a-elf さん プロフィール

  •  
a-elfさん: 自転車コギコギ日記
ハンドル名a-elf さん
ブログタイトル自転車コギコギ日記
ブログURLhttps://clays.exblog.jp/
サイト紹介文練習日誌からブログに発展しました。自転車を通して感じたことを書いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/10/11 09:36

a-elf さんのブログ記事

  • ローディー村の夜も更けて・・・
  • この記事は12月15日(土)の出来事を書いたものです。閉店後のだるま珈琲の様子がいつもと違います。暖簾は降ろされているのにどんどん人が入って来る。一体何があるのでしょうか?実は、閉店後のだるま珈琲で地元ローディー達の忘年会があるのです。会費は1000円でオードブルと手巻き寿司、おつまみ等は用意。それ以外は各自持ち込みです。だるま珈琲の収容人員は20... [続きを読む]
  • いっちゃんのレジ袋記念日
  • この記事は12月9日(日)の出来事を書いたものです。6月の終わりのある日、だるま珈琲の店内にビアンキのフレームを抱えて入って来た男性がいた。不思議に思い、その訳を聞くとフレームに体を通し腹巻の様にしてショップからミニベロで運搬中との事。このビアンキを組んで奥さんとサイクリングするのだとか・・・車ではなく、わざわざ自転車でフレームを運んでいる事。そして、夫... [続きを読む]
  • 時間余ったからって、ナポリタンはちょっと・・・
  • この記事は12月2日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。おにぎり定食を平らげて出発しようと時計を見ると午後3時過ぎ・・・フェリーの時間は午後5時10分ですが少なくとも5時には乗船しておきたいところ。残り時間は2時間を切りました。大部港まで最短コースを走ればその距離は13?。船の時間には余裕です。しかし、そのコースを走れば夕陽が綺麗な西海岸を走れま... [続きを読む]
  • あれ?また昼ごはん?
  • この記事は12月2日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。私達は今坂池を後に散策路の先へ緩やかに下って行きました。如何にも生活感満載の道を立ち止まり立ち止まり進みます。「この辺にアート作品があるみたいなんだけど・・・」周囲を探すと小さな案内標識がありました。「これかぁ〜!ただの公衆トイレじゃなかったんだぁ〜」そのアート作品は「大きな曲面のある小屋... [続きを読む]
  • 今坂池の土手より
  • この記事は12月2日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。見ごろのコスモス畑で味を占めた私達は周囲を探索し始めました。ポタリングっていうのはこうでなきゃね!「坂の先に、醤油蔵らしき建物が見えるでしょ。取りあえず、あそこまで行ってみようよ」軽くダンシングで駆け上がります。到着すると「正金醤油もろみ蔵」の看板。「もろみ蔵だったんですねぇ・・・」... [続きを読む]
  • 路地の先に見つけた12月の小春日和
  • この記事は12月2日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「ここかなぁ・・・」私はみんなを引き連れて細い路地へと入っていきました。古い醤油蔵の板壁が空を狭くしたような路地が続くのかと思いきや坂の先の空は少し広くなっています。まだ知らぬ坂の先へ進んで行くと猫の額ほどの小さなオリーブ畑がありました。そのオリーブ畑に、お手製の立て札を見つけたのです。... [続きを読む]
  • コギコギさんは回し者?
  • この記事は12月2日(日)の出来事を書いたものです。小豆島は何度も行ってますがどの季節が好きかと問われれば私は「冬」だと答えます。一般的には小豆島と言えば寒霞渓の紅葉が美しい「秋」がハイシーズンなんです。もちろん、秋も素晴らしいのですが・・・秋は観光客が多くてフェリーが混むんですよね。交通量も増えますし・・・その点、冬は空いてます。しかし、私が冬... [続きを読む]
  • 小雪舞う 師走の空へ逝った父へ・・・
  • 12月26日(水)午後10時ごろ、私の携帯が鳴りました。発信元は父が入所している施設。この瞬間、私は、ただならぬ事態を予感しました。案の定、電話口から聞こえたのは父の急変を知らせる男性スタッフの慌てた声。「今、救急隊員の方が気管挿管と心臓マッサージをしています。搬送先は追って連絡していますので準備してください!」電話の向こうで聞こえる救急車のサイレンが不安を一層... [続きを読む]
  • ブログの更新を暫くお休みします
  • 読者の皆様に謹んでお知らせ申し上げます。父が12月26日(水)午後10時40分、急性心筋梗塞にて急逝いたしました。ブログの更新が暫く出来ません。事情をお察しの上ご了承下さい。なお、お悔やみなどのコメントについてはお返しする事が出来ないと思います。その点もご了承下さいますようよろしくお願い申し上げます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ローディーは紅葉より、乗ってなんぼ
  • この記事は11月25日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。目の前に美味しそうなものがあるのに素通りなんて出来ません。そう、ローディーは、いつも腹を空かせているもの。空かせていなくても走れば、すぐに減るという安心感が食べ物に対して貪欲にさせるのです。まずは無料配布の甘酒でウォーミングアップ。たこ焼きを食べたいと言っていたヒトムさんですが「播州名物た... [続きを読む]
  • 自転車乗りは花より団子
  • この記事は11月25日(日)の出来事を書いたものです。前回の福知渓谷紅葉サイクリングは見ごろを過ぎていたため坂トレに変わってしまいました。しかし、今回も、福知渓谷のリベンジをするべく紅葉で勝負です。参加者はヒトムさん、バスク輪さん、シンヤさん、ピノさん、そして、最近、自転車に乗れてなかったフクちゃん。まぁ、紅葉サイクリングだったら何となく、リハビリライドに最適と思った... [続きを読む]
