あんこ さん プロフィール

  •  
あんこさん: 本がないならブログをお読み
ハンドル名あんこ さん
ブログタイトル本がないならブログをお読み
ブログURLhttp://luckyclover7.blog27.fc2.com/
サイト紹介文普通の日記サイトでしたが、最近は漫画・ジブリ・アニメ・児童書の再現料理を中心に更新しています。
自由文漫画再現料理は「ミスター味っ子」「美味しんぼ」「クッキングパパ」「旬〜味彩の匠〜」「きのう何食べた?」「中華一番」「鉄鍋のジャン!」「花のズボラ飯」「デリシャス!」「マコちゃん絵日記」「貧民の食卓」「薬膳仙女マダム明」「大江戸きっちん」などに出る料理、その他の再現料理は「アルプスの少女ハイジ」「カウボーイビバップ」「こまったさんシリーズ」「東海林さだお先生シリーズ」などに出る料理を再現してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/10/05 19:13

あんこ さんのブログ記事

  • 『クッキングパパ』の“高菜巻き”を再現!
  •  寒くなってきたせいか、年頃になって別の場所で寝るようになった猫達が布団に集まるようになり、まさに川の字で寝るような事態になっています(←二人と二匹なので、本当は川だと一字足りないのですが;)。 大抵はカップヌードルに入ってる乾燥海老のようにくるりと丸まって寝ているのですが、体が充分に温まると熱くなる→けど出たら寒い→そうだ空気に触れる面を大きくしよう!という感じで、今度は真っ直ぐ揚がった海老天状 [続きを読む]
  • 『クッキングパパ』の“パン丼”を再現!
  •  少し前からコッペパン専門店ブームが来ていると「ガイアの夜明け」で知り、世の中何が流行るか分からないものだな〜と面白く思いました。 個人的にコッペパンは給食に出てくるレトロなパンというイメージでしたので、大掛かりに取り上げられているのを見ると、学生時代は地味だった近所の子が上京して有名になったのを聞き、「あの目立たなかった子が、立派になって…」と目をしばたたかせるおばあちゃんのような気持ちになりま [続きを読む]
  • 『ミスター味っ子』の“味吉陽一特製パイナップルカレー”を再現!
  •  辛くてスパイシーなカレーが大好きな為、お店でも辛口で注文することが多いのですが、そんな自分でもなかなか試せずにいるカレーがあります。 それは、レトルトカレーの「18禁カレー 激辛」で、みるからに危険そうな忠告文もさることながら、1,944円という強気な価格設定が挑戦を躊躇させています(←うちの近所にあるスリランカカレー屋さんだったら、二人前カレーを食べてサラダやデザートもついてくるお値段です…)。 と [続きを読む]
  • 『銀平飯科帳』の“深川風カキフライ”を再現!
  •  個人的に、「生食文化=日本」くらいに思っていたのですが、殻から直接カキをツルッと食べるやり方は海外から輸入して以降行われるようになったみたいで、びっくりしました。 調べた所、何と古代ローマの時代から養殖して生食していたそうで、兵士達が侵略した土地で略奪しないで済むよう、片っ端からカキを海にばら撒いて自給自足する食糧にしていたといわれるほど。 手間をかけて料理をするのが基本の美食大国フランスでも、 [続きを読む]
  • 『ミスター味っ子』の“味吉陽一特製握り寿司六種”を再現!
  •  以前、東京で初めてお店のばらちらしを食べたのですが、ちらし寿司という日頃食べ慣れていて比較しやすい分野の料理だったせいか、握りタイプの江戸前寿司よりも衝撃を受けたのを覚えています。 福岡でちらし寿司と言うと刺身がそのまま乗っている生ちらしか、五目ちらしが主流なのですが、ばらちらしは全ての具材が小さく切られて一口で食べやすくなっている上、生の魚介類だけでなく甘辛く煮付けた椎茸やかんぴょう、穴子、卵 [続きを読む]
  • 『紺田照の合法レシピ』の“鶏手羽元と蕪のオーブン焼き”を再現!
  •  先日、家族揃ってある居酒屋へ行ったのですが、メニュー表を見るとほとんどの料理名に「!!」が多用されており、読むだけで疲れました;。 限りなく近い例を挙げるなら、「情熱!!チャーハン」とか、「ジューシィー!!肉団子」とか、「激おすすめ!!店長の刺身盛」という感じで、味に自信があるからこそかな?と思いました(←実際、おいしかったです)。 ただ、「熱々!!アヒージョ」は思わず油風呂を連想してしまい、危 [続きを読む]
  • 『まかない君』の“浩平のモツカレー”を再現!
  •  福岡に長年住んでいると、他県の方から「モツ鍋とか水炊きとかよく食べる?」と聞かれる事があるんですが、我が家を含め周囲でも作っていると聞いた事はほとんどありません(←もしかしたら、うちの地域だけかも知れませんが…)。 こういう行き違いはグルメ本でもあり、たま〜に地元を紹介したガイドブックを見たりするのですが、高級グルメ系も庶民派グルメ系も「こんなお店、あったっけ…?」と全く見覚えがないお店が地元民 [続きを読む]
  • 『ミスター味っ子』の“味吉陽一特製五色もろみ茶漬けうどん”を再現!
  •  小さい頃から通っていた老舗ケーキ屋があったんですが、一時期店内の一部を改築してキッチンも増設し、宅配ピザ屋さんがオープンしたことがありました(←系列店ではなく全く別のチェーン店で、間借りしている状態)。 かわいい店内の片隅に「○○ピザ」という看板が掲げられてキッチンが直につながっており、ケーキの甘い匂いに混じって時々ピザの香りがほんのり漂う光景はなかなかシュールでした。 そのピザ屋さんは気前も味 [続きを読む]
