bell さん プロフィール

  •  
bellさん: 制作日誌
ハンドル名bell さん
ブログタイトル制作日誌
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hiro-bell_2005/
サイト紹介文詩や写真を載せています。絵も描いていましたが、今は休んでいます。
自由文日常生活での想いを綴っています。言葉は心の宝石ですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/10/09 20:39

bell さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 偽詩人録
  • ずんぐりペンと再生用紙に文字はつづら折りのち居眠り新作の詩文はちんぷんかんあらすじではなくほめそやす余白と飛躍大理石の記号ならんだ裸像は原始のあこがれけれどさっぱりだった自分らしさは探したときにもう居ない... [続きを読む]
  • 「笛吹公園」とその界隈
  •  家から直線で六〇〇メートルほどの距離に「笛吹公園」がある。いつから存在しているのかは不明だが、幼少のころは田畑ばかりの地だったので、工業団地が造成されはじめた五〇年ほど前ではないかと推測している。 高校を卒業して家で暮らすようになってから、車... [続きを読む]
  • 書机にて
  • 午後三時冬の西日が液晶画面を鋭角に照らしている色味の褪せる心配よりも日暮れの訪れを案じているマップをひらくと群馬八幡駅まで徒歩二十一分新入り電動車椅子の操作は秋のうちに習ったのでもうどこへでも行けそうだ信越本線に乗っていよいよ都会へ... [続きを読む]
  • あこがれ三編
  • 台風一過の雲は主をなくして散り散りになる心にはまだら模様がながれ晴れては翳り翳っては晴れそのような中でこそ想いはいっそう深く  *スズラン通りのお堀端には静かに水がながれ紙飛行機の残骸が浮いている空はどこまでも空で木々や建物がのんび... [続きを読む]
  • 詩集を作りました
  • もう昨年のことですが詩集を作りました。100ページほどで25編が収められています。ほとんど当ブログに掲載されている作品なので、改めて読むまでもありませんが、 紙媒体として眺めてみるのも、また趣があって良いのではと思っています。「Amazon... [続きを読む]
  • 純情恋話
  • 小学生もしまいのころブラウン管の女性にあこがれて授業中に夢想していた髪のながい年上の女性は南沙織アイドル歌手の先駆けいつも彼女は雲の上中学生もしまいのころ転校してきた女子はなんと髪のながいよく似た子ただほんのり彼女の横顔を眺めているだ... [続きを読む]
  • 歳をとると
  • 出前が遅くてピザ屋の電話をリダイヤル太っちょヘルパーは追い返し操作が難しすぎて受付嬢に返品を詰めよる我慢 我慢歳をとると怒りっぽくなる噂は本当のようだその行く先が自由なのか孤独なのか嫌悪と心配が置き忘れられた通行人が笑顔でのぞき込む... [続きを読む]
  • 過去の記事 …