stage さん プロフィール

  •  
stageさん: Please Don't Leave Me
ハンドル名stage さん
ブログタイトルPlease Don't Leave Me
ブログURLhttp://stageimpact.blog.fc2.com/
サイト紹介文G1TC・キャロットC・シルクHC・東京TCで一口馬主ライフ奮闘中!
自由文<stage厩舎の一口馬主奮闘記>
スクリーンヒーロー産駒に出資をして重賞制覇をするのが夢です。
主な活躍馬はラストインパクト、フラムドグロワール、シャイニングレイ、アヴニールマルシェなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/09/23 22:19

stage さんのブログ記事

  • 2歳馬の先陣はどの馬?
  • シャイニングレイの引退、インディチャンプがGI出走叶わずと残念な出来事続きでやや熱量低下気味の今日この頃です。GW中も仕事でしたし…現役馬の多くはクラス常連勢力になりつつあり、今後の期待はデビュー前の2歳馬ということになりそう。現2歳馬は6頭に出資済みですが、その中でも以下の2頭のデビューが間近です。・ベルクワイア(キャロットC)3月末に国枝厩舎へ入厩し、4月初旬に早々にゲート試験をパス。現在はNF天栄へ戻り [続きを読む]
  • 低評価を覆す復活劇!!(一人口取りも…)
  • GI高松宮記念当日にレイリオンが条件戦に出走をしましたので、現地観戦をしてきました。近走不振の影響もあり今月頭に転厩。しかも当初登録をしたマイル戦を除外された後に出走に至った2000m戦ということもあり、戦前の評価は非常に低いものでした。口取りの申込みも私一人というありさま。パドック周回は良くも悪くもいつも通り。今回シャドーロールを装着していたことがこれまでとの違いでした。レースは戦前のコメントに反して [続きを読む]
  • 距離延長で鮮やかな変わり身!
  • 先週土曜日、シルクHCのベルフロレゾンが未勝利戦に勝利をしました。芝1400mでデビューし、ダート1200mを使った後、ダート1700mでの勝ち上がり。距離延長がズバリ的中した形となりました。様々な条件を試行錯誤しながら、使ってくれた陣営には感謝ですね。調教にも跨りながら、レースでも続けて騎乗してくれた藤岡康太騎手もこの馬の良いところを存分に発揮してくれました。藤岡康太騎手「落ち着きがあって返し馬の雰囲気がよか [続きを読む]
  • 待望の初勝利!
  • 前走の初ダートの1戦で一定の適性を示していたキープシークレット。手綱を取った厩舎主戦の中谷騎手の進言もあり、ブリンカーを装着して挑んだ今回の1戦。中間の追い切りでもこれまでにない動きを見せていただけに変わり身を期待していたのですが…抜群のスタートから好位に付け、2番手からの競馬。これまで勝負所では他馬に揉まれるとズルズルと後退する競馬が続いていたのですが、今日のレースでは鞍上の好プレーもあり粘り強く [続きを読む]
  • デビュー2連勝でオープン入り!
  • 年末のデビュー戦を快勝したインディチャンプ。レース後も順調に調整され、1/13(土)の500万下のレースに出走してきました。キャリア1戦にも関わらず直前の追い切りで重賞馬ミッキーロケットを煽るような動きをしたこともあり、当日は2番人気の支持。スタートで出遅れてしまい、レースはまさかの最後方から。惨敗も覚悟しましたが…4コーナーから大外ひと捲りのごぼう抜きで最後は流しながらの大楽勝。圧巻のパフォーマンスを見せ [続きを読む]
  • 申し分ない1週前追い切り!
  • 来週の復帰戦に向けて順調に調整をされているエルリストン。今朝はその最終追い切りが行われました。栗東CW稍重 81.4 -66.0 -51.9 -38.7 -12.1 ミッキーラブソング(古オープン)馬ナリの内を1.8秒追走0.5秒先着橋口調教師「3頭併せの一番後ろから追い掛けて、手応え良く走り、先着しました。メンタル面でも気になるところはありませんし、これまでよりもいい雰囲気ですね。来週の出走が楽しみです。先週(金)にゲートを確認したところ [続きを読む]
  • 今年初勝利いけそう!?
