k4748 さん プロフィール

  •  
k4748さん: 路面電車 発車します
ハンドル名k4748 さん
ブログタイトル路面電車 発車します
ブログURLhttp://tetsudohassya.blog63.fc2.com/
サイト紹介文路面電車を中心に紹介しています。LRT万歳!チンチン電車万歳!元京都市電が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2009/09/13 20:19

k4748 さんのブログ記事

  • 京都の観光公害 市営バスの混雑は解消できる 特集1717
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、京都の観光問題について書きます。それでは、どうぞ。バスの混雑は解決できる 最近、京都市内も外国人観光客が増えて、日常生活に支障が出ている。これを、観光公害ともいう。その中に、京都市営バスの混雑問題もある。バスが混んでいて乗れない状態となっている。これについては、LRTの導入で解決できる。路面電車は、バスよりも輸送力がある。バ [続きを読む]
  • 京都の地下鉄はすべてをカバーしているか 特集1716
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、京都の地下鉄について書きます。それでは、どうぞ。駅間距離が長い 京都市営地下鉄は、南北に烏丸(からすま)線が走っている。東西に東西線が走っている。ただ、地下鉄2路線で京都市内すべてをカバーできない。京都市営バスを中心にバスが京都市内の大部分を担っている。それについては、前に書いた。今回は、違う視点で書きたい。烏丸線は、烏丸 [続きを読む]
  • 路面電車の経営は厳しい 特集1715
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、路面電車について書きます。それでは、どうぞ。現実は厳しい 最近、路面電車が注目されている。特に、新型低床車は、かなり注目されている。低床式車両を見ていると、経営環境も良くなっているように見える。広島電鉄では、経営環境は良い。バスとはライバル関係にあるが、それでも、路面電車は混んでいる。しかし、厳しい環境にある路面電車事業者 [続きを読む]
  • 福井鉄道800形引退 特集1714
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、福井鉄道800形について書きます。それでは、どうぞ。部分低床車 福井鉄道800形は、名鉄からやってきた。部分低床車だ。名鉄で3両が造られ、2両が福井鉄道にやって来た。1両は、豊橋鉄道にいった。福井鉄道で活躍していたが、福井鉄道の乗客増で、輸送力不足となった。そして、福井鉄道からは引退だ。今後は、豊橋鉄道にいくようだ。部分低 [続きを読む]
  • 路面電車の理想と現実 特集1713
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、路面電車について書きます。それでは、どうぞ。理想と現実 LRTという言葉は、知っている人は知っている。ただ、知らない人は知らない。理想の路面電車とは、信用乗車方式というのがある。一部で導入されているが、全国的には無理だろう。ある都市の路面電車だが、後ろ乗り・前降り(前乗りもOK)だが、後ろのドアから降りる観光客が多い。そのたび [続きを読む]
  • 未来の交通 特集1712
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、未来の交通について書きます。それでは、どうぞ。未来を予想 未来の交通は、どうなるのだろうか。私の答えは、わからない。無責任な答えとなってしまったが、間違いでもないと思う。未来の交通を予想する事はできる。ただ、予想が当たるとは限らない。最近は、未来の鉄道は、このようになるとの本も出ているが、予想が当たらなければ責任をとる人は [続きを読む]
  • ステンレス気動車に反対 特集1711
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、気動車について書きます。それでは、どうぞ。なぜステンレスなのか 最近は、ステンレス車両がブームのようになっている。それでも、気動車はステンレスではなかった。塗装された気動車が多かった。最近になって、ステンレス気動車が増えてきたように感じる。電化されていない所では、山の中を走る路線も多い。山の中の場合は、土砂崩れや、田舎の遮 [続きを読む]
  • 路面電車は万能電車 特集1710
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、路面電車について書きます。それでは、どうぞ。万能 路面電車は、道路の上を走っている。古いシステムだ。ただ、古いだけに、どこにでも走らせる事ができる。道路の上に線路を敷いて走らせる事ができる。道路以外にも、普通の線路の上を走らせる事ができる。専用軌道を設ければ、速く走らせる事ができる。レールの幅が同じであれば、鉄道線にも乗り [続きを読む]
