寺庭婦人 さん プロフィール

  •  
寺庭婦人さん: 京都雲龍院 寺庭婦人のブログ
ハンドル名寺庭婦人 さん
ブログタイトル京都雲龍院 寺庭婦人のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/unryuin/
サイト紹介文京都東山 雲龍院での出来事を皆さんに大公開!
自由文京都は東山にある泉涌寺別院・雲龍院のご住職の奥様、「寺庭婦人」のblogです。
雲龍院のお話、京都のお話・・東山から発信しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/10/06 21:43

寺庭婦人 さんのブログ記事

  • 仏牙舎利
  • 本山 泉涌寺は鎌倉時代に月輪大師 俊芿上人によって建てられた御寺です。俊芿(しゅんじょう)さまは中国へ渡り 当時の最先端の仏教を日本に持ち帰っておられます。その時代は 国の規制でなかなか留学が出来なくなっていたので、最新の仏教を知りたい 全国の僧侶が泉涌寺に憧れを抱いていたとか。その 俊芿さまが ずっとずっと無念に思われていたことがあったそうで…。それは 仏舎利、つまり お釈迦様の骨…しかも ありがたい説法 [続きを読む]
  • 台風一過
  • 台風24号が日本列島を縦断し、去っていきました。被害に遭われました方には 心よりお見舞い申し上げます。 お陰様で 雲龍院は 何の差し障りもなく済みました。朝から雨戸を片付け、書院や庭を掃き清め… 通常通りの拝観・お写経もお受け致しております。今日から泉涌寺では 舎利殿の特別拝観 が始まったようですね。私も 是非 お参りさせて頂きたいと思っております。 [続きを読む]
  • 台風24号
  • 台風24号が接近しております。本日は拝観・お写経を中止しておりますので ご了承下さいませ。京都は比較的 大きな自然災害が少なくて 「台風が来る!」といわれても ちょっと楽観的になっていたフシがありましたが…。 前回の21号の際には 建物被害は無かったものの、かなりの倒木で 茫然となった住職…。今まだ 雨も風も無く 穏やかですが、念の為 本気モードで備えております。皆さまも 過信されることなく どうぞ外出をお控え [続きを読む]
  • 回顧
  • お彼岸を過ぎると急に秋の空気となり、今夏のうんざりする程の猛暑は 喉元過ぎれば何とやら… で 笑い話のように感じられます。先日の三連休中には お月見の会 があり お彼岸法要があり、昨日は月並の写経会があり… と 慌ただしい日々が続いていたのですが 萩の花が可憐に揺れるのを見、 金木犀の香りが 風に乗り届いてくると 張り詰めていた気が ふっと緩むような 穏やかな気持ちになります。「ほんと 暑かったな…」この夏、 [続きを読む]
  • 2018 お月見の会
  • 日本人… 特に 京都人は お月さま にうるさい⁉? ようで 今年も雲龍院では 仲秋の名月あたりの 4連夜、お月見の会を催しておりました。過去ブログを辿ってみると早 8回目。ひと文字写経と満月弁当、武家点前のお茶席、月夜の活花、 篠笛の演奏会、そして月を愛でる… と 盛り沢山のひと時を過ごして頂く事に変わりは無いのですが 年々 それぞれの内容がレベルアップしていて 8年間でかなり豪華な会となり… 。口コミで噂になっ [続きを読む]
  • 障子 張り替え 2日目
  • きのうは一日かけて 障子を張り替えて貰い、夕方 シャッキリとした姿で戻って来ました。 紙の色だけで このように印象が変わるとは… 不思議です。本日は悟りの間と そこに至る廊下、そして蓮華の間 の障子が 張り替えに出されました。蓮華の間の [しきしの景色] としての見方はお休みですが、大きく開け放した景色は 又 素晴らしい! 新しい発見があるかも…です。但し、見せたくない所まで見えてしまっているかもしれませんが [続きを読む]
  • 夏越しの祓い
