現役助産師みっちゃん さん プロフィール

  •  
現役助産師みっちゃんさん: 現役助産師みっちゃんのブログ
ハンドル名現役助産師みっちゃん さん
ブログタイトル現役助産師みっちゃんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ayasayamaternity/
サイト紹介文妊婦さんに役立つ妊娠・出産の情報や、マタニティーのおしゃれなど、現役助産師がアドバイスしま-す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 18日(平均8.6回/週) - 参加 2009/10/03 21:38

現役助産師みっちゃん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 美肌への第一歩!赤ちゃんにも♪
  • 海外セレブも注目の成分がたっぷり配合されているマハロソープ。妊婦さんや赤ちゃんにもお勧めですよ 今回は一押しのこれをちょっとご紹介しましょう! 詳しくはこちらを見てね!マハロソープ  写真でもわかる海塩の粒子! ハワイ海塩をご存知でしょうか?今もっとも注目を浴びてるハワイ海塩! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ただ洗うだけで、手元から体内美人へ♪海外セレ [続きを読む]
  • イライラ解消にも役立つ呼吸法
  • まずは、ゆっく〜〜り深呼吸を1~2回してみましょう〜〜(鼻からゆっくり大きく吸ったら口をすぼめてゆっくり吐きます)そして次からは、口をすぼめてゆっくり3秒かけて静かに吐きます〜〜(赤ちゃんの顔がすぐそばにあると想像して、その赤ちゃんに緩やかに口をすぼめて息を吹きかけるように〜)ゆっく〜り3〜4秒かけて吐きます。そしてまた3〜4秒かけて吐きます。(息は吐けば自然に体が吸うので意識せずに吐く息の調節だけし [続きを読む]
  • 子供の情動学習は親から
  • 「情動(恐怖・驚き・怒り・悲しみ・喜びなどの一時的な感情)の学習のなかでもとても大切なのは、心が動揺した時に自分で情動を静める能力だ。赤ちゃんは大人がなぐさめ、抱っこしてくれ落ち着くまであやしてくれる。こうした経験から子供は自分でも同じようにすればいいと学んでいくという学者もいる。大人からなぐさめてもらう経験を重ねて自分の感情を静めることを学んだ乳児の脳ではこの回路がよく発達し、一生を通じて情動の [続きを読む]
  • 気になる肌ソープ
  • 妊娠中は、洗顔や肌ソープの選びにも慎重になりますよね。特にお肌の調子が悪い時には、洗浄力が高い石鹸を使うのもどうかと悩むことも、、、。無添加で安心の”マハロソープ”に意外とびっくりの効果があるようで妊婦さんに紹介しますね。配合成分は、海塩コラーゲン硫酸マグネシウム(エプソムソルト)ヒアルロン酸ナトリウム ■エプソムソルの効果■※肌を柔らかくする硫化マグネシウムは温泉にもふくまれている成分。肌を柔ら [続きを読む]
  • 妊娠美肌のための水分摂取
  • 妊娠中のお肌はとてもデリケートお手入れを怠るとお肌は今まで以上に荒れやすいんです肌は、常にターンオーバーにより古い細胞が垢として剥がれ落ちて、新しい細胞が次々と作っていきます ターンオーバーが行われる事によって美肌が保たれていますが、水分が肌に不足していると、この細胞作りがスムーズに出来なくて肌荒れの原因になったりするんです。それに加えて、妊娠中はホルモンバランスの崩れで肌荒れが荒れやすくなってい [続きを読む]
  • 夫婦の時間
  • つわりが終わって少しからだが楽になってきたらたくさん夫婦の思い出作りをしてみてはいかがですか赤ちゃんができたらしばらくは遠出ができなくなります。意外と不自由なのでいまから覚悟しておいてくださいね海外はおすすめしませんが日本国内ならゆっくり旅行をするのもいいかもお腹が張ったり、痛いなどの切迫流産・早産などの症状がなく安定してればちょっと遠出もOK  *長時間のドライブは、同じとこに座りっぱなしでお腹が [続きを読む]
  • 夫婦の絆はここで差がつく!
