Komoyo Mikomoti さん プロフィール

  •  
Komoyo Mikomotiさん: 鉄道沿線よりみちウォーキング
ハンドル名Komoyo Mikomoti さん
ブログタイトル鉄道沿線よりみちウォーキング
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ya3249
サイト紹介文JR・第3セクターなど駅から駅へ鉄道沿線の旅をしたウォーキングの記録。過去17年間の記録を全公開!
自由文駅の紹介、観光案内、コースマップも充実しています。路線別になっているので、旅の参考にもなりますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/10/02 22:52

Komoyo Mikomoti さんのブログ記事

  • 日本100名城 41 駿府城 その2 紅葉山庭園・東御門・巽櫓
  • 2017年9月2日(土)続き紅葉山庭園紅葉山庭園は、駿府城公園内に2001(平成13)年秋に完成した日本庭園と茶室です。駿河の国の名勝を織り込んだ4つの庭を中心に、四季折々の風景が楽しめます。入園は有料です。入口里の庭海の庭山里の庭山の庭立礼席「立礼席」ではお茶がいただけます。お抹茶ではなく、上等のお茶です。安比奈玉露 510円駿府城公園案内図(再掲)二ノ丸水路本丸と二ノ丸をつなぐ水路です。東御門 [続きを読む]
  • 日本100名城 41 駿府城 その1 坤櫓・天守台跡
  • 2017年9月2日(土)青春18きっぷの残り1枚は、100名城巡りに使いました。駿府城ですが、往復とも普通列車はきついので、往路だけは新幹線にしました。静岡駅駅から城跡までは歩きです。駿府城公園案内図巽櫓と二ノ丸堀南側の堀沿いは「家康公の散歩道」として整備されています。弥次喜多像「わさび漬け発祥の地」記念碑石垣は、2009(平成21)年の地震で被害を受けましたが、その後、整備されています。二ノ丸御 [続きを読む]
  • 第950回 東海道本線:有楽町 → 東京(東京駅丸ノ内本屋)
  • 有楽町駅〔2017年8月〕1910(明治43)年6月25日開業。開業当時から京浜電車(後の京浜東北線)のみ停車。現存する駅では最も古い高架駅。ホームは島式2面4線。外側2線が京浜東北線で、内側2線が山手線。東京駅の京葉線ホームは、むしろ有楽町駅に近いので、特例として途中下車での乗り継ぎが可能です。(妻はTDLに行くときに この乗換をやったことがあるそうです。)改札口は、6ヶ所あって、西側が、日比谷 [続きを読む]
  • 第949回 東海道本線:新橋 → 有楽町(旧新橋停車場)
  • 新橋駅〔2017年8月〕1872年10月14日(明治5年9月12日)初代・新橋駅開業。この日付が、現在の「鉄道の日」の由来。1909(明治42)年12月16日「烏森」駅開業。これが現在の新橋駅。1914(大正3)年12月20日東京駅開業。この日から、初代・新橋駅を「汐留」駅に、烏森駅を新橋駅に改称。初代駅は、貨物駅に変わりましたが、1886(昭和61)年11月1日に廃止になりました。ホームは、高架 [続きを読む]
  • 第948回 東海道本線:浜松町 → 新橋(旧芝離宮恩賜庭園)
  • 旧芝離宮恩賜庭園旅行最終日青春18きっぷで帰る予定なので、この日はJRで移動。開園時間が9:00だったので時間的には少し前後しますが、浜松町に隣接する庭園から紹介します。1678年、老中・大久保忠朝が下屋敷として賜り、約8年の歳月をかけて作庭。「楽寿園」と名付けました。回遊式築山泉水庭園で、国指定名勝。幕末には紀州徳川家の屋敷でしたが、明治に入ってからは皇室の所有。その後、東京都に下賜。1924( [続きを読む]
  • 第947回 東海道本線:田町 → 浜松町(西郷・勝会見地)
  • 田町駅〔2017年8月〕1909(明治42)年12月16日開業。京浜東北線と山手線の駅で(いずれも正式名称は東海道本線)ホームは方向別2面4線。改札は、自由通路を挟んで、北口、南口の2ヶ所。駅出入口は、三田口(西口)と芝浦口(東口)の2ヶ所。都営地下鉄浅草線・三田線の「三田」駅がすぐ近く。三田口南改札口現代的なデザインの「西郷南洲・勝海舟会見の図」(エスカレーターの横の壁画なので 人が写らない写真 [続きを読む]
  • 第946回 山手線:品川 → 大崎(御殿山)
  • 御殿山を歩く8月28日(月)続き田町駅から品川駅に戻ります。今度は、品川駅を起点に山手線沿線を歩きます。山手線は初ウォーキングです。まずは前回省略した品川駅から。品川駅〔2017年8月〕最初から余談になりますが駅の所在地は、品川区ではなく港区になります。1872(明治5)年1月20日駅舎完成。総工費約5427両。日本で最も古い駅になります。同年6月12日仮開業。駅番号:JT031885(明治18) [続きを読む]
