stage さん プロフィール

  •  
stageさん: Please Don't Leave Me
ハンドル名stage さん
ブログタイトルPlease Don't Leave Me
ブログURLhttp://stageimpact.blog.fc2.com/
サイト紹介文G1TC・キャロットC・シルクHC・東京TCで一口馬主ライフ奮闘中!
自由文<stage厩舎の一口馬主奮闘記>
スクリーンヒーロー産駒に出資をして重賞制覇をするのが夢です。
主な活躍馬はラストインパクト、フラムドグロワール、シャイニングレイ、アヴニールマルシェなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/09/23 22:19

stage さんのブログ記事

  • キャロット2018年度 第1次募集最終結果
  • 昨日キャロットCの第1次募集の結果が発表されました。前日に最終の投票状況が発表されていましたので、大本命馬の当落は既に判明していたのですが、抽選対象馬(シーディドアラバイ17)の行方が気になるところでもありました。結果は残念ながら落選でしたので、今年のドラフトの結果は以下の通りに。ヒストリックスター17 当選(バツなし最優先)シーディドアラバイ17 落選(一般抽選)マラコスタムブラダ17 落選(無抽選)まさ [続きを読む]
  • シルク2018年度 第1次募集最終結果
  • 本日シルクHCの第1次募集の結果が突然発表されました。結果は、………プチノワール17当選!!これで昨年に引き続き、プチノワールの仔に出資が叶いました。3年連続筆入れして2頭を得られたのは、本当に幸運でした。そう言えば、昨年も同じことやってましたね(汗)→シルク2017年度 第1次募集最終結果それ以上のサプライズは、優先200票超えで高実績が不可欠であったピラミマ17に当選したことですね。結果的に高実績な方々が優先 [続きを読む]
  • シルク申し込み馬2018
  • 先週締め切られたシルクHCの第一次募集。優先候補は、タイタンクイーン17とプチノワール17の2頭。2頭とも中間発表では予想以上に人気が集中しており、最終決断するにはかなり難しい状況に。票数が集まっていない次点馬を優先にすることも考えましたが、自分の出資スタイルではなので初志貫徹を貫くことにしました。タイタンクイーン16とプチノワール16の比較は最後まで悩みましたが、・票数がやや少なめ・牡馬・好みの馬体・大きめ [続きを読む]
  • ベルクワイア仕切り直しの1戦
  • デビュー戦で圧倒的な人気(単勝1.3倍)に応えることができなかったキャロットCのベルクワイア。明日新潟競馬場の芝マイル戦での未勝利脱出を狙います。前走後はNF天栄に放牧へ出され、立て直しが図られました。その後は美浦には帰厩せず、直接新潟競馬場入り。猛暑と馬の負担軽減を目的とした直入のようですが、初体験で驚いています。特別待遇?なんですかね。鞍上はデビュー戦に続きリーディングジョッキーのルメールを確保。当 [続きを読む]
  • 4年ぶりに味わう歓喜のV
  • デビュー勝ちから勝利の女神に長くそっぽ向かれていたキャロットCのアヴニールマルシェ。近走はかつての活気ある走りが影を潜めてしまい、「引退」の文字が脳裏にちらつくこともしばしば。そんな厳しい現状の中、戦いの場を障害戦に移しての初戦。初障害で適正は疑問符ながら、平地能力は明らかにメンバー上位。まともに走ることができれば…と僅かな希望を胸にレースを見守りました。結果は、まさかまさかの大楽勝!!!好位の3番 [続きを読む]
  • シルク祭り開幕2018
  • G1TC、東京TCのドラフトが終了し、間髪入れずシルクHCのドラフトが開幕。個人的にも相性の良いですし、クラブとしても2冠馬が出て今最も勢いがあります。近年は富裕層の第2クラブとしての位置付けを確立していることもあり、意中の馬に出資することが極めて難しくなっています。運ゲー的な要素が強いですが、上手く立ち回って1頭でも多く意中の馬を確保したいと思っています。まずは実績面の振り返りを。2014年産(実績:13.2)ブ [続きを読む]
  • 休養明け初戦を快勝!