  • ご主人が陣痛中に付き添っていらっしゃるならば私は、必ずといっていいほどご主人に産婦さんの腰をさすってもらいます。そう、何故なら出産は夫婦の絆をいっそう深めるものだから。今日も側に付いているご主人に「こうやって、腰をさすってもらうととても痛みが半減するんですよ」っといってさすり方をお話しました。ん?なんで助産師さんがさすらないの?って?!そういえば、母親学級でもそれを聞かれたことがあります。もちろん [続きを読む]
  • 美肌を作る睡眠
  • 妊娠中はお肌のトラブルが多いですよね妊娠して誰よりも幸せなはずなのに肌は意外と敏感で困っちゃうって妊婦さんいませんか。妊娠中であってもなくても女性なら美肌を保ちたいですよね。おしゃれしてもお化粧のノリが悪ければ結構ブルーになっちゃう・・・美肌のためには睡眠が一番!単純にこれです!これに限ります。妊婦ならなおのこと赤ちゃんのためにも睡眠がいちばん!よく「美肌のためには夜10時から夜中の2時は寝ていまし [続きを読む]
  • 妊婦の紫外線対策
  • 妊娠中はお肌のトラブル多いですよね もちろんシミもできやすいのです 冬でも色白素肌をキープするためにも紫外線対策は必須です! おすすめの”エンドジーナス サンプロテクターエッセンスS” 数年前、エステの素敵なお姉さんに紹介していただき、私はこれをずっと使い続けています。 紫外線吸収剤無配合で、お肌にやさしいのにSPF40・PA+++。紫外線をしっかりカットし、日焼けによるトラブルを防いでくれます。 紫外線散乱剤を [続きを読む]
  • 胎教やってますか?
  • こんにちは〜 お腹の赤ちゃんとコミュニケーションとってますか?そう胎教ですよ、胎教!!毎日忙しくってなかなか胎教なんてしてられないっていう経産婦さんや、お仕事ママさんも、愛じょ〜たっぷり注いでるプレママさんも、ちょっと、聞いてね!「胎教しなきゃー」って、妙に構える必要なんてないんですよ。「胎教」って・・・赤ちゃんは、まだお腹の中のほんとに小さな“命の芽”ですが、とても大きな可能性や能力をもっってい [続きを読む]
  • リラックスリラックス
  • 妊婦さんにとって 長湯はいけませんがお風呂に入って ホッとひとときの疲れを癒すことはとっても大切ですよ〜ゆったり湯舟につかっては〜 と体の力をぬいて〜そうそう、その感じその感じを毎日味わって 体に覚え込ませましょう!なぜかって?そう お産に一番大切なことは このリラックス!リラックスすることで ものずごい効果が得られるんです。お産のときのリラックスの効果は   *痛みを和らげるエンドルフィン(脳内麻薬) [続きを読む]
  • こんな産院選び
  • 皆さん、産院選びに結構迷っていらっしゃるようですね(・・;)この産婦人科が閉鎖する時代に迷うほど産院がまわりにあってうらやましいかたもいらしゃいます。人気の産院は、すぐ分娩予約がうまってしまい、産婦人科難民も多いのです。選べるなら、ぜひ産婦人科を選んでみましょう(-^□^-)。やはり大事なのは、自分がどうしたいのか(どんなお産をしたいのか)なのですが、そんな理想的な言葉は、難しいかもしれないですね。選ぶ点は [続きを読む]
  • お腹の赤ちゃんの眠りの秘密
  • 「お腹の中の赤ちゃんでも、夜型とかあるんですか?うちのベビちゃんは、夜22時以降によく動きます(o^∀^o)」こんな質問を頂きました(^-^)/。そう、よく夜中によく動いてなかなかねつかれないっていう妊婦さんの言葉を良くききます。お腹の赤ちゃんの睡眠リズムは大人とは違うんです。お母さんのお腹の中で、赤ちゃんは眠ったり起きたりしています。32週目以前の赤ちゃんは眠っているときと起きてるときの区別はまだはっきりして [続きを読む]
  • アトピー肌妊婦のお手入れは?
