湘南フィルハーモニー合唱団 さん プロフィール

  •  
湘南フィルハーモニー合唱団さん: 湘フィル練習日誌
ハンドル名湘南フィルハーモニー合唱団 さん
ブログタイトル湘フィル練習日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eiokura/
サイト紹介文湘南地区にて「オーケストラ付き合唱曲演奏会の開催」を目的として活動しています。
自由文合唱団の練習風景、ステージの裏側などをつづっています。
来年5月に「カルミナ・ブラーナ」演奏会を予定しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/09/12 22:27

湘南フィルハーモニー合唱団 さんのブログ記事

  • 自分から歌おう
  • 本番前最後の練習はさくらプラザのホール。いつもと条件が変わるといつも通りのことができないことがあります。ぼ〜っとしているとマエストロのきびきびと快速なテンポについて行けず、乗り遅れ気味。響きの多い会場ではピアノの音や誰かが歌い出すのを待っていたらずれずれ... [続きを読む]
  • 声を合わせる
  • いよいよ残すところあと2回。連休の午後の時間をたっぷりと使って贅沢な練習でした。マエストロの練習は穏やかでていねいで、これだけ時間をかけて歌い込んできましたが、やっぱり合唱はみんなの声を合わせること、同じことをするために気持ちを合わせることに尽きる、という... [続きを読む]
  • 心ゆくまで
  • いよいよ10月。本番はもうすぐです。でもなんて暑いのでしょう。みんなふうふう汗をかきながら歌っています。140人の団員の熱気なのかもしれません。先日パートリーダーがこれまでの練習メモの中から印象に残ったことを「通信」にまとめてくれました。わかりやすく、根気よく... [続きを読む]
  • わかりあう
  • 練習場に掲げられた本番までのカウントダウン表示が「あと3回」になりました。本番と同じような熱の入った指揮の下、全曲を通していきます。いい曲だなぁ〜と思いながら歌っていると、たぶんみんなもそう思っているということが空気の中に感じられてきます。ここはこうやって... [続きを読む]
  • 素晴らしいソリスト
  • さくらプラザのホールでソリスト4人との合わせ。聞き惚れるなと言ってもそれはなかなか酷なこと。いや〜4人とも本当に素晴らしかったですね!!ぴんとした張りのある清潔感溢れる豊かな歌声が、高い天井に楽々といくらでも響き渡る。自分も何やらちょっとうまくなったような... [続きを読む]
  • 百発百中
  • 合宿が終わったと思ったら次回はもうソリストとの合わせの練習です。本番まであと5回。あっという間にやってきますね。充実した合宿でできたことが、いつでも百発百中でできるかどうか。そのとき繰り返し練習してできたことは、悲しいことに放っておくとすぐに元に戻ります。... [続きを読む]
  • 合宿終了
  • 早いものでもう9月。恒例の合宿がやってきました。宿泊をしなくても練習に通ってくる団員を含めると90%を超える出席率。密度の高い練習が続きました。できるのにやらない、言われて2回目にできてしまうというようなことが今回は少なく、充実した内容だったと思います。うま... [続きを読む]
  • 一緒に息を吸う
  • ひと通り全曲歌ってみました。この様子でマエストロが合宿の処方箋を作成するとのことです。どの曲もイメージが体に入っていて、そこそこ歌えているようですが、出だしがなんとなくよれよれしてしまうところは、どうやらちゃんと息が吸えていない、息を吸っている気配がない... [続きを読む]
  • もうすぐ合宿
  • 19日の練習は、コンクールの行われていた県立音楽堂付近で豪雨に見舞われてマエストロが足止めとなり、大船の会場での練習も8時半に切り上げとなりました。その後やっぱり豪雨がやってきたので正しい判断でしたね。みなさん無事に帰宅できたのでしょうか。玉縄での練習は並び... [続きを読む]
  • 夏真っ盛り
  • 「暑いね〜」言ってもしかたないのだけれど、誰かと顔を合わせるとつい口に出てしまいます。練習場に上がってくるとみんな茹りそうな顔をしていて、ふうふう言いながら椅子を並べたり準備をしたり、毎度ご苦労様です。もう外に出るだけで勇気がいるくらいだから、ここまで来... [続きを読む]
  • お楽しみ満載
  • メンデルスゾーンのAve Maria、とても美しい名曲なのですが、練習するたびいつも最初はテンポ感が全然合いません。大人数で8声部もあるから、ということもあるのですが、8分の6拍子というのがなかなかの曲者なのですね。上品な貴公子メンデルスゾーンが優雅にワルツでも踊... [続きを読む]
