酒倶楽部ステップ さん プロフィール

  •  
酒倶楽部ステップさん: すてっぷ酒クラ!!ブログ「ピッカイチ商品紹介」
ハンドル名酒倶楽部ステップ さん
ブログタイトルすてっぷ酒クラ!!ブログ「ピッカイチ商品紹介」
ブログURLhttp://www.stepstep.biz
サイト紹介文ピッカイチ商品紹介!!
自由文酒屋の大酒飲みで、ややアル中ぎみのトレビアーン!?なスタッフによる「ピッカイチ商品紹介」や「お得な商品」等の紹介。

ワインのこと、焼酎のこと、清酒のこと、洋酒のこと、チーズのこと、ワイン会のこと、おつまみのこと、ちょっと体を気にして健康飲料のこと、全然関係ないことなどイロイロ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2009/09/18 15:40

酒倶楽部ステップ さんのブログ記事

  • 「J.C.ラパリュ2017ヌーヴォー」今年は別格だ!!
  • まったくもって、やんごとなきボージョレ・ヌーヴォーなのであります。2017年はワンランク上のヌーヴォーになると聞いておりましたが、確かに別格です。 【ジャン・クロード・ラパリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2017】こんな表現をしたら失礼なのかも知れませんが、ボージョレとは思えない味わい。まるでコート・ド・ニュイあたりの出来の良いワインでも味わっているかの様です。間違いなくボージョレの最高峰のワ [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」カネ余りの本格流入は
  • レオナルド・ダビンチが描いた油絵がNYの競売で美術品最高額の510億円で落札されたのだとか。世界経済は空前のカネ余り状態にあることは間違いないようだ。いつでもどこでもバブルの発生は不思議ではない環境下にあるということだろう。それでも、こと日本株に限って見ればまだまだバブルには程遠いと思う。もしバブルに至るとしてもまだまだ先の話ではないか。先日、新聞を読んでいたらそのコラム欄に「・・・・・・・株価の上 [続きを読む]
  • マムシさんがステップにやって来る
  • 「TBSラジオ 毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」が11月29日(水)に酒倶楽部ステップに来ます。ご興味のある方は当日の午前11時頃にお集まりください。マムシさんとお話が出来るかも知れません。 驚きました。こんなことってあるんですね。なんでもマムシさんは、歩くパワースポットと呼ばれているのだそうで、特にご高齢の方々を元気にするのだとか。マムシさんから「おいババア」って言われたら、ほんとに元気に [続きを読む]
  • ボージョレ・ヌーボー2017解禁
  • 「ボジョレー」と「ボージョレ」どちらを使うべきか迷うところですが、先日NHKで「ボージョレ」を使っていたため、今後このブログでもそれにならいたいと思います。以前は「ボジョレー」が一般的に使われていたと記憶しておりますが、いつからどうして変わったんでしょうかね。さて、ボージョレ・ヌーヴォー2017の販売が本日解禁されました。 【ボージョレ・ヌーヴォー各種】今年の4月にフランスを襲った霜害で、特にボルド [続きを読む]
  • 「ジュ・ド・レザン・メルロ2016」全房仕込み葡萄ジュース
  • 塩山の奥野田ワイナリーさんより、超限定のぶどうジュースがリリースされております。 【ジュ・ド・レザン メルロ2016(ぶどうジュース)】720ml @2000円+税 賞味期限2018年9月20日奥野田ワイナリーのメルロを100%使い、房ごと搾り上げた野性味あふれる味わいのナチュラルなぶどうジュースです。今まで体験したことないメルロの凝縮した味わいを是非ご賞味ください。葡萄本来の味わいを損なわないためジュースは濾過を [続きを読む]
  • 「木管トリオとワインのマリアージュ」蕨市民音楽祭
  • この週末には「蕨市民音楽祭」が開催され、蕨市のあちらこちらで様々な音楽を楽しむイベントが開催されました。酒倶楽部ステップの2Fでも、木管楽器ユニットである「アンサンブル・パティシエ」の音楽とワインを楽しんでいただく「木管トリオとワインのマリアージュ」を開催させていただきました。 まずはスパークリングワインを片手にくつろいでいただきました。「アンサンブル・パティシエ」は有名音楽大学の大学院生 [続きを読む]
  • 「WAS製法ワイン」イタリアの亜硫酸塩無添加ワイン
  • 先日開催されたイタリアワインの試飲会でのことです。教授と呼びたくなるような風貌のイタリア人紳士に突然お声がけいただき、凄まじいパッションを持って懇切丁寧にご教授いただいたワインがありました。「・・・・・なんだかスゲーむずかしい話してんなこの人(汗)!!」・・・・・ワインの美味しさ、お得さだけを求めて、もうすでにほろ酔い気分だった者の正直なその時の感想です。ビックリしました。その会社さんが開発した [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」思惑の乱気流