  • 春シーズンは果敢に桜花賞への切符を賭けたトライアルレースに出走。残念ながら夢は叶いませんでしたが、矢作厩舎らしい果敢なチャレンジに胸躍りました。立て直しの放牧後の一戦は未勝利を脱出したダート戦を選択。輸送が苦手な馬だけに札幌開幕週での復帰が濃厚かなと思っていた矢先の函館出走はちょっと意外なものでした。休み明け、乗り替わり、輸送、牡馬混合戦、攻め不足とややネガティブな要素が多く、戦前の人気は全くあり [続きを読む]
  • G1・東京ドラフトを終えて…
  • 先日のG1TCに続いて、本日東京TCの先行募集の結果が出ました。G1TCでは1頭、東京TCでは2頭の申込みをしましたが、結果は全て落選。票読みせず純粋に欲しい馬に筆入れをしましたので、この結果も致し方なしですね。結果的に人気上位馬と被ってしまいましたから…これで来年G1TCは累計の実績がゼロに。未だに出資金回収できた馬がゼロの東京TC。決して敬遠している訳ではないんだけどなあ…縁がないんでしょうね。この後のシルクHC、 [続きを読む]
  • 強力ライバル相手に大健闘の2着!
  • 昇級2戦目を前々走快勝したコースに狙い定めてきたキャロットCのレイリオン。同条件とはいえ、今回は牡馬との混合戦かつGI出走経験馬も含む強力な相手関係で劣勢が予想される中の出走。単勝50倍台の10番人気と低評価ではありましたが、結果は大健闘の2着。猛烈な暑さの中でのパドック周回でしたが、イレ込みもなく活気ある周回ができていました。暑さのせいでパドックは閑散としていたので、こちらに何度もカメラ目線を送ってくれ [続きを読む]
  • 惜敗続きにピリオド!
  • 春はGI出走も視野に入れながらもトライアルレースで惜敗続きでその夢は叶わず。折り返しの条件戦でも人気に応えられずと勝ち運に恵まれなかった感のあるシルクHCのインディチャンプ。秋に向けて負けらない1戦として中京の有松特別に出走してきました。前日の豪雨で馬場コンディションが懸念材料ではありましたが、当日は雨も上がり気温がグングン上昇。不良でスタートした芝コースは稍重まで回復してレースを迎えることができまし [続きを読む]
  • 2年半ぶりの美酒
  • 短距離での後方待機策が板に付いてきたシルクHCのブレッシングテレサ。前走2着から満を持しての滞在競馬2走目。パドックでは心配されたイレ込みもなく、4キロ増の馬体重通りどっしり周回できていました。前が止まらないスピード競馬になると分が悪いと思っていましたが、今回は幸いにも雨模様の中の道悪競馬。運も味方してくれましたかね。競馬は前走より前めの位置取り。他馬の手応えが怪しい中、余力十分で直線へ。ここからの鞍 [続きを読む]
  • 重馬場を苦にせずデビュー勝ち!!
  • 函館メイクデビュー(芝1200m)にシルクHCのパイロテクニクスが出走しました。直前の追い切りも目立った動きが出ていなかった上にクラブの主戦?騎手のルメールにも選んでもらえず、戦前は8頭中の4番目の人気でした。血統も地味ですし当然と言えば当然。しかしながら、武藤調教師だけはやたら強気のコメント出していたんですよね。「美浦の坂路コースであれだけ動けるのですから、今の2歳馬の中では主力級と言っていいと思います [続きを読む]
  • 2歳馬の先陣はどの馬?
  • シャイニングレイの引退、インディチャンプがGI出走叶わずと残念な出来事続きでやや熱量低下気味の今日この頃です。GW中も仕事でしたし…現役馬の多くはクラス常連勢力になりつつあり、今後の期待はデビュー前の2歳馬ということになりそう。現2歳馬は6頭に出資済みですが、その中でも以下の2頭のデビューが間近です。・ベルクワイア(キャロットC)3月末に国枝厩舎へ入厩し、4月初旬に早々にゲート試験をパス。現在はNF天栄へ戻り [続きを読む]
  • 低評価を覆す復活劇!!(一人口取りも…)
  • GI高松宮記念当日にレイリオンが条件戦に出走をしましたので、現地観戦をしてきました。近走不振の影響もあり今月頭に転厩。しかも当初登録をしたマイル戦を除外された後に出走に至った2000m戦ということもあり、戦前の評価は非常に低いものでした。口取りの申込みも私一人というありさま。パドック周回は良くも悪くもいつも通り。今回シャドーロールを装着していたことがこれまでとの違いでした。レースは戦前のコメントに反して [続きを読む]
  • 距離延長で鮮やかな変わり身!
