あんちょ さん プロフィール

  •  
あんちょさん: 呉下の凡愚の住処
ハンドル名あんちょ さん
ブログタイトル呉下の凡愚の住処
ブログURLhttps://ameblo.jp/ancyon/
サイト紹介文三国志(孫呉)および古代中国史絡みの雑記、妄想、感想をおいてます。 文物や史跡、文化などを布教。
自由文他、中国旅行記や中国語学習記なども書いてます。
「三国志」「中国史」カテゴリにある記事は比較的まともですが、基本的に残念なネタが多いです。
興味を持っていただけましたら、ぜひお立ちよりください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/09/21 22:58

あんちょ さんのブログ記事

  • ギリギリでいつも生きている
  • 余裕を持って準備したら呪われるような宿命でも持っているのか……?というぐらい本当に常にギリギリで旅行準備して生きています。今月はヘビーな月でした、めちゃくちゃよく働いた。もう何連勤したのか数えることもできない。先週は一週間10時間睡眠で生活しましたが脳は鍛えられないので本当に自重してほしいです。どうしたら休めるんだ。そ言えば、先週末にあったω-Forceの20周年記念ライブと翌日の声優無双に行ってきました。 [続きを読む]
  • 莫高窟が遠い
  • 次は莫高窟に行こう!と思ってちょっと経路を調べてみたんですが、敦煌遠すぎた。百度地図を見て中原からの遠さにびっくり、交通を調べてもなかなかたどり着けなくて二度びっくり……まあ〜でも交通を調べてしまったということは私の射程範囲に入ったということですから行くと思います。莫高窟とは中国の世界遺産のひとつです。って言っても中国って世界遺産だらけなので、ここがずば抜けてものすごく有名ってわけではないと思いま [続きを読む]
  • 春節?
  • 新年快?!ついに旧暦でも2018年が始まりましたね。今年は自分に打ち克って、それを習慣とする年にするのが目標です。2月も半分以上過ぎましたが……三國無双8も出たりしましたが……私は無双8を開封できることなく、今日まで過ごしています。何って仕事してるだけなんですけどね。まあ、そもそも週7日働いていてゲームなどできるはずがなかった。本当は発売日(公式通販なので2月7日)に休みを取ってたんです。でもそれが前 [続きを読む]
  • 流されて生きていきたくない
  • 1月も終わりました。おはよう2月。先月を振り返ってみるとまあまあ健闘したのではないかな〜と思います。ちゃんと毎日シャワーを浴び、歯を磨き、朝ごはんを食べていました。過食もせず筋トレも仕事もサボらなかった。順調な一か月です。先日、人と話していてこういう会話がありました。「最近なんか中国史の本読んでますか」我「ぜんぜん読んでないですね……」「そんな……中国史の本も読めないほど忙しいんですか……」我「い [続きを読む]
  • 今日は小正月
  • 1月も15日になりました。旧暦ではまだ11月29日ですが、私は今のところ自分の決めた目標を守れているので今年は堂々と2018年の1月を過ごせてます。まあ、物足りなければ春節のタイミングでまた何か考えればいいよね。毎日の歯磨き、シャワー、そして決まった朝ごはんを食べるという本当に誰でも絶対にできる……と言うか「できる」「できない」以前の行為だと思うんですが、これができてるだけで自然と他のいろんなリズムも一緒に [続きを読む]
  • 勝って勝って勝ち続ける
  • 目指せ!2018年グッドスタートブロガー帰国しました。帰ったらまずは筋トレ!ヨガマットやフォーム確認のための全身鏡、バランスボールが恋しい。アメブロから「2018年の目標を投稿しろ」って通知が来てたので投稿します。今年の目標は単純! たぶん日本人でこれできてないやつはいないと思います。毎日シャワーを浴びる起きたら朝ごはんを食べる(栄養にならないものは食べない)毎日歯磨きをするお分かりいただけただろうか…… [続きを読む]
  • 【里帰り】第2話 キャッシュレス社会
  • 武漢は雨です。結構どしゃ降りの雨です……が、重いスーツケースを引きずって亀山の坂道を登り墓参りに行ってきました。(毎回やってる)それになんの意味が、と訊かれると本当になんの意味もなさそうな気はしますが、私の心はすがすがしいです!私もいつ死ぬか分からないですし、死ぬときに「あーあ、最後武漢行ったとき帰りのあいさつして来なかったな」って思いながら死ぬのは絶対に嫌だから……今回飛行機を買うときもそう思っ [続きを読む]
  • 【里帰り】第1話 1話なのにまとめ