  • 『クッキングパパ』の“荒岩流ごちそうハンバーグ”を再現!
  •  福岡の某地区には、何故かハンバーグ専門店が数多く乱立している通称「ハンバーグロード」なる通りがあるのですが(←「寿司ロード」も有)、そこには創業して五十年以上経つすごいお店があります。 大抵、何十年も経ったら内装は新しくなったり近代化したりするパターンが多いのですが、そちらはいい意味で昭和レトロなファミレスの雰囲気。 奇抜な色をした縁取りのお皿とか、昔のデパート食堂にありそうな食品サンプルケース [続きを読む]
  • 『クッキングパパ』の“荒岩流冷やしスパゲティ”を再現!
  •  その昔、たらこパスタが誕生したのは老舗パスタ専門店<壁の穴>が、常連客の「キャビアを持ってきたので、これでスパゲッティを作ってくれ」という要望に応えて作り、もっと安価な物で似たようなパスタを作れないかと偶然試したのがきっかけだと知り、「こんなにおいしいのに、最初は代用品扱いだったんだ!」と驚きました。 まるで、ビーフシチューを日本で再現しようとして代用品で無理やり作ったのが肉じゃがの発祥だったと [続きを読む]
  • 『ミスター味っ子』の“味吉陽一特製幕の内駅弁”を再現!
  •  その昔、『課長バカ一代』で携帯型炊飯器・<持てるんジャー>という架空の商品を見た時は「さすがにこれを発明する人はいないはず」と思っていたのですが、2017年に全く同じコンセプトの商品が発売されていたことを知り、びっくりしました。 個人的には洗濯バス・<洗えん坊将軍>やマッサージカサを本当に発明したらかなりヒットしそうだと思っている為、<持てるんジャー>のように実現化の奇跡が起きる事を密かに待ち望んで [続きを読む]
  • 『クッキングパパ』の“荒岩流月見ザクラ”を再現!
  •  春にはお花見、夏にはビアホール、冬にはお正月という絶好の宴会イベントがあるのに、秋には紅葉という格好の題材と、冬に備えて日々旨味を増していく旬の食材が数多くあるにも関わらず、皆で大盛り上がりできるグルメイベントがないのが昔から残念でなりません。 平安時代だと紅葉狩りの時でも貴族の間で宴会があったそうですが、紅葉は見て騒ぎたくなるというよりは心を落ち着かせる作用があるのか、現代ではとっくに廃れてい [続きを読む]
  • 『ミスター味っ子』の“味吉陽一特製おにぎり三種”を再現!
  •  結婚してまもない頃、スーパーで夫用のお弁当箱を購入した事があるんですが、表面には何故か「pranzo piacere」というよく分からない英単語が記されていました。 それから数年、夫も当管理人も特に気にせず使っていたのですが、先日ふと好奇心がわいて調べてみた所、イタリア語で「ランチの喜び」という大層な意味である事が判明しました。 こんな言葉が似合うような華々しいおかずを詰めた記憶はない為(←ハンバーグ・唐揚げ [続きを読む]
  • 『美味しんぼ』の“中華風炊き込みご飯”を再現!
  •  最近、ドイツでは生食用豚の挽き肉が売られていると知り、驚きました(←もちろん、厳重に管理した衛生環境で加工・販売している商品です)。 安全に食べられるよう法律で細かい規定まで定められており、香辛料や生玉ねぎなどを練りこんでパンに塗るのが一番ポピュラーな食べ方だそうで、味は癖がなくてまろやかなネギトロみたいなのだとか。 日本人は魚介類、ドイツの方々は豚肉と対象こそ異なりますが、生でも安全によりおい [続きを読む]
  • 『ミスター味っ子』の“阿倍一郎特製フライ定食”を再現!
  •  小さい頃、布団から手足を出して寝ていたらお化けに食いちぎられて持っていかれる(←『耳なし芳一』や『地獄先生ぬ〜べ〜』のテケテケが原因?)という謎の恐怖心があり、必ず手足を布団にしまうか布団に潜るかして寝る癖がありました。 成人してからはすっかり忘れ、普通に布団から手足を出して寝ていたのですが、今から約二年前、まだ子猫だったオス猫が布団から出た手足を噛むわかじるわ抱きついて蹴るわして流血沙汰にする惨 [続きを読む]
  • 『クッキングパパ』の“ニクイカ・トロイカ・ヤサイカ”を再現!
  •  先日、色々用事があってロー○ンへ行ったのですが、そこで早くも「おでん70円均一セール」ののぼりが掲げられているのを発見し、「連日記録的猛暑なのに、思い切ったな…!」と驚きました。 中へ入ってみると、本当におでんがスタンバイしており、乾燥ネギ・辛子・ゆず胡椒・一味唐辛子・味噌ダレという強力な薬味たちも控えていて、外が灼熱地獄だというのも忘れて思わず買いそうになりました。 コタツでアイスという背徳感と [続きを読む]
  • 『夜廻り猫』の“サンマの蒲焼き缶詰丼”を再現!
  •  先日、実家のお墓参りをする為に両親と夫共々遠出したのですが、高速道路を走る途中寄ったサービスエリアで「ご当地名物 博多ラーメンまん」という商品を発見し、思わず足を止めました。 何でも、博多ラーメンをそのまま肉まんに包み込んでしまった名物肉まんとの事でしたが、一応ご当地住民であるはずの当管理人や家族は初耳で、困惑。 一度、怖いもの見たさに試してみようかどうか迷ったのですが、結局暑さで食欲がないのも [続きを読む]