  • 年明けの3日間開催では、ベルフロレゾンとチャームクォークの2頭が出走しましたが、5着と12着という結果。昨年は5月まで初勝利を上げることができなかったので今年はできるだけ早く収めたいところ。今週は年末にデビュー勝ちを収めたインディチャンプと長期休養明けを叩いたレッドクライムの2頭がスタンバイ。中でもインディチャンプは前走着差以上の勝ちっぷりだっただけに楽しみは大きいです。最終追い切りもオープン馬のミッキ [続きを読む]
  • 2018年出資馬初戦は…
  • いよいよ今日から中央競馬が開幕。早速出資馬のベルフロレゾンが京都オープニングレースに出走しました。結果は前走と変わらずの5着。課題であるレース前半の位置取りは、前走より前向きさが出てきているもののやはり置いて行かれますね。純粋なゴリゴリのダートの短距離馬達とは明らかなパワー差、適正の違いがあるのかもしれません。終いは確実に脚を使えますので素質は間違いないようです。条件が変わってこれば、すぐに順番は [続きを読む]
  • 2018年一口馬主展望
  • 元旦から仕事をしていたこともあり、今年の正月休みは後ろ倒しな感じ。明日から中央競馬も始まるのでそれに合わせて休めるのは寧ろ好都合といったところでしょうか。昨年2017年は目標としていた年間10勝には及ばなかったもののシャイニングレイが久々に重賞勝利を収めてくれました。また、ビートマッチが福島競馬場で勝利をし、全競馬場での勝利を達成することができました。何よりも一年を通して出資馬たちが大きな怪我をすること [続きを読む]
  • ありがとう!ラストインパクト。
  • あけましておめでとうございます。本年もサラブレッドを通して多くの方々と交流をさせて頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。昨年末、1頭のサラブレッドの引退が発表されました。stage厩舎のエースであるラストインパクト。2014年の金鯱賞から勝ち星から遠ざかり、近走はそのらしさが見られぬ走りが続いていましたので関係者の決断は的確なものであったと思います。今後は北海道へ戻り、ノーザンホースパークで乗馬になる [続きを読む]
  • 勝ち納めすることができました!!
  • 2017年JRA最終開催の今日、シルクHCの2歳出資馬インディチャンプがデビュー戦を迎えました。トレセンでの坂路調教で格上の年長馬を相手に好時計を連発していたことが評価され、単勝1.5倍の1番人気に堂々選ばれました。デビュー戦の2歳馬にこれだけの支持を集めることはそれほどありませんが、いざ直面すると不安の方が先行してしまうんですよね…(一口あるある)ですが、結果は多くの方の期待の応え、見事1着!!!レースは五分の [続きを読む]
  • 追加出資しました
  • 久しぶりの更新です。2歳エース候補のトゥザフロンティアが戦線離脱後、どうも気持ちが入らない日々でした。勝ち星からも遠ざかっていますしね…そんな停滞ムードを払拭すべく?シルクHCで追加出資をしました。出資したのは、パイロ産駒のショウナンハトバ16。やや地味な存在ながら血統背景のポテンシャルは中々のもの。ステイゴールドやショウナンパンドラが出る牝系に馬産地でも評判のパイロとの配合。牝系ではフジキセキ×クロ [続きを読む]
  • 1歳馬の出資が確定しました
  • 先週金曜日にキャロットクラブの第1次募集の申込み結果が発表されました。抽選対象となっていたフラゴリーネ16とライツェント16の2頭は、フラゴリーネ16のみ当選。非抽選で出資が確定していたスカーレットベル16とともに2頭の出資が確定しました。バツなしで挑んだドラフトでしたが、良駒2頭を確保することができ満足いく結果となりました。これで今年度の1歳馬の募集は一段落。5頭の期待馬が仲間入りしました。<東京TC>・レッド [続きを読む]
  • ひとまず出資馬1頭確定!
  • 先週第1次募集が締め切られたキャロットクラブ。その募集状況の最終結果が先程発表となりました。13 スカーレットベル16(最優先)○24 フラゴリーネ16 抽選39 ライツェント16 抽選25 クライフォージョイ16 ×44 ココシュニック16 ×48 アナアメリカーナ16 ×バツなしの今年はバツ取りを狙いつつも少しでも可能性がある良駒に行くというスタンスで挑みました。最優先スカーレットベルは、バツなし最優先希望枠内での抽 [続きを読む]
  • セルバンテス引退
  • 私stageにキャロットCでの初勝利をプレゼントしてくれたセルバンテスが遂に引退となりました。通算成績は、26戦1勝。決して目立った戦績ではありませんでしたが、大きな怪我をすることもなく長く楽しませてくれました。新潟での初勝利時に鞍上の蛯名騎手の絶叫とレース後のコメントには本当に興奮しましたし、それは昨日のことのように思い出されます。線が細く華奢な馬体はいつか本格化するだろうと見守ってきましたが、最後まで [続きを読む]
  • シルク2017年度 第1次募集最終結果
