FUSA さん プロフィール

  •  
FUSAさん: 徒然なか話
ハンドル名FUSA さん
ブログタイトル徒然なか話
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/np4626/
サイト紹介文誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話の書き綴りです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2009/09/19 08:17

FUSA さんのブログ記事

  • 八雲神社のはなし。
  •  熊本出身の歌手・森高千里さんのヒット曲「渡良瀬橋」に登場することで知られ、5年前に火事で全焼した栃木県足利市の八雲神社が再建され、先週末、完成を祝う式典が行われた。  八雲神社(やぐもじんじゃ)というのは、スサノオノミコトをご祭神とする神社で、... [続きを読む]
  • 大石内蔵助の形見
  •  今年も12月14日が近づいて、そろそろ赤穂浪士の話題が出始めた。今日のRKK熊本夕方の情報番組「WELCOME!」では、赤穂浪士と肥後細川藩のつながりを今に伝えるゆかりのモノを紹介していた。 肥後細川藩は討入事件後、赤穂浪士47士のうち、大石内蔵助以下17士... [続きを読む]
  • 玄宅寺舞踊は最終夜
  •  舞踊団花童の玄宅寺舞踊会は今夜が今年の最終回でした。【今夜の曲目】 御所人形         紙人形 カタユキカンコ      唐行物語 かまくら雪まつり     平泉讃歌 雪んこ          七夕抒情 ひえつき節〜荒城の月   ... [続きを読む]
  • 相撲町と吉田司家
  •  毎日、朝から晩までテレビでは相撲のいやな話題ばかり。いいかげんウンザリだ。 そんな中、今日夕方のTKU「みんなのニュース」で「城下の地名に隠された歴史」というシリーズのコーナーをやっていて、地名研究家の毛利秀士さんが解説をしていた。今日、取り上げ... [続きを読む]
  • 中村勘三郎 没後5年
  •  十八代目中村勘三郎が没して今日で5年。ウ〜ン早い!。特に記念番組も組まれてないようなので、過去に録画した追悼番組から歌舞伎「髪結新三」や「春興鏡獅子」、大河ドラマ「元禄繚乱」総集編などを引っ張り出して見てみようかと思う。それから映画「やじきた道... [続きを読む]
  • NHK大河ドラマ「いだてん」
  •  2019年のNHK大河ドラマは金栗四三翁を主人公のひとりとする「いだてん」と決まり、金栗翁の出身地である和水町や玉名市にとっては久々の嬉しいニュースだ。僕にとっても玉名はふるさとの一つであり、また、生前の金栗翁の姿を知る一人としても嬉しい限りである。... [続きを読む]
  • 泰勝寺跡 初冬…
  •  小春日和のもと、泰勝寺跡へ今年最後のお参りに行く。観光客も数えるほどで、いつにも増して静謐なひと時を過ごす。その後、小峰墓地へまわり、地震被害を受けた著名人の墓の修復具合を見に行く。藩校時習館初代教授・秋山玉山、尊王攘夷の志士・宮部鼎蔵、神風連... [続きを読む]
  • 檜垣のあとどころ
  • 世阿弥の謡曲「檜垣」より冒頭の一節▼ワキ(修行僧)の謡これは肥後の国岩戸と申す山に居住の僧にて候。さてもこの岩戸の観世音は、霊験殊勝の御事なれば、暫く参籠し所の致景を見るに、南西は海雲漫漫として萬古心のうちなり。人稀にして慰み多く、致景あつて郷... [続きを読む]
  • 晩秋の廃校
  •  昭和6年9月、父が初任地として赴任した松尾小学校(後の松尾東小学校)。児童数の減少により、今年3月末を以って小島小学校に統合され、廃校となった。生前の父はこの学校に最も愛着が強かったようだ。父は17年前に他界したので、この学校が廃校になったこと... [続きを読む]
  • 梅林天満宮秋季大祭
  •  太宰府天満宮第一分霊社、梅林天満宮(玉名市津留499)の秋季大祭を3年ぶりに見に行った。太宰府天満宮から派遣された巫女さん流鏑馬・天長地久の儀素馳(すばせ)400?の馬場に設えられた3本の的へ騎射を3回行う。土曜休日とあって例年より... [続きを読む]
  • 舞妓さんと花街文化
  •  Facebookで交流させていただいている竹中邦彦さんは、彼の大学時代の教授をたまたま僕が存じ上げていた縁で交流が始まった。彼の趣味は京の芸舞妓さんたちの写真を撮影し、SNSやYouTubeで公開することだ。いつも彼の撮った芸舞妓さんたちの写真で癒されている。そ... [続きを読む]
  • 春野にはこべら踏むこともなし
  •  今日1枚の喪中はがきが届いた。今年5月、87歳で他界された規工川佑輔先生の奥様からだった。はがきの最後に先生の遺作となった短歌が添えられていた。 県道を渡れる脚を持たざれば春野にはこべら踏むこともなし 先生の最晩年は身体がご不自由で、自らの... [続きを読む]
  • 2度目の秋
  •  熊本城の石垣が崩壊して2度目の秋。大小天守などの建屋は復旧工事が進んでいるが、熊本城の最大の特徴である石垣は、いまだに崩落したまま、風雨にさらされている部分が多く、見る度に心が痛む。♪ 石は吊って持つ 吊って持つ石は 茶臼お山の城に持つ [続きを読む]
  • 漱石と邦楽
  •  夏目漱石生誕150年記念ということで、「演奏と朗読でたどる 漱石と邦楽」という邦楽公演が、12月2日、国立劇場小劇場で行われるという。次のような演目が予定されているらしい。 ★義太夫節「生写朝顔話 宿屋の段」 ★尺八「虚空鈴慕」 ★二絃琴「梅がしるべ」... [続きを読む]
  • 玄海竜二の至芸
  •  一昨日、「テレビタミン」(KKT)で玄海竜二さんの近況を知らせていた。文字板による会話から、発声での会話が可能になったとのこと。何はともあれ、徐々に回復が見られることは喜ばしいことだ。もう一度舞台に立つという彼の悲願が一日も早く実現することを心から... [続きを読む]
  • 祖母と歌舞伎
  •  Facebookで交流させていただいている丹羽幸子さんが、先日、往年の名歌舞伎役者「守田勘彌」についてお書きになっていたので、数年前にブログに書き込んだ記事のことを思い出し、編集し直して再掲してみた。 僕は両親が共稼ぎだったので、幼い頃、日中はほとん... [続きを読む]