a-elf さん プロフィール

  •  
a-elfさん: 自転車コギコギ日記
ハンドル名a-elf さん
ブログタイトル自転車コギコギ日記
ブログURLhttps://clays.exblog.jp/
サイト紹介文練習日誌からブログに発展しました。自転車を通して感じたことを書いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/10/11 09:36

a-elf さんのブログ記事

  • 1600m上空で神様が仕組んだ二度の奇跡
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「そろそろ行きましょうか。ここからが本番だからね!」走行距離は予定の半分まで来ましたが残りの半分は難易度が高くなります。コーナーは不規則に勾配も一定ではなくなります。相変わらずオートバイが多く私達は事故を心配しながら進んでいました。すると、案の定、車とオートバイの接触事故の現場に遭遇... [続きを読む]
  • 序盤は5〜6%の九十九折れが続く
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。まだ夜が明けぬ早朝5時にハイエースは相生の東横イン前に停車しました。松江から前泊のおばさんとマスオさんを迎えに来たのです。一番乗りで待っていたのはヒトムさん。何故か半泣き?「師匠ぉ〜どうしましょうぉ〜」「どうかした?」「シューズ忘れましたぁ〜」私は、何だそんな事かと思わず... [続きを読む]
  • オバチヤレUFOライン
  • この記事は9月23日(日)の出来事を書いたものです。8月末、私がSNSに投稿したUFOライン(雄峰ライン、瓶ヶ森林道、高知県吾川郡いの町)の写真におばさんはすぐに反応しました。「私も、そこへ行きたい。連れていって欲しい・・・」UFOラインは四国山地の森林限界を貫く林道です。そこは、まるでヨーロッパの山岳地帯を思わせる雄大な景色が広がります。最近、カローラのCMで、に... [続きを読む]
  • コギコギの夢叶う
  • この記事は9月16日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「ブレーキぃいいい!」「左、入りまぁ〜す!」私は下りのヘアピンカーブの路肩にある展望台へ二人を誘導しました。「ボーンズさん、あれが城崎マリンワールド。今、ちょうど、イルカショーか何かやってるみたい。ほら、風に乗って声が聞こえる」御待岬から眼下に日和山海岸を望むことが出来ます。海の浸食... [続きを読む]
  • 但馬漁火ラインで鳥になる
  • この記事は9月16日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。床瀬そばを出た私達は竹野浜を目指す事にします。県道1号線は急勾配の下りから緩やかな下り基調へと変化しました。「ボーンズさん、日本海側を走るのって初めてですか?」「全く初めてです」「じゃあ、但馬漁火ラインは打って付けですね。天気も晴れてきたし・・・リアス式海岸の美しさもあるけど海の色... [続きを読む]
  • バスク輪さんは地元民?
  • この記事は9月16日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。実は臨時漕会焼肉合宿の前の週、私は但馬(兵庫県北部)で元職場の仲間と同窓会だったんです。場所は瀬戸内海⇔日本海往復サイクリングの日本海側目的地気比の浜に近い宿。そこで「来週、自転車仲間で但馬を走るんですけどどこがいいでしょうか?」なんて地元の元社員と話しました。その結果を踏まえてランチとコース... [続きを読む]
  • だるま珈琲に辿り着くまでにネタを探せ!
  • この記事は9月2日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。「出石皿そば山下」を出た私達は出石に来た証拠写真を撮影するため「辰鼓楼」前へ。しかし、ここも何回も来過ぎ?なんとワクワク感の無い写真でありましょう!私はバスク輪さんとちょろりゅうさんに言いました。「こんな感じで走ってたら200km走って何のブログネタも無いブログになっちゃう。帰りは何かネ... [続きを読む]
  • ある意味緊急事態!
  • この記事は9月2日(日)の出来事を書いたものです。今年の夏は雨が降ったり猛暑だったりで例年に比べて乗れていません。そこで今シーズン最後の200kmオーバーを走ろうと思ったんですよね。日も短くなりますから・・・目的地は出石!もちろん、昼食はそばを食べます。私のライドの中では定番中の定番です。午前6時JR竜野駅南側ロータリー集合・・・集合場所も時間も... [続きを読む]
  • あの景色が心の中でリフレイン
  • この記事は8月29日(水)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。UFOラインのピークを過ぎても暫くは急峻な四国山地の雄大な景色を楽しむことが出来ます。途中、ガードレールが途切れたところでみんな、写真を撮りますががけ下を見ると足がすくみそうです。マスターは、そういう所、平気みたいですが私は怖くてダメですね。途中、絶景ポイントからかなり離れた所にバイクラッ... [続きを読む]
  • 4人だけの天空
  • この記事は8月29日(水)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。UFOラインが急峻な四国山地を貫いている事を現しているのが次から次に現れるトンネルでしょう。岩をくり抜いただけだったりトンネルの内部にモルタルを吹き付けただけだったりちゃんとしたコンクリートで出来ていたり・・・いずれも照明が無いのでライト必携です。しかし、このトンネルが何となくアドベンチャ... [続きを読む]
  • 田舎砂漠でドリンク不足
