yume さん プロフィール

  •  
yumeさん: カントリーライフ
ハンドル名yume さん
ブログタイトルカントリーライフ
ブログURLhttp://nene-1120.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文田舎の暮らしを日記風に綴り紹介します・・・・エコのこと、仕事のこと、園芸、趣味、活性化についてなど
自由文地域を元気にすること、旅行記など思いつくままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/10/03 11:32

yume さんのブログ記事

  • あさきゆめみし
  • あさきゆめみし・・・はあさきゆめみじと解釈するという。浅き夢などみないでその後に続く「ゑひめせず」は「酔いもしないで」・・・というらしい。いろはにほへと→色はにおえど散りぬるおわか・・・。子どもの頃は意味はわからなかったけど、語呂がよかったからすぐ覚えた。今、ようやくその意味が分かるようになった。それは、人生訓のようにも感じ取られる。大和和紀さんの漫画「あさきゆめみし」が大好きだった。源氏物語もそ [続きを読む]
  • 2018年慰霊の旅
  • 19日から3泊4日の日程で徳之島慰霊祭に来ています。1944年6月29日、輸送船富山丸がアメリカの魚雷を受け沈没、3700人余が犠牲になった。義父は24歳、夫は4ヵ月の赤ちゃんだったそうです。退職後、ここに来て見て感慨深いものがあります。高知からは、本当に遠い。色々なルートできても往復、それぞれ1日かかります。お参りをすますと、気持ちが安らかになります。お天気にも恵まれ桜島も慰霊の丘から眺める景色もきれいでした。 [続きを読む]
  • ねこと暮らすと・・・・
  • 数日前の新聞のPR欄に「幸せになりたければねこと暮らしなさい」という本の紹介があった。サブタイトルは〜人生で大切なことはねこが教えてくれる〜私は物心ついたころから、いつもそばに猫がいる。猫といるとしあわせかどうかわからないけど、彼らは本当に自由だ。その自由さが私には居心地がよい。    <裏庭のヤマボウシ>故郷を離れて結婚するまでの数年は猫と暮らしていない。いることが当たり前でいない生活はわからな [続きを読む]
  • 佳きことは突然やってくる
  • 雨が止んだ後のさわやかな空気が好き。花たちも生き生きとしている。自慢できるのは花たち。近くの牡丹が今年もまた美しく咲いている。4月初めからPCでの作業が多かった。「こども食堂」補助金の決算書や30年度の申請書を作成していて、やっと先日提出した。先週、昨年「絵本は楽しい」の1時間講座を宿毛高校で受け持った時の担当だった先生から電話をいただいた。家庭科の生徒たちを少人数ずつ「こども食堂」へボランティアで参 [続きを読む]
  • 春のモニターガイド・「兼山コース」
  • 春はイベントが多い。観光ボランティアガイド第2弾が14日にあった。私たちの「兼山コース」が午前中、午後からが「五社巡り」をガイドするという企画。先月18日の初ガイドではマイクの使い方に戸惑ったり、説明が長かったり、時間の振り分けが上手くいかなかったと反省することが多かった。今回は地元の人をご案内してのモニターガイド。前回の課題を踏まえ、少しだけスムーズにご案内できたのではないかと思う。「昔を思い出 [続きを読む]
  • 花の色は
  • 余り手入れもしていないのに、我が家の庭には次々に花が咲く。裏庭にシャクナゲが咲いた。牡丹、アイリス、ナルコユリ、シャガの花、エビネ蘭、スズラン、モッコウバラ等々それと今年はポピーやスィートピー、アリッサム、カモミールなどの草花が可憐に咲いている。?花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながみせしまに”小野小町は、桜の花と自分の容色を対比して詠んだ有名な歌がある。だから余計絶世の美人だったと後 [続きを読む]
  • 春に集う
  • いつも通る道沿いに八重の桜が美しく咲いている。ソメイヨシノもあっという間に終わり、畑の傍にある大きな梨木の白い花もいつの間にか散ってしまった。ブログを書くタイミングを逸していて、時間ばかりが過ぎていく。春には春の集いがあった。恒例の地域での集い。いつもは桜が満開なのに今年は「花見の宴」ではなかったものの、ここ一番にぎわった。4月5日、新年度を迎えスタッフ全員、手作りの料理でお迎えした。食後、桜餅と [続きを読む]
  • ターシャ・チューダーのように
  • 終日家の中にいて、夕方庭に出た。ここしばらく雨が降っていない。色々が重なって菜園も花畑も世話ができていなかった。   庭に咲く花たちも今はこんな感じ。畑での作業は土と向き合うことで無心になれるから好き。時季外れに蒔いたハーブが、一斉に花開いていた。思いもよらない自然からのサプライズ!!ターシャの庭のようにナチュラルガーデンを作りたいと思っている。遠い夢ではあるけれど、いつか叶えたい。 にほんブログ [続きを読む]
  • 桜咲く日に
  • 今年の桜は例年より早く開花した。雨が降らなかったから結構長く咲いていたように感じる。その桜が咲いた日、母が逝った。2月下旬、入院先の病院から連絡があり、そのときは奇跡的に持ち直しホッとしていた矢先、22日夕方、あっけないくらいの最後だった。25日、葬儀の後も1週間ほど松山の孫もいて気分も紛れていた。最後まで「ありがとう」と「またきてね」を声が出なくなっても言い続けていた母。天寿を全うした・・・と思 [続きを読む]
  • 通り過ぎる街から留まる街に!
