金沢ちん さん プロフィール

  •  
金沢ちんさん: 今日のポエム
ハンドル名金沢ちん さん
ブログタイトル今日のポエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chinsandx-poem/
サイト紹介文ほぼ毎日更新される嘆きのポエム。ねたみ、そねみ、うらみ、つらみなどを、明るく楽しく歌い上げます。
自由文ほぼ毎日更新される嘆きのポエム。ねたみ、そねみ、うらみ、つらみなどを、明るく楽しく歌い上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/10/08 19:02

金沢ちん さんのブログ記事

  • 町から町へ笛を吹いて
  • 町から町へ笛を吹いて歩くみんなの喜ぶ顔が見たくてと思ったらバス停に笛置いてきた取りに行くのにバス代880円戻ってくるのに計1760円笛は2800円消費税は込み僕は太陽を見上げたまだまだ暑い日々また今度にしよう今回は普通の旅にしよう大事な笛はきっと誰かが受け継いでくれる(写真は今日平さんの写真ブログより) [続きを読む]
  • だから神さまがいることにして
  • あんまり不安に思うこともなくなっただからって毎日楽しいってわけでもないけどでも極端なことは考えなくなったよすごい何十年も先のこととかもこの先何がある?わかりませんでもいまは別に目標も計画もないので大して失敗もないさ1ヶ月くらい先までは考えるわたしの暮らしはそれで十分そして毎日のご飯に感謝しますあとはきっと神さまが導いてくれる冗談じゃなくて、本当に考えすぎると悲しいことになるだから神さまがいることに [続きを読む]
  • 卯月抄
  • 桜咲けども桜咲けどもそこに落ちこぼれが一人おりまして昼寝が朝になつていたしかも四月初日の月曜日電話の音が遠くなる昼の桜よお地蔵を倒して逃げる春の山定年の人の背中にも花びら一つ桜の幹で火を消す煙草よ転職した人ほどやる気がない意外と引き継ぐ仕事は全て自分のやり残し近づくほど嬉しくなくなる定年の春夜の花見は風邪と二日酔いのためにあり寒い桜より梅の小花桜の花びらだって誰かが掃除している [続きを読む]
  • 怒りの涙
  • 「自分が得する時しか怒ってはいけない」などとわたしは人に云うなのに家に帰ればわたしはテレビに向かい一人で怒っているのだ [続きを読む]
  • 旅は自分を連れて行こう
  • どんなに遠くに旅してもそこで暮らしてる人のことを考えるそしてもし自分がそこで生まれたらどうなっていたか考える毎日この山あいで何の仕事があるのかなあテレビ見たりスーパー行ったり公民館で話し合ったりするのかなあここで生まれ育ってたらもっと楽しく暮らせたかなあそれともやっぱり仲間外れでお祭りの時も家に隠れてるのかなそれとも地元のしまむらでみんなと同じ服着てるかなあ誰にでもしっぽ振る犬みたいに寄り合いでご [続きを読む]
  • 説教自慢昔話
  • どいつもこいつも説教ばっかりしやがっておれはあんたみたいになりたくないんだあんたみたいなジジイになるなら死んだ方がマシだぜ正論なんか聞きたくねえよ面白い話してくれよおまえの話なんか本当は何にも面白くねえし別に嫌われてもいいし税金だって介護保険料だってちゃんと払ってるんだぜそのうえおまえらジジイのためにコップに注ぐ酒なんか無えよ早く死ねよ畜生!畜生! [続きを読む]
  • 意見
  • テレビを見てると意見でいっぱいわたしも何か言いたいでもひとりごとなのテレビの前でひとり昔お友だちが弁論大会でしゃべってたのわたしは内心バカにしてたでもあの子の方が立派なのもわかってたわたしはいっぱい本を読んだのいろんな音楽も映画もでも何にもならないわたしは何も言えないから  [続きを読む]
  • おれは誰
