アース・アーキテクツ さん プロフィール

  •  
アース・アーキテクツさん: 静岡の建築設計事務所です
ハンドル名アース・アーキテクツ さん
ブログタイトル静岡の建築設計事務所です
ブログURLhttp://earth-architect.sblo.jp/
サイト紹介文シンプルでモダンな「気持ちのいい建築」を提供していきたいと思っています。
自由文アース・アーキテクツ一級建築士事務所
URL http://earth-architect.jp/
静岡県静岡市駿河区下川原1-4-6
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/10/02 13:16

アース・アーキテクツ さんのブログ記事

  • homifyの特集記事に載りました ♯3
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/https://www.homify.co.kr/ideabooks/6242796「韓国のhomifyの特集記事」に掲載させて頂きました。韓国語はさっぱりわからないので、どんな特集かは分かりませんが、多分「日本の住宅事情」の特集のように思えます。「特集記事」に載った「私の設計した建物の写真」は、上の「キッチンの写真」です。ごく一般的なシステムキッチンの「廉価版」でトップはステンレス [続きを読む]
  • feve casaの特集記事に掲載されました。
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/https://fevecasa.com/fevematome/detail.php?id=1210写真は1階リビングの様子。普段は写真のように1つの空間ですが、可動式の間仕切りで空間を2つに区切ることを可能にしました。ご家族や友人が泊まりに来る時、ゲストルームとして使ってもらうことができます。清潔感のある空間は、ゲストの方にとっても心安らぐひと時を過ごせることでしょう。 by feve casa [続きを読む]
  • 庭と建物と
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/建物と庭は一体で考えたいものです。緑があって建物は映えてくると思います。ただ緑を植えると、手入に手間がかかる事も事実です。「緑はほしい」が「手入は楽したい」というのが本音ではないでしょうか。 一般的に「常緑樹」と「落葉樹」を比べた場合、「常緑樹」の方が手間がかかりません。「落葉樹」は樹形が綺麗で紅葉なども楽しめますが、虫がつきやすいのは [続きを読む]
  • お酒飲みの住居学
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/『お酒飲みの住居学』というタイトルで建築サイトのSUVACOさんの特集記事に載せて頂きました。https://suvaco.jp/doc/osake-181202?建築家 鷲巣 渉さんによる「3−BOX 1800万円の家」では、「八ヶ岳のような緑を見ながらのBEER&ランチ」という施主の要望に応え、開放感あふれる空間を実現しています。「暖かい日の昼間の小さなテラスでのBEERと、カーテンを開け [続きを読む]
  • 3-BOXの庭が完成しました。
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/庭が完成して(実際は3月に完成していましたが、グランドカバーのダイカンドラが地面を覆うまで待ちました。)木々越しにみる建物はとても清々しく感じます。リビングの窓から見える景色も、庭を造る前とでは大分変わりました。建物と建物周辺の景色が、青空と相まって「爽やかさ」を醸し出してくれて、意図していたリゾート感を出すことが出来ました。  [続きを読む]
  • homifyの特集記事に載りました ♯2
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/またまたhomifyさんの特集記事にのせて頂きました。今度はスペインでの記事です。タイトルは「japonesa Wabi Sabi」!!https://www.homify.com.co/libros_de_ideas/5929760/la-belleza-de-la-imperfeccion-estetica-japonesa-wabi-sabiTVでも取り上げていますが、最近は海外の一部の方の間で「盆栽」や「和風庭園」が人気らしいですね。日本のお金持ちの方が「イン [続きを読む]
  • homifyの特集記事に載りました
  • 世界中で読まれる建築サイトhomifyさんの特集記事「コンパクトで実用的な作業スペースBest5!」に、私の設計事例の「One On Oneの読書スペース」が取り上げられました。homify:https://www.homify.jp/ideabooks/5807931/ 優しい光が低い位置から差し込む北側に作られた小さな書斎です。敢えて低く設定された天井も相まって、「隅っこ好き」にはたまらないスペースではないでしょうか。北側は「寒い」「暗い」「じめじめする」などネ [続きを読む]
