yumitori さん プロフィール

  •  
yumitoriさん: どすこい天城大相撲
ハンドル名yumitori さん
ブログタイトルどすこい天城大相撲
ブログURLhttp://amagi-sumo.blogspot.com/
サイト紹介文相撲を通じて天城のまちづくりにかける若者たちの軌跡
自由文こどもゴコロに興奮をおぼえている
男たちの力強さ ひとびとの歓声
夏休みのおわりを告げる花火の下
あの頃の天城は活気にあふれていた

大人になればあの頃のものがない
寂しさ想うだけでは変わらない
この地に住むなら自ら取り戻す
子供たちに残したい 同じ記憶を
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/10/05 02:41

yumitori さんのブログ記事

  • 御嶽海関おめでとう!! そして静かな記録
  • まずは、御嶽海関の幕内優勝をお祝いしたいですね。前回も取り上げたように、めちゃくちゃ荒れた15日間でした。これまで、良い流れで来た前半戦に対して、後半戦で失速する傾向があった御嶽海関ですが、最後まで良い相撲!中日でブログに取り上げると、デスブログ化していたので、黙ってました(笑)。北の富士さんも言っていましたが、高安関との取組も、内容からしたら、負けていたわけではないですし、千秋楽の豊山関との取組 [続きを読む]
  • dski-pos ver.2018-
  • 今年、何年ぶりになるでしょうか、ポスターが新しくなります。ただいま、修善寺印刷さんに印刷を依頼しているところ。配布時期が遅いので、実物はもう少し後で。画像は、FMいずの仙座夏子さん(なにやら改まってw)の撮影した写真から。今回は、オリジナルに忠実で、画角もそのまま維持しています。ちょっと塩を振って味調整した程度しか手を加えていない感じに仕上がっています。ただ、プリントしてみたら、ちょっとした作業ミス [続きを読む]
  • 星に願いを
  • 雨の多い時期ではありますが、こんなに西日本全域で大雨被害になるとは・・・。局地的な被害というのは今までもあったけれど、いままでの警戒すべき指標と違う、なんだろう、この違和感。*日付として過ぎていますが、七夕の7月7日って、相撲の日でもあるんですよね。ググってもらえれば分かるんですけど、「相撲節会」は7月7日の行事だったんです。今年の旧暦7月7日は、8月17日なので、実はまだまだ先です。ひと月以上もズ [続きを読む]
  • 天城地区にこのチラシが配られます
  • ラッツ佐藤様、(FB担当者に代わりまして)いつもシェアありがとうございます。え?FBも担当したら?いや、いろいろ事情がありましてwwwさて、関東地方は梅雨明けだそうで、各地で「あち〜〜(溶)」の声が聞こえてきています。天城は安定の20度代。湿度が残るので、まだ開けてはいないのでしょう。天城地区では、「広報いず」とともに、各地区の区長様の協力の下、このチラシが配られているころかと思います。PDF(3MB)内部で「 [続きを読む]
  • 押さば押せ 引かば押せ
  • 先週はお休みしてすみません。チラシ作成にリソース割いていて、デザインの方に気を取られると、文章の方に急に頭を切り換えられないことが分かりました・・・・・・。whttps://www.youtube.com/watch?v=PCbWvlsDYqQアプ主が共有を望んでないみたいなので、埋め込みはやめました。前回の投稿に、はるかのちちさんからコメントを貰った中で、加藤耕市氏(2003年アマチュア横綱)から悠翔君に指導された言葉として、「前に出た方が強い」と [続きを読む]
  • ハルカニカケルno.1
  • 先週、翔傑君が里帰りしていました。沼津・長興寺での泣き相撲に出るためです。なんだか、イイ顔になったね、って言っていいのだか分からないけれど、そういう風に感じるよ。「はるかのちち」さん曰わく、「悠翔に、翔傑さんのストイックさが欲しい」。20年以上続けている姿勢から来るモノでしょうか。*その悠翔君、ついに公式戦デビューです。8月29日以外の話題を書けるのは、1年3ヶ月ぶりですか。うれしい。これまで、成長途 [続きを読む]
  • ポスト昭和後期時代の終わり
  • 最近、「昭和」というと、「古い」という意味で使われていますね。でも、まもなく終わる平成時代って、「ポスト昭和後期」だと思うのです。変わったこともいろいろあるけれど、ほとんどは1970年大阪万博の頃に想起されていたことが、一般庶民に拡がっただけ。その昭和的とも感じられる、続いてきたお祭りに異変が起きています。近いところでは、稲取「どんつく祭り」。経営がおかしくなった、徳島「阿波踊り」。周辺地域との折り合 [続きを読む]
  • どすこい米田植えwith天城柔道会
  • 今年も、「どすこい米」の田植えを行いました。いつものことなんですが、仕事の準備をしてくると、だいたい行事は済んでしまっているケースが多いです・・・・・・(笑)。今年は、天城柔道会の子供たちが参加しました。これは「FMいず」の、ジングル?収録中。俊雄さんのリーディングがこの柔道会に於いて凄く重要なんだな、と感じさせられる一面。終了後に、交流のBBQ。2年越し案の、どすこい天城大相撲スタッフポロシャツ。どすポロ [続きを読む]
