あかーる さん プロフィール

  •  
あかーるさん: あかるいとうさんのお出掛け
ハンドル名あかーる さん
ブログタイトルあかるいとうさんのお出掛け
ブログURLhttp://hkma77y.blog81.fc2.com
サイト紹介文国内外の生活、旅行、イベント、季節の話題やトレンド、鉄道、音楽、絵画などの興味ある記事を載せます
自由文海外は、英韓露、マレーシアなど住んだ所や訪れた西欧、中欧、CIS、中東、一部アフリカや南米とアジアなど。国内は今の拠点の関東のみならず、沖縄から北海道まで行った全都道府県から、気になる所。お出掛けは、地域や旅行の切り口だけでなく、音楽や美術、舞踏、及び植物や食べ物も。休みの日も通勤途中にも気になるスポットに気ままに。では応援よろしく願います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2009/09/20 22:38

あかーる さんのブログ記事

  • 東京ミッドタウンで古今のアートに親しむ
  • 東京ミッドタウンでは13日から恒例のデザインタッチ。初日に行くと歴代のAWARD受賞の小さな作品が並ぶ。  通路進むと大き目の作品も待っていた。館内を進むとハロウィンの撮影spot。さらに進むと芝生広場にカラフルな通り道。オープン前の点灯試験中だった。 水辺では提灯が並ぶ。近くを通ると色が変わる仕掛け。連絡橋の前には狩野派の展示のポスターを発見。館内の吹き抜けは狩野元信展の大きな案内。サントリー美術館では11 [続きを読む]
  • 横浜の店のハロウィンの飾り
  • 今年のハロウィンまであと1週間。街はオレンジ色だらけで、年々便乗組含めて街も店も盛り上がっている。街では若者の仮装が目立ち、横浜駅西口でもドンキの店頭が派手。他の店では横浜では家族向けにも照準。地下街に入るとダイヤキッチンがハロウィン版の品を並べる。 ジョイナスはディスプレイで景気付け。駅前のホテル、ベイシェラトンのフラワーアレンジメントはカボチャが支える。駅の中央通路では花屋がかなり早くからハロ [続きを読む]
  • 大和市の拠点の駅2つ
  • 神奈川県の東京都と接するのは横浜、川崎、相模原の大きな市と小さ目の大和市。大和市には2つの交通の拠点がある。1つは大和駅。2つの私鉄が交差する駅は地下を相鉄が通る。横浜と海老名を結ぶ本線の特急が停車。 地上は小田急江ノ島線が、片瀬江ノ島と相模大野を結ぶ。快速急行新宿行きが停車。ロマンスカーも停車する駅。 大和駅前は北口が広い。駅前スペースには大和なでしこ広場の看板もある。駅ビルはPROSS。その下には南口 [続きを読む]
  • 10月の渋谷
  • 渋谷駅前の再開発はどんどん進む。ヒカリエ8階から見ると左の渋谷ストリームは外観がだいぶ整っている。正面の工事中のビルも画面いっぱいの大きさ。 1階出て宮益坂下から見ると銀座線越しにビルが並ぶ。8階では中央はOUTLET家具展。小部屋のアートはグラフィックと色彩。 渋谷の開発はあちこち。春宮下町に渋谷キャストが完成したが、向かいの宮下公園は解体の真っ最中。スポーツ施設、空中公園、ホテルなどが計画されている。 [続きを読む]
  • 藤沢宿と遊行寺の街に東京五輪も
  • 藤沢市は神奈川県では人口が横須賀を抜いて4位と、湘南最大の都市として人気。東海道線藤沢駅のホームに懐かしい湘南電車型の売店横を下り電車が滑り込む。小田急と江ノ電2つの私鉄乗換駅。 私鉄の発着する南口では、2020年五輪ヨット会場の地元を発信。北口は駅前に老舗百貨店やルミネが構える。藤沢は江戸時代東海道の宿場町。江の島弁財天詣で、大山詣で、鎌倉詣でなどの分岐点として栄えた。駅北側の道端は藤澤に因む絵が目に [続きを読む]