  • プランの創り方
  • 広々リビング対面キッチン+パントリーアース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/プランの創り方は人それぞれですが。まず最初は、どんなものにスポットをあててイメージを膨らませるかが重要になってきます。最初は建築主様の「ご希望を聞くところ」からスタートします。多いご希望は「家事動線」、「小さいお子様の見守り方」、「収納」などです。ただこれらの「ご希望」は現実の生活が主体になっています [続きを読む]
  • 折れ戸
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/「折れ戸」は一般的にはクローゼットの扉などに使用します。この建物の折れ戸は「キッチンを隠す為」に使用しました。この建物では普段はキッチンは使用していませんので、このように折れ戸でキッチンを隠して、部屋をシンプルにスッキリと見せています。以前に私が設計した賃貸マンションでも、可動間仕切りとして折れ戸を使用しました。普段は20帖以上のリビング [続きを読む]
  • テレビ台
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/このテレビ台は「無印良品」のスタッキングシェルフです。見た目は「カラーボックス」の高級品という感じですが造りはとてもしっかりしていて、様々な使用用途に対応出来ると思います。基本的には縦で使用するようですが、横置きで使用しても「とてもしっかりしている」ので、重いもの載せなければ大丈夫だと思います。付属品(別売り)で引出、扉、バスケット等、 [続きを読む]
  • バルコニー
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/バルコニーにも様々な形と用途があります。上の写真のものは、一般的な防水を施したルーフバルコニーです。使用目的は「洗濯物干し」と、鉢植えの植物を置いての「プライベートな庭」として過ごすためのバルコニーの仕上がりです。奥の方に洗濯物を干して、手前の開口部の前を庭のように扱つかって、手摺壁も外部からの視線を遮る為に高くしてあります。また床のFR [続きを読む]
  • 高断熱
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/高断熱の住宅について少し考えてみます。熱の伝わり方には熱伝導、対流、輻射があります。熱伝導は物質を通して熱が伝わることをいいます。対流は空気や液体などの流れによって熱が伝わることを言います。また輻射とは遠赤外線などの熱線によって熱が伝わることを言います。現在使われている「断熱材」のほとんどは「熱伝導」と「対流」に対しての性能が評価されて [続きを読む]
  • 住宅の外壁
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/住宅を設計する上で、外壁にはいつも悩まされます。安くて「防火構造の認定」がある外壁は限られています。「準防火地域以上」でなければ「防火構造」は法規上必要はないのですが、郊外でも最近は住宅が密集しています。もしもを考えると隣地境界に近い部分は「防火構造」で設計したいものです。サイディングなどは「防火構造の認定」を受けていますので、防火上は [続きを読む]
  • キッチンハンガー
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/最近はアイランドキッチンや対面キッチンが人気で、シンクや調理台の前に壁が無いキッチンが増えました。私は「調理のスペースと動線」を考えて、L型キッチンを設計で組み込む事が多いのですが。L型キッチンですと片方に壁がありますので、写真のキッチンハンガーも取り付けられます。以前はキッチンメーカーでも出していたのですが、最近は上記のアイランドキッチ [続きを読む]
  • 窓辺の景色
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/「窓から見える景色」はとても大切にしたいと思います。普通の住宅地では、周りの視線から隠すことに考えがいきがちですが、隣地に生け垣や樹木などがあれば、そこにスポットを当てた窓の切り取り方などで、家の内部から見える「景色」もずいぶんと変わってきます。また、高い位置に設けた窓から見える「青空」などもいいかもしれませんね。近隣の視線が気になるよ [続きを読む]
  • 再 空気を流す
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/空気を流す。風通しを良くする事とは少しニュアンスが違います。「空気が淀む場所を作らない」と言った方がいいかもしれません。空気は窓を開けて、風を入れる事によっても入れ替わりますし、人が移動することによっても入れ替わります。また、窓を開けても風が入らない場所では温度差を利用して、空気を入れ替える事も出来ます。写真の住宅では、ロフトに付けた小 [続きを読む]
