湘南フィルハーモニー合唱団 さん プロフィール

  •  
湘南フィルハーモニー合唱団さん: 湘フィル練習日誌
ハンドル名湘南フィルハーモニー合唱団 さん
ブログタイトル湘フィル練習日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eiokura/
サイト紹介文湘南地区にて「オーケストラ付き合唱曲演奏会の開催」を目的として活動しています。
自由文合唱団の練習風景、ステージの裏側などをつづっています。
来年5月に「カルミナ・ブラーナ」演奏会を予定しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/09/12 22:27

湘南フィルハーモニー合唱団 さんのブログ記事

  • テンポ感リズム感
  • 引き続き合唱のつどいの2曲を練習。Verleih は、男声と女声の音量バランスや細かい動きのアンサンブルを意識することで一層充実度が増しました。讃歌10番へのつながりがちょっと唐突で間に合っていない感じですが、あまり時間を空けるとタイムオーバーになりそうなので慣れな... [続きを読む]
  • もうすぐ合唱祭
  • 10月だというのに真夏のような暑さ。しかもエアコンが壊れているというので、窓を開けての練習となりました。ビュービュー入ってくる風は潮風っぽくてゴミが目に入るし、救急車のぴーぽーが微妙な音程を通過するし、なかなかの環境でしたが、練習は集中していました。茅ヶ崎... [続きを読む]
  • ぼーっと歌ってちゃいけません
  • 台風24号が近づいているせいか、お休みの方が多かったですが、「讃歌」5番、7番、みっちり練習しました。テンポに乗れない感じが何とももどかしい。内声は特に入りを鋭く!獲物を狙う獣のように!と求められるのですが、どうもお家でくつろぐ猫ちゃんのごとく・・・。で... [続きを読む]
  • お久しぶり!
  • 前回の湘フィルの「讃歌」を一緒に歌っていた方が、もう一度歌いたいと見学に来てくれました!なんと1時間半もかかる小金井市から。嬉しくて懐かしくて、思わずハグハグしてしまいました??結婚してお引越しをして子育てをして、20年の歳月はいろいろあったはずだけど、風貌... [続きを読む]
  • いい曲の落とし穴
  • 服部先生のご指導で久しぶりに讃歌4番。これもいい曲。いい曲と思って歌うせいなのか、遅れ気味でピアノとも他のパートともずれずれで合いません。母音を長くレガートにして遅れず、リズムをきちんと立てて跳ねすぎず、相反する要素の両立がここでも課題でした。パート同士の... [続きを読む]
  • いい曲だ
  • メンデルスゾーン、シンプルでいい曲。息の吸い方からみっちり練習しました。吸った息がほぼ吐く息の表情と同じ。歌うための自然で深い振幅の息って、意識してみると息を吸うだけなのに案外うまくいかない。うまくいくときっと大きな波のような感じなんだろうなぁ。シンプル... [続きを読む]
  • 譜読みの楽しみ
  • Verleih uns Frieden gnadiglich メンデルスゾーンの知られざる小品。安らかな平和が本当に訪れるような、メンデルスゾーンらしいいい曲です。短いし、それほど難しくない音の並びだし、ざっと音取りして音源も聞いて、歌うのを楽しみにしていました。が、練習を終えてちょ... [続きを読む]
  • 骨格を作る
  • テンポ感を安定させるのは、それぞれの歩く速さだったり心拍数のようなものに近かったりするので、なかなか大変な作業だと思う。リズム読みとか自分の歌うリズムを手でたたくとか、やってみると微妙にずれたり、前につんのめっていたり、ばらけているのがわかる。わかったと... [続きを読む]
  • リズムも美しく
  • 先週(7/28)は台風で練習がお休みになりました。貴重な練習ですが、予報が直撃の時間帯になっていたのでやむなしですね。今週は讃歌10番とNanie。讃歌10番は出だしから詰まってきてしまうリズムの矯正が行われました。他のパートを聞いているとよくわかるのですが、16... [続きを読む]
  • 早めの準備、心の余裕
  • 讃歌7番から10番へ。やはり課題はリズムの感覚。伸びていく先のリズムの目標を持っていないと、そこに来た時の反応ではどうしても乗り遅れて遅くなる。年とともに反射神経は鈍ってくるので、予防対策が必要です。クレシェンドのときも、力が入ると重くなって遅くなるので攻め... [続きを読む]
  • 冷静に
  • 讃歌7番の復習でした。先週も苦戦しましたが、細かく見ていくと更に難しさが増していく感じでした。言葉をつなぎつつ遅れずに、力強くかつテンポは軽やかに、この相反する課題を実現するのは根気強い練習が必要ですね。とにかく歌いとおそうとして力が入ってしまい、声が重く... [続きを読む]
  • 夏本番
  • 県の合唱祭を終え、次のステージは茅ヶ崎の合唱祭。メンデルスゾーンの賛歌から10番を歌うことになりました。7番から10番の復習という予定でしたが、思ったより思い出すのに時間がかかり、10番までたどり着きませんでした。久しぶりとはいえ、もう少し覚えていたかったなぁ。... [続きを読む]
  • 冷汗・・・
  • ブラームスの「埋葬の歌」の音取りが進みました。お恥ずかしいことにちょっと勉強不足で、歌詞を読んでいなかった私。自主練習に参加していても、音はそれほど難しくないのに、たどたどしいいことこのうえなく、我ながら変な言葉をしゃっべっている感覚がもどかしい。ひとつ... [続きを読む]
  • 合唱祭終了
