コーヂ さん プロフィール

  •  
コーヂさん: 野球バカ二代 <コーチングとチームビルディング>
ハンドル名コーヂ さん
ブログタイトル野球バカ二代 <コーチングとチームビルディング>
ブログURLhttp://baka2dai.blogspot.com/
サイト紹介文野球バカ継承譚。大学硬式野球部の息子、高校女子硬式野球部の娘、少年野球コーチの父、応援の母。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/09/16 12:51

コーヂ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大した仲間だっ。感謝。-2017
  • 2017-  息子、シンタロウ大学野球部四年生の大会、春に二部に降格を、そして秋は二部で優勝し、一部との入れ替え戦に臨む。父、ワタシの早朝野球チームは、負け無しで優勝っ。昨年の準優勝から。娘もリーグで一部昇格、っと家族全員(おそらく)、はあくまでも結果、負けても楽しんでいたい、という思いの中、(もちろん勝って優勝が目標ですが、過程が大事っ)この年は、全て、優勝なり、昇格なり、「スッゲーコト」を結果とし [続きを読む]
  • 大したチームだっ。尊敬。-2017
  • 2017-  娘、ココノさん高校二年生の女子高校野球部はメキメキと実力を上げて、この秋ヴィーナスリーグ(社会人、大学、高校混同の大会)で、一部に昇格っ。その昇格をかけた試合で、普段出場機会が少ない三年生が出場、活躍っ!が最高ーっ。監督もそれを一番の願いで試合前に、選手たちに頼んでたっ、と。スッゲーっ。ココノさんは、キャプテンとして声を張り上げ、家ではグラブを磨き、みんなとイイ野球をしています。12月23日 [続きを読む]
  • キャプテン
  • ココノさん高校2年生の夏、女子高校野球選手権大会では、試合前のシートノックを任され、目を疑った、まさかまさか。ヒジ痛が癒えて間もないこの大会では、守備ではなく打撃での機会を考えての事なのかな、などと考えてもみたり。その大会はベスト8で終え、先輩の3年生は実質引退。(まだヴィーナスリーグへの出場があるっ)そして、新キャプテンにココノさんが!(@_@)同学年には、キャプテンシーのある選手が多く、まさかまさか。 [続きを読む]
  • 清々しく
  • 2017.7.2、日曜日東京都学童軟式野球大会エリエールトーナメント、準々決勝戦は対オール江東女子。シーソーゲームで最終回表5点を取られ12対4から、裏に5点取り返し12対9。気温が前日より5度ほど高かったこの日、よく頑張った試合でした、どちらのチームの選手たちとも。ゲームセット直後、悔しさブリブリな選手たちでしょうが、やりきった表情に、強さとしっかりと楽しんでいる感じを受けました。昼食を食べ、しばしゆっくりして [続きを読む]
  • 神(かみ)れ!
  • 娘ココノ(高校2年生)、息子シンタロウ(大学4年生)、ワタシ(アラフィフ)でおそろ、のバッティンググラブ。最近、ワタシ早朝ヤキュウで打てないなぁと。(というかモトモト、打てないっ。( ̄▽ ̄))気分転換に、もう5、6年は同じものを使っているバッティンググラブをかえてみよー、ということで。おっ、と思ったモノが、アカ。娘も息子もワタシもチームカラーにアカが入っていて、ネットで見た在庫もサイズS、M、Lと珍し [続きを読む]
  • SINGin' in the rain
  • 2017年4月8日、土曜日早朝ヤキュウ開幕戦のこの日、でしたが、ザンネンながら雨のため中止。(ちょー、やりたかった)っということで、朝、野球部練習に行くココノさんを駅まで送りました。他愛もない話しができて、父娘二人の空間、なんの違和感もなくいれているお互いが感じられることで、ウキウキしてしまいます。そういう意味では、雨もありがたい。ましてや、今日もこれから野球の練習をがんばる訳で。踊りたくなるぐらいっ、 [続きを読む]
  • 野球の春、少年野球が春
  • 2017年4月2日、日曜日。練馬区少年野球大会が開幕。 64チーム。子どもたち、選手たちの入場行進はいつも楽しく見てます。三塁側に審判部は整列して、そこからの光景ですが、レフト後方から1チームづつ、チームごとに間隔をとってやってきますが、「イチ、ニイッ!」っと掛け声をかけながら元気よくもあり、ただ歩いてるだけ( ´∀` )もあり、行進しているうちにチームごとの間隔も詰まったり、あきすぎたり、いろいろですが [続きを読む]
  • 114の春
  • 2017年4月1日、土曜日。関甲信学生野球春季リーグ戦、開幕。観戦応援にママと。1部6大学、2部6大学、3部8大学、シンタロウが所属する大学野球部の部員数は、このパンフレット現在で、114名。同級生は入学当初から半分以下になっていて、16名。それだけ大学野球を続けることは大変で、その後社会人になることなども考えると、様々な選択があって自然。 1年生のころから、なんとかかんとかベンチ入りさせていただくことが多く、 [続きを読む]