  • 僅かな希望に期待をして応募をした今年のシルクHCの第1次募集。その抽選結果が今日発表されました。結果は、………プチノワール16当選!!昨年はこの半兄を大本命に指名して無念の落選→シルク2016年度 第1次募集最終結果ようやく1年越しの想いが叶いました。父がディープインパクトからロードカナロアに変わり、クラシック路線からは縁遠くなるとは思います。しかしながら、短距離志向の父を迎え、尚且つ牝馬に出たことで半姉ロ [続きを読む]
  • 橋口慎介厩舎へ転厩
  • 札幌開催での復帰を目指して、追分LVで立て直しを図っているエルリストン。近況レポートと共に須貝厩舎から橋口慎介厩舎への転厩が発表されました。このたび関係者間で協議を行った結果、栗東TC・橋口慎介厩舎への転厩が決定しました。北海道開催での出走を目指し、早い段階から調整を進めてきました。しかし、現状では須貝厩舎の在厩頭数は多く、馬房の調整が難しい状態となっているため、このタイミングで転厩させることにしま [続きを読む]
  • シルクHC 抽選大会に応募
  • 今年もかなり票数が集まったシルクHCの第1次募集。過去実績枠がもう太刀打ちできない状態になっており、私のような零細一口出資者は抽選枠に投じる他ありません。完全に運ゲーになってしまって、正直出資意欲が湧いてきません。純粋に良く見えた人気3頭に加えて、首尾よく人気がなかったケアレスウィスパー16の合計4頭を筆入れ。ケアレスウィスパー16は、ノーザン所縁の父母の組み合わせで血統面での魅力が満載。牝系には活躍馬が [続きを読む]
  • 東京TC 先行募集申込み完了
  • 本日12:00に東京TCの先行募集が締め切られました。昨年は第一希望のエリモピクシー15を抽選で外してしまったこともあり、出資馬はなし。気になる馬はいたんですが、他クラブとの兼ね合いもありましたので…シルクの抽選激化、キャロットのバツなしという背景もあることから今年は積極的に狙ってみます。先行募集で申し込んだのは、レッドエルザ16かつての出資馬の仔に満を持しての応募です。現状母同様に華奢でボリューム感には欠 [続きを読む]
  • 素質馬が期待通りのデビュー勝ち!
  • 昨年キャロットクラブの出資馬募集で一球入魂で申し込んだトゥザヴィクトリー15ことトゥザフロンティア。そのトゥザフロンティアが地元中京競馬場でデビューをしました。残念ながら口取りの権利はハズレてしまいましたが、その勇姿を見に現地観戦をしてきました。血統馬であり、ブレイク中のロードカナロア産駒ということもあり、単勝1.5倍の断然人気。パドックでは猛暑の中の周回にも関わらず、程良い気合い乗りでの周回。実馬を [続きを読む]
  • 完勝で秋華賞路線に名乗り!
  • 前走でこのクラスでは力上位であることを証明できたビートマッチ。一旦NF天栄で再調整された後に挑んだ今回のレース調整過程においては、懸念されていた脚元の状態が落ち着いていることからコースでの追い切りも織り交ぜられました。その甲斐もあってレースでは危なげない走りを見せ、5馬身差の完勝!斤量差も有利に働いたと思いますが、それ以上にポテンシャルの高さを見せつけてくれました。この後は引き続き脚元と相談しながら [続きを読む]
  • 13戦目での勝ち上がり!
  • ダートに転向後も安定した成績を収めているレッドクライム。初勝利を賭けて挑んだ函館3戦目。相手関係も組みやすくなり、ゲートも捌きやすい外枠からの発走。まさに負けられない1戦。五分のスタートからレースは中段追走。心配されたスローペースの団子状態にはならず、クライムには打って付けの流れになりました。勝負所からは枠の利を活かし、大外から堂々進出。直線に入ったところで先行馬をまとめて面倒見て、その後は盤石の競 [続きを読む]
  • 輝き復活
  • 日曜日の中京メインレース重賞のCBC賞に出走したシャイングレイ。初のスプリント戦ながら、前走の勝ちっぷりから2番人気に指示をされてレースを迎えました。発送直前には大きな雷と共にスコールのような土砂降りの雨が…どんなレースになってしまうのか不安に思っていましたが、不安は的中。前走に続き、スタートで後手。開幕週で前残りが続いていたこの日の馬場においては、まさに痛恨の出負け。正直、「終わった」と思いました。 [続きを読む]
  • あの輝きをふたたび…
  • 前走劇的な復活の走りを見せてくれたシャイングレイ。道中の走りっぷりも考慮に入れて、更に距離を短縮し重賞の舞台に駒を進めてきました。7.2 CBC賞・芝1200m 〔北村友〕高野師「今朝はいつもどおり坂路を1本軽く上がってから、2本目に時計を出しています。終い重点の内容でしたが、動きはしっかりしていたと思います。正直大きく変わってきたところがあるわけではないのですが、状態は高いレベルで平行線をキープしていると [続きを読む]
  • いよいよ2歳馬がデビューです!
  • 待ちに待った2歳馬のデビューが近付いてきました。矢作厩舎に所属するシルクのダイワメジャー産駒の牝馬キープシークレットがその先陣を切ります。そのデビュー戦の手綱を握るのは、レジェンド武豊。もうこれだけで興奮のボルテージはマックスです。7.2 メイクデビュー中京・芝1600m(牝) 〔武豊〕2017.7.28担当助手「28日に坂路で追い切りました。先週しっかり負荷をかけているので、反応を確認する程度で行いましたが、予定して [続きを読む]