  • 大相撲観戦レポート
  • 久しぶりに木曜の臨時投稿を入れます。予告した通り、大相撲観戦したメンバーからのレポートです。--------------どすこい5月場所観戦 レポ 両国国技館に到着してまず感じたのは外国人の多さ。4か所のチケットのもぎりに対してどの列も行列ができていた。うち2列が外国人でいっぱいだったことを考えると相撲も国技と言いながら外国人に間口が広い親しみやすい文化であるとも考えられた。どすこい天城でも外国人をターゲットに [続きを読む]
  • 大相撲に見えるもの
  • 先週の一番笑った、「それよりもきのう誕生日だったお母さんに早く報告したいので、帰っていいですか?」阿火関の、白鵬関から金星を取った後のインタビューにて(笑)。おもろいやっちゃな。大相撲、なかなかなかなか、面白い内容です。後半戦、どのようになっていくのでしょうか?*さて、19日、どすこい天城大相撲実行委員会では、大相撲観戦に行きました(と思うけどwww)。3月に企画されて、ダメ元で2つの日付で抽選にエ [続きを読む]
  • Esperança
  • 先日、広報班の会議がありました。人数はまったくもって少なく、限られた人員の中で、粛々と作業していました。そのなかの一人、昨年、当日スタッフとして参加、今年から会議にも参加するようになった新人になるのですが、会議の途中で突如、「昨年の繰り返しをするだけなら、自分が参加する意味は無いんで、そのままなら、もう辞めます」そこで現在の幹部メンバーが反応して、本来、広報班の会議でしたが、半分内容が全体的なコン [続きを読む]
  • 火ノ丸相撲20
  • private message for 翔傑君:FBにコメントありがとう。答え合わせ、いつでも待ってるよ!!??火ノ丸相撲、第20巻「愛があるなら」とりあえず、ラブコメを狙ったところは置いておいて・・・・・・、ドラマの中に、恋愛要素を込めるのは基礎的な「文法」なので。前回の巻の感想で、「愛ゆえに」と勝手にサブタイトルつけたのですが、今回は巻タイトルに「愛」が付いてきました。土俵外で横綱刃皇に相撲をしかけようとした鬼丸(火ノ丸)に [続きを読む]
  • きょうのつぶやき
  • 翔傑君の、4月5日のtwitterのから。-----------------核心はどうでもよくて、画だろうと字だろうと目で見たことが全てだと思っている現在。その裏側の真実を知ろうとしない人。これが今なんだろうなぁ。影響力のある人間が喋れば嘘も誠になる。都合の良い捉え方で物事は進んで行く。真面目にストイックでいることとは…いったいなんなのだろう。-----------------彼が、何について、これを言っているのか、前後関係も何も分から [続きを読む]
  • わんぱく相撲三島場所・2018
  • 今年も、小学生の相撲競技大会、「わんぱく相撲」が4月22日日曜日に行われました。というか、・・・・・・この写真、最後の最後の取組でして、終わりかけのところに間に合った感じです(実質的に間に合ってない)。6年生で優勝は、伊東君。youtubeの方にコメント貰った?かもしれない。「アマチュア相撲 NEWS & アーカイブズ」より実は、昨年の明徳寺子供相撲に参加していたんですね(上半身裸の方)。この時は、一般の子供に手加減 [続きを読む]
  • こんな感じだったっけ?
  • 投稿お休みしまして、申し訳ありません。前回投稿の前に、風邪を引きまして、しばらく味覚がおかしく、食べることが苦痛、という状態になったら、だんだん「興味」というものが無くなってしまって、開催中の大阪場所も、4日目以降まったく見なくなってしまいました。相撲に限らず、他の何もかも、です。仕事も忙しい時期で、気持ちばかり焦るだけで、ストレスフルな毎日。気持ちも前向きではなく、自分のことは後回し。連載途中の [続きを読む]
  • 相撲をやりたくなかった天城 3/4:さんすう
  • 前投稿2つで書いた事は、過去の洗い出しです。結局、大体の事は、「キッカケ」であって、「原因」では無い、ということが分かりました。そもそも、単一の理由が存在するなら、古傷を掘り返して詮索する必要なんて無いのです。書いた中に、いくつか重要なワードが出てきました。それらを似た分類に分け、さらに大分類にグループ分けしてみました。・運営母体(人員 ・ モチベーション ・ 企画力 ・ 資金力)・力士(人員確保の容易 [続きを読む]
  • 火ノ丸相撲 19:愛ゆえに
  • え〜、ボケ始めたオジサンです、こんにちは(汗)。大相撲大阪場所、始まりました。今回、これを挟んだ、ということは、次回に「3/4」が来て、更に翌週が、大阪場所の感想になるのでしょうかね。遠い「4/4」(笑)。いや〜、とうとう「大相撲編」ですな。前巻の終わりには、一気に時間軸が進んで、幕内に既に上がっていました。そこで怪我をして、今回の巻では、再起をかけたところから始まります。インターハイで相見えた相手たち [続きを読む]
  • 相撲をやりたくなかった天城 2/4:相撲が好きだった?