  • いっつも何言ってるかわかんねえって言われるんだしょうがねえよ自分でもわかんねえし喋ってるうちに何が言いたかったか忘れちゃうんだそもそも言いたいことなんかあったっけおれのことなんかわかってもらえないだろうだって自分でもよくわかんないんだおれは誰何がしたいのんなこと知らねえよ別にいいだろ?  [続きを読む]
  • 愛無き素晴らしい世界
  • 男が女のことばっかり考えて女が男のことばっかり考える親は子供のことばっかり考えてるそれだけだと思ったら大間違いだいいか、この世には学術もあればスポーツもある本も読めれば楽器も弾ける自然もあれば宇宙もある人間なんか愛さなくても素晴らしいことは山ほどある誰にも頼らず甘えずにゲームとマンガだけで生きていく愛無き素晴らしいこの世界われわれの目に曇りは無くまっすぐ前を見つめているわたしたちがひとり強く生きて [続きを読む]
  • 死んじゃった友だちみたいな
  • そう、わたしぐらいの歳になれば友だちが死んじゃったこともあるそれに比べればわたしなんて幸せなものあなたがいなくなって死ぬほど悲しかったけど別にほんとにあなたが死んじゃったわけじゃないしそうよね?それだけで幸せよね?ってそんなふうに思える日も少しはあるけれどやっぱり悲しいひとりきりが耐えられそうにないだってどこかの街であなたは誰かと一緒かもわたしなんか死んじゃった友だちみたいなものなの?あ、また泣き [続きを読む]
  • 一番の悲しみ
  • もう二度と会えないのかな俺たちなんて悲しいんだろうあんなに楽しかったこともいろいろ話したことも俺が弾いてあげたギターの音も全部消えちゃうんだぜあれからずっとただボーッとしてるんだ何も考えないように思い出さないようにこんなの無いぜ、って思ったけどもう無駄なんだろ?今さら努力しようが土下座しようが何しようがもうおまえは戻ってこないんだいっそ死んじゃおうって一瞬思ったでも死んでも生きてもこの悲しみは永遠 [続きを読む]
  • 楽しいときはきっと
  • いまはどんなにつらくても凍てつく冬が続いていても必ず春はやってくるって言われたけど、だけど冬もまた必ずやってくるんだよねついで言うと氷河期なんか来ちゃったりしてたぶんそもそも自分で自分を励まそうとするそういうこと自体無理がある悲しいときは悲しいし夏は暑いし冬は寒い普通でいいやツライときはツライ顔してればいいさ楽しいときはきっと笑うんだから [続きを読む]
  • ピザ食って生きることにする
  • わざと憂うつな気持ちになってやろう睡眠薬飲んで死ぬほど寝るんだどこにも一歩も外に出ないでもう会社もずっと休む金が無くなるまでの当分の間だけピザ食って生きることにするおれは言うまでもなくもう駄目だ月曜日なんて言葉を見るだけで吐きそうだ何にも楽しくないし、やりたい事もない昔からそう、小学校のときから何でも悪い方に考えるのが好き大げさなだけかな?と取ったピザ食いながら今日も歳を取る。 [続きを読む]
  • だましだまし生きてきたけど今度こそためな気がする助けて助けてどうかなっちゃったんだ明日目が覚めませんように [続きを読む]
  • ごめんね
  • ねえおれが死んだら悲しんでくれるかなあもうつらいんだ生きづらいんだ人のために生きるのはもうたくさんでも自分の好きなように生きるなんてどうせできるわけないんだ 天国はきっとみんな優しいんだおれが泣いたら慰めてくれるんだねえもうわかんないつらいんだいつになったら許されるの なんでみんな平気で生きてるの?もう何にもわかんないおれは落ちこぼれちゃったんだ 慈悲をそれが無理なら [続きを読む]
  • 女なんかいなくたって
  • 女なんかいなくたってガキなんかいなくたって仕事なんかなくたっておれは生きていけるさそうさ、大丈夫さだからくよくよするなよおれ [続きを読む]
  • 帰ってきて