  • 今週の日本株市場は乱気流に巻き込まれたようだ。 中小の成長銘柄は好決算の発表後に大きく値を下げた。それまで買われていたわけではないため、いわゆる「バイ・ザ・ルーモア セル・ザ・ファクト」ではない。また、日経平均株価は23,000円を超えたかと思えば、ヘッジファンドからの大口の売りが出たとのことで短期的に大きく値を下げた。これらの理由を探っても仕方がない。様々な思惑が入り組んでいるのが相場だ。また、 [続きを読む]
  • 「バルベーラ」ピエモンテのアンダーバリューワイン
  • 北イタリアのワイン銘醸地である、ピエモンテ州を代表する赤ワインと言えばネビオーロのぶどうから造られる「バローロ」や「バルバレスコ」。ピエモンテを代表する赤ワイン用のぶどう品種にはもう二つあります。そのうちのひとつが「バルベーラ」。しかし、同じ赤ワイン用のぶどう品種ではあっても、そこにはヒエラルキーが存在しているようで、バルベーラはネビオーロよりも格下の認識があるようです。気難しい印象の「ネビオー [続きを読む]
  • 「カラブリアのワイン」激辛料理に合うワイン
  • イタリア南部に「グルメ・ハイウエー」と呼ばれる高速道路が開通したのだそうです。その名の通り、ナポリの南、サレルノとカラブリアのレッジョを結ぶ432キロの沿道には美味しい名物料理がたくさんあるのだとか。そのグルメ・ハイウエーの終点であるカラブリア州(ブーツの形をしたイタリアのつま先部分)の名物料理が、唐辛子をたくさん使った激辛料理。とにかく何でも辛いらしい。そして、うれしいことにカラブリア州は、あま [続きを読む]
  • 「たこ焼き×ホッピー」・・・・・めっちゃテッパンやん
  • ホッピーさんから11月の「HOPPY Monthly Message」をいだだきました。 今回の「日本は、おいしい」は、大阪のラジオ焼き(たこ焼きの原型)とホッピーです。 唐揚げ、餃子、ネギ焼き・・・・・理屈抜きのテッパンなホッピーのアテがあります。たこ焼きもまた、間違いなくそんなアテのひとつでしょう。熱々のたこ焼きをアテに、チベたぁ〜いホッピー・・・・・・想像しただけでもうオイラの口の中はパブロフの犬・・・ [続きを読む]
  • ステップワイン会 10月のご報告とこれからの予定
  • 秋は いろいろな行事が目白押しですね。ステップでも 10月・11月・12月とワイン会を企画。10月の会も 盛況でした。 テーマは 「ワイン発祥の地 グルジア(ジョージア)を知る会」。 旧ソ連領であり 「グルジア」とは ロシア語なので 現在は ジョージアという名に国際的に変更。東欧の小国 ジョージアは 数々の遺跡から ワイン発祥の地と言われています。グルジア語の gvino( グヴィーノ) [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」業績を追いかける
  • 日経平均株価が先週22000円に到達したかと思えば、もう今週には22,500円を突破した。もうあと100円ちょっとでバブル崩壊後の戻り高値とならぶとのこと。また、この1ヵ月の上昇率は10%超え、世界の株式市場でもっとも高い上昇率だった。 【写真は日本経済新聞の記事】出遅れ感の強かった日本株市場も、ついに世界の主要市場に追従し始めたということだろう。それでも、その上昇スピードの速さは、これまで以上に高所恐怖症 [続きを読む]
  • 「高級ワイン市況」ブルゴーニュの値上がり傾向継続
  • 中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから6年以上経過。2014年7月に底入れしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、再び上昇傾向にある。ワイン価格を上昇させた一因の背景には、英ポンド安や人民元安、世界的なカネ余りなどのマクロ経済からの影響がある。そんな金融市場の混乱は、ワインの収集や投資にどう影響を与えるのか?また、高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは [続きを読む]
  • ホッピー・アートランド2017-11
  • 世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの11月です。 【2017-11のアーティストはポーランド在住のマヤ・ヴロンスカ】マヤ・ヴロンスカはポーランドを拠点に活動するアーティスト。建築家でもある彼女が描く都市と建造物の水彩画には温かみがありファンも多い。都市と建築物の「歴史」に着目しロンドンやパリ、プラハなどの古い街をカラフルに描いてきたが、今作では世界中の名建築が [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」まるで格言のモデルケースだ!