  • 「余所から賞金稼ぎが来て、地元者がつまらなくなって、参加者が少なくなった」この「理由」が、今も語り継がれる、ということが、どういうことかを考え込んで早10年。この言葉を聞いて、あなたは何を思うでしょうか?「だったら、外部参加者を参加させなかったらいいんじゃない?」そうです、その通り。それが、フツーの反応だと思うのです。「地元の人も、稽古して、応戦できるようになる」まぁ、難しいですし、すぐには出来な [続きを読む]
  • 相撲をやりたくなかった天城 1/4:プロローグ
  • 久しぶりにシリーズものをやります。4回の予定です。シリーズの長さもさることながら、投稿ひとつひとつも長いですがお付き合いください。途中で別の記事が投稿される可能性もあります。連投にはならない場合には、ご容赦ください。------------このブログを続けている上で、一貫して研究対象にしていたのは、「過去の『明徳寺奉納角力』が、どうして終わってしまったのか?」です。過去の否定がしたいのではなく、理由を明らかに [続きを読む]
  • 土俵探訪?........迷:大仁編
  • 大仁の廣瀬神社に土俵がある、ということは以前に書いたかも知れません。記憶が曖昧、9年もやってりゃねぇ・・・・・・耄碌(モウロク)してるのかも。10月に子供相撲でしか使われていないみたいです。立派なだけに、ちょっと勿体ないな。この付近から眺める城山と富士山は美しい。強烈なパワースポットである空気感を感じます。ただ、廣瀬神社は少しだけ違う感じを受けるんです。いわゆる、陰陽太極図のなかにある「陽の陰」ってこと [続きを読む]
  • 2ヶ月ぶり
  • 大相撲トーナメントも栃ノ心関の優勝だそうです。絶好調ですね!そして、今日は白鵬杯が開催されます。中継はニコ生で。-----------膝サポーターを・・・・・・肘につけて、2枚重ねでドーンッ!いえ、冗談です。いや、ブラックな話の割に面白くない、笑えない。とりなおしまして、え〜、12月の後半に、「膝が痛い」と書きました。実はずーっと痛かったんです。ずーっと足を引きずっていました。痛み出して2ヶ月、ようやく、普通に歩 [続きを読む]
  • 伊豆市からのアンケート依頼
  • 市民3000人(18歳以上)に対して、アンケート依頼がありました。人口が31,000人程度のうえ、18歳以上なので、7人に1人ぐらい割合で来てるんだと思います。規模としては、結構大きなものだと思います。さらっと概要読みますとね・・・・・・「市内の公共施設の30年以上経って老朽化が進んでいるので、どうしていくのが良いと思いますか?」ってことみたいです。それを、充実・有効活用・現状維持・民間利用・集約化・転用・廃止などの [続きを読む]
  • ゆかり力士結果報告
  • 前回投稿、あまりにも寒さにやられて、ろくな事が書けていない・・・・・・すっかりあることを忘れてしまいました・・・・・・(汗)。題名の通り、いつもの結果報告です。翠富士 東下39  3勝4敗翔傑  西三6   3勝4敗龍司  西三59  4勝3敗栃幸大 西三71  7勝0敗 同ん、なかなかなかなか。上位陣が良くなく、下位陣好調。ここで注目は7勝0敗の栃幸大君。三段目全勝対決が注目されました。これを取り上げないと [続きを読む]
  • 栃ノ心関、おめでとう!・・・・・・
  • 栃ノ心関、平幕優勝おめでとうございます!確かに、先場所から好調だった勢いで、今場所で結果が出せましたね。怪我で幕下まで下がった時期があっての、復活劇ですね。前は、上半身での投げや吊りが取り口だった。もともと下半身の方が太めの身体だったけど、以前に比べて、全体的に身体が大きくなって、相撲を取るのにバランスが良くなった、のかな。身長191cmというのがいまいちピンと来ないバランス感、つまり横が広くなったん [続きを読む]
  • ことばころがし・・・・・・の衝撃
  • 大相撲、中日過ぎましたが、3日、4日ごろから荒れてきましたね。御嶽海や北勝富士、阿武咲、イイ感じ。逸ノ城も、久々に好調、星リーダーたちの、まさに壁。それにしても、鶴竜関、引かなくなったね。That's YokodunaZumo. 玄人好み。今回は、yumitori的言葉のこねくり回し編です。おつきあいされる方は以下にどうぞ。ところがどっこい、記事の最後に衝撃の真実が!!(番宣風)-------------------漢字の話。前にですね、親戚 [続きを読む]