  • 合唱祭お疲れさまでした。120名の大移動はなかなか大変でしたが、実行委員の皆さんの細やかな配慮のおかげで無事に歌い終えることができました。演奏も集中していて一体感が感じられ、充実感と安堵感で、打ち上げのビールがおいしかったです。演奏会までの長い道のり、中間点... [続きを読む]
  • 「埋葬の歌」に入りました
  • 今週は「埋葬の歌」の音取りに入りました。短い曲ですが、いかにもブラームス!という要素があちこちにあり、暗い中にも力強さや希望が見える「ドイツ・レクイエム」のミニチュアのような感じです。先唱のパートがひと節歌って他パートが後に続く、教会のミサのような形が厳... [続きを読む]
  • 分をわきまえて!
  • 6月10日(日) このところ、合唱祭他のイベントで、先生方がお休みになられる事が多いけれど、今日は松村先生、斎藤先生がお休み。発声ご指導は先週に続き白井先生、歌唱のご指導は服部先生、ピアノは織田先生であった。 発声では、引き続きドイツ語の発音をご指導いただい... [続きを読む]
  • いかにドイツ語を歌うか
  • 6月2日(土) 今日は久しぶり(2年ぶり?)の鎌倉生涯学習センターでのホール練習。指導:白井先生、ピアノ:北野先生であった。 今日の練習は、一言でいえば、ズバリ!、「ドイツ語の歌い方」である。発声練習(これも白井先生ご指導)から、細かく、ドイツ語の母音の... [続きを読む]
  • 笑顔
  • 県の合唱祭で歌う「くちびるに歌を」。毎回、言葉をはっきりと伝えたり、音程を確かにしたり、立体感を出したりと、いろいろな工夫が試みられて、だんだんにこなれてきています。今回は男声パートに“ここから笑って歌ってね”と指示がありました。マエストロ自ら満面の笑みで身を乗り出すように振ってこられるので、一番前に座っていた私は、思わずおぉ〜と目を見張ってしまったのですが、男声陣の音色もふわっと温かく力強くなっ [続きを読む]
  • 緊張から解放へ
  • 今週もNanieのカオスの部分を集中練習。お恥ずかしい話、初めのうちは自分の音だけを間違えないように必死でみているので、視野がホントに狭い。少しずつ分かってくると、他のパートがどんな音を出しているのかが聞こえてくる。あら〜同じ音出していたんだ、ぶつかっているけどこの緊張感がいいなぁ、などなど、だんだん楽しみが増えてきます。そうすると全体の音もこなれてくるのが不思議というか面白いですね。一つのパート [続きを読む]
  • カオスから抜け出す
  • Nanie の復習です。なかなかに手強い。音もリズムも予想したところにいかないし、予習をしても、一斉に歌い始めると音を見失い、混沌としたカオスに突入してしまいます。でも、ゆっくり丁寧に練習していくと、お隣で男声が同じ音を歌っていたり、ぶつかっている音がきれいだったり、少しずつヒントが見つかってくる。美しい水流がだんだんざわざわと荒れてくるような感覚は、歌の内容に伴っているのかもしれない。ただ音が濁ってい [続きを読む]
  • 声の方程式
  • 息を供給するところ、響きを当てるところ、姿勢や口の形、声を出す上で大事なポイントとなることを毎回発声のレッスンで教えていただいている。これは「方程式」のようなもので、よほど体調が悪いとかでない限り変わらない、自分の体のどこをどうすればどういう声が出るのか、自分で見つけるのは楽しいですと斎藤先生がおっしゃっていた。毎回毎回辛抱強く繰り返していただいているけれど、なかなか身につかないのは、やっぱり難し [続きを読む]
  • ちゃんと読む
  • ブラームスの「ネーニエ」、美しいのですが難しいですね。美しい旋律を歌いたくなる気持ちを抑えて、まずはちゃんと読めるようにするのが大事かなと思います。リズム読みだけでなく、ひとつの単語がどこまでか、句読点はどこか、くらいは把握しておかないと、そのうち上下に音が振り回されるので、ワケが分からなくなってきます。3拍子かと思っているとヘミオラで2拍子に踏み変えないといけないし、慣れるまで神経使いますね。それ [続きを読む]
  • 美しい小品
  • 今週からブラームスのNanieに取り掛かりました。とろけそうに美しいロマンティックなメロディです。美しい曲だけに自分で酔ってしまうと絶対うまくかないので要注意、ハードルが高い気がします。今期はこの他にもう1曲ブラームスの小品があり、おまけにアンコールも歌うというかつてない構成。オケ付きの大曲のオプションで、あまり演奏されない小品を味わえるというのはなかなか贅沢なことですね。この機会に湘フィルに入って歌い [続きを読む]
  • 課題いろいろ
  • 白井先生の発声は、斎藤先生とはまた一味違ったアプローチで、なるほど〜と思うことがたくさんあります。ブレスコントロールを歌のフレーズにつなげていくこと、子音をちゃんと入れるためのトレーニングなどなど、続けたら効果がありそう。ちゃんと現場で意識できればいいのですが、歌い始めるといろいろなことがどこかへ飛んでしまうのはもったいないですね。斎藤先生にも毎回鍛えていただいてるので、少しずつでも積み重ねができ [続きを読む]
  • 言葉を伝える
  • 県の合唱祭の日程が6月24日(日)午後のBブロックに決まりました。楽しみですね。練習するたびにいい曲だなぁという思いが強くなります。どうしてもこう歌いたい!という気持ちがないと正しい音程にならない、というマエストロの一言が心に響きました。テクニックの裏付け、原動力は熱い気持ちなのだ〜。そして日本語で歌うというめったにない機会。100人を超える大型合唱団が歌う説得力〜大音量の迫力ということだけではなく、言 [続きを読む]