  • 昨日 関東甲信地方は早々に 梅雨明けのニュースが流れましたが、京都は湿気の多いじっとりとした暑さ…。それでも庭に咲く 桔梗の紫色や クチナシの白い花が爽やかで目に涼を運んでくれます。夕方、泉涌寺の石野さんが [夏越しの祓い]にいらして下さいました。一年の前半の邪気を祓い 年の後半の無病息災を祈るもので、神社では[茅の輪くぐり] の行事として 皆さんお詣りに行かれます。僧籍と神職を併せ持つ石野さんは 涼しげなグ [続きを読む]
  • 開山・先師忌法要
  • 6月21日に雲龍院の初代住職、竹厳聖皐上人の開山忌法要が行われました。御命日は27日なのですが、今年は先々代住職 池田龍潤僧正の三十三回忌 と先代住職 市橋真明僧正の十三回忌 が重なる事もあり、又 本山の都合も照らし合わせて少し早めの日程に。開山さまは640年程前の方なのでお会いされた方は無いと思うのですが、住職の祖父と父にあたる先住のことは 「知ってる!」という方もおられ ご縁のある方のご参列も多く頂きました [続きを読む]
  • 篠楽の会 (ささらのかい)
  • 明日の日曜日、 5月27日に篠笛 玲月流の発表会 [篠楽会 ささらのかい] が雲龍院で行われます。サツキの咲く この季節の もはや恒例となっております。13時30分から本堂前で奉納演奏。その後 [大輪の間] に場所を移して 門下生の方々の発表会があり、15時30分頃から 篠笛奏者 森田玲先生の お楽しみ演奏会 が予定されております。今年は 小さいお子ちゃまのデビュー演奏もあるようで、先日のリハーサルには 「頑張ってね!」の声援 [続きを読む]
  • 倒れた花瓶の結末
  • 前回 記載した [大輪の間] の床華ですが、翌日朝のお掃除の際には やはり 花瓶が倒れているかと 一瞬 ドキリ…。午前中 お抹茶付き拝観の団体が帰られて 場を整えながら ふと見ると、何故か花瓶が起こしてありました。誰かも きっと驚いて 「気を効かせて直してくれたのね 」と苦笑しながら 一応 倒したスタイルに戻してみたのですが、それを見た義母は 「これは倒れたと勘違いするわ… 心臓に悪い!」と 一蹴。午後に清水先 [続きを読む]
  • サツキ満開!
  • 眩しい程の新緑の中にサツキの花のピンク色が鮮やかに映える庭園の風景。いつもは障子を閉めて 四つの切り取った景色を [しきしの窓] として鑑賞して頂いている [蓮華の間] ですが、大きく開け放して風を取り入れ 部屋の真ん中にどっかりと座り 大きく深呼吸…。鳥のさえずり、薫風…。五感で雲龍院を愉しめる スペシャルな季節です。今日は朝から 清水先生と石津先生が お華の活け変えにいらして下さいました。[大輪の間] 床の [続きを読む]
  • ハート
  • 若葉や花々の香に溢れる五月、皐月(さつき)に入り 今日はウグイスの声も朝から響いておりました。 雲龍院の開山さん(初代住職)は 竹厳聖皐(ちくがん しょうこう)という御名で、皐 の文字が入っているからでしょうか? 特にこの月は 境内に典雅荘重の趣きを感じます。さて 昨年 完成した水琴窟ですが、こちらの音色も益々清らかに鳴り響いております。茶道 織部流扶桑派の尾崎宗匠により [ 龍淵のさやけし ] と名付けられました [続きを読む]
  • 如法写経会法要
  • 清水先生撮影4月27日 如法写経会法要が行われました。雲龍院の行事の中で 最も古く 大切な法要なので毎年 準備段階からピリピリと神経を使いますが、山笑う 清々しい季節に行われるという事もあり 一番 大好きな法要でもあります。この日は 寒くも暑くも無い 絶好のお写経日和となり 朝から会員様が集われて10時に本堂にスタンバイ。長老様 はじめ 職衆のお坊様方も続いて入堂され 散華で場を清め [続きを読む]
  • 昭和の日
  • ゴールデンウィーク2日目、ぴかぴかの晴天に恵まれ お昼頃には汗ばんで拝観に入って来られる方も多くおられました。お庭の新緑は眩しい程で、[悟りの間] 奥のシャクナゲが満開となっております。ピンク色の大きな花は見応えがあり、迷いの窓 や 悟りの窓 を通して眺めながら ぼんやりと物思いに耽るのは最高です。「あぁ〜 今日は 昭和の日 でしたねぇ…」どこかで [ちゃぶ台返し選手権] なるものが行われたそうで 笑ってしまい [続きを読む]