  • 日経平均株価は今週ついに22,000円を突破。まさに「押し目待ちに押し目なし」の様相。まるで格言のモデルケースのようだ。 この状況を経済状況や政治情勢からの因果関係として説明するのは無理があると思う。市場心理や、信用取引の取り組みなどのテクニカルな要因が影響しているとみられるからだ。相場の値上がりに起因するペイントレードと呼ばれるようなプロの買い、信用や先物、オプションの買戻し、そこに個人の転売が [続きを読む]
  • 「奥野田ワイン」クリーム系うまみとのマリアージュ
  • 最近の若い人は美味しいものをよく知ってるんですね。うちのお兄ちゃんはフェットチーネと呼ばれるきし麺みたいなパスタが「これヤバイっす!」なんです・・・・・どこで食べたんだか?そんなことで我が家では、たびたびフェットチーネが食卓に上ります。キノコ本番のこの時期には、クリームを加えて煮詰めた旨みたっぷりのキノコのクリームソースで食べるとこれまたおいしい。そこで、今回は旨みたっぷりなフェットチーネのキノ [続きを読む]
  • 「Ch・ド・ブロンドー2008」ボルドーのお得な熟成ワイン
  • 「ボルドーワインは高い!」・・・・・・確かに格付けされている有名ブランドのボルドーワインは高価。しかし、これは必ずしも正しいイメージではないようです。そう、ボルドーは広いのです。高価で格付けされているワインとは、メドックなどにあるごくごく一部のワインのみ。また、ボルドーワインでもっともメジャーなぶどう品種はメルローなんですね。と言うことで、お得なボルドーワインのご紹介です。 【シャトー・ド・ [続きを読む]
  • 「ハナミズキ ブラン2016」国産のオレンジワインだ
  • 塩山の奥野田葡萄酒さんが、ぶどう品種「甲州」で造る「ハナミズキ ブラン」の2016年ヴィンテージは明らかに色わいが濃い。オレンジ色なのです。 【ハナミズキ ブラン2016】2016年ヴィンテージから造りを少し変えて、ぶどうの果皮や種を果汁と一緒に漬けこむ「醸し(かもし)」と呼ばれる過程を長くしたのだそうです。つまりは、ほんとうにオレンジワインなわけですね。より骨子のしっかりとした味わいや複雑さが加わり、 [続きを読む]
  • 「濃厚バルベーラ ダルバ」さらなるクオリティを追求
  • 品質の高いことが人気のイタリア・ピエモンテの協同組合「テッレ デル バローロ」が、さらなるクオリティを追求したプロジェクト「アルナルドリベラ プロジェクト」でつくり出した、新たなスタイルのバルベーラ ダルバのご紹介です。「アルナルド リベラ」は、この協同組合「テッレ デル バローロ」の創始者の名前なのだそうです。 【バルベーラ ダルバ2015 ヴァルディセーラ アルナドリベラ】2015年は恵まれたヴ [続きを読む]