  • 第945回 東海道本線:品川 → 田町(東禅寺・泉岳寺)
  • 8月28日(月)続き品川駅の紹介は後にします。高輪口を起点に、次の田町駅を目指しますが、ルノアールで少し休憩。ルノアールというのは、コメダと違って高級感がありますね。コーヒーは570円と高めですが、モーニングは60円とお値打ち。(昼までがモーニングタイムでした。)ここから少し寄り道です。「高輪二丁目」交差点で左折。桂坂を上がります。さらに左折して洞坂を下ります。(写真は逆方向からの撮影。)東禅寺実 [続きを読む]
  • 第944回 東海道本線:大井町 → 品川(東海道品川宿)
  • 東海道品川宿8月28日(月)続き「東海道南品川」交差点ここからも東海道を歩きます。天妙國寺日蓮宗のお寺で、将軍家の保護を受けました。街道松の広場浜松宿から送られた松を記念して整備されました。(公園の脇がゴミ置き場に なっているのが残念です...)目黒川にかかる品川橋を渡ります。橋を渡って左手に荏原(えばら)神社があります。祭神は、高おかみの神他。新馬場駅〔2017年8月〕駅番号:KK031904(明 [続きを読む]
  • 京急本線:大森海岸 → 青物横丁(東海道)
  • 東海道8月28日(月)旅行3日目2日目の東海道歩きは、大森海岸駅でストップしてしまったので、3日目は、大森海岸駅を起点に歩きます。ここからは、結構、史跡もありますが、その1つ目は、鈴ヶ森刑場。この刑場は1651年に開設。ここで処刑された有名人は、丸橋忠弥(由井正雪の乱に加わる)天一坊(吉宗の落胤と名乗る)八百屋お七ほか。その先の立会川にかかる「浜川橋」は鈴ヶ森に送られる罪人を親族が密かに見送ったと [続きを読む]
  • 第943回 東海道本線:大森 → 大井町(大森貝塚)
  • 2つの大森貝塚碑8月27日(日)続き大森といえば「大森貝塚」。アメリカから来たモース博士が、車窓から貝塚を発見したというエピソードは、あまりにも有名。線路沿いに進めば、貝塚の史跡があることは間違いありません。それで、ここからは旧街道には戻らず貝塚の史跡をめぐることにします。貝塚は山側にあったはずなので、西口に出ます。アーケードのある商店街を歩きます。歩き始めてすぐ「大森貝塚」入口を発見。NTT大森 [続きを読む]
  • 第942回 東海道本線:蒲田 → 大森(梅屋敷・京急本線)
  • 東海道京急本線沿線ウォーキングを兼ねて8月27日(日)続きJR蒲田駅から、京急蒲田駅に戻りさらに東海道の続きを歩きます。梅屋敷公園は、江戸時代に売薬商人が、休み茶屋を設けたところ。将軍や明治天皇も訪れたそうです。今は公園になっています。この里程標は復元。公園内のベンチがすべてふさがっていて、ここで休憩という当てがはずれました。梅屋敷駅は、この公園の近く。梅屋敷駅〔2017年8月〕駅番号:KK101 [続きを読む]
  • 第941回 東海道本線:川崎 → 蒲田(川崎宿・京急本線)
  • 東海道 川崎宿京急本線沿線ウォーキングを兼ねて8月27日(日)後述するように予定通りには行きませんでしたが、この旅の目的のメインは、東海道完歩でした。一夜明けたこの日は、東海道を歩きながら、JR駅にも寄り、京急本線の駅にも寄るという3つの目的を兼ねたちょっと欲張りなウォーキングです。京急の駅も紹介していきます。まずは、ホテルに近い、この駅から。京急川崎駅〔2017年8月〕駅番号:KK201902( [続きを読む]
  • 第939・940回 南武線:尻手 → 矢向 → 鹿島田
  • タイトルバックの画像を変えました。城山公園の展望台から見た桜島です。夕暮れの南武線8月26日(土)続き川崎駅に戻って、今度は南武線の本線を歩きます。日没まで何駅歩けるか?尻手駅からは、スマホを見ながら最短コースを歩きました。線路沿いにまっすぐな道がないというのが残念ですが、ほぼ最短だと思います。さすがに次写真のような道は、先がつながっていることを確信しないと歩けませんね。矢向駅〔2017年8月〕1 [続きを読む]
  • 東芝未来科学館(川崎)
  • 川崎3泊4日旅行8月26日(土)青春18きっぷの3回目は、関東旅行でした。川崎までは、普通列車の乗り継ぎ。朝早く出たので、川崎が昼食です。マクドナルド川崎駅東口店当時、マックとマクドの東西対決が行われていました。東京は、もちろん東。「東京ローストビーフバーガー」株主優待券で無料。よく掃除の行き届いた感じのいい店でした。ちなみにこの東西対決は、西の勝利で終わっています。最初の目的地は、ウォーキングで [続きを読む]
  • 第936・937回 赤穂線(最終回):西大寺 → 大多羅 → 東岡山