  • 妊娠中はお肌のトラブルに悩む方がたくさんいます妊娠するとそのホルモンバランスが乱れます。 ホルモンバランスが変わったことで妊娠中は肌が過敏です。それなのにいつも通りのスキンケアをしていると肌トラブルを起こす危険性が高くなってしまいます。 妊娠中はプロゲステロンの影響で皮脂の分泌量が多くなっているんです。そしてニキビや吹き出物を増やす原因となってしまうので、洗顔で丁寧に余分な皮脂を取り除きましょう! [続きを読む]
  • 母乳で行きましょう  パート2
  • 赤ちゃんは、大人がストローでジュースを吸引するようにおっぱいを吸うのではないんです上手に“舌”で巻き上げ、あご”で噛んで、それに吸引力も加わって大人にはまねできない巧みな技でおっぱいを吸うんですよだからこそ、舌がからむことのできるそして、あごでかむことのできるやわらかくて、伸びのいい乳輪と乳首が必要なんです。一方、ママのおっぱい・乳首・乳輪の形や、やわらかさ、伸び具合も様々です。乳首が、短い、巨大 [続きを読む]
  • 母乳のための準備 パート2
  • 赤ちゃんは、大人がストローでジュースを吸引するようにおっぱいを吸うのではないんです上手に“舌”で巻き上げ、あご”で噛んで、それに吸引力も加わって大人にはまねできない巧みな技でおっぱいを吸うんですよだからこそ、舌がからむことのできるそして、あごでかむことのできるやわらかくて、伸びのいい乳輪と乳首が必要なんです。一方、ママのおっぱい・乳首・乳輪の形や、やわらかさ、伸び具合も様々です。乳首が、短い、巨大 [続きを読む]
  • 母乳でいきましょう パート1
  • 妊娠中からのおっぱいのお手入れって実は、とても大切なんですよ妊娠中に何もしなくても母乳が良く出るようになった!という人も、もちろんたくさんいます。でも、一方で、赤ちゃんが上手に吸い付いてくれない・・・とか赤ちゃんに吸われて傷ができた・・・とかおっぱいだけカンカンに張って出が悪い・・・などの最初の一歩でつまずいて結局、母乳に挫折する人も多いんです。で・・・今日は出産後の授乳に役立つカンタンおっぱい準 [続きを読む]
  • 母乳のための準備 パート1
  • 妊娠中からのおっぱいのお手入れって実は、とても大切なんですよ妊娠中に何もしなくても母乳が良く出るようになった!という人も、もちろんたくさんいます。でも、一方で、赤ちゃんが上手に吸い付いてくれない・・・とか赤ちゃんに吸われて傷ができた・・・とかおっぱいだけカンカンに張って出が悪い・・・などの最初の一歩でつまずいて結局、母乳に挫折する人も多いんです。で・・・今日は出産後の授乳に役立つカンタンおっぱい準 [続きを読む]
  • 素敵な母子手帳活用法!
  • 出産予定日が決まると母子手帳をもらいます今神戸市はファミリアなんだね。可愛い母子手帳は妊娠中の経過や分娩の時の記録など赤ちゃんが生まれてから小学校にあがるまでの大切な記録を残すノートなのです。母子手帳の書き方も人ソレゾレ!たくさんいろんなことを書いている人もいれば名前すら書いてない人もいます。皆さんは、どうですか?まず開けると子供の保護者名の記入欄。住所、連絡先までちゃんとかいてますか。未入籍で今 [続きを読む]
  • お腹の管理
  • 流産は、赤ちゃんがおなかの外で育つことができない妊娠22週目未満の時期に、妊娠が中断しちゃうこと。22週以降は赤ちゃんが生まれても育つケースがあるので、それ以降の時期を早産というんです。今の医学では、早い時期に出産(早産)にいたっても赤ちゃんを無事に救うことはできますが、一方で、障害が残ったり合併症を引き起こしたり・・・やはり、赤ちゃんは37週に入るまでは、ママのお腹で大切に育ててあげたいですね。流 [続きを読む]
  • 妊娠中の夫婦生活
  • 妊娠中の夫婦生活にはコンドームえ?いらないんじゃないのってよくいわれますが・・・ちょっと堅い話になりますが、妊娠中は感染が一番心配なのです。切迫早産の原因に、膣内の細菌感染から起こる絨網膜羊膜炎がかかわっているといわれています・・・そして、精液の中にも細菌はいるんです。なので、夫婦生活もコンドームを使うことがおすすめなのですもちろん性交渉だけで細菌感染が起こるわけではないのですが避けられるのであれ [続きを読む]
  • これも胎教!
  • 毎日を楽しんでいますか?お腹の赤ちゃんに良い事してますか赤ちゃんの心の栄養はママが幸せなこと「ちょっとのことですぐに不安定になる妊娠中のママの気持ち… 」ダメダメ!赤ちゃんのためにも気持ちはでいきましょうそれでは、自分をあげるための、そう、かんたん胎教をやってみましょう!毎朝、ご主人がうれしくなること(気遣うこと)を  言ってみましょう  きっと喜んで  あなたのことをもっともっと  大切にしてく [続きを読む]
  • 過去の記事 …