  • 近鉄の一般型車両 鉄道写真8
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、近鉄について書きます。それでは、どうぞ。近鉄の一般型車両 近鉄の車両は、すべて塗装車両となっている。普通電車などに使われる一般型車両も、すべて塗装されている。まずは、近鉄の一般型車両の写真を、5枚ご覧ください。その後に、文章を書きます。近鉄近鉄近鉄近鉄近鉄塗装車両の必要性 近鉄の一般型車両は、塗装されている。他の塗装もある [続きを読む]
  • 地方にステンレス車両は必要か 特集1709
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、地方の鉄道について書きます。それでは、どうぞ。地方にステンレスは合わない 昨日、大井川鉄道で架線柱が傾いて、電車に衝突する事故が発生した。事故を起こした車両は普通鋼の車両だ。地方の鉄道では、事故が多く発生する。地方の鉄道は、新型車両を購入できない所が多い。どうしても、大都市の鉄道で廃車となった車両が、譲渡される。その中で、 [続きを読む]
  • 嵐電を低床化するなら 特集1708
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、嵐電を低床化するなら、どのような車両がよいか考えてみた。それでは、どうぞ。通路幅を広く 嵐電は、高床式ノンステップだ。ただ、山ノ内などの一部の停留所は、低いままなので、段差がある。段差があるが、ステップがないので、乗る事自体が大変だ。そして、将来的には、京都市中心部まで乗り入れる必要があると考えている。嵐電を低床化するなら [続きを読む]
  • モボ2001形の現在2018年 特別色の嵐電4
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今年になって、嵐電モボ2001形2両に動きがあったので、紹介します。その前に、モボ631形の写真3枚と、モボ2001形の写真を2枚ご覧ください。その後に、嵐電モボ2001形について書きます。631号632号633号2001号2002号モボ2001形の動き 今年になって、モボ2001形2002号が、旧塗装から京紫色に塗装変更がありま [続きを読む]
  • 山陽本線全線復旧 特集1707
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。嵐電モボ2001形2001号が京紫色に塗装されました。モボ2001形については、別の日にあらためて書きたいと思います。今回は、山陽本線について書きます。それでは、どうぞ。全線復旧 JR山陽本線は、夏に発生した災害の影響で、広島県内などで一部区間が運休となっていた。やっと全線復旧した。貨物列車は、迂回運転をしていたが、通常のルートに戻 [続きを読む]
  • 関西の失敗地下鉄2路線 特集1706
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、地下鉄について書きます。それでは、どうぞ。必要性がない 関西の地下鉄路線で、必要性がない路線がある。まずは、神戸市営地下鉄海岸線だ。利用者が少なく、赤字を垂れ流している。完全な失敗路線だ。そして、大阪メトロ今里筋線だ。大阪の中心部を通らない地下鉄は、どう考えても失敗だ。造る前から、利用者が少ないのはわかっていたと思うのだが [続きを読む]
  • ラピートの次は 特集1705
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、ラピートについて書きます。それでは、どうぞ。ラピートの存在感 南海の空港特急といえば、ラピートだ。全席指定席の特急車両だ。ただの空港特急なのだが、これほどインパクトがある車両は珍しい。好き嫌いはあるだろうが、存在感は大きい。このような特急ラピートだが、なにわ筋線が完成すると、廃車となるようだ。このインパクト大きいラピートの [続きを読む]
  • 近江鉄道の乗客増には 特集1704
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、近江鉄道について書きます。それでは、どうぞ。観光客増を 近江鉄道の廃線が検討されている。鉄道として残すか、それとも、廃線とするか。どうなるかわからない。ただ、鉄道として残すなら、乗客増を考えないといけない。京都市内には、大量の観光客がやって来ている。バスでは運びきれない問題が起こっているくらいだ。しかし、隣の滋賀県には、ま [続きを読む]
  • 赤色のポルシェより名鉄 特集1703