  • こういう行き当たりバッタライド・・・いいんじゃないですかぁ
  • この記事は11月18日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。パンクした坂ネコさんのタイヤに7気圧の空気を入れたところで再び坂を下ります。やがて止まれの標識が出て来たら右折して再び坂を上り始めます。これが坂の辻峠・・・「坂の辻峠」って如何にもな名前だと思いませんか?仲間内ではよく聞く峠なんですけど私は今回が初めてでした。だって、如何にも... [続きを読む]
  • 悪路を上って見えた絶景・・・砥峰高原
  • この記事は11月18日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。福知渓谷のその先を目指して私達は坂を上り始めました。道が悪いとは聞いていましたがその悪さは想像以上・・・「この道は車では絶対に来たくないね。だってこの道幅じゃ離合出来ないもん」「そうですよねぇ〜間違って入り込んだら後悔しますよ。でも、たまに(車が)来るんだなぁ・・・」道幅が狭い... [続きを読む]
  • 鶴の一声ならぬ、ねこの一声
  • この記事は11月18日(日)の出来事を書いたものです。いつもより遅い集合時間。JR竜野駅南側ロータリーに午前8時集合。今回のサイクリングの目的地は「福知渓谷」関西の風景100選、ひょうご風景100選に選ばれている紅葉の名所です。福知渓谷に行って帰って来るだけなら距離も100?前後ですし峠を越える事もありません。のんびりと紅葉を楽しんであとは、だるま珈琲に... [続きを読む]
  • いなちくロングライドの余韻は続く
  • この記事は11月11日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。佐用の大イチョウからほんの少し走って私達は制限時間ギリギリでゴールイン。満足という土産と一緒にゴールゲートをくぐりました。ゴールチェックを受けた後超豪華な参加賞の袋をもらいホルモン焼うどんと、おでんを頂いて終了です。そして近くにいた者たちで記念写真を撮ろうと撮影台に上るのですが撮影台から溢... [続きを読む]
  • ほんの一瞬の「ありがとう」
  • この記事は11月11日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。ちくさ高原の上りは苦しいだけではありません。様々な景色を楽しませてくれます。日本画の様な渓流と紅葉。暗い森の中に佇むように現れる神社跡。水音をたどって視線を向けた先の小さな滝。秋の陽の光を浴びて輝くススキの原。どれも上りの速度だからこそ楽しめるのかもしれません。それらの景色の中で... [続きを読む]
  • ワープシステムと声援部隊
  • この記事は11月11日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。いなちくを走り始めてすぐに気づくのは沿道の人々の声援です。「去年より、増えてる・・・」もともと人口の少ない地域を走りますから大勢の人が並んで声援は無いのですがそこかしこで、家の前まで出てきて手を振ってくれるんです。「頑張ってくださぁ〜い!」そんな声援に応えながら走る事の気持ち良い事... [続きを読む]
  • 佐用の霧
  • この記事は11月11日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。イベント会場までもう少し。ハイエースは霧の佐用坂を下っていました。すると助手席のリキさんが流れる景色の中に何かを見つけます。「コギコギさん!佐用の大イチョウが見えましたよ!」ほんの一瞬、建物の陰に隠れて巨木の先端だけ見えました。濃い霧に包まれていますから色づき具合はさっぱり分かりま... [続きを読む]
  • この道、おいしい
  • この記事は11月11日(日)の出来事を書いたものです。いなちくロングライドが初めて開催されたのは2016年。定員は300人でしたがサイクリングの世界で殆ど無名の佐用町主催。大丈夫かな?と思って殆ど賑やかしの一人にでもなればと思って参加しました。ところがどっこい!蓋を開けてみれば自転車乗りの気持ちを知り尽くしたかのような仕掛けがあって素晴らしいサイクルイベントだっ... [続きを読む]
  • ピンクさんが思い出したもの
  • この記事は11月4日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。ヒルクライムの後はふるさと村の建物にある自販機でシュワシュワタイム!みんな炭酸飲料が飲みたかったんだって。一休みした後はいよいよ茅葺屋根の民家が点在する集落内へ・・・カーブを曲がった先におおっ!って感じで茅葺屋根の民家が見えるんですがしかし、よく見ると傷みが激しいんですよね。来る度に酷く... [続きを読む]
  • チームジャージうじゃうじゃで不安な幕開け
  • この記事は11月4日(日)の出来事を書いたものです。セーテンさんが一時帰国したという事で彼には元々企画していた八塔寺へ行くサイクリングへ参加してもらう事になりました。ロードバイクはバスク輪さんのクロモリ。サイズ的にピッタリなんだそうです。そして、もう一人。事情があって最近、あまり乗れてないピンクさんもお誘いしました。走行距離も100?くらいだしそもそもガンガ... [続きを読む]
  • セーテン君、一時帰国!マレーシアの自転車事情
  • この記事は11月3日(土)の出来事を書いたものです。マレーシアに転勤したセーテン君が一時帰国するとの連絡がありました。彼の実家は千葉ですから短い滞在期間中に相生で仲間と過ごすのは骨の折れる事だと思います。しかし、それでも、帰って来てくれるのは嬉しいですね。仲間内で肉部長と呼ばれるほど肉が好きなセーテン君ですから相生市内の焼肉屋さんでお食事会を開きました。急遽の開催だっ... [続きを読む]