a-elf さん プロフィール

  •  
a-elfさん: 自転車コギコギ日記
ハンドル名a-elf さん
ブログタイトル自転車コギコギ日記
ブログURLhttps://clays.exblog.jp/
サイト紹介文練習日誌からブログに発展しました。自転車を通して感じたことを書いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2009/10/11 09:36

a-elf さんのブログ記事

  • レース中盤に現れた表彰台という可能性
  • この記事は7月21日(土)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。スタート時の位置取りはもちろん最前列には並びません。集団の前から三分の一くらいのイン側に就きます。ヒトムさんは初めての4時間ソロ。本人は走り切れるかどうか不安だったと思いますがこれまで、数々のサイクリングで私の後ろを走ってきましたから今回のレースも私の後ろに付いていれば走り切れるだろうと思っていま... [続きを読む]
  • ミッドナイトエンデューロ、師匠と弟子の作戦
  • この記事は7月21日(土)の出来事を書いたものです。ここ数年はミッドナイトエンデューロには休みを取って参戦していました。しかし今年は職場の人員不足の影響もあり休みは取れず、仕事が終わってからの出場。休めなかった事は仕方ありませんがレースの開始時間も1時間遅く午後9時からになりましたからある程度、余裕を持つことが出来ます。足早に職場の玄関を後にすると急いで帰宅して自... [続きを読む]
  • チームジャージと結婚式
  • この記事は7月15日(日)の出来事を書いたものです。日本付近は高気圧に覆われ猛烈な暑さ・・・その暑さの中で私は慣れない礼服に身を包み徳島へ向かっていました。臨時漕会メンバーのボーンズさんの結婚式に出席するためです。ボーンズさんと出会ったのは2012年3月11日(日)の岡山国際サーキット。前年に発生した東日本大震災のチャリティーレースという事でいつもより早... [続きを読む]
  • 楽しさの余韻が、ずっと続く魔法
  • この記事は7月1日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。私達は見晴らしの良い言い換えれば風通しの良い農村地帯を東南東の風に耐えに耐えて進みます。しかし、片上湾の沿岸部に出ると湾曲する海岸線の向きによって追風と向かい風が激しく入れ替わりました。風が収まったのは予想通り片鉄ロマン街道に入ってからです。「Pちゃん、この道はもう片鉄ロマン街道だよ」... [続きを読む]
  • 思った以上に脚を削られた前島
  • この記事は7月1日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。昼食を終えた私達は偶然にもロスタイム殆ど無しで前島フェリーに乗船。所要時間5分の船旅ですがそれでも海を隔てた島に渡るというだけで旅情さえ感じます。着岸してランプウエイが下ろされるとそこは瀬戸内海に浮かぶ小島、前島です。もちろん、交通量は少ない!今回のルートは・・・と言っても一周6kmほ... [続きを読む]
  • 牛窓を1時間で駆け足ポタ
  • この記事は7月1日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。追風の高速巡行ほど楽しいものはありません。トレーニングを積まなくても速くなった自分を疑似体験できるからです。空間を高速で移動すると流れる景色が刺激となってまるで全身の細胞が覚醒するような快感が得られるんですよね。帰りの向かい風の事は考えない・・・強烈な追い風によって私達は9時半には牛... [続きを読む]
  • 天気予報のバカ!風向きでコース変更の愚
  • この記事は7月1日(日)の出来事を書いたものです。JR竜野駅南側ロータリーに午前6時集合・・・本当なサヨタップさんとPちゃんの3人でスキー場で有名な神鍋高原へ行くつもりでした。揖保川沿いを北上し冨土野峠から日本海側に抜けるルートです。走行距離は230kmくらい獲得標高は2000mオーバーってとこかな。しかし、朝ご飯を食べながら天気予報をチェックしていると... [続きを読む]
  • ヴァームを飲んでガチで無補給実証実験!