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、名鉄について書きます。それでは、どうぞ。赤い名鉄 私は、赤色のポルシェより、名鉄のほうがカッコイイと思う。名鉄といえば、赤色との印象が今でもある。最近は、特急は赤色一色ではない。それ自体は、別に良い。しかし、ステンレスの無塗装車両が増えてきている事には、残念な思いだ。JR東海の在来線は、安っぽい車両のネットワークとなっている [続きを読む]
  • 過度なバス依存はやめるべきだ 特集1702
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、バスについて書きます。それでは、どうぞ。バス依存は続かない 昨日の京都新聞夕刊に載っていた通り、バスの運転手は不足している。京都市内中心部は、バスだらけの異常な状態となっている。バスの台数は増えているが、混雑は改善しない。もっとバスを増やせとの声もあるが、バスの運転手は不足している。これからも、もっと不足する。今のように大 [続きを読む]
  • 昔は京都市電が走っていた 特集1701
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、路面電車について書きます。それでは、どうぞ。昔の話 久しぶりに、梅小路公園に行ってきた。京都を走っていた市電が、展示されている。京都を走っていた市電を見ていると、感動する。そして、古い小さな市電が展示してある室内に入ると、京都市電が走っていた写真が展示されていた。説明文を読んでいると、昔は市電が走っていた事を実感する。私が [続きを読む]
  • 速報 嵐電モボ2001形2002号が京つけもの「もり」の全面広告車に
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、嵐電モボ2001形2002号について書きます。それでは、どうぞ。なぜか全面広告車に モボ2001形2002号が、京つけもの「もり」の全面広告車になっていました。西院車庫に停まっていました。写真では、わかりにくいと思いますが、2002号だと確認しました。京つけもの「もり」の全面広告車は、同じモボ2001形2001号でやってい [続きを読む]
  • ローカル線は高速化で活性化を 特集1700
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、ローカル線について書きます。それでは、どうぞ。高速化で乗客増を 乗客の少ないローカル線は多い。スピードが遅く、本数も少ない。そのようなローカル線でも、高速化をしたり、行き違い設備を増やせば、乗客が増える路線が多い。それでも、現状維持をしているだけの路線となっている。高速化をして使える路線にしたほうが、鉄道会社や沿線の人も得 [続きを読む]
  • ユートラムの感想 特集1699
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、ユートラムについて書きます。それでは、どうぞ。ユートラムユートラムⅡ見た感じは 鹿児島の低床車ユートラムについて、私が思った感想を書いてみたい。ユートラムは、客室の箱を、台車のついている運転席で両側から挟んでいる。客室には台車がついていないため、床をフラットに出来る。理想の低床車のように感じるが、運転席があまりにも広すぎる [続きを読む]
  • 在来線の「つばめ」より九州新幹線のほうが速い 特集1698
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、九州の鉄道について書きます。それでは、どうぞ。「つばめ」は豪華だったが 在来線の特急「つばめ」は、豪華な車両だった。接客も良く、軽食を食べる事もできた。在来線の「つばめ」は、車両としては、すばらしい特急車両だった。ただ、博多〜西鹿児島間を4時間以上かかっていた。それにくらべ、九州新幹線が博多〜鹿児島中央間全通すると、新幹線 [続きを読む]
  • 芝生軌道について 特集1697
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、芝生軌道について書きます。それでは、どうぞ。芝生軌道は美しい 芝生軌道は、街の景観をアップするには、とても良い方法だ。芝生軌道は、かなりの長さを誇る所もあれば、芝生軌道がまったくない所もある。鹿児島では、芝生軌道がかなり長い距離となっている。長い芝生軌道ができた理由に1つに、路面電車を市営でやっているのがある。市営では、市 [続きを読む]
  • 国鉄型車両 特集1696
  •  本日は、路面電車 発車しますをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、国鉄型車両について書きます。それでは、どうぞ。数は少なく 国鉄型車両は、全国にまだ残っている。ただ、たくさん残っている所と、あと少しだけ残っている所と、残っている数に違いはある。経営状態の良い所は数が少なく、経営状態が厳しい所はたくさん残っている。あとは、何となくほったらかしにしていて、気がつくと大量に残っている所もあるだ [続きを読む]