  • 昨日の日曜日「宿毛ボランティア観光ガイド研修会」最後の日。お隣、愛媛県西予市からお客様をお招きしてのガイドを実践した。AM10:00に文教センター到着後、歴史館に移動。1時間後に私たちの出番。野中兼山コースをご案内する。河戸の堰→鯉の泳ぐ水路沿を歩き→咸陽島・椰子の湯でランチ→歴史の宝庫「清宝寺見学」→道の駅でお買い物→お見送り(文教センター)私は一番最初を担当する。一応、シナリオ的な資料は準備していた [続きを読む]
  • 花咲く庭
  • 手入れも余りしていない庭の花たちが一斉に咲いた。春は突然やってくる。自然の移り変わりは、その年々によって違いはあるものの、季節は忘れず訪れる。あと数日もすれば桜も咲き始める。生きていることは素晴らしい♪ にほんブログ村 高知 その他の街情報↑ ありがとうございます(^^♪ [続きを読む]
  • チャレンジの春
  • 寒さが長く続いた冬もやっと終わり、春は一気にやってきた。庭の花たちも一斉に咲き始め、美しい季節を迎えた。昨日は会議や講習など3つも重なった。有機野菜を作る仲間たちと午前中「ボカシづくり」を行う。途中から「宿毛市民ガイドの会」に参加。18日に西予市からお客様をお迎えするための最後の打ち合わせに・・・。途中で退席し、ボカシづくりに戻る。持ち寄りのランチを木陰でいただく。みんなで食べるお昼はおいしかった。 [続きを読む]
  • 3月のこども食堂・四万十川のほとりで
  • 3月10日、久々のよいお天気に恵まれ、予定していた四万十川中流域にある「かわらっこ」までバスに乗って遠足へ!    自然の中で体を動かし、オリジナルピザを作って食べました。ピザづくりがメインで、こども食堂のメニューは、おにぎりやだし巻き卵、かき揚げ、サラダ、お浸し、スープやぶんたん等々・・・。残るかもしれない・・・と思って作った料理は全部売り切れ・・・でした!早春のやわらかい日差しの中、戸外で仲良く [続きを読む]
  • 3月の集いin椰子
  • 毎月第1木曜日に開催している地域での集い。昨年から年度末に「宿毛リゾート椰子の湯」にて会食。久しぶりに遠くまででかけた。ここはロケーションがよく、、県内外からの観光客などにも人気の宿でもある。総勢14名、いつものように体操をし、ビンゴゲームなどの後、会食を楽しむ。カラオケやみんなで踊ったりと楽しい時間はあっという間に過ぎていく。また、来年・・・みなさんがお元気ここに集えるように・・・と願う。継続は力 [続きを読む]
  • 水ぬるむ
  • 2月も今日で終わり。いつもに増して、バタバタと忙しかった月だった。明日から3月。長かった冬も去り、待ちに待った春が、ようやく訪れる気配がする。3日ほど、温かいよいお天気に恵まれた。いつも通る道から、川を見ていると渡り鳥が群れていた。ここで羽を休め、また旅立っていく。今頃の季節に、よく見る川面の風景だ。飛翔する鳥たちと、ちょうど中高生の卒業の時期が重なる。若者たちよ、夢に向かってはばたけ! あなたたち [続きを読む]
  • ありがとう・・・をいっぱい言おう!