  • すべての目的地に到達してしまいました……あとは帰国だけ。武漢から離れるのは本当に悲しいですが、今回は年末から続いている体調不良がすさまじかったので早く帰って次の治療を仰ぎたいという気持ちが大きいです……まあ体が動くうちしか旅行には行けないので、動けるうちに執拗に、貪欲に旅をしたいと思います。とは言え私もともと一人旅のときの総活動時間と歩行距離が半端なく長いんで、一人でなければぜんぜん普通に行動でき [続きを読む]
  • 【里帰り】第0話 2017年のこと
  • 昨日から武漢に帰省しています。普段(往復3万)より飛行機高くて迷ったんですが、飛行機代と考えずに“魯子敬様の墓参りに行かせていただける代”と考えたらまったく高いと思わなかったし、やっぱり来てよかったです。これは本当に帰省なんだなと……何をするでもなくても、自分の故郷に帰ると癒されるんだなと実感します。今回は市内中心、目的地も一日一箇所。その代わりよく歩き、ダラダラ満喫してます。一日10?以上歩かない [続きを読む]
  • 京劇《走麦城》感想
  • 主に画面写真のせいですがめちゃくちゃ長いです。でも画像たくさん載せたので、画像だけでも見てください!《走麦城》はもう何年も前から見たいと思っていました。5年以上前から……でも当時は中国のサイトで見るなんて考えつかなかったし、中国のサイトにあると分かってからも、長いし熱中して見るから疲れそうだしと、伸ばし伸ばしにしてきました。そして今回ようやく、旅行の移動中に見ようと思い立って見ることができました。 [続きを読む]
  • 昔の京劇での関羽
  • 北京・西安旅行の写真を何もアップしてないままの流れでアレなんですが……(と言うか何の旅行の写真もアップしていない……)京劇《走麦城》を見終わったので感想を書きます。数ある中国の動画サイトで検索して見ました。動画サイトで“京? 走麦城”で検索すると出ます。その他の劇も“京? ○○(題名)”で検索すれば見られると思います。《走麦城》は三国志好きにはたぶんお馴染みだと思う、関羽の最期の戦いを扱った劇です。 [続きを読む]
  • 【今さら西安感想】第8話 楽しすぎた西安旅行
  • あー! っという間に西安旅行が終わってしまいました……本当に楽しくて、充実した日々でした。終わることが悲しくて涙が出るほど楽しかった……函谷関、阿房宮など、一人では行かなかったかもしれないところに行けました。西安と言えば、な兵馬俑・始皇帝陵にももちろん行きました!回民街(イスラム教徒の回族の街)に今回初めて行きましたが、何を食べても本当においしいし、「毎日羊を食べる」ということが普通にできるし、や [続きを読む]
  • 【中国5日目 西安】第7話 楼桑村と張飛廟の話
  • 合流の飛行機が45分遅れだったのでLAWSOSONのことを書きました。琢州(字が違うけど許して、あとで直します)は言わずと知れた劉備の出身地です!北京からは近くだと聞いていたので、この機会に……と、行ってきました。北京の838路で一本! 13元でした。琢州はいろいろ見どころがありました。・劉備故里の大樹楼桑村に石碑・三義宮・琢州三義広場・張飛廟他に・廬植墓もあったのですが、時間がなくて行けませんでした……あと30分 [続きを読む]
  • 【中国5日目 西安】第6話 2年ぶり2回目の西安
  • あっという間に西安に着きました。高鉄の停車駅は保定、石家荘、刑台、邯鄲、安陽、鶴壁、鄭州、洛陽龍門、三門峡、崋山、謂水でした。謂の字が違うけど漢字が出ないから許してね。この、地名だけでワクワクしてくる停車駅の数々……崋山は崋山派だし、洛陽龍門なんて絶対行きたいよなあ!!?石家荘、博物館のためにずっと行きたいと思っているのですがいつ行くことになるのでしょう……まあ案外何かのついでに行けるかもしれない [続きを読む]
  • 【中国5日目 北京】第5話 中国国家博物館の雑感
  • 7日(火)に見た中国国家博物館の話。本当に雑です、情念の赴くままに書きました。写真が一枚も載せられないのが本当に残念ですが、旅行中の記事は全部ガラケーからの投稿なんですいません……この日は出発が遅れたなあ、と思ってましたが12:00には入館できて、途中のトイレ休憩以外はぶっ続けで観覧しました。閉館までいたので滞在時間5時間。最高でした……宣言通り、まさに抱き散らしてきた。春秋左氏伝でしか見たことない国の [続きを読む]
  • 【中国5日目 北京】第4話 北京→西安6時間の旅
  • 7:00前発の高鉄、乗れました!やっぱり火車站には乗車30分前には絶対着きたい。今日は3:15起き。いや〜楽しい北京旅行も無事に終わりました!今回は本当に、体力(と言うか睡眠貯金)&金銭を西安のために温存温存ということで、朝タイマーを鳴らした時間に起きても眠かったらそのまま寝てました。そんなわけでもれなく毎日二度寝しました。だから「時間があれば行きたいな」と思っていた・北京孔廟&国子監博物館・北京歴代帝王廟 [続きを読む]
  • 【中国4日目 北京】第3話 首都博物館
