a-elf さん プロフィール

  •  
a-elfさん: 自転車コギコギ日記
ハンドル名a-elf さん
ブログタイトル自転車コギコギ日記
ブログURLhttps://clays.exblog.jp/
サイト紹介文練習日誌からブログに発展しました。自転車を通して感じたことを書いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/10/11 09:36

a-elf さんのブログ記事

  • 宿場町大原で出会った自転車乗りの夢
  • この記事は10月21日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。平福から大原へは因幡街道(国道373号線)を北上しますが鳥取自動車道が出来てからは交通量が非常に少なくなって走りやすいです。まるで貸し切りみたい!県境を越えれば突き当りを右に曲がって鳥取方面へ北上すると左手に大原へ入る道があります。「綺麗な町並みですねぇ〜」ヒトムさんは二回目ですが大原の... [続きを読む]
  • 朝活からの宿場町サイクリング
  • この記事は10月21日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。朝活を終えたメンバーは開店前のだるま珈琲で一休み。そこに、ヒトムさんが息を切らせた入って来ました。ばつが悪そうな笑顔で「目覚まし、いつも3時半にセットするのに間違って4時半にセットしてました。道理で目覚めがいいと思ったんですよね」と言い訳しきり。更に彼女は今日は周回コースで周回練と... [続きを読む]
  • 集団走行の苦手意識と事前ブリーフィング
  • 当ブログへのコメントについて。同じIPアドレスから複数のハンドルネームを使ってコメントをされる方がいらっしゃいます。誤解や混乱を招く恐れがありますのでおやめください。なお、当ブログのコメントは承認制へ変更しました。宜しくお願い申し上げます。この記事は10月21日(日)の出来事を書いたものです。週刊メールマガジン、WEEKLY FUNRiDE、2018年02月01日配信分... [続きを読む]
  • 単なるアワイチでないアワイチ
  • この記事は10月14日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「左ぃ〜!コンビニ入りまぁ〜す!」慶野松原でお約束の補給タイム。しかし、hiroさんはクライム君を従えてノンストップで通過!恐らく、灘大川の坂で私とのバトルを制した事と引き換えに脚が終わってしまったのでしょう。トレインに加われないと判断しノンストップで走る事でアドバンテージを得よう... [続きを読む]
  • 丸臨が似合う景色
  • この記事は10月14日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。灘大川の坂が終わってもまだまだ坂はあるんですよね。普通は福良峠を越えるんですが私達は脇道に入り海岸に近い道を進みます。私はホテルニューアワジの坂と呼んでいます。この道を進むようになったのは2012年の7月16日から・・・当時、一緒に走る事の多かったtac-phen(タクフェン)さんに教... [続きを読む]
  • バカみたいって言われても、確かに命が輝く時
  • この記事は10月14日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。由良の峠に差し掛かると私が「ここからは自由行動」と言うまでもなく自由行動。あの頃と大きく違うのは私たち以外に多くの人がヒルクライムをしている事でしょうか。本当に自転車イベントでもあるんじゃないかと思えるほどです。あの頃は私が千切れて頂上でみんなを待たすのが定番でした。坂で待ってもら... [続きを読む]
  • ロードバイク人口が増えて美人にサポートしてもらえる?
  • この記事は10月14日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。午前7時、美湯松帆の郷駐車場集合スタート。続々とメンバーが集まって来ます。しかし、私たち以外にアワイチの方も多く駐車場はどんどん埋まっていきました。この賑わいは今まで無かった事です。メンバーが集まると長過ぎるトレインを防ぐためグループ分けをします。いつもならウサギさんチームとカメさ... [続きを読む]
  • 臨時漕会の青春時代へ・・・
  • この記事は10月14日(日)の出来事を書いたものです。事の始まりは7月15日(日)のボーンズさんの結婚式まで遡ります。臨時漕会メンバーの古株が何人か集まったのですがそこで昔話に花が咲いたのも無理もありません。私も披露宴ではボーンズさんのアワイチでのエピソードをご紹介させて頂きました。そんな事もあってか二次会までの空き時間、hiroさんは、またアワイチをやろう... [続きを読む]
  • 自分が主役のドラマが絡み合う
  • この記事は10月8日(祝)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。カン、カン、カン!私はギヤを重くしてダンシングに切り替えました。大腿四頭筋をフルスロットル!トレインからり月したその瞬間、隠れていた悪魔が私の脚を襲います。オーバーフローした乳酸が悪魔の手となって私の大腿四頭筋を握りつぶそうとしているかのようでした。激しい痛みを伴って筋肉が収縮... [続きを読む]
  • あと1周で終わるか、2周出来るか
  • この記事は10月8日(祝)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。タフBeeさんの後ろに私が付く。その間、風除けを物色する役割も基本的にはタフBeeさんが担うのですが時折、二人で相談します。「コギコギさん、あの列車付いて行きますか?」「いやぁ〜速すぎるっしょ」ホームストレートから緩やかな左カーブを抜けて上りが始まると今度はダンシングで私が前に出ます。... [続きを読む]
  • 千切れる神あれば、牽いてくれる神あり
  • この記事は10月8日(祝)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。ホームストレートで梅丹を摂取して最初の上り坂でヒトムさんの気配が遠ざかりました。「やっぱり無理だったか・・・」そう諦めかけた時再びヒトムさんの声。「追いつきました!」鉛の様に重くなった脚を精神力で回したのでしょうか?それともすんなり千切れない事こそ梅丹の効果なのでしょうか?... [続きを読む]