  • 横浜の里山ガーデン秋の大花壇は百花繚乱
  • 今年の秋は里山ガーデンでお花見、と書かれたポスター発見。今週末までの1か月のみ、横浜市旭区での里山ガーデンが春の開催に続いて再オープン。休日は隣にズーラシアもあり、会場へのバスも道路も大混雑の盛況。入口のウェルカムガーデンやマスコットのガーデンベアも健在。 大花壇はまさに秋の草花が百花繚乱。展望台からのランドスケープにうっとり。芝には入れないが、草花の真ん前で1つ1つ鑑賞できる。まずはコスモス、キバ [続きを読む]
  • 池上線無料乗車日に途中下車
  • 池上線フリー乗車デーは、無料の威力で当日は大混雑の盛況。臨時ダイヤながら電車の遅延もあったが、朝方に乗った時点では混雑は概ね限定的。但し五反田行の先頭車両は戸越銀座駅では満員気味。木のぬくもりで再生したホームが池上線再生の意気込みを感じさせる。当日大混雑となった戸越銀座商店街が駅前から延びる。 起点の蒲田駅は有料の多摩川線と無料の池上線が同居。先週の池上本門寺お会式の飾りが池上線開業90周年を祝う電 [続きを読む]
  • 国分寺市の鉄道総研の平兵衛まつりが盛り上がる
  • 14日の鉄道記念日の直前の土曜日に、鉄道総研恒例の地元公開イベントが開催された。鉄道総研は 会場は国分寺市だが、国立駅から程近い。桜並木と反対側の北口から歩くと会場に近づく。その名も平兵衛まつり。新幹線開発で光町に改称される前の平兵衛新田の名称に由来。 ひかり号の周囲では地元店によるひかりまつりも開催。鉄道総研は普段一般人は入らない門がアーチで迎える。 入ったすぐ先にはミニSLが蒸気を発していた。その [続きを読む]
  • 10月の横浜みなとみらい
  • 今日は秋ど真ん中。赤レンガ倉庫はビールの祭典、オクトバーフェストで盛り上がっていた。今日は雨で冷たい中、幕を閉じる。 倉庫に挟まれた会場の向こうには豪華客船も見える。大桟橋に停泊していたのはセレブリティミレニアムの巨船。 隣の商業施設がMARINE & WALKS。名前の通り真ん前は海際の散歩道。振り返ると豪華客船も見える。 この海辺が大きく変貌する予定。正面に客船ターミナルを整備する。 入出国施設に加えて [続きを読む]
  • 東横線と池上線の祝90周年のイベント
  • 今日は鉄道の日(鉄道記念日9。東急は今年開業90周年のイベントが2つ。まず東横線では、9月からアオガエルと親しまれたかつての5000系の緑の車体を、現5000系で再現した編成が90周年を祝って走り出した。渋谷駅で緑の各停を発見。90の数字も。 自由が丘で急行に抜かれた。綱島や菊名でもパチリ。 電車の横には東横90周年の表示や、かつての東急、T.K.K。かつての利用客には懐かしい。 .池上線も今年開通90周年。90のヘッドマーク [続きを読む]
  • 駒込から東洋文庫ミュージアムに行って本駒込へ
  • 駒込駅は山手線と南北線の乗換駅。本郷通りを南下すると程なく六義園。但しよく見ると入場口は別。そこで今回はスルー。さらに進み、不忍通りで右折するとすぐ東洋文庫ミュージアムが現れた。入場すると1階奥は庭園。 2階からは下の展示や庭園が見えるが、来年初まで東方見聞録展を開催中。 東洋文庫は100万点超の蔵書を有するが、タイムズ特派員だったモリソンからちょうど100年前に三菱の岩崎家が中国で購入し、日本へ持ち込ん [続きを読む]
  • 商業施設テラスモール湘南の先に浮世絵館
