ゆーりー さん プロフィール

  •  
ゆーりーさん: てくてく歩く ぷくぷく笑う
ハンドル名ゆーりー さん
ブログタイトルてくてく歩く ぷくぷく笑う
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tatur17/
サイト紹介文毎日の食事の記録をつけて、食生活を見直そう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/10/01 06:35

ゆーりー さんのブログ記事

  • 久しぶりだな。
  • 「てくてく歩く ぷくぷく笑う」 久しぶりだな。退院して、選挙があって、いつものステージコンサートもあって、落選して・・。疲れたな。退院後の通院も、週2回 人吉まで行くのは しんどいな。治療効果も今ひとつで、治療の数値が上がり続け、毎日の薬を塗る... [続きを読む]
  • 入院しています。
  • まずは、6月のステージコンサート。今まで無遅刻無欠勤で続けてきたのですが、初めてお休みをしてしまいました。 事前に「お休み」を伝えられなかったので、足を運んで下さった方達へ、お詫び申し上げます。  5月のステージコンサートを終え、翌週、5... [続きを読む]
  • で、ですねえ! 続き!
  • で、前のブログが アップできたと思ったら 途中でプッツンでした。気にはなりつつも、目先のことに目がくらみ。    で、ですねえ、鶯谷、ホテル 多いんですね。   線路を隔ててまるっきり世界が違うのでビックリしました。   東京には、2泊... [続きを読む]
  • お礼
  • この場をお借りいたします。前 えびのジュニアミュージカル、劇団・えびのミュージカルの元団員およびご父兄の皆さま、公演にむけての多大なるお力昨日の小道具を見て感動いたしました。...演出が発する「ナニがほしいい、かにがほしい」他もろもろ、忙しい時間... [続きを読む]
  • 音の見直し 弾き直し
  • 一昨年 「今年1年でワルツを全曲弾こう」はクリア。去年は「マズルカを全部弾こう」は・・・挫折。  この前のコンクールで、明らかになった「音質」を直すために、ベートーベン ブラームス ラフマニノフを弾き始めた。 特に、ベートーベンをもう一度ソナタから弾き直し。1、3、6、8番は毎回弾く。 中学、高校時代を思い出した。 中学時代は、毎年転校していて、特に宮崎には中学3年のときに来たので、北海道の友達と [続きを読む]
  • ああああ 良かった。週末家出
  • 我が家で、私の次に長老のネコ「チビ」が、金曜日の夜に家出しました。台風が来るのに。。人間でいうと、もう80くらいかなあ。この頃は体力もなくなって、寝てばかりだし(私と同じ)、耳も遠くなったみたいで、とても心配していた。おととしは、やはり家出して二か月くらいして自力で戻ってきた。... [続きを読む]
  • 2回目だけど 初めての油絵講座
  • 入江万里子さんの 油絵講座を受けてきました。みなさん 花瓶と果物とか花とか描かれいて、今日は2回目なので色付けに入っていました。私は 先週来られなかったので 今日が初受講。「描きたいものはなんですか?」と尋ねられ「海底」とか「虹色の木」と言ったら、「具体的なものを」で。... [続きを読む]
  • メモ 選曲ミス 宮日音楽コンクール
  • 2016年 第22回 宮日コンクール メモ一般部門エントリーショパンワルツ、エチュード、ノクターンと、弾きなれた曲を弾く。大きなミスはなかったが、演奏中 奇声?のような音が3回ほど聞こえ、気が散った。2曲目のエチュードの時には曲の流れが一瞬切れた感。この3曲は、ショパコンで弾いて良い結果を出した。2年前。しかし、ショパコンでは何せ30年ぶ... [続きを読む]
  • 夏も 終わるかなあ。
  • え! 今年の台風 発生するのが遅かったけれど、進路がまた変です。私が北海道にいる頃は、台風など無縁のもので、九州に来て初めて台風を体験して時には 夜中中起きていたものです。いや、それより 台風慣れしていない北海道、農作物は大打撃でしょう。 トウキビ、ジ... [続きを読む]
  • 残暑お見舞い申し上げます。
  • 残暑お見舞い・・・と申しますか、酷暑お見舞い申し上げます。私は、先週 この猛暑の中 風邪をひいて40度で寝込んでおりました。抗生剤を飲み始めたら、合わずに、めまい・吐き気・息苦しさ・だるさで苦しみました。   健康が一番ですね。 それにしても 暑いです。 さらに 台風の進路がおかしいです。北海道ですか。。。... [続きを読む]
  • 明日 金曜日はステージコンサート
  • 明日で 57回目になります。本当皆様のおかげです。松葉杖をついている時、めまいでグラグラしている時、おたふく風 風邪の時 熱がある時 演奏に集中できないとき 弾く気がない時・・・それでも 私のピアノの音に耳を傾け まるで 私のお話をずっと聴いて下さるように 温かく見守ってくださいます。... [続きを読む]