  • あの時の成功体験をもう一度!
  • この記事は10月8日(祝)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。私とヒトムさんが陣取ったのは大集団の中間よりは前寄りのイン側。スタート直後はペースが上がるため右側からどんどん抜いて行って下さいね、という位置取りです。ただ、後方に位置取りし過ぎてしまうと今度は順位を上げるのに難儀する・・・先頭集団の妨げにならず尚且つ自分の順位を守る。一応、考えた末の場所なの... [続きを読む]
  • 私は何故レースに出るんでしょう?
  • この記事は10月8日(祝)の出来事を書いたものです。7月の西日本豪雨から始まって暑すぎる夏、更には次から次へと台風の襲来・・・しっかり乗れたシーズンであるとは言い難いですが今シーズンの集大成である秋のエンデューロがやって来ました。去年は転勤のゴタゴタで出場しませんでしたから秋のエンデューロは一年ぶりです。しかし、この秋のエンデューロ、私には相性が良くないんで... [続きを読む]
  • 取りあえず、万葉岬という贅沢
  • この記事は10月1日(月)の出来事を書いたものです。今年は台風の当たり年だったかもしれません。9月4日、台風21号は非常に強い勢力を保ったまま京阪神を直撃。記録的な暴風で車がおもちゃの様に飛ばされたり電柱がいとも簡単に倒れて54万戸が停電。関西空港は高潮で閉鎖された上に連絡橋にタンカーが衝突、各地で大きな被害をもたらしました。その記憶がまだ新しいのに9月30日、台... [続きを読む]
  • 満足を掴み取ったオバチャレUFOライン
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。UFOラインの頂上に辿り着いた興奮も冷め止まぬ間に私達は元来た道を下り始めます。案外、見落とされがちになるのが下りの怖さなんですよね。上りは体力が必要だが下りは重力に身を任せればいい・・・だから上り切りさえすればあとは何とかなる・・・ところが重大な落車や事故は下りで発生している事が多... [続きを読む]
  • 1600m上空で神様が仕組んだ二度の奇跡
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「そろそろ行きましょうか。ここからが本番だからね!」走行距離は予定の半分まで来ましたが残りの半分は難易度が高くなります。コーナーは不規則に勾配も一定ではなくなります。相変わらずオートバイが多く私達は事故を心配しながら進んでいました。すると、案の定、車とオートバイの接触事故の現場に遭遇... [続きを読む]
  • 序盤は5〜6%の九十九折れが続く
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。まだ夜が明けぬ早朝5時にハイエースは相生の東横イン前に停車しました。松江から前泊のおばさんとマスオさんを迎えに来たのです。一番乗りで待っていたのはヒトムさん。何故か半泣き?「師匠ぉ〜どうしましょうぉ〜」「どうかした?」「シューズ忘れましたぁ〜」私は、何だそんな事かと思わず... [続きを読む]
  • オバチヤレUFOライン
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。8月末、私がSNSに投稿したUFOライン(雄峰ライン、瓶ヶ森林道、高知県吾川郡いの町)の写真におばさんはすぐに反応しました。「私も、そこへ行きたい。連れていって欲しい・・・」UFOラインは四国山地の森林限界を貫く林道です。そこは、まるでヨーロッパの山岳地帯を思わせる雄大な景色が広がります。最近、カローラのCMで、に... [続きを読む]
  • コギコギの夢叶う
  • この記事は9月16日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「ブレーキぃいいい!」「左、入りまぁ〜す!」私は下りのヘアピンカーブの路肩にある展望台へ二人を誘導しました。「ボーンズさん、あれが城崎マリンワールド。今、ちょうど、イルカショーか何かやってるみたい。ほら、風に乗って声が聞こえる」御待岬から眼下に日和山海岸を望むことが出来ます。海の浸食... [続きを読む]
  • 但馬漁火ラインで鳥になる
  • この記事は9月16日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。床瀬そばを出た私達は竹野浜を目指す事にします。県道1号線は急勾配の下りから緩やかな下り基調へと変化しました。「ボーンズさん、日本海側を走るのって初めてですか?」「全く初めてです」「じゃあ、但馬漁火ラインは打って付けですね。天気も晴れてきたし・・・リアス式海岸の美しさもあるけど海の色... [続きを読む]
  • バスク輪さんは地元民?
  • この記事は9月16日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。実は臨時漕会焼肉合宿の前の週、私は但馬(兵庫県北部)で元職場の仲間と同窓会だったんです。場所は瀬戸内海⇔日本海往復サイクリングの日本海側目的地気比の浜に近い宿。そこで「来週、自転車仲間で但馬を走るんですけどどこがいいでしょうか?」なんて地元の元社員と話しました。その結果を踏まえてランチとコース... [続きを読む]
  • だるま珈琲に辿り着くまでにネタを探せ!
  • この記事は9月2日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「出石皿そば山下」を出た私達は出石に来た証拠写真を撮影するため「辰鼓楼」前へ。しかし、ここも何回も来過ぎ?なんとワクワク感の無い写真でありましょう!私はバスク輪さんとちょろりゅうさんに言いました。「こんな感じで走ってたら200km走って何のブログネタも無いブログになっちゃう。帰りは何かネ... [続きを読む]
  • ある意味緊急事態!
  • この記事は9月2日(日)の出来事を書いたものです。今年の夏は雨が降ったり猛暑だったりで例年に比べて乗れていません。そこで今シーズン最後の200kmオーバーを走ろうと思ったんですよね。日も短くなりますから・・・目的地は出石!もちろん、昼食はそばを食べます。私のライドの中では定番中の定番です。午前6時JR竜野駅南側ロータリー集合・・・集合場所も時間も... [続きを読む]