  • 今年の春は遅く、道端の紅梅も例年より10日ほど遅く開花した。今は5分咲きくらい。2月も月末を迎えた。最近、親族の病気が多く、大阪に住む妹の手術の立ち会い、そのあと実家の母が入院先の病院から容体が悪化したという連絡があり、2〜3日は病院に通う。母の状態が安定して一安心したとたん、私自身が体調が悪くなり、ここしばらく家にこもっている。平昌冬季オリンピックも今日で閉会する。メダルを獲得することも勿論大切だが、 [続きを読む]
  • 小鳥の来る庭
  • 朝から良いお天気に恵まれた。絵本ボランティアの仲間の一人がインフルエンザになり急遽ピンチヒッターで海辺の小学校へ・・・。我が家からは25分ぐらいの、一番遠い学校。堤防沿いの道を車で走っていると、河口付近に水鳥が群れている。今の季節だけに見られる私の「お気に入り」の風景でもある。我が家の庭にも色々な小鳥たちがやってくる。メジロやヒヨ、きれいな尻尾の小鳥、スズメなど・・・。裏庭の梅、椿、ヤマボウシの枝 [続きを読む]
  • いい距離感で人とつながる
  • 1昨日、大阪から帰るとき、新大阪で本を買った。「ひとり」を楽しもう!・・・のタイトルに興味をもった。JRで読んでいるうち揺れ方がひどくなり、気分が悪くなったので読むのをやめた。<春はまだ遠い>群れもせず、孤立もしないために「いい距離感で人とつながる」には。。。自殺希少地域の特色は、人と人がゆるやかにつながり、お互いに干渉しすぎないという事。 近所付き合いは「あいさつ程度、立ち話程度」でいいと考えてい [続きを読む]
  • 命輝いて
  • 13日から3日間、関西に行っていた。川西市に住んでいる妹が高槻市にある医科大学病院で腹部大動脈瘤の手術をした。6時間もの長丁場だった手術は無事成功。これからも色々なリスクもあると思うけど、やっと一安心。私と違い病弱な妹は40代半ばから自己免疫の厄介な病気にかかっている。手術の間、待合室で甥や姪、娘たちと平昌冬季オリンピックをLIVEで見ていた。その日はスノーボード、ハーフパイプの競技で日本選手が三人出 [続きを読む]
  • 2月のこども食堂
  • 2月のこども食堂を昨日開催した。第3土曜日は諸事情のため1週間前倒しになった。あいにくの雨になり、おまけにインフルエンザが蔓延していて、予想どおり参加者が少なかった。  今日の一番人気は家庭菜園で育てた「なるときんとき」を使った「スィートポテト」少ない人数の時は、参加者とお話もできる。私は、ほとんど「よろず相談」に応じていた。退職後余り会うことのなかった同僚が訪ねてくれた。彼女はお姑さんと同居し、 [続きを読む]
  • 朝の顔
  • NHK情報番組「あさイチ」のMCである有働アナとV6の井ノ原快彦さんが3月いっぱいで降板するというニュースを聞いた。 あさイチ』(NHK)は、朝ドラの後、たまに見ていた。お二人の掛け合いや飾らない人柄に好感を持っていた。ゲストが話す言葉に聞き手のイノッチは必ず「なるほど」・・・というところは私も見習わなくてはといつも思っていた。最近は忙しく朝ドラを見ていない。したがって「あさイチ」もみていないけれど、とても [続きを読む]
  • 着々と・・・宿毛観光ボランティア講座
  • 立春を過ぎても寒い日が続く。南国土佐もまたまた雪景色。こんな日は冬ごもりしたいところだが、昨年12月から始まったボランティア講座の3回目に出席した。最近は、自分たちの身近に、こんな埋もれた歴史や物語があったということがわかり、とても面白い。先週、金曜日には「野中兼山コース」を歩いてみる。歩いてみて新しい発見があった。グループの中の女性が「兼山について」の資料をまとめてくれていたものを、パワーポイント [続きを読む]
  • 寄り添う活動
  • 2月になっても寒い日が続く。昨日は地域の元気クラブの日。冷たい雨の1日。いつものように百歳体操やレクレーションの後、昼食をみんなで食べる。そんな何気ない日常の延長のような集まりを待ってくれている人たちがいる。それだけで嬉しい。地域で元気に暮らし、声を掛け合うお隣さんの連携を意図的に作ること。今流、共同体は「寄り添う」ことにこそ意義があるのだと思う。今日は、新しいレクレーションの研修会もあった。これ [続きを読む]
  • 心地よく生きる決まりごと
  • 1月もあっという間に終わり近くなった。今年の冬はよく雪が降る。夕方、買い物に行ったらレジ近くに「PHP」の小さな本が目に入った。最近、本をあまり買わない。頂いた本や、前から買ったままの本があるし、ゆっくりできる心のゆとりと時間もない。値段も手ごろだし「いい習慣が幸せを呼ぶ」というタイトルも魅力的だった。夕食後パラパラとページをめくっていると小川糸さんのエッセーがあり一気に読む。〜心地よく生きる私の7 [続きを読む]
  • ソーレまつり・2018に参加
  • 昨日、高知市の「こうち男女共同参画センター・ソーレ」でのまつりに参加していた。私たちのグループが毎年、ブースで活動報告をしている。.今はメンバーたちが自分たちの地域で活動しているので、高知市での集まりは年間4回ほどになった。まつりに参加することで、自分たちの活動を知ってもらうきっかけにもなるし、ふだんは忙しくて会えないメンバーたちにも久しぶりに会えるのも楽しみの1つ。今年は土佐市の女性が担当。彼女 [続きを読む]