pinot さん プロフィール

  •  
pinotさん: 食卓の風
ハンドル名pinot さん
ブログタイトル食卓の風
ブログURLhttps://studiopino.exblog.jp/i0
サイト紹介文家族の為のお料理から、お客様の為のテーブルセッテイング、季節の移り変わりと室礼を綴ってます。
自由文フード&テーブルコーデイネーターとして仕事を長い間やってきて、それらと少し距離を作ってのんびりとやってみたいと思ったのがBlogの始まりです。

現在、料理教室とテーブルコーデイネート教室に通ってきてくださる方々と楽しい日々を過ごしております。

2009年7月には料理本「おいしいから、何度でも」 がソフトバンククリエイテイブ社より発売されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/09/30 18:13

pinot さんのブログ記事

  • 水羊羹
  • 暑い暑い日が続き、少々ばてていましたが  台風の影響か涼しくなりほっと一息つきました。何か作りたくて、冷凍庫をゴソゴソ。そろそろ使い切らなくてはいけない さらしあん がありました。"そうだ、水羊羹を作りましょう"というわけで、昨晩 糸寒天を水に浸しておきました。口に入れると、ひんやりと餡のお味が広がります。今年の夏は美味しい茶葉との出会いがありました。静岡の深炒りほうじ茶です。冷たいほうじ茶に、いた [続きを読む]
  • お教室では 文月 涼を求めて2018.7.
  • 今日は 大暑 暑さが最も厳しい時期とは言えどうしたのでしょう、この暑さは。小学生の頃、夏休みの宿題の絵日記に毎日 気温を書くところがあり、32度の日に家族で「32度〜〜〜」びっくりして叫んだ記憶がありますが、現在の状況は驚きの一言です。お教室は、この暑さにホッとできるようなお献立です。夏には、お花選びが難しいのですが、できるだけ今外で咲いているお花を選びます。無理にバラなど使うより長持ちします。ト [続きを読む]
  • 生姜のシロップで  季節の手仕事2018
  • 今年も生姜のシロップを作りました。1回目は三温糖とグラニュー糖2回目は三温糖と黒糖三温糖と黒糖のシロップを使ってゼリーをつくてみました。薄切りにした生姜を半日干して、砂糖を加えて煮詰めたのがシロップです。甘いからといっても、肉や魚のソースにほんの少し加えてみたりとなかなか便利なのですが、飲み物としての消費が多いのです。残った生姜は1日干してグラニュー糖をまぶし、疲れたときに一口、刻んでトーストに散ら [続きを読む]
  • 暑い日のために スイカのガスパチョ
  • あまりに暑い毎日、お教室のためにも何か涼しげなものを。冷たいスープを考えました。スイカのガスパチョ前日に刻んだお野菜を冷蔵庫で冷やし、翌日スイカと一緒にミキサーにかけるだけの簡単なものですが優しいお味のガスパチョになりました。ミニトマトもいろいろあります。甘くて美味しいトマトでしたが、お値段がねー。このスープはチーズとよく合いました。 [続きを読む]
  • お教室では 水無月 2018.6.
  • 今年の梅雨は、あっという間に通り過ぎてしまいました。ここ数年感じるのは、何かがおかしいということ。六月のお教室は、夏の食材を意識して使いました。今は、一年中四季の食材が手に入りますが、季節の食材を、その季節にいただく事が大事。新生姜と鶏肉大豆と鶏肉のさっぱり煮ごま豆腐枝豆御飯枝豆の鞘からいいお出汁が出ますすぐりの実とさんきらい和食の小さなコツをお伝えした6月でした。  皆様お疲れ様でした。     [続きを読む]
  • カレーを作る会
  • カレーを作る会がスタート。カレー料理がお得意な友人を先生にお招きして、和気あいあいとした楽しい会になりました。キーマカレーヨーグルトサラダさっぱりとしたヨーグルトドレッシングに夏野菜手際の良いご指導とお料理のベテランばかりであっという間に出来上がりました。自分で作ってきたキーマカレーは何だったのかと思う美味しいカレーでした。ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 六月ですね
  • 早いですね。今年も半分過ぎようとしています。穀物の種を植えたり(芒種) 衣替えをしたりと一年の半分、生活の切り替えの時期です。Small garden のバラが終わり、手入れ不足の芝もなんとか揃ってきました。大きな木の下に植えてあるので、背がひょろひょろしている紫陽花もお花が綺麗です。隅田の花火大好きな花瓶に生けました。花瓶は日本の作家さんの作ですが、お箱が見つからなくてお名前がわかりません、大好きなお品です [続きを読む]
  • お教室では 皐月 立夏2018.5.