  • あなたはわたしをとても大切にしてくれたわたしが大好きだっていつも言ってくれたわたしはそれが嬉しかっただのに だのに だのにあなたはどうして死んでしまったのわたしはあなたなしで生きられないとまでは言わないでもだからって死ななくてもいいじゃないわたしは昨日ピアノを弾いたあなたのギターを思い出してわたしはどうやって生きていけばいいの銀の指輪はどの指にはめればいいのまるで悲しすぎてありえない映画の話みたいね [続きを読む]
  • 助けてって言えばいいのに
  • ああ、もう、すべてがダメだおれはちっとも大人になんかなれやしないおまえがいないと生きていけないそんな気分そんなこと言うくせに毎日おれは普通に生きている山に冷たい風が吹き、川に冷たい水が流れるなのにおれは自然に生きてはいられない海も川も空も雲も自分で暮らしているのにおれはいつも誰かに助けてもらってるんだこのインチキ野郎反省なんか100回もした後悔に至っては10000回も馬鹿馬鹿しいぜ助けてって素直に言えばい [続きを読む]
  • ごちゃごちゃ考えたって
  • ごちゃごちゃ考えたってどうせ一緒なんだロクなこと思いつきゃしない朝起きたらただ会社に行けばいいんだ電話が鳴ったらただ取ればいいんだ言われた通りにただやればいいんだクルマに乗ったらただ帰ればいいんだ家に帰ったら風呂入ってテレビ見ればいいんだ動作だけすればいいんだ先のこと考えたってしょうがないおれなんかいてもいなくても明日もちゃんと来るし太陽も月もちゃんと出る [続きを読む]
  • ハンカチ
  • ゆうべいやもっと前の夜おまえから連絡来なくなってから何十度目かの夜またひとりで悲しいことを考えてたら急に電話が鳴ってそれから何日かしておまえはおれにハンカチをくれたもう会えないと思ってたのにおれたちはこっそりキスをしたもう触れないと思ってたのにこんな気分は続くはずがないそんなことわかってるまたしばらくしたら逆戻りなんだろうでも今日はそんなこともういいしあわせな気持ちでいたいそれがずっと続かなくって [続きを読む]
  • これでいいのか44歳
  • あんまり文句も言わなくなったし前より遅刻もしなくなったし今日だって吐くまで飲まないし急に夜中に何か思い出して恥ずかしくなったりしないし怒らないし泣かないし貯金もちょっと貯まったしこれでいいのか44歳何かねえのか平成27年何か違う気がする何やらとっても大事なことをどっかで忘れてしまった気がする今日の夜。 [続きを読む]
  • 遠いそばを食べに出たわたしの恋人
  • わたしの恋人はあまり笑わない煙草を吸うかうつむいている本を貸しても途中から読んで途中でやめてしまうわたしの恋人は好きだと言わない話しかけなければ話もしない歌が入った音楽は聴かない幸せなの?と一度だけ聞いてみたわたしの恋人は何故か財布を開きそれからしばらくして、そばを食べようと言ったそれからざるそばを二人で食べた天ぷらも何もなしでおそばだけあったかいお酒も飲んだ何も喋らずにでも美味しかったそして少な [続きを読む]
  • もっとお金を
  • 金持ちになったら明日会社に行かなくていいんだ毎日好きなことして生きていける電話なんか急いで取らなくていいんだそんで金利と家賃で生活するんだメシは宅配ピザと寿司の出前だネットスーパーでビール買うんだ時々床屋で政治家の悪口言うんだクラブツーリズムで南米とエジプト行くんだ暇な時は小説書くんだ自宅にシアター作ってフェリーニの映画見るんだたまにメンバー集めてライブやるんだ最高じゃないかなんなんだお金おまえ偉 [続きを読む]
  • 普通で居ろよ
  • 悲しい気持ちも楽しい気持ちもそんなに長くは続かないさ気分に騙されちゃ駄目だ普通で居ろよ前向きも後向きも大決心も大後悔もそんなのやめといた方がいい自分で自分を励ましてみたり自分で自分の悪口言ってみたりもうやめておこうただ普通で居ればいい  [続きを読む]