「讃歌」。1週間ぶりで歌ってみると、体が硬いというか筋力不足というか、食いつきが遅いしテンポにも乗り遅れそうでアップアップ。運動会で久しぶりに走ったお父さん(おかあさんも)が、気持ちはあるのに足がついて行かないという感じですね。子音とか語尾の処理とか、跳ねずにテンポに乗るとか息の運び方とか、マエストロの教えは数々あって、歌っているうちにだんだん思い出してきましたが、もっと先 [続きを読む]
  • くちびるに歌を
  • 「くちびるに歌を」いい曲です!!聞いても歌っても感動します!ということで勇んで練習を始めてみたら、これが結構難しい。予想できる範囲外に音が動くことが多く、ジェットコースターに振り回されてしまいます。音を探しながらだと全然テンポが上がっていかないし、予想外の和音がさらに変な居心地になって、う〜音痴になりそう・・・パート単独では取れる音が全体の中で行方不明になったり、なかなか苦戦して、結局メンデルスゾ [続きを読む]
  • ぐんぐん練習
  • 讃歌4番。加速とクレシェンドによる歌の表情を、柔らかくかつ遅れることなくレガートにつないでいく。のっけから濃い練習です。音取りは音取り、ここから音楽的にという練習はあり得ない。はじめから本番1週間前くらいのテンションで練習したい、その方が絶対楽しいとマエストロ。おっしゃる通り、ぐいぐい進んでいく練習に体も心もぐんぐん引き込まれていきます。以前歌った時、この4番は如何にもメンデルスゾーンだなぁと感じた [続きを読む]
  • 子音もテンポよく
  • 明るい曲調、軽快なテンポ。ファンファーレのように調子よく歌いたいところですが、やっぱりよその言葉なのでちゃんと喋るのがむずかしいです。自分では結構言っているつもりなのだけれど、語尾の子音はなかなか外には聞こえないようですね。HerrもHerrnも、みんなおんなじ「へー」と言っている人が一人いると、ちゃんと発音している人の10人分の子音を消してしまうそうですよ〜。これは大変!いくら団員がいても足りない。相当 [続きを読む]
  • 練習開始!
  • 本日2018年の歌い初め。昼間の練習だったので、暖かな日射しの降り注ぐ中練習会場に集合しました。声を出すのは3週間ぶりで、みんな歌いたくてうずうずしていたのでしょうね。はじめはちょっと収拾のつかない放水状態。パートの中の音程も幅広いし、4パートがそれぞれにガシガシ歌うので荒れている感じ。マエストロが止めてもどんどん先へ行ってしまうので、“音取りで楽譜にかじりつきなのは仕方ないとしても、言われたことができ [続きを読む]
  • 胸キュンの一音
  • メンデルスゾーン「讃歌」の練習がスタートしました。どのパートにもおいしいところを持ってきてくれる心優しいメンデルスジーン。横にメロディーを追っていくのはもちろん大事ですが、同時に縦の和音を意識できると、歌うのがずっと気持ちよくなるとマエストロ。調性が変わる一音の響きや次の展開へ向かうわくわくした感じを味わえると楽しいですね。歌い手が楽しい気持ちいいと思って歌っていると、それは必ず聴き手にも伝わりま [続きを読む]
  • 心が動くとき
  • クリスマスコンサートが終わりました。茅ヶ崎教会でキャロルを歌っていると、通り過ぎてきた一年のいろいろな思いがこみ上げてきます。ここに集う団員も、教会の方々も、お客様も、それぞれに違う人生を過ごしているのだけれど、このクリスマスコンサートにはいつも不思議なめぐり合わせというか、“ご縁”のようなものがあるような気がします。神父様は毎回クリスマスの意味をさまざまな角度からお話ししてくださいます。お話を聞 [続きを読む]
  • 極上の魔法
  • あっというまにクリコン前の最終練習になりました。マエストロの手にかかると、あと一息の音程とか、温かい音色とか、ていねいな出だしとか、ふくらんで進んでいくフレーズとか、微妙で絶妙な調整が実にしっくりとうまくいく。うまくいくのだけれど、これがまた魔法のようで、次の機会に初めから同じようにいくとは限らないのですね。もう一回魔法をかけてもらうと思い出せる。ピアノにもずいぶん助けていただいていますが、自分た [続きを読む]
  • もうすぐクリコン
  • 12月になりました。今年もあと1か月、なんて早いのでしょう!腰やら膝やらあちこち不具合が多くなる年頃ですが、楽しい歌を歌うときはまず顔を楽しく!!演劇系の方や歌のおねえさんの言葉を伝えることのアプローチのすごさは見習いたいですね。顔イコール準備なので、しんどいことがあってもまず顔を作ると、だんだん楽しくなってきます。キャロルの男声の見せ場、BONBONBONのところも、膝の屈伸がきついかもしれません [続きを読む]
  • いい曲ばかり
  • 歌い慣れた曲を如何に美しく仕上げられるか。お客様もリピーターが多いクリスマスコンサート、年々少しずつでも完成度を上げたいものです。「聖なる都」〜大きなフレーズをちゃんと届けること、必要な子音をしっかり発音すること、流れに乗ること、強弱の立体感や遠近感を作ること、音楽に合った表情の息を吸うこと等々、短い曲の中に大切なことがたくさんあります。いい曲なので毎年感動するけれど、結構グズグズで音程も悪いのが [続きを読む]
  • キャロルを楽しく
  • 湘フィルのクリスマスコンサートの一番のお楽しみといえば、これまた定番の「キャロルは流れる」。素敵にアレンジされたクリスマスソングのメドレーで、お客様も一緒になって歌う曲もあり、ホールでの演奏会では味わえない一体感が魅力です。歌のうまいお客様たちに喜んでい... [続きを読む]
  • わかって歌うのが湘フィル♪
  • メンデルスゾーン「讃歌」のコラール。一音一音和音を確かめながら音をつないでいく練習が続きます。この和音の中心は誰?ここは長三度、短三度、ハムサンド、野菜サンドのどれでしょう?そんな質問が続くと、たちまち空気が???でよどんでしまってもじもじ。根気のいる練習ですが、こうやって一つずつ和音の中の自分の役割を意識して歌えるようになると、ぐっと音の精度がよくなって和音の色がわかるようになります。次の展開へ [続きを読む]