  • この記事は6月24日(日)の出来事を書いたものです。かねてより、私はヴァームを飲んで走ると補給を減らせると書いてきました。もちろん、実際にやってみてのことです。一番最初の実験記事はヴァームを飲んで出石へ行ったんですよね。でも、怖くて40km過ぎたところでカロリーメイト200kcal食べてる。昼めしに出石そば食って帰って来てる。それ以降、何度か走りヴァー... [続きを読む]
  • オートバイ乗りと自転車乗り
  • 今日は昨日のサイクリングでのちょっとしたエピソードから感じた事を書いてみたいと思います。グループサイクリングで私が目的地へ向け先頭を牽いていた時です。一台のオフロード系のオートバイが私達を追い越しました。その時です。女性と思われるライダーが追い越し際に振り返り「頑張って」というゼスチャーをしたんです。左腕でガッツポーズをとるようにね。わざわざ振り返ってのゼスチ... [続きを読む]
  • 要らない力が入っていませんか?
  • この記事は6月17日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。胃袋満タンで「あわくら旬の里」を出た私達は私を先頭に国道373号線を南下します。この道は下り基調の高速巡行区間なのですが「いなちくロングライド」では国道と並走する裏道に誘導されます。実はこの裏道のこそ因幡街道大原宿へ続く道なのです。「えっと・・・いなちくロングライドの時確か、この辺で右に入... [続きを読む]
  • メンタルが弱いのはどっちだ?
  • この記事は6月17日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。ヒトムさんに続いてバスク輪さん、サヨタップさん、そしてPちゃんもゴール。バスク輪さん、到着するなり「コギコギさんが緩斜面で行くのを見てあ〜行ってるなって思ったんで僕は行くの、やめました」そう言うバスク輪さんの顔面にけっこう大粒の塩が吹いてました。「バスク輪さんはね暑さに弱いんだよねぇ... [続きを読む]
  • ヒトムさんの心を折るダンシング
  • この記事は6月17日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。今回のサイクリングはもちろんPちゃんの脚の痛みの原因を探る目的もあるのですがもう一つ目的がありました。実は前の週に「ちくさ高原にクリンソウを見に行くサイクリング」を企画していたのですが、残念な事に雨天中止。クリンソウの見ごろは過ぎているかもしれませんがやっぱり気になるので少し見に行くつもりなのです... [続きを読む]
  • 大腿四頭筋は温存を心がけろ
  • この記事は6月17日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。今回は、「いなちくロングライド」のコースを自走する予定。上りや、速い人に付いて行く時に脚が痛くなるということなのでちくさ高原の上りで症状が出るでしょう。問題のある筋肉は外側広筋、大腿直筋、内転筋群の一部、もしくは複数でしたね。まずは筋肉guideで問題の筋肉の動きを把握しておきます。ま... [続きを読む]
  • 体の痛みの克服は最重要課題
  • この記事は6月17日(日)の出来事を書いたものです。サイクリングに先立ってPちゃんから連絡がありました。今までは何ともなかったのに最近、上りや、速い人に付いて行く時に左脚に痛みが出ると言うのです。サイクリングの時に是非アドバイスして欲しいとの事でした。自転車をやっていると誰でも必ず体の何処かが痛くなります。その痛みを克服する事で実はフォームがしっかり... [続きを読む]
  • オンチさんの送別会に思う
  • 時系列的には17日(日)のサイクリングですが今月中にどうしても書いておきたい記事があったのでそちらを優先して書きますね。この記事は6月23日(土)の出来事を書いたものです。相生駅前の居酒屋「江戸屋」には続々とローディーが集まってきました。チームの垣根を越えてその数、総勢約20名!実は臨時漕会のオンチさんが8月から茨城県に転勤となったためその送別会を開いたん... [続きを読む]
  • 人体は謎だらけ
  • この記事は6月16日(土)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。情熱教室もいよいよ終盤。私にとって最も興味深いお話を聞くことが出来ました。最近、糖質制限ダイエットって流行ってるじゃないですか。それで、糖質を制限した食事に注目が集まっていますよね。先生から頂いた資料には低糖質食という言い方になってましたが要は、どちらも読んで字のごとくだと思います。そうい... [続きを読む]
  • 消費した糖質を補給する
  • この記事は6月16日(土)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。さて、私達自転車乗りは長時間の運動をごく普通に行います。サッカーは90分ですしバレーボールはフルセットでも2時間から2時間半。野球は休んでいる時間も多いけど3時間ちょっとかな。そこへ行くと自転車は圧倒的に長時間です。4〜5時間は当たり前。乗れるんなら一日中でも漕いでますよって方も多いはず... [続きを読む]
  • 長年の疑問を解消する日は来るのか?