  • 1600万円の平屋
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/最近は少し「平屋」が人気です。人気の理由としては、高齢になった時も「小さなリノベ」で済む。子供が独立した後も「スペースの無駄」が少なくて済む。「定年後の終の棲家」としてだと思います。ただ平屋ては「2階建てより大きな敷地」が必要ですし屋根と基礎の面積が大きくなることによる「コストアップ」も必然にでてきます。小さな敷地でも建てられる「小さな [続きを読む]
  • 夕日が見える窓
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/この窓からは、遠くの山に沈む「夕日」が見えます。この部屋の主な使用用途は「納戸」です。納戸にノートPCを置いて「夕日を見ながらJAZZを聞いてBEERを飲みたい」との建築主の要望に応えて、「西日が差し込む窓」を作りました。窓の下端は床から40?です。窓の下枠を広めにして「カウンター代わり」にしてあります。床に座って、窓の下枠に肴を置いての「特設の夕 [続きを読む]
  • 業務用キッチン
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/安くてインパクトのあるキッチンを求めている方には「中古の業務用キッチン」など如何でしょう。写真のキッチンの本体は10万円もかかっていません。ステンレスなので、荒っぽい使用にも耐えてくれます。これで床が土間でしたら、魚の鱗まで取ることも出来るかもしれません。このお宅ではコンロは、市販のIHクッキングヒーターを置きました。ステンレスキッチンに [続きを読む]
  • 洗面台廻り
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/洗面台廻りは物があふれて、兎角ゴチャゴチャとしがちです。なおかつ水ハネによる壁の汚れなども付いて、キッチン・浴室の次に汚れやすい場所だと思います。キッチンや浴室は意識して掃除をしますが、洗面台廻りは忘れがち。お金をかけた立派な汚れにくい洗面台廻りも多くありますが、洗面台にお金を掛けるのだったら他へ回したいというのが庶民感覚だと思います。 [続きを読む]
  • カーテンレール枠
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/カーテンレールを取り付けるのにも悩むものです。安くてシンプルでお洒落なものを探すのですが気に入ったものがなかなか見つかりません。アイアンで出来たものなどもいいのですが、「私が想うシンプルモダン」とは微妙にニュアンスが違います。カーテンボックスを取り付けると、窓の上に厚みが出て「窓上が少し重々しく」感じてしまいます。シンプルさとコストパフ [続きを読む]
  • 再 トタンの天井
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/独立した頃に格安の事務所を探していて、見つけたのが今の事務所です。元々は大家さんのおばあさんが駄菓子屋をおこなっていた所です。広さも丁度よかったのですが、築30年以上のボロボロの小屋?しかし値段に負けて、即契約!!格安の材料と格安のアイデアで改装して、なんとか事務所になりました。その中の「格安のアイデア」を1つをお披露目いたします。改装前の [続きを読む]
  • 再 視線の抜け
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/住宅を設計していて、出来上がったプランにとても息苦しさを感じる事があります。感覚的な事ですので、同じプランで息苦しさを感じるかは人それぞれですが。息苦しいと感じたら、納得のいくまで気持ちの悪い部分を取り払います。同じ間取りでも建具をガラスの建具に変えてやったり、息苦しいと感じる外壁に透明硝子の窓を切ってあげると、息苦しさが開放感に替わる [続きを読む]
  • 鉄骨でバルコニー
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/バルコニーの存在を消したかったので、バルコニーを細く、薄く見せました。バルコニーを細く、薄く見せるには強度のある鉄骨が向いています。手入も楽なように「亜鉛メッキ」も施してあります。バルコニーの床には「木の角材」を置いて、上から鉄の板をビス留めして、動くのを止めています。一般の防水を施した床だけで比べると「格安」で仕上げることができました [続きを読む]
  • 基礎の足元
  • アース・アーキテクツ一級建築士事務所http://earth-architect.jp/基礎の足元に植栽の「下草類」を植えてみました。無機質な基礎のコンクリートに潤い感を持たせる為に。今回は「タニカ」、「ヤブコウジ」、「コクリュウ」、「オモト」を選びましたが、手入が面倒という方は手入いらずの「タマリュウ」だけでもいいと思います。道路境界沿いに植えましたので、ここを通る人の目を楽しませるのも目的の一つです。住宅地や街中が少し [続きを読む]