  • 今日は首都博物館に来ています。今回、全日ともかなり遅起きで出てきているので、今日もこの博物館を堪能して終わります!普段ならこんな優雅なことはしないのだが、今回はまだ楽しい予定が……明日から西安旅行が始まるので、体力はなるべく溜めておく方向でいきたいと思いまして……首都博物館は主に北京の歴史を扱った博物館です。全6階建て、じっくり見るなら4時間は必要と書いてありました。もうすぐ13:00だからちょうどい [続きを読む]
  • 【中国3日目 保定】第2話 劉備の故郷
  • 昨日の首都国家博物館のことを書いてたんですが、もうLAWSOSONのある琢州(タクの字が出ない)に着いてしまいました……まさかの今年2回目の河北省。北京からはバスで1時間半でした。天気がよいので良かったです。なるべく多くの場所が開門していることを祈る。今さらですが、LAWSOSONとは劉備の出身地です。桃園三結義です。楼桑村。昨日は11?以上歩いたので、今日も10?は歩きたい……では! [続きを読む]
  • 【秋季中国旅行 2日目】第1話 文物と生きる
  • 飛行機でずっと打ってたので長いです。台湾での記録や自戒を記す間もなく、舌の根も乾かぬうちにでたいへん恐縮だとは……別に思っていませんが……そう! 王室とは周のための言葉だったはずの春秋時代から堂々と王号を名乗っていた楚国のファンの私だから、好きなことを好きにすることに対して僭越とかないですが、(↑これいる?)大陸は北京にやって来ました。今回は博物館に行き、文物を好き勝手に抱き散らかす……(見るだけ [続きを読む]
  • 『水滸伝』感想:20回目まで
  • 兄弟一二三四五,兄弟个十百千万!兄弟一二三四五,兄弟个十百千万!哈哈!この曲すごく覚えやすいし歌いやすいので中国語学習中の人にたいへんおすすめします。なんせほとんど“兄弟”しか出てきませんから。兄のxiōngって音にちょっとコツがいるので練習にもなっていいです。最初のxiのときに口をめっちゃ横に引くのが大事!?涵予?の宋江がイケメンすぎて狼狽してます。顔だけで天下取れる……黒いのは肌じゃなくて服だった… [続きを読む]
  • 『水滸伝』を読んでます
  • 今、『水滸伝』を読んでいます。駒田信二先生翻訳の120回本。とっても楽しいです。昔からの友達に再会したような、その友達の新しい一面を知られたような……もうとにかくぜんぜん初対面(?)という気がしないし、私は今まで水滸伝の記憶を失っていたのか……というくらい、内容がすっと入ってくる。もともと知ってたんだろうなってぐらい。全人物、読んでて気持ち悪いくらい「また会えたね」感に襲われるんですよ。というのも、 [続きを読む]
  • 中国版《真・三國無双8》を考える
  • 三國無双8を中国語版でプレイしたいというみなさん!みなさん……私です。昨日ついに三國無双8の発売日が来年の2月8日(木)と発表になりましたが、中国語版プレイしたい勢(現在自分のみ確認)には「そこまで待つことなく中国語版を入手することはできるのか?」「そもそも中国版にも大陸版と台湾版と香港版があるらしいんだけど……」という疑問が生じています。すみませんが全面的に中国大陸の三国无双粉?の書き込みを参照さ [続きを読む]
  • 【台湾2日目 台北】第3話 格闘技選手なみの食事
  • まったく更新できないまま今日という帰国の日を迎えましたが……道中新しい発見が多く、実りの多い旅になりました!台湾(メイン台北)だからぜんぜん大丈夫だろ。……って胡座をかいてたんですが、ぜんぜんぜんぜん大丈夫じゃなかった。(笑)自分が日頃いかに楽な旅行をしているか思い知った…… 人との旅行で、どこまで判断を任せていいのか?というところは塩梅が非常に難しいですね。今まであんまりこのことを気にせずに旅して [続きを読む]
  • 【台湾1日目 台北】第2話 解き放たれた虎
  • 台湾に着きました。が、友人が遅れて合流時間が大幅に遅れまくるという事件が発生!これはネタ的においしい!!!ψ(?'?'?)ψ友人には申し訳ないが、正直まったく困ってないし、むしろいろいろ手続きさせてくれてありがとうという感じ!!!やっぱりね、何も起こらず、何もアクションしなくていい旅行なんてつまらないですから……飼い慣らされた虎になってしまう。私は常に解き放たれた猛獣でありたい!というわけで、友人を待 [続きを読む]
  • 【台湾旅行】第1話 鮮やかな進軍
  • 我ながら、毎回旅行準備(荷物詰め)の手腕が鮮やかすぎて自分に感動します。溜めまくって最後の最後で一気に終える美しさ、龐統越えた……その速さでできるならもっと早くやれよというアドバイスは私には通用しない!短い期間ですが友人と台湾に行ってきます。たぶん一応私が旅のホストのはずですが何も調べていません。河南省で開封太郎先生に全面的にお世話になったとき並みに何も調べていない。しかも今回は誰の世話にもなれな [続きを読む]