  • 江の島を擁する藤沢市にある辻堂で、たっぷり江の島などの浮世絵を鑑賞した。辻堂は駅から南へまっすぐ行くと湘南の海。今は北口が商業施設など整備が進む。  改札出てすぐの連絡橋の正面から左側は商業施設、テラスモール湘南。正面の道を進むと藤澤浮世絵館。 テラスモールは2011年オープンと新しく、湘南の響きで館内も明るい印象。 モールを通り抜けると公園が構える。その向かいにあるビル、ココテラス湘南の7階で浮世絵 [続きを読む]
  • 玉電110年の歴史を祝う招き猫電車
  • 東急世田谷線の起点、三軒茶屋駅に猫だらけのポスター。車内では福の猫キャンペーンを案内。  招き猫をラッピングした電車が到着。玉電開業110周年を祝う幸福の招き猫電車が先月下旬から走行中。 招き猫は逆さまやWELCOMEの英語版も描かれる。 招き猫電車は周囲を笑顔にさせる。眩しい夕日に向けて出発。 車内には入口から猫の足跡。つり革も猫バージョン。 途中駅の夕方は通学の生徒たちで賑わう。そこは招き猫発祥の豪徳寺の最 [続きを読む]
  • 白い招き猫があふれる豪徳寺
  • 小田急のその名前の駅より、かなり近いのが世田谷線の宮の坂駅。乗って来た電車の横に古い車両が待っていた。 駅から徒歩5分程で招き猫発祥の地とされる寺がある。猫に手招きされて門に入って落雷の難を逃れたことで、井伊家の菩提所としたという。山門は住宅街に囲まれた緑の一角。境内は木が生い茂る濃い緑。正面に本堂が見えるが、左に見える三重塔が美しい。緑の奥に招福殿が見え、そこで招き猫が待っていた。 願いが叶って奉 [続きを読む]
  • お彼岸の前後に秋祭り
  • 横浜市港北区の菊名神社に秋祭りの季節がやって来た。みこしも待機。 但し9月16・17日と今年は雨にたたられ、車止めして露店が繰り出すが、盛り上がらず。 その菊名駅はJR駅の東横線とのバリアフリー連絡路の工事が進み、ホーム上の構造物が大きく高くなってきた。東横線次駅の大倉山に徒歩で向かうと、東横線沿いに高木学園の新築工事が隈研吾設計で進んでいた。大倉山は彼ゆかりの地。 綱島街道沿いのJAの前は道端の秋バラが華や [続きを読む]
  • 10月迎えた横浜駅界隈
  • 10月初めにかけて横浜駅ではえきまつり。西口のモアーズ前の像のたすきが伝える。14日の鉄道記念日に向けて、東口地下街では鉄道会社のグッズ売り場が延々と並ぶ。 崎陽軒とのコラボの弁当も販売。 中央通路にはスイーツのタワーを発見。横浜スイーツパーティも開催。 駅ビル建設工事は進み、既に10階を超えてきた。バス乗り場の先に聳えている。 東側は鶴屋町のビルや連絡部分も工事中。 ジョイナス1階の通路は、向かい合う花屋 [続きを読む]
  • 相鉄は100周年迎えて色々賑やか
  • 相鉄は今年創立100周年を迎えている。横浜駅のホームに昔の写真が大写し。横浜駅はちょうど100周年記念のそうにゃん号の海老名行きが待機。車内には座席のそうにゃんの上で4代目編成との説明。 車外ラッピングには砂利の運搬が終了した頃や、現在建設中のJR、東急と相互直通する地図も。 急行の最初の停車駅が二俣川。今駅の再開発が真っ最中。駅で待っていた電車は今むかしトレイン。かつての懐かしい車両が紹介されている。 100 [続きを読む]
  • 三軒茶屋と世田谷線
  • 東急田園都市線の三軒茶屋駅ホームは地下にある。駅のポスターで路面を走っていた昔を伝える。 路面電車が消えた今の通りの上は首都高が走り、北へ茶沢通りが延びる。横断歩道を渡るとレトロな小路、エコー仲見世が現れる。 小路を通り抜けると、バス通りの先に背の高いキャロットタワーが聳える。田園都市線からは半地下の道で繋がる。 三軒茶屋は玉電の中で残った世田谷線の始発駅。下高井戸行きの電車が入ってきた。 到着する電 [続きを読む]
  • 新橋駅前の古本市と駅向かいの中国料理
