つとむュー さん プロフィール

  •  
つとむューさん: つとむューニッキ
ハンドル名つとむュー さん
ブログタイトルつとむューニッキ
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/tsutomyu/
サイト紹介文つとむューが書いてる小説やエッセイなどを集めた日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/10/02 18:21

つとむュー さんのブログ記事

  • [エッセイ]今週のお題:出てこい、密室アイディア
  • 今週のお題は『芸術の秋』とのこと。うーん、最近、芸術に触れる機会が少ないなあ・・・えっ? オレが書いた小説? って、芸術か??ということで、他の方が書いた作品について取り上げてみる。十月の『読書の秋』の時に書いた、某所の短編コンテスト『日帰りファンタジー』。七作品を紹介したが、あれからコツコツと読んで合計四十作品くらいになった。応募687作品の一割にも満たないが、新たに三作品にレビューを書いた。そ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:数年分の運が・・・
  • 今週のお題は『私がブログを書きたくなるとき』とのこと。オレの場合、小説の競作企画で良い結果が出た時だろう。某所の企画はボチボチだけど、超短編のタイトル競作はたまに良い結果が出る。すると嬉しくなって、ブログで宣伝したくなるのだ。それは三年前。『湖畔の漂流物』というタイトルの時に、逆選王を頂いた。ストーリーは、海辺に湖畔が漂着するというなんともバカバカしいもの。でもそのアイディアは、自分ではとても気に [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:ひるね最高!
  • 休日の中で最も幸せな時間は、ひるねの瞬間。昼食後に襲い来る睡魔に身を任せ、ベッドの上で横になる。すうっと眠りに落ちる時の、あの満ち足りた感覚はこれぞ休日という感じ。夕方まで寝ていても怒られないところが、平日とは大きく異なる点だ。えっ? それなら平日もひるねをしてるのかって?もちろん! ひるねはオレの趣味だから。高校時代は教室で、大学時代は木陰で、今はオフィスで。でも、やっぱり休日のひるねが一番。こ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:素敵な声にうっとりと
  • 今週のお題は『私の癒やし』とのこと。温泉や旅行もいいけれど、普段の癒しとなると好みの声を聞くことだろう。特に好きなのは、森本レオと堀江由衣の声(以下、敬称略)。その原点は、ウン十年前に遡る。病気がちだったオレは、熱を出して学校を休むことが多かった。その時の唯一の楽しみがラジオ。テレビを見せてもらえないから仕方がない。毎晩九時になるとニュースが始まり、続いてラジオドラマが放送される。今はやっていない [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:映画『キミスイ』の舞台
  • 今週のお題は『行ってみたい場所』とのこと。外国なら、アイスランドとニュージーランド。八年前のお題の時に挙げた。最近なら、彦根城や旧豊郷小学校。これは昨年一月のお題の時に取り上げた。そして今、その彦根城や豊郷小学校に、無性に行きたくなっている。きっかけは、今年観た映画『君の膵臓をたべたい』、略して『キミスイ』。想い出の図書館が閉館になる、というエピソードから映画は始まる。その外観に使われているのは、 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:一泊二食弁当付き
  • 「お弁当は要りますか?」電話口でそう訊かれ、弁当というものの存在をオレは思い出す。「では、お願いします」と答えると、「一泊二食弁当付きで七千円になります」との返事。最近、出張に行く時、宿泊先をネットで予約することが多い。そこに表示されるプランには、弁当付きのものはほとんどない。ネットで表示される宿が満室の場合は、旅館や民宿に直接電話をかける。そして訊かれたのだ、弁当は要りますか?と。ちょうど山の方 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:日帰りファンタジー
  • 今週のお題も『読書の秋』らしい。「読書」というと「本を読むこと」のような先入観があるけど、「書かれたものを読む」のであれば、ネット小説でもいいんだよね?最近、短編をいくつか読む機会があったので、それを紹介したい。テーマは『日帰りファンタジー』。先週も紹介したが、10月1日まで某所で募集されていた短編コンテストだ。普通の公募コンテストと違うところは、応募作品を自由に読めること。なお「日帰り」とは、フ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:深田久弥著『日本百名山』
  • 今週のお題は『読書の秋』とのこと。ということで、最近オレが、ちょっとずつ読んでいる本を紹介してみる。――深田久弥著『日本百名山』数年前に一筆書き登山で騒がれた、あの百名山を選出した本だ。超有名な本なので存在は知っていたが、すごく難しい本だと思っていた。百名山を選別する理由とかが、とても詳しく書かれているんじゃないかと。実際に手に取ってみると、これが実に読みやすい。山の歴史、選定の理由、そして著者の [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:祖父が科学者のアニメって?