  • 先週土曜日、シルクHCのベルフロレゾンが未勝利戦に勝利をしました。芝1400mでデビューし、ダート1200mを使った後、ダート1700mでの勝ち上がり。距離延長がズバリ的中した形となりました。様々な条件を試行錯誤しながら、使ってくれた陣営には感謝ですね。調教にも跨りながら、レースでも続けて騎乗してくれた藤岡康太騎手もこの馬の良いところを存分に発揮してくれました。藤岡康太騎手「落ち着きがあって返し馬の雰囲気がよか [続きを読む]
  • 待望の初勝利!
  • 前走の初ダートの1戦で一定の適性を示していたキープシークレット。手綱を取った厩舎主戦の中谷騎手の進言もあり、ブリンカーを装着して挑んだ今回の1戦。中間の追い切りでもこれまでにない動きを見せていただけに変わり身を期待していたのですが…抜群のスタートから好位に付け、2番手からの競馬。これまで勝負所では他馬に揉まれるとズルズルと後退する競馬が続いていたのですが、今日のレースでは鞍上の好プレーもあり粘り強く [続きを読む]
  • デビュー2連勝でオープン入り!
  • 年末のデビュー戦を快勝したインディチャンプ。レース後も順調に調整され、1/13(土)の500万下のレースに出走してきました。キャリア1戦にも関わらず直前の追い切りで重賞馬ミッキーロケットを煽るような動きをしたこともあり、当日は2番人気の支持。スタートで出遅れてしまい、レースはまさかの最後方から。惨敗も覚悟しましたが…4コーナーから大外ひと捲りのごぼう抜きで最後は流しながらの大楽勝。圧巻のパフォーマンスを見せ [続きを読む]
  • 申し分ない1週前追い切り!
  • 来週の復帰戦に向けて順調に調整をされているエルリストン。今朝はその最終追い切りが行われました。栗東CW稍重 81.4 -66.0 -51.9 -38.7 -12.1 ミッキーラブソング(古オープン)馬ナリの内を1.8秒追走0.5秒先着橋口調教師「3頭併せの一番後ろから追い掛けて、手応え良く走り、先着しました。メンタル面でも気になるところはありませんし、これまでよりもいい雰囲気ですね。来週の出走が楽しみです。先週(金)にゲートを確認したところ [続きを読む]
  • 今年初勝利いけそう!?
  • 年明けの3日間開催では、ベルフロレゾンとチャームクォークの2頭が出走しましたが、5着と12着という結果。昨年は5月まで初勝利を上げることができなかったので今年はできるだけ早く収めたいところ。今週は年末にデビュー勝ちを収めたインディチャンプと長期休養明けを叩いたレッドクライムの2頭がスタンバイ。中でもインディチャンプは前走着差以上の勝ちっぷりだっただけに楽しみは大きいです。最終追い切りもオープン馬のミッキ [続きを読む]
  • 2018年出資馬初戦は…
  • いよいよ今日から中央競馬が開幕。早速出資馬のベルフロレゾンが京都オープニングレースに出走しました。結果は前走と変わらずの5着。課題であるレース前半の位置取りは、前走より前向きさが出てきているもののやはり置いて行かれますね。純粋なゴリゴリのダートの短距離馬達とは明らかなパワー差、適正の違いがあるのかもしれません。終いは確実に脚を使えますので素質は間違いないようです。条件が変わってこれば、すぐに順番は [続きを読む]
  • 2018年一口馬主展望
  • 元旦から仕事をしていたこともあり、今年の正月休みは後ろ倒しな感じ。明日から中央競馬も始まるのでそれに合わせて休めるのは寧ろ好都合といったところでしょうか。昨年2017年は目標としていた年間10勝には及ばなかったもののシャイニングレイが久々に重賞勝利を収めてくれました。また、ビートマッチが福島競馬場で勝利をし、全競馬場での勝利を達成することができました。何よりも一年を通して出資馬たちが大きな怪我をすること [続きを読む]