  • 優しい春の色から新緑の季節。「緑」は生まれたてでつやつやしている芽の色のことだそうです。まさに五月ですね。四月は、新しいフレンチのスタイルで人気のレストランへ行き、食材の組み合わせ、盛り付けなど刺激を受けもっと自由な考えでお料理を作り味合うことを学んだクラスもありました。五月は初夏の食材が出回り始め、春の食材もまだ楽しめるという時期。和食に活かせたらと願って。和モダンな雰囲気のコーデイネート お庭 [続きを読む]
  • small garden ヒューゲラ
  • 連休も今日で終わり。忙しかった4月が終わり、五月のお教室前ののんびりとした時間を過ごす事ができました。と言っても、お庭の手入れは中途半端。家の中も片付けきれません。small gardenはヒューゲラが大変元気で、お花をたくさんつけてます。地味な小さなお花ですが、束ねると雰囲気のあるお花です。葉の色も様々で、小さな空間に植えると存在感があります。小さな小さなお花です。葉の色を美しく見せるためにひっそりと咲いて [続きを読む]
  • 葛饅頭
  • 先週、茶懐石 温石さんにお願いした料理教室で教えていただいた『葛饅頭』  美味しくてなんとか近づけたくて昨日から取り掛かりました。まず白あんを昨日作りました。これがとっても大変でした。手亡豆を時間をかけて煮て、皮を取り除きさらして綺麗になったら、お砂糖を加えて煮ます。こしあんの作り方です。小さく丸めておきます。葛粉と水を合わせ、一度こし鍋に入れて火にかけます。たえずかき混ぜながら火を入れてゆきこし [続きを読む]
  • お教室では 卯月 穀雨の頃
  • 4月は、忙しくも楽しい月でした。いつにない速さで桜が咲き、散ったと思ったら美しい葉が光っています。忙しい月でしたが4月の食卓の風も無事に終わりました。花粉症に苦しみながら、でもこちらで皆様とお料理を作り楽しいおしゃべりとともにいただくのが嬉しいとおっしゃる方少しは楽になられましたでしょうか。洋風甘鮭新玉ねぎのスープ、九条ネギの白味噌ドレッシング烏賊とミモレットの醤油麹ソース豚肉とドライフルーツのワイ [続きを読む]
  • 葉桜の記録 平成三十年卯月
  • 早めの桜が散り、すっかり葉桜になりました。そんなある日、以前からお願いしてました焼津 茶懐石 温石さんによるお教室です。事前にもお出かけくださり、器を決めたり手順を打ち合わせをしたりしてくださりお若いのに流石です。焼津といえば有名なサスエ前田魚店こちらのお魚をふんだんに使い、しかも予定外の伊勢海老のサプライズがあったりと贅沢な食卓になりました。まず鰺のおろし方を丁寧に教えていただき、最近はかなりい [続きを読む]
  • 春になると
  • 季節は清明。全てのものが生き生きと輝き始める時期。華やかに彩ってくれた桜。ご近所の桜の木はすでに綺麗な葉が出て、桜の色とは違った清々しさを感じられます。この時期になると必ず使いたくなる器があります。正木春蔵さんの五寸皿です。いただきものの抹茶ボーロを午後のお茶時間に。お庭のジューンベリーの白いお花も今日の強い風に舞っています。白い花びらが散ると実がなり、赤く色づいてくるのを毎朝チェックします。こん [続きを読む]
  • 春のサラダ
  • お庭のジューンベリーのお花の咲き始めが、例年よりかなり早いし世の中のお花見も終わったようです。人混みと、?棒がニョキニョキでお花見に来た気分がないお花見でした。お野菜が美味しくなりました。買う予定がないお野菜までカゴの中へゆきます。美味しそうな人参が大量に売られてました。我が家のキャロットラぺ   人参のサラダが今ではキャロットラペ。というと特別なサラダのようですが   そんなことありません。   [続きを読む]
  • イースターハット
  • 4月1日(日)はイースターです。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日。キリストが十字架に架けられ3日後に復活した日です。クリスマスとイースターはキリスト教にとって最大に大切な日です。帽子をかぶり、おしゃれをして教会へ出かけます。イースターハット寒い時期1ヶ月ほど避寒のために滞在した娘の家でお庭のお花と、やっと産むようになった鶏の卵でイースターハットを作りました。その後お花は食卓を飾りました。小さな卵 [続きを読む]
  • お教室では 弥生 春風 2018.3.
  • 弥生 3月も終わろうとしております。雪が散らついたり、寒い日が続き本当に春が来るのかしらと嘆いたりした月でもありました。しかし、お教室ではみなさまお元気にお召し物も色が春色に変わってきてました。色と気候の移り変わりは密接な関係です。瑠璃色の花瓶がお部屋のアクセントカラーになりました。ほうれん草のスープ豚肉とドライフルーツの煮込み春野菜のサラダ根菜のチーズガレットいちごのババロアと抹茶アイス久しぶり [続きを読む]
  • 桜が満開です