  • オレが小説でヒロインの祖父を書くと、どうしても珍発明家になってしまう。そしてその珍発明は、ヒロインや幼馴染みの男の子を困らせるのだ。その設定はオレの体に染み付いていて、拭い去ることができない。子供の頃の体験か何かで、強烈にインプットされてしまったような感じ。それは何だろう? オレのじいちゃんは珍発明家じゃなかった(と思う)。幼馴染みのじいちゃんにも、そんな人はいなかった。となると、絵本や漫画やアニ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:消えゆくクヌギ林
  • 今週のお題も「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」ということで、今年撮影した夏っぽい写真を探してみた。――クヌギの樹液を吸う二匹の蝶おそらくこれは、冬には見ることができない光景だろう。犬の散歩で近所のクヌギ林に行くと、いろんな昆虫を観察できる。本当はカブトムシが目当てなんだけど、この日は蝶がいた。仲良く向き合って樹液を吸う姿が微笑ましくてパチリ。そんなクヌギ林もどんどん切り倒され、ソーラー発電所 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:アニメ? 実写?
  • 今週のお題は『はてなブログ フォトコンテスト 2017夏』とのこと。今年の夏は、家族旅行で景色の良いところに行ったのだが、生憎の雨続きで、いい写真が撮れなかった。ということで、ちょっと変わった写真を投稿してみる。題して、「アニメのような写真に挑戦」 。被写体は、アニメっぽい写真が撮れると噂の某駅ビルだ。えっ? 別に夏じゃなくても撮れるんじゃないかって?ほら、旅行の想い出ってヤツだ。晴れたのは、帰るこの日 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:缶の数だけDAEKIETE
  • 今週のお題は『夏の《映画・ドラマ・アニメ》』とのこと。冬の映画だったら、間違いなく『私をスキーに連れてって』なんだけどな。夏だったら、『彼女が水着にきがえたら』?いやいやオレは、『波の数だけ抱きしめて』だったりする。舞台は八十年代の湘南。中山美穂が演じるミニFM局のDJと、織田裕二が演じる青年との恋物語。音楽はレコードで、携帯電話も無かったバブル前夜の古き時代だ。いかにして想いを伝えるか。一方通行 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:縁側、コンバットマーチ、蝉時雨
  • 夏休みで帰省した山口では、祖父がずっと高校野球を観ていた。だから、お昼寝の子守唄はテレビから流れるコンバットマーチ。目が覚めると縁側でスイカを食べる。ひぐらしが鳴き始めると、そろそろ夕飯の時間だ。そんな祖父の家は、今は空き家になっている。住む人が誰もいなくなってしまったからだ。家を継いだ叔父夫婦が早くに亡くなってしまったのが大きい。夏休みの想い出が染み込んだあの家は、近々壊される。高校野球が続く限 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:間違えるとコワい、大切な人の名前
  • ♪だけどもし寝言で 他の娘の名を呼ばぬように昔、こんな歌詞の唄が流行した。当時は他人事だと思っていたが、最近オレは似たような恐怖を感じている。今週のお題は『ちょっとコワい話』。正にそんな話である。というのも、次男の声がオレの弟の声とそっくりになってきたのだ。気を抜くと、次男に向かって弟の名前を呼んでしまいそうで毎日がヒヤヒヤ。今オレが認知症になったら、間違いなく次男の声が分からなくなる。笑い事では [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:北海道牛乳モナカ
  • 今週のお題は『好きなアイス』とのこと。となると、やっぱりアレだな、『北海道牛乳モナカ』。アイスの部分がモチモチしていて、オレの大のお気に入り。牛乳モナカはいろいろあるけれど、いつもこれを選んでしまう。あとはチョコミント。チョコもミントも好きだから、その組み合わせは最高だ。うちのかみさんも子供の頃はそうだったらしいが、食べ過ぎて飽きたらしい。今でも食べたくないなんて、当時どんだけ食べたんだろう?とこ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:観に行く?アニメの実写版
  • アニメの実写版を観に行くかどうかって、『年齢』と『選択』っぽい気もする。アニメは若者向け、実写版は大人向け、という感じがするからだ。大人も楽しめる要素があれば、多くの方が観に行くんじゃないだろうか。今年、それを感じさせてくれたのが『美女と野獣』。映像美が素晴らしく、エマ・ワトソンも魅力的だった。アニメ版とは異なり、完全に大人向けに作り直されたという印象。アニメの実写化はこうあるべきと、オレは実感し [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:バーガーセットを朝食に
