asorei さん プロフィール

  •  
asoreiさん: asoreiの築地生活。
ハンドル名asorei さん
ブログタイトルasoreiの築地生活。
ブログURLhttps://ameblo.jp/reina-a/
サイト紹介文築地市場の近くに住んでます。新鮮な野菜や魚が食べれて毎日幸せです。
自由文日本のものを、季節や日本行事にこだわって食べることを心掛けていきたいです。
自身のブログ(http://ameblo.jp/reina-a/)ぶった農産のお米がすすむレシピ(http://ameblo.jp/asorei-butta/)にてレシピを配信中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2009/09/28 21:29

asorei さんのブログ記事

  • オススメ!こども料理教室&味覚授業。11月07日 火曜日開始。
  • とっても素敵なお子様向け料理&味覚をテーマにした料理教室を見つけたのでシェアhttp://www.mirror-ep1.com/event/kids/ ・・・・・・・・・・・・・お子様むけの食育教室。料理作りと簡単な味覚チェック、マナーなどを楽しく体験するプログラムをご用意します! 作る、食べることがもっと楽しい!と感じられるように…☆ 様々な体験を盛り込んだプログラムです。 日程:初回 2017年11月07日 火曜日 (全4回)時間:14:45〜16:0 [続きを読む]
  • -詳細-【あそれいオススメ手土産】松月堂〜栗きんとん〜
  • 栗きんとん私が小学校時代を過ごした、岐阜県のお菓子です〜 茶巾でひとつひとつ丁寧に絞っていて、栗の風味が楽しめる素朴な味。今年も子どものおやつに調達しようと思います〜 【あそれいレシピ本】『寺嫁ごはん 心と体がホッとする“ゆる精進料理”』心と体をいたわる“ゆる精進料理"で体の内側から美しく誰でも簡単に作れて美味しいヘルシーレシピ集です。ぜひお手にとってくださると幸いです詳細はコチラ【和食deワンプレー [続きを読む]
  • ばんごはん。ゴーヤー&茗荷の時短料理。
  • 旬も名残のゴーヤーと茗荷を使って、鶏肉&卵とパパッと炒め 野菜の切り物と、鶏肉の下味につけておくところまでは、朝ごはんの時に済ませておいて、帰宅後は炒めるだけ 家に帰って10分後には食べたい・・なので、炒めるだけ&温めるだけの我が家のばんごはんです〜 【あそれいレシピ本】『寺嫁ごはん 心と体がホッとする“ゆる精進料理”』心と体をいたわる“ゆる精進料理"で、体の内側からデドックスを!簡単に作れて美味しい [続きを読む]
  • 【日本食文化史 江戸料理】板橋区の江戸料理
  • 日本食文化史の講師を始めて3年目に入ろうとしています 最近は、「和食の見直し」という観点もあって、過去にさかのぼって日本で食べられていたであろう料理の再現、食材の発掘、当時の食に関わる行事について聞かれることが増えてきました 私自身も、普段の食生活は精進料理。鎌倉時代に確立されましたが、胡麻やお豆腐など、現在でも食べられている食材がたくさんあって、750年以上前からこの調理方法で、この味だったのかな〜 [続きを読む]
  • そうだったのか! おめでたい席で「赤飯」を食べる理由
  • 監修させていただいた「赤飯」についての記事が公開されました読んでいただけたら嬉しいです そうだったのか! おめでたい席で「赤飯」を食べる理由https://otonanswer.jp/post/7773/ Yahoo!ニュースにも、とりあげていただきましたありがとうございますhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00010000-otonans-soci 【あそれいレシピ本】『寺嫁ごはん 心と体がホッとする“ゆる精進料理”』心と体をいたわる“ゆる [続きを読む]