  • この記事は6月16日(土)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。今回のスポーツ栄養学講座は参加者から事前に質問を募りそれを元に話を進める方式になりました。冒頭、スポーツ栄養学の基本的な事をお話しいただきそれ以降は質問を元にディスカッションをする段取りです。その事前の質問なんですが・・・私には、どうしてもお聞きしたいことがあったんですよね。このブログでも過... [続きを読む]
  • 自転車乗りのスポーツ栄養学講座inだるま珈琲
  • この記事は6月16日(土)の出来事を書いたものです。だるま珈琲の収容能力いっぱいの20人の自転車乗り達がプロジェクターに映し出された画面を食い入るように見る。お題は「自転車乗りのスポーツ栄養学」時折、驚きや、納得の声が聞こえます。矢継ぎ早の質問に講師は笑いも交えて丁寧に答えて下さいます。自転車乗りの人間関係から辿り着いたのは本人も自転車乗りであるスポーツ栄養学... [続きを読む]
  • 高梁市の人々に「頑張って!」を伝えたい
  • 西日本豪雨で被害を受けた地域に追い打ちをかけるような猛暑が続いています。被災された方や自治体職員、ボランティアの方々に置かれましては復旧作業などで体調を崩されることの無いようお気を付け下さい。さて、日を追うごとに被害が明らかになって来ました。被災地で日常を取り戻すにはまだまだ途方も無い労力と時間が必要です。私の自転車仲間にもボランティアに参加したりふるさと納税... [続きを読む]
  • 痛みに耐えて走り切った!記憶に残る200kmオーバー
  • この記事は6月3日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。冨土野峠の日本海側は頂上が、まるで蜃気楼のように遠ざかります。あのカーブの向こうは頂上か?それはまやかしで更に上りは続くのです。それでも、あっちゃんは黙々と上り続けました。足に痛みを抱えているはずなのに泣き言なんて何一つ言わずに上り切りました。さすが表彰台クラスの人はメンタル... [続きを読む]
  • ハチ高原の下りから冨土野峠の上りへ・・・最後の難関
  • この記事は6月3日(日)の出来事を書いたものです。前々回からの続きです。「じゃあ、そろそろ行きましょうか」ヘルメットをかぶりグローブをはめながら私は言葉を続けました。「ここからの下り勾配はよくこんな斜面に建物を建てたよなって思うくらい急だからね」実は事前に参加メンバーにはアルミリムのホイールの方が望ましいと伝えていました。過去にこの坂をカーボン製のリム... [続きを読む]
  • 下を見るな!前を見ろ!
  • 今回、本来ならハチ高原サイクリングの続きを書く日ですが予定を変更して違う記事を書きたいと思います。まずは、今回の西日本豪雨で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。また不幸にも、お亡くなりになられた方に対し心からお悔やみを申し上げます。私が住んでいる兵庫県にも特別警報が発令され夜中に緊急エリアメールで何度も起こされるなど緊迫した状態を経験しました。今回の長雨... [続きを読む]
  • ハチ高原で変態と出会う
  • この記事は6月3日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。別宮の棚田の遠く稜線を見渡せる景色を眺めているとあたかもここがゴールの様に錯覚してしまいますがハチ高原はもう少し上らなければなりません。「言っとくけどここは坂の途中だからね」私の言葉に一同苦笑い・・・これまで散々坂を上って来たわけで改めて更に上る事を示されて喜ぶ奴なんていません。私は... [続きを読む]