  • 今週のお題は、「『選択』と『年齢』」とのこと。これって、年齢によって選択するものが変わった例を書けばいいのかな?小説の場面設定の選択――なんて執筆歴が浅くて比較できないし。経験が永いのはやっぱり衣食住。それなら食べ物の話題が書きやすそうだ。食べ物の選択でオレがいつも年齢を感じるのは、ハンバーガーセットだろう。若い頃は、セットに加えてハンバーガー一個のプラスがデフォルトだった。年齢を重ねるうちに、セ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:「こちら秘密基地、オーバー」
  • 今週のお題は『私の夏うた』とのこと。サザンとかTUBEとかいろいろあるけれど、一年通して歌う曲となるとアレだな。――ZONE『secret base〜君がくれたもの〜』二〇〇一年に発売されて以来、永く歌われている曲だ。というのも、歌詞にその秘密がある。♪十年後の八月 また出会えるのを 信じてそう、発売から十年後の二〇一一年にZONEがまた集まったり、カバーアルバムが発売されたりした。中でも注目を集めたのが、アニメ『あの [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:試しに〇〇してみた
  • 今週のお題は『テスト』とのこと。『テスト』には、”試しにやってみる”という意味もあると思う。ということで、最近のそんな出来事を書いてみる。まずは『僕とキミの15センチ』短編小説コンテスト。現在、『十五センチの地デジ作戦』という作品で参加中だ。作中で登場する十五センチは、自作地デジアンテナのアルミ片の長さ。地デジ放送の周波数は五百メガヘルツ前後なので、その長さが最適なのだ。――アルミ缶から十五センチ [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:自分だけが魔法を使えますように
  • もしも魔法が使えたら、最初にすることは決まっている。――世界中で自分だけが魔法を使えますように!そんな風に、世界に魔法をかけるのだ。だってみんなが魔法を使えたら、オレはやっぱりただの人だから。そういえば、オレは今まで魔法ものを書いたことがない。おそらく、設定がすごく難しいからだろう。――みんなが魔法を使える世界。その中で主人公が輝くためには、緻密な舞台設定と突出したアイディアが必要だ。ところで、先 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:怪我しないこと
  • 今週のお題は『晴れたらやりたいこと』とのこと。それは静養だ。もちろん、雨の日も静養。曇りの日も静養。なぜならオレは今、足を怪我しているから。山登りにも行けない。昼休みのサッカーもできない。買い物も楽しくない。体重もどんどん増えていく・・・怪我する前は、こんな状況になるなんて思いもしなかった。まさに、失って気付く健康の有り難さだ。だから晴れたらやりたいことは、怪我しないこと。怪我が治ったら、その願い [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:やっぱ家飲みは巨人に限る!
  • 巨人じゃないんだから、家を飲み込むなんて・・・えっ? そういうことじゃないって?いけない、いけない。つい、ネタ被り回避的な発想をしてしまう。そうだよね、たとえ巨人になったとしても、家なんて飲み込まないよね――冗談はさておき、今週のお題は『家飲み』とのこと。オレはマイカー通勤だから、家飲み以外の機会はほとんどない。それにムチャクチャ酒が弱く、外飲みは苦手だったりする。だからこの一年間の外飲みは、同窓 [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:小説に 感想届いた スパムかよ
  • お題小説を書くのが好きなオレは、出展作品をブログにも掲載している。もちろん、競作企画期間中には掲載しない。だって作者がバレちゃうから。競作の結果が出たら、お疲れ様と健闘を労いながら掲載するのだ。「この作品、大好きです!」と感想が寄せられるのを期待しながら・・・小説に感想届いたスパムかよん? まてよ?このスパムコメント、何かの役に立たないか?例えば、アクセス数が加味される小説コンテストでアクセス数を [続きを読む]
  • [エッセイ]今週のお題:ネタ被りの恐怖――お題小説編
  • 今週のお題は「私の沼」とのこと。オレが十年くらいハマっているのは、お題小説を書くことだ。同じお題で書かれた作品を出しあって競う。だから競作企画とも呼ばれている。今週のお題の小説版――と言えば、分かりやすいかもしれない。エッセイであれば、ネタ被りを気にする必要はない。むしろ交流のきっかけとして、あえて他人と同じ話題を選んだりする。しかし、小説の競作企画は違う。執筆技術が未熟なオレにとって、ネタ被りは [続きを読む]