  • 書いてあることすべて
  • 楽譜に書いてあることを全部実現する。歌い手としては当然求められることなのだけれど、やっているようで全然足りていないことがたくさんあります。見慣れたアクセント記号ひとつにしても、アクセントの表情〜強くした後弱くなってから回復する〜なんていうことがちゃんとで... [続きを読む]
  • 細部に宿るもの
  • 10番から1番への練習。ドヴォルザークの親しみやすさというか、わかりやすさというか、この曲みんな好きなんだなぁと歌っていて感じる。といっても、情に流されて歌いたいように歌っていていいはずがなく、マエストロは細かい部分にもたっぷりていねいに時間を割く。子音の捌... [続きを読む]
  • 暑さに負けず
  • 日曜日の昼間の練習。なんだか日射しがまぶしくて調子が出ませんね。玉縄の会場は大船駅から結構歩くので、到着するとみな汗だくゆでだこ状態で、しばらく何もできません。冷房が効き始めると、これまたよく冷えるので、だんだんに上着を羽織る人が増えてきます。日本の夏は... [続きを読む]
  • 大切な時間
  • 1度や3度の開きで倍音はかなり強く鳴る。いいなぁと思っていると、単純な裏打ちでも遅れが出てリズム感は良くない。人数が多くて豊かな年齢層の合唱団の特性なのかな〜。自分のことをよく知っておくのは大事なことなので、気をつけたいなと思いました。白井先生の発声でし... [続きを読む]
  • 合唱祭終了
  • 県の合唱祭、お疲れさまでした。朝からあいにくの雨模様でしたが、帰るころには雨も上がって、演奏も無事終了しました。会場にどのように聞こえたかはわかりませんが(講評が楽しみです)、舞台の上では集中して練習で創ってきた表情をやろうとしていることが感じられました... [続きを読む]
  • 「保存」
  • このところ合唱祭で歌う3番とメンデルスゾーンのAve Maria にかかりきりだったので、久しぶりに5番を歌ってみました。この曲も合唱祭候補だったこともあって結構歌ったはずなのに、音はともかく細かいニュアンスが失われていました。大事に入るところは大事に入りたいですね... [続きを読む]
  • 今月は合唱祭
  • 合唱祭で歌う県連の連盟歌「朝の光に」を練習しました。歌詞も信長先生のメロディーも明るく爽やかで、とてもいい曲です。いつもは外国語の宗教曲を歌っている湘フィルメンバーも、“歌う歓び”をストレートに熱唱。こういうのもたまにはいいものですね。服部先生がていねい... [続きを読む]
  • 積み重ねの力
  • メンデルスゾーンのAve Maria、まだ行き先の音程に自信がないので、音に芯がないし、前に進む推進力とか、響きの密度や輝きが足りない。なんとなく探りながらだとテンポも遅れ気味で合いにくい。歌い込んできたドヴォルザークの3番になると、俄然生き生きしてくるので、その... [続きを読む]
  • 目を使う、耳を開く
  • メンデルスゾーンのAve Maria、本日は急遽人数の足りないパートのお手伝いに。う〜ん、どちらでも歌えるようにと音は取ったはずなのに、いきなりだと全然ボロボロでちっともお手伝いにならなくて申し訳なかった・・・他のパートの音をもっと聞かなくちゃと思っていても、自分... [続きを読む]
  • 聴き合おう
  • 今年のゴールデンウィークは合唱連盟のコーラスワークショップ一色の私でした。高校生のメサイアコンサートを聴かれた方、ナイジェル・ショート先生の講座を受講された方、その他の講座も受けられた方、湘フィルメンバーのたくさんのお顔を会場で拝見しました。どの会場に行... [続きを読む]
  • 小さな魔法
  • 6月の合唱祭で歌う Eja,Mater 。だいぶ歌い込んできているのに、一回目を通すときはどことなく安定しない感じで、あちこちイマイチなできばえになってしまう。練習が始まり、出だしのバスのパートソロのリズム感を合わせるようにすると流れがよくなる。アルトのパートソロ... [続きを読む]
  • じっくり保存
  • 1週間前のことをちゃんと“保存”しておくのは結構難しい。あんなに練習してだいぶよくなったのに、次の週にやっぱりうまくいかないとちょっとがっかり。とはいえ、歌うときに使う筋肉は半分不随意筋のようなものだから、合図や合いの手を入れてもらったりしてやっとできるようになったことを、自分でできるようになるには積み重ねが必要なのですよね。自分が一番最後に出るくらいのつもりで、あちこちの筋肉を引き上げておく。こ [続きを読む]