  • 9月下旬の新橋駅前は恒例の古本市。建て替え計画のある駅前ビル越しに本に群がる人が目に入る。本の先に名物のSLが構える。振り返ると汐留のビル群を背に、新橋駅高架上のホームの上の工事が進む。 ホームの上にコンコースを新設して、移動や店など利便性が高まる計画。新橋駅は帰り支度の通勤客で混む中、駅前の中国料理店に向かった。エレベーターを出ると、席の向こうに街や通り、正面に巨大なフカフィレ。角の部屋に進むと新 [続きを読む]
  • 国立駅と懐石料理
  • 立川と国分寺の頭文字で出来た街、国立。学園都市として人気の街。中央線下りホームから覗くと、ピンクに染まる桜が今は緑に染まる駅前の手前側には駅前整備の工事壁も見える。駅前に出ると工事壁には可愛らしい絵が広がる。高架の駅を見上げると手前に高架下の店が並ぶNONOWA。駅前は秋の香り。キバナコスモスも咲く。秋を感じさせるのは食。駅前の通りを南下して懐石料理の店を訪ねた。一汁三菜うさぎ屋の店の門をくぐると離れ家 [続きを読む]
  • 東北の列車あれこれ
  • JRで東北に向かうと、乗った新幹線以外の様々な電車にも出会った。秋田駅にはSLの模型。秋田駅では男鹿なまはげラインの名の電車が男鹿半島へ誘う。 リゾートしらかみは3種類。乗ったのはその内のくまげら。他の青池と橅(ぶな)にもすれ違った。 角館駅では民営化された秋田内陸縦貫鉄道の電車が待ち構えていた。青森県では、五所川原駅で私鉄の津軽鉄道のオレンジの車体、走れメロス号。太宰治の故郷が広がる。青森駅では浅虫 [続きを読む]
  • 東京駅丸の内口でシャガールとブラジル料理
  • 東京駅丸の内口の改札を出ると赤レンガ駅舎が眩しい。駅前は広場整備工事が進む。 蝶高層ビルが立ち並ぶ駅前広場は白が眩しくなっていた。その中で新丸ビルへ向かった。6階のワールドクラスのレストラン街にはブラジル料理の店、バルバッコア。休日や夜はシュラスコでたっぷり肉を味わえる店だが、昼はサラダとスイーツだけの客も目に付く中、肉がメインのランチを味わった。  7階の屋外テラスからは正面の赤レンガ駅舎や周辺の [続きを読む]
  • 秋が進む横浜の北部
  • 横浜市港北区の新羽の西方寺。彼岸花が見頃だった。彼岸の季節でもあり、花の寺は人気。山門にかけてと鐘楼のあたりが綺麗。 鶴見寄りにある梅の丘公園は、お彼岸過ぎても夏の庭園の雰囲気。キンモクセイの香りがし始めたが、セミが最後の鳴き声を振り絞っていた。丘を下ると、江戸時代の庄屋の古民家、横溝屋敷。前の水田はカカシが稲穂を守る。正面から門を見ると道端にヒマワリがまだ咲いている。 門をくぐると、柿の実がオレ [続きを読む]
  • 赤レンガ倉庫のイベントは夏から秋へ
  • 赤レンガ倉庫の広場では、アフリカイベントが8月下旬で終了。8月20日まではミシュランガイドフードフェスティバルも開催されていた。人気の名高い店が、気軽さと味と値段で競っていた。 9月16日からの3連休は、今年2回目のパンのフェスタ。赤レンガ倉庫2号館の窓辺から覗くとイベントの準備。 3日目は2日間の悪天候が去り、暑い中、大混雑。入口のアーチの先は行列が進む。会場内もあちこち最後尾の看板が目に入る。 大桟橋の南側 [続きを読む]
  • 駆け足の東北の県庁所在地めぐり
  • 東京からの新幹線は、東北の県庁所在地全てを結ぶ。最北は青森。青函連絡船の出発点だった北の玄関口。水辺を跨ぐベイブリッジが近い。 駅構内にねぶたを発見。駅前の橋の手前にはねぶた紹介の館、ワ・ラッセ。 日本海に面する唯一の県都は秋田。全国有数の人口減少県で、秋田駅前からもイトーヨーカドーは撤退した。但しアーケードは福祉のイベント、ねんりんピック開催で賑わっていた。 青森と秋田への新幹線が分岐するのが、 [続きを読む]