  • 新緑を眺めに…
  • 昨日の日曜日は肌寒い雨の一日で、お写経に来られた方は 少し震え気味で修行のご様子でした。桜の花も散り 三寒四温でも無いとは思いますが、気温の変化に身体がついて行かず困ってしまいます。とは言え、露にしっとりと濡れた新緑は美しく 庭園の中央 奥の石楠花がたくさん花を咲かせていて、書院からのんびりと眺める景色にとても癒されます。受付に座っていると、度々 来られるタクシードライバーさんが 「仏様が現れてます [続きを読む]
  • 縁結び
  • 3月の大黒様ネタをもう一つ…。東京で居る娘から「マミーが結婚するのだけれど、結婚衣装での撮影を雲龍院でしたいみたいなの。大丈夫?」と連絡がありました。通常 大きな撮影はお断わりする事が多いのですが マミーちゃんは娘の中学時代からの親友で、 雲龍院の行事にも度々お手伝いに来て貰っていた娘さんでもあり 喜んでお受けする事になりました。衣装の着付けはマミーちゃんのお母さんが手掛けられ、お天気にも恵まれ 摩耶 [続きを読む]
  • 大黒天様
  • 何かと雑事に追われて ブログをアップしそびれている内に4月に入ってしまいました。3月には御彼岸法要があり お墓参りで檀家さんが沢山みえられ、寒い季節はお休みしていた写経会も3月から始まりました。どちらの行事でも住職の法話はインド…。実は3月初めに住職と息子はインドのダラムサラにある密教大学で知られるギュトゥ寺に行っておりました。勉強会でお世話になっている北村先生はギュトゥ寺と親密な関係をお持ちで、今回 [続きを読む]
  • 春のライトアップ拝観終了
  • 春のライトアップ拝観が今夜で終了致しました。枝垂れ桜、花カイドウ、利休梅、姫椿(安寿姫) … 静かで重厚な暗闇に照らし出される花々が美しく、皆さん とても感激して下さいました。花びらを散らす事なく 最後まで頑張ってくれたことに感謝です。明日からは 通常の時間 (朝 9時〜夕方 5時閉門) となりますので よろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 春のライトアップ拝観
  • 4枚とも清水先生撮影ライトアップ拝観が始まっております。連日の暖かさで桜の花びらが散ってしまうのではないかと心配しておりましたが [大輪の間] 横の枝垂れ桜が 今年はとても綺麗で皆様 毛氈に座って まったりとした時間を過ごされてます。春のライトアップ拝観はあまり告知しておりませんので 貸切り状態の事もあり… 静かに ぼーっと過ごされたい方にはお薦めです!ライトアップは 5日(木) まで。 [続きを読む]
  • 京の冬の旅 終了
  • 泉涌寺で行われていた [ 京の冬の旅 ] が18日で終了いたしました。今回 特別公開されていた舎利殿は舎利(お釈迦様のお骨)の中でも 説法を一番良く聞いていらっしゃる歯(仏牙舎利)が祀られていることで とても神聖な御堂とされている場所でした。狩野山雪 画の龍をまじまじと拝見出来た事がとても嬉しく 今回 特別に作られた 舎利殿の朱印帳 を時々眺めては 龍と心を通わせた瞬間の興奮を思い出しております。この特別拝観は 1月10 [続きを読む]
  • 三寒四温
  • このまま春に突入かしら? と甘い事を考えていたら 昨日は冷たい雨が降り、今朝も冷え込んでおります。風も吹いておりましたので河津桜や摩耶紅梅の花びらが舞ってしまうのではないかと心配致しましたが、美しさ 健在です!青空に映えて 綺麗な写真が撮れました。 [続きを読む]
  • 婦人研修会
  • 昨日まで 4月のような 麗らかな暖かさが続いたお陰で 河津桜と摩耶紅梅 (はねずの梅) が一気に開花し、境内は花々の良い香りが充満し… 山門を入られてから玄関に至るまでにあちらこちらで拝観の方の歓声が上がっているのを 受付に座って ほくほくしながら聞いておりました。ちょうど河津桜が視線に入る場所でもあり、お花見を楽しみながら仕事が出来る スペシャルな季節でもあります。先日 泉涌寺の婦人研修会が行われ、本山に [続きを読む]