金沢ちん さん プロフィール

  •  
金沢ちんさん: 今日のポエム
ハンドル名金沢ちん さん
ブログタイトル今日のポエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chinsandx-poem/
サイト紹介文ほぼ毎日更新される嘆きのポエム。ねたみ、そねみ、うらみ、つらみなどを、明るく楽しく歌い上げます。
自由文ほぼ毎日更新される嘆きのポエム。ねたみ、そねみ、うらみ、つらみなどを、明るく楽しく歌い上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/10/08 19:02

金沢ちん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ジーンズを履いた高齢者
  • ジーンズを履いている高齢者は幸せになれないと人の言う年齢を受け入れていないからだとだったら死ぬまで半ズボンでも履こうかな服なんか自分の勝手だろう幸せになれなかったとしてそれが罪だとでもいうのだいたい幸せって何なのさもしも自由に生きたいのならネットなんか書くのやめてもいい毎日報告書書いてるみたい、まるで仕事せめて自分のことを書くのをやめようかな日記なんてもともと読者はひとり人に読んでもらうために旅に [続きを読む]
  • 寝言は寝て言え
  • お金がたくさんあればたいていの自由は手に入る利子だけで生きていけるくらいお金がたくさんあれば仕事しなくても退屈しない自信はあるむなしいとか思わない名誉もいらない↑もしわたしがまたこんな話を始めたら、少し強めに殴ってくれそして一言、「寝言は寝て言え」と言ってくれ [続きを読む]
  • 根無し草
  • やっとたどり着いた町は何にもなくて誰も仲間には入れてもらえなそうどうしてここに旅してきたのだろう少しのお金と簡単な決意でただ自分の町から離れたかったのだもっというと仕事や友人からも別人になりすまして誰からも知られずに生きていこうと ここで何ができるだろうか本を買うくらいのお金は稼げるだろうか朝起きて行く仕事はあるのだろうかわたしはそれで満足だろうかそれとも次のバスで帰ろうかそして月曜日になれば何事 [続きを読む]
  • Stay Mellow
  • いろいろ考えすぎて売れない営業マンみたいな気持ちになる何でも自分のせいにするあんまり前向きなのも嫌だけど後ろ向きすぎても嫌だしどっちも要するに大げさなんだ自分のことお願いしないと助けてくれない神さまなんてホントの神さまなのかしらまだサンタさんの方が信じられるお酒を飲んだりご飯食べたりテレビを見たり風呂に入ったり人生ってそういう時間のが長いだいたい寝てる時間が多いだから悩んでも結果はそう変わらない目 [続きを読む]
  • 愛なき歌などある
  • 愛なんか無くったっていい歌が歌える愛なんか無くったって仕事は頑張れる俺は妄想なんかしないのさ神さまのこと以外はだからこうしてお前に本当のことだけ歌うホントはお前に俺は必要ないましてや愛なんてそれでも俺たちは一緒にやれるこの愛なき素晴らしい音楽で起きてる時間の8割か9割は愛以外のこと考えてるだろそれが俺たちの本当の世界愛なんて人類愛だけあれば結構ひとりぼっちでも素晴らしい読書をしてても素晴らしい誰も愛 [続きを読む]
  • 愛なき歌などある
  • 愛なんか無くったっていい歌が歌える愛なんか無くったって仕事は頑張れる俺は妄想なんかしないのさ神さまのこと以外はだからこうしてお前に本当のことだけ歌うホントはお前に俺は必要ないましてや愛なんてそれでも俺たちは一緒にやれるこの愛なき素晴らしい音楽で起きてる時間の8割か9割は愛以外のこと考えてるだろそれが俺たちの本当の世界愛なんて人類愛だけあれば結構ひとりぼっちでも素晴らしい読書をしてても素晴らしい愛なん [続きを読む]
  • それは凍死家
  • 変な投資で50万も負けてしまったこんなことならその金で海外旅行に行けばよかった でもその金があっても海外旅行なんてどうせ行かないどっちみちギャンブルで減らす運命わたしのお金はまるで手から流れ落ちる砂のようむかしある哲学者は言ったこのリンゴが地面に落ちるのはリンゴが地面に戻りたいと思っているからだ、とだとするとわたしのお金は一体誰のところに帰りたいと思っているのだろう投資という言葉は凍死という言葉に似 [続きを読む]
  • 凍死家
  • 変な投資で50万も負けてしまったこんなことならその金で海外旅行に行けばよかった でもその金があっても海外旅行なんてどうせ行かないどっちみちギャンブルで減らす運命わたしのお金はまるで手から流れ落ちる砂のようむかしある哲学者は言ったこのリンゴが地面に落ちるのはリンゴが地面に戻りたいと思っているからだ、とだとするとわたしのお金は一体誰のところに帰りたいと思っているのだろう投資という言葉は凍死という言葉に似 [続きを読む]
  • 悲しいお知らせ
  • 調子がいい時に限って油断すると決まって何か悲しいお知らせがやって来る少し心が傷つくようなことを言われたり忘れようと思ってもどこかにひっかかるようなことそれはまるで神さまに調子に乗るなよ、って言われてるようなそんなタイミングでやって来るげに世の中は良いことと悪いことの繰り返しずっとラッキーな星座なんかないちょっとショックな感じで平気では済まない塩梅で神さまはお灸を据えて来る何時でも何処でも誰とでもず [続きを読む]