  • チャンスヒッター、魂ノ叫ビ。
  • ”ピンチヒッター”の呼称は、そもそも選手交代が怪我などに限られていたそうで、まさにピンチだったから。その名残だそうで。いまや、代打がでてくるのは、チャンスだっちゅーの。2017年3月。この4月で高校2年生、ココノさんの試合を久々の応援観戦。ベンチでも大きな声でみんなに声援を、楽しそうに。ステキです。途中からサードで出場。ここでも変わらないテンションで声をだして。楽しんでます。足の速い打者のセフティーバン [続きを読む]
  • 11。ジュウイチ
  • ラッキーナンバー、かどうかは別にして、好きな番号。11。全国高等学校女子硬式野球選抜大会を前に、ココノさん、背番号をいただきました。11。おーーっ!たまたま、ですが、何かが起こりそうで。一桁の番号がいわゆるレギュラーであることが多いですが、何番でもよいです。もちろん試合に出た方が楽しいですが、そうでなくても、チームが勝つために、全員でできるか、でしょう。ましてや、選手の成長は日進月歩、ちょっとしたきっ [続きを読む]
  • キミはスゴイよっ
  • 2016年12月18日、日曜日。最後の最後の大会で、金メダル奪取に、キャプテン試合後、泣。感動っ。勝って泣く、サイコー。この日、6年生は一人。6年生はこの代4名、他のみんなは受験準備でこの日は来れず、これまでも、一人で奮闘することも少なくなかった。もちろん、他の6年生もなんとか予定を調整して、できるだけの参加をしてきた。みんなタイヘンだけど。だから、胴上げっ。サイコーの笑顔。キミはスゴイよっ。少年野球 [続きを読む]
  • だから...みんなで。 −女子選手全学年+OG交流戦
  • 2016年12月17日、土曜日。恒例の、区連盟32チームの女子選手1年生から6年生まで全学年、っとOGにも声をかけての交流戦。この時期ぐらいしかできない、でも卒団式などチーム行事などと重なる選手も多いので、毎年全員は中々集まれないですが。(半分ぐらいかな)6、5、4年生は女子リーグ戦など年間通して仲良くなってますが、もう一つ思い出が増えるし、低学年に声をかけてくれたり、センパイ、お姉さんになってくれ [続きを読む]
  • ライフisライブ
  • ちょっと前ですが、2016年10月16日、日曜日。朝6時50分にクルマで家(練馬区)をでて、少年野球チーム古紙回収に段ボールをごっそり運び、その足で、群馬伊勢崎へ。(少年野球の練習はお休みさせていただき)シンタロウの大学野球リーグ戦。リーグ戦も終盤で、ようやくこの秋のリーグ戦は初観戦。出番はありませんでしたし、チームも負けてしまいましたが、いい風景で、いい光景で。選手たち(ベンチ含めて。両チームと [続きを読む]
  • 殿堂入り野球バカ
  • (コレ3か月ぐらい前の写真。)ウチの親父、奥さんの親父、奥さん、ワタシ。この時は、90%以上は野球のハナシ。シンタロウ、ココノそして、義理兄の息子、娘の野球の話しから、昔のプロ野球選手の話まで、とまりませんでした。GファンとアンチGファンですが。笑そういう意味では、イロイロと超越して、お二人とも、殿堂入り野球バカ。本日、奥さんの親父とウチの親父で、多摩川に釣りに行くと。イイですねぇー。親孝行 [続きを読む]
  • 9年
  • 娘ココノさんが小学2年生の時(現在高校1年生)、少年野球チームで同じ、Oサムさんの声掛け、ワタシは協力するカタチで女子選手のために試合を始めました。9年前。近隣のチームの女子選手に声掛け、毎年じわじわと声掛けの範囲を広げ、たくさんの笑顔に触れられ、たくさんの方々の力添えがあり。女子選手の中には、今ココノさんの高校硬式野球部のセンパイも!6年生ココノさんたちの代に正式な女子チームとなるハズが、オトナのご [続きを読む]
  • フツーにっ、ラッセンがスッキー?
  • 女子学童ヤキュウ。「フツーにっ、小学生ドウシのトモダッチー?」な感じですが、野球になるとそれなりにお互い引き締まってやってマス。イイ感じでリラックスしてて、イイ感じで考え、自分たちの意思でヤキュウをしようとしています。ーこの日、女子学童野球リーグ戦、6、5、4年生は、総人数半分の11名参加。(6年生も9名中、4名参加と、ちとサビシイ。)6年生は勝ちたいっ、でも半分は不参加、シカシッ、そんなことにイヤなカ [続きを読む]
  • 2016、野球三昧、開幕っ!...
  • 野球三昧、開幕っ!...を書こうと思っていたら、あっという間に、6月半ば。(V)o¥o(V)シンタロウ、大学3年生。春のリーグ戦でもベンチ入りさせていただき、スタメンもあり、代打もあり。カラダもしんどいところもあるだろうし、後輩もたくさんできて、プレッシャーやらも感じつつ、メンタル、フィジカル、どちらもハードな中で、折り合いをうまくつける術を得てきているかなぁ、自然と。ベンチにいるときも、攻守交替などのちょ [続きを読む]
  • 過去の記事 …