  • 寒がりの私にとっては、やっと春がやってきたという感じです。嬉しいですね、何かワクワクしてます。今日はお豆を煮ました。袋に書いてあったお豆の名前がうっかり袋を処分してしまいわかりません。私のお豆の煮方は2日がかりです。手間がかかると思いながらも、ガスにコトコトとかけているお鍋を見ていると心が温まります。子供の頃母がよくお豆を煮ていましたが柔らかくなっているのになぜまだ煮続けているのかしらとか、お砂糖 [続きを読む]
  • 桜が満開です
  • 寒がりの私にとっては、やっと春がやってきたという感じです。嬉しいですね、何かワクワクしてます。今日はお豆を煮ました。袋に書いてあったお豆の名前がうっかり袋を処分してしまいわかりません。私のお豆の煮方は2日がかりです。手間がかかると思いながらも、ガスにコトコトとかけているお鍋を見ていると心が温まります。子供の頃母がよくお豆を煮ていましたが柔らかくなっているのになぜまだ煮続けているのかしらとか、お砂糖 [続きを読む]
  • ほうれん草のポタージュ
  • 春の気配があちらこちらで見かけられるようになり嬉しいです。桜の開花予想も出ましたね。新鮮なほうれん草を昨日求めてましたので、ポタージュを作ることにしました。バケットにクリームチーズをたっぷりと。カマンベールチーズを玄米しょうゆ麹に4日漬け込んでみました。少々塩分がきつくなりましたので2日くらいで良いのかも。お教室では、もう少しゆるくしましょう。シュークルート(発酵キャベツ)キャベツのサラダはよく作 [続きを読む]
  • 今日で7年 復興
  • 東日本大震災から7年。復興を祈るばかりです。あの日は、お教室の最中でデザートをいただいている最中でした。体験したことがない揺れに思わず全員テーブルの下に逃げました。すぐ停電になったため、最初は何がどこで起きたのかわからず不安でしたが徐々にわかってくるにつれ、帰宅ができるのかどうか大問題でした。夜9時、10時になった方もいらっしゃいました。何年もお教室を続けてきた中で、一番生々しい記憶になっております [続きを読む]
  • 明るい色で
  • 今日の冷たい雨で冬もそろそろ終わり、暖かくなるそうです。まさに 三寒四温 という言葉がぴったりな毎日でした。数日前のお料理ですが、パプリカと厚揚げの甘酢かけ。甜麺醤を少量加えてます。人参とひじきのサラダサンド人参のサラダとキャベツのサラダは我が家の冷蔵庫にほぼ毎日常備されております。今回の人参サラダにはレーズン、アーモンド、ゴマを混ぜてます。ひじきは戻して薄味に調味してます。ハムをサンドしましたが [続きを読む]
  • お教室では 如月 春を呼ぶ 2018.2.
  • のんびりと過ごした南カリフォルニアでの1ヶ月間。日本の厳しい寒さに震えながら2月のお教室の準備に入りました。今月のクラスは、薬膳の力を家庭料理に取り込むことを試行錯誤しながらも続けてまいります。お料理の写真を取り込んだはずなのですが、どこかえいってしまいました。こんなことが時々あるのです。  今年も、皆様とご一緒に楽しいお教室にしてまいりたいと願っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。    [続きを読む]
  • 南カリフォルニア便り
  • やっと春が見えてきました。こん冬はとても寒い、寒い冬。お正月を簡単にのんびりと過ごし、今年も1ヶ月間暖かな南カリフォルニアで過ごしてきました。朝晩は、10度くらいで、日中は15度〜20度で真冬の気温とは思えない過ごしやすい地域です。昨年は雨の日があったりしましたが、今年は晴天に恵まれのんびりと過ごしてきました。お庭の緑も昨年より元気そうでした。人懐こいマイロに癒されて。1ヶ月はあっという間でしたが、 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。年が明けて、すでに6日、おせち料理も簡単に済ませのんびり過ごしました。その間にというより、12月に入ってから始めた刺し子に専念。はまってしまいました。   毎日チクチクと。単純に考えていたのですが、かなり手間と頭が必要な作業なことがわかりました。まずさらし布にプリントされたセットが売られてますのでこれを求め、ちくちくと。茶色の糸のがそうです。2枚目からは本二冊を買い求 [続きを読む]
  • お教室では 師走 2017.12.
  • 2017年も残り少なくなってきました。そして、お教室では例年のクリスマスとは異なり、お正月のしつらえに致しました。漆と錫の長方形の折敷に紅白の水引をあしらいました。黒豆 錦卵 かずのこ タコのなます 金柑の甘露煮本来、祝い肴三種とお雑煮で祝っていたお正月でしたが、現在はお重箱につめて多くのお料理を詰めて祝うようになりました。鶴をかたどった里芋と鴨肉お雑煮餅、椎茸、鯛、大根、京菜、ゆず揚げ大根の葛煮   [続きを読む]