  • 退院後、初めて泊を伴う旅行に行ってきました。鹿児島2泊3日の旅行です。桜島を見て、鹿児島の美味しいものをたくさん食べてきました。その報告は、いずれ...今回は島根・岡山旅行の最終回です。旅行最終日2017年8月9日(水)続きスマホの指示にしたがって西大寺〜大多羅間は、線路沿いに適当な道がありません。この区間は、スマホの道案内に身をゆだねることにしました。思いがけないルートを示されてえっ、と思いました [続きを読む]
  • 第934・935回 赤穂線:邑久 → 大富 → 西大寺
  • 旅行最終日2017年8月9日(水)県道224号を歩く最終日の目標は赤穂線踏破です。帰路は青春18きっぷの予定なので、朝から使います。8:58 岡山 → 9;22 邑久邑久(おく)駅〔2017年8月〕1962(昭和37)年9月1日開業。ホームは1面1線。瀬戸内市の中心駅で、駅前からは牛窓行のバスなどが発着しています。今日は晴天。県道224号を歩きます。最初は市街地。途中からは、こんなのどかな風景。赤穂線 [続きを読む]
  • 第933回 山陽本線:中庄 → 倉敷
  • 旅行4日目2017年8月8日(火)続き県道162号を歩く「中庄駅入口」交差点に戻って、交差点の近くのミスドで小休憩。フレンチクルーラーとアイスティーを注文。この日は晴天でしたが、風は強く、日傘用に使っていた折りたたみ傘は裏返って骨が折れてしましました。日傘として役立ったのは、たった2日でした...山陰本線の線路を越えます。倉敷まで行けば、と思って歩いていたのですが、途中で昼食場所を見つけました。とに [続きを読む]
  • 第930〜932回 山陽本線:岡山 → 北長瀬 → 梁瀬 → 中庄
  • 旅行4日目2017年8月8日(火)県道162号を歩くまず、次のデータをご覧下さい。東横INNの朝食は無料。ロビーでのバイキング方式。この日は、5時前に起きてしまって読書しながら準備を整えます。前日と打って変わって晴天。また暑くなりそうな予感。服装は、2日目と同じ。朝食後、部屋には戻らず出発。今日は、山陽本線を西に向かいます。早朝の岡山駅前商店街岡山駅雲1つない晴天です。最初は、市役所筋を歩き、「大 [続きを読む]
  • 第929回 赤穂線:長船 → 邑久
  • 旅行3日目2017年8月7日(月)三江線乗車記まず、次のデータをご覧下さい。14回 接続待ち 9回 線路温度上昇 9回 倒木 6回 落石 4回 倒竹 4回 大雨 6回 大雪 3回 台風 2回 強風 2回 混雑 2回 線路支障 1回 救護活動 1回 動物支障 1回 安全確認これは、7月19日から廃止になった今年3月末までの三江線の運転見合わせ・遅延の理由。とにかく三江線は自然災害に弱いのです。この旅行中も、台風の [続きを読む]
  • 第927回 三江線:千金 → 川平
  • 旅行2日目2017年8月6日(日)続き今までにないスローペースで、千金発は、11:40。次の川平までは、特にめぼしい出来事はありません。ただただ暑かった...当時のメモを参考に再現したいと思います。同じ道に戻って続きを歩きます。こんな風景です。日陰がないのが辛い。ホテルに戻ってからのテレビから。島根県全般が猛烈な気温だったことがわかります。(今年の名古屋は、 もっと暑かったですけどね。)当然、心配に [続きを読む]
  • 第926回 三江線:江津本町 → 千金
  • 旅行2日目2017年8月6日(日)続き江津本町駅〔2017年8月〕1958(昭和33)年7月14日新設開業。2018(平成30)年4月1日廃止。ホームは、1面1線。待合室があるだけのシンプルな駅。江の川沿いにあるのでホームから間近に江の川を見ることができます。三江線活性化協議会により、石見神楽の演目にちなんだ「恵比須」の愛称が付けられていました。(廃止寸前なのに新しかった...)恵比寿といえば山手線 [続きを読む]
  • 第925回 三江線:江津 → 江津本町(甍街道)
  • 旅行2日目2017年8月6日(日)6:30 朝食出雲市駅のコンビニで、レーズンロールを購入。8:06 出雲市 → 9:21 江津(山陰本線 快速アクアライナー 1140円)「出雲市」駅ホームのアクアライナー「田儀」駅ホームこの駅で長時間停車。車窓の日本海海側の車窓がすばらしいです!天気もいいので、朝から感動。「江津」ホームのアクアライナー江津(ごうつ)駅〔2017年8月〕1920(大正9)年12月25日 [続きを読む]
  • 日本100名城 64 松江城 その4 堀川めぐり
  • 2017年8月5日(土)続き松江観光の最後は松江城のお堀をめぐる「堀川めぐり」。券売所で、乗船券を購入。割引券で1020円。1日乗船券ですが、途中下船の時間的余裕はありません。乗船場一周まわると50分。船頭さんの観光案内付です。堀の水は、宍道湖と入れ替えているそうですがそれでもあまりきれいとは思えません。そのままでは通り抜けられない橋がいくつかあって、ここでは屋根が下がります。カラコロ工房(時間が [続きを読む]