  • リスタート
  • 50になっても60になってもまだ生まれ変われるさ新しいことも出来るさおれはまだ何にも悟ってないし何にも達成してねえ多分ずっとこのままだなだから自由なのだ70になっても1からやり直せるさ [続きを読む]
  • こんなにみじめで悲しくても
  • あなたはこのあとわたしよりかわいい人を探すのねわたしよりずっと優しい人をわたしよりずっと気の合う人をそしていつかその人と子どもを作って写真を撮るんでしょうね本当の愛はその人の幸せを願うことだってコンビニの雑誌に書いてあったけどもうわたしなんか何の価値もないのよおなかが空いたらご飯を食べるだけこんなにみじめで悲しくてもあなたの幸せを願えばいいの? [続きを読む]
  • 町から町へ笛を吹いて
  • 町から町へ笛を吹いて歩くみんなの喜ぶ顔が見たくてと思ったらバス停に笛置いてきた取りに行くのにバス代880円戻ってくるのに計1760円笛は2800円消費税は込み僕は太陽を見上げたまだまだ暑い日々また今度にしよう今回は普通の旅にしよう大事な笛はきっと誰かが受け継いでくれる(写真は今日平さんの写真ブログより) [続きを読む]
  • だから神さまがいることにして
  • あんまり不安に思うこともなくなっただからって毎日楽しいってわけでもないけどでも極端なことは考えなくなったよすごい何十年も先のこととかもこの先何がある?わかりませんでもいまは別に目標も計画もないので大して失敗もないさ1ヶ月くらい先までは考えるわたしの暮らしはそれで十分そして毎日のご飯に感謝しますあとはきっと神さまが導いてくれる冗談じゃなくて、本当に考えすぎると悲しいことになるだから神さまがいることに [続きを読む]
  • 卯月抄
  • 桜咲けども桜咲けどもそこに落ちこぼれが一人おりまして昼寝が朝になつていたしかも四月初日の月曜日電話の音が遠くなる昼の桜よお地蔵を倒して逃げる春の山定年の人の背中にも花びら一つ桜の幹で火を消す煙草よ転職した人ほどやる気がない意外と引き継ぐ仕事は全て自分のやり残し近づくほど嬉しくなくなる定年の春夜の花見は風邪と二日酔いのためにあり寒い桜より梅の小花桜の花びらだって誰かが掃除している [続きを読む]
  • 怒りの涙
  • 「自分が得する時しか怒ってはいけない」などとわたしは人に云うなのに家に帰ればわたしはテレビに向かい一人で怒っているのだ [続きを読む]
  • 旅は自分を連れて行こう
  • どんなに遠くに旅してもそこで暮らしてる人のことを考えるそしてもし自分がそこで生まれたらどうなっていたか考える毎日この山あいで何の仕事があるのかなあテレビ見たりスーパー行ったり公民館で話し合ったりするのかなあここで生まれ育ってたらもっと楽しく暮らせたかなあそれともやっぱり仲間外れでお祭りの時も家に隠れてるのかなそれとも地元のしまむらでみんなと同じ服着てるかなあ誰にでもしっぽ振る犬みたいに寄り合いでご [続きを読む]
  • 説教自慢昔話
  • どいつもこいつも説教ばっかりしやがっておれはあんたみたいになりたくないんだあんたみたいなジジイになるなら死んだ方がマシだぜ正論なんか聞きたくねえよ面白い話してくれよおまえの話なんか本当は何にも面白くねえし別に嫌われてもいいし税金だって介護保険料だってちゃんと払ってるんだぜそのうえおまえらジジイのためにコップに注ぐ酒なんか無えよ早く死ねよ畜生!畜生! [続きを読む]
  • 意見
  • テレビを見てると意見でいっぱいわたしも何か言いたいでもひとりごとなのテレビの前でひとり昔お友だちが弁論大会でしゃべってたのわたしは内心バカにしてたでもあの子の方が立派なのもわかってたわたしはいっぱい本を読んだのいろんな音楽も映画もでも何にもならないわたしは何も言えないから  [続きを読む]
  • おれは誰
  • いっつも何言ってるかわかんねえって言われるんだしょうがねえよ自分でもわかんねえし喋ってるうちに何が言いたかったか忘れちゃうんだそもそも言いたいことなんかあったっけおれのことなんかわかってもらえないだろうだって自分でもよくわかんないんだおれは誰何がしたいのんなこと知らねえよ別にいいだろ?  [続きを読む]
  • 愛無き素晴らしい世界
  • 男が女のことばっかり考えて女が男のことばっかり考える親は子供のことばっかり考えてるそれだけだと思ったら大間違いだいいか、この世には学術もあればスポーツもある本も読めれば楽器も弾ける自然もあれば宇宙もある人間なんか愛さなくても素晴らしいことは山ほどある誰にも頼らず甘えずにゲームとマンガだけで生きていく愛無き素晴らしいこの世界われわれの目に曇りは無くまっすぐ前を見つめているわたしたちがひとり強く生きて [続きを読む]
  • 死んじゃった友だちみたいな
  • そう、わたしぐらいの歳になれば友だちが死んじゃったこともあるそれに比べればわたしなんて幸せなものあなたがいなくなって死ぬほど悲しかったけど別にほんとにあなたが死んじゃったわけじゃないしそうよね?それだけで幸せよね?ってそんなふうに思える日も少しはあるけれどやっぱり悲しいひとりきりが耐えられそうにないだってどこかの街であなたは誰かと一緒かもわたしなんか死んじゃった友だちみたいなものなの?あ、また泣き [続きを読む]
  • 過去の記事 …