  • この記事は8月29日(水)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。道の駅木の香から国道194号線を北上。トンネルの手前で石鎚国定公園、寒風山方面へ右折。すると、木漏れ日ロードの様に木々で覆われた道が何回も九十九折れを繰り返します。勾配は5〜6%といったところでしょうか。のんびり上れば怖くありませんが如何せんマスターが(ペースを)上げる。「マスター!... [続きを読む]
  • 丹後半島からUFOラインんへ変更!
  • この記事は8月29日(水)の出来事を書いたものです。急遽決まったリフレッシュ休暇・・・(うちの会社、急遽決まったりするんですよね・・・)普段なら一緒に走ることが出来ませんがリフレッシュ休暇中ならマスターと一緒に走ることが出来ます。さて、どこを走ろうか・・・どうせなら、走った事が無い道がいいと思いましたがなかなか思いつきません。それでは、マスターが走った事が... [続きを読む]
  • 自転車の「同志」
  • 住友輪業さんが私との出会いをブログに書いていますね。それでは私も5年前に住友輪業さんと一緒に走ったことを書きましょうか・・・実は私と住友輪業さんは同じ会社に勤めています。しかし、それなりに大きな会社なので5年前の当時、お互い全く知りませんでした。それが、どこでどうなったのか自転車乗りの横の繋がりで・・・確か・・・ママチャリダーさんだったかな。「コギコギさ... [続きを読む]
  • グループサイクリングで一列で走ろう!
  • 最近・・・ということも無いのですが・・・私が集団走行について書いた記事についてご批判を頂く事がありました。最近はロードバイク人口が急増していますから色々な意見があって当然だと思っています。大雑把にまとめますと私が「安全」という言葉を使いながら危険な行為を広めているといった内容になりますかね。私としては複数で走る時に参考にして頂きたく記事を書いた次第であります... [続きを読む]
  • リキさん、3回ともギリギリ
  • この記事は8月26日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。自販機で補給した後再び、ちょっとした坂を上らされます。そして下った先に見覚えのある建物が見えてきました。「あっ!小豆島ふるさと村!」私は思わず声を上げました。「リキさん、昔、豆イチ(小豆島一周)してた頃ここで昼めし食って2時半のフェリーで帰ってたんです。フェリーの時間、間に合うかもしれま... [続きを読む]
  • 三都半島が観光地化されていないのは・・・
  • この記事は8月26日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。三都半島に入ってすぐに「なるほど、ここは観光地化が進んでいないな」と思いました。交通量が少なく人々の生活感が間近に感じます。高松に近い小豆島南岸にありながらなぜか三都半島は観光地化が進んでいないのです。しかし私にとってそれはかえって都合のいいように思えました。観光バスが入って来て... [続きを読む]
  • カレーそうめん・・・なんだかなぁ・・・
  • この記事は8月26日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。せっかく見ることが出来た「羽ばたけば飛んで行けそうな景色」ですがいつまでも四方指で留まっているわけにもいきません。草壁方面へ下る事は分かっているのでその前に寒霞渓に立ち寄りました。前回は雪で閉ざされてここまでしか辿り着けませんでした。「さて、昼飯だけど・・・草壁まで下って食べるとなると... [続きを読む]
  • 「こりゃあ〜いいねぇ〜」in四方指
  • この記事は8月26日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。船内に「オリーブの歌」が流れると下船の合図。シーズンオフでガラリとした車両甲板に降り立つとそこかしこで車のエンジンがかかります。私達もロードバイクのハンドルを握って上陸の準備。ランプウエイが下ろされるといよいよ小豆島の旅が始まります。サキちゃんに着いたらすぐに上り始めると言った通り大部港... [続きを読む]
  • 小豆島最高の「美しさ」に出会いたい
  • この記事は8月26日(日)の出来事を書いたものです。人は何をもって美しいと判断しているのでしょうか?いきなり哲学的な事を言われても答えるのは難しいですよね。少なくとも人の心が快感を得る事で美しいと判断しているのだと思います。そして「美しさ」にはそれほど簡単には出会えない。その簡単に出会えない事が実は「美しさ」の魔力なのかもしれません。だから人は大... [続きを読む]
  • 猛暑の谷間で愛でた秋
  • この記事は8月19日(日)の出来事を書いたものです。前回からの続きです。長い長い休憩の後私達はやっと重い腰を上げます。「そろそろ行きましょうか・・・」「それじゃあ、下りはゆっくり行きましょう!」深刻な落車や事故は圧倒的に上りより下りで起こっています。だから、下りの前には敢えて「ゆっくり行きましょう」と一声かける様にしています。これだけでも違うと思うんですよね。... [続きを読む]
  • トリガタワの頂に、ほんのりと吹く風
  • この記事は8月19日(日)の出来事を書いたものです。前々回からの続きです。猛暑続きでどこか遠くへ行くサイクリングは思いつかずそれならば、トリガタワへ行こうと企画したサイクリング・・・蓋を開けてみると猛暑なんてどこへやら・・・絶好のサイクリング日和になったのです。憶えていますか?お盆まで35℃の猛暑が続いたもののこの日、一瞬だけ涼しかった日があったんですよ... [続きを読む]
  • 地球温暖化と自転車乗り
  • 台風21号の被害に遭われた皆様そして北海道の地震の被害に遭われた皆様心よりお見舞い申し上げます。ここ数カ月の短い時間に日本は大きな災害に立て続けに見舞われています。6月の大阪北部地震に始まり7月の西日本豪雨では特別警報が11府県に発令され甚大な被害がもたらされました。それに続いてこの夏は世界規模で高温でした。35℃を超えるのは当たり前、40℃超えも何度か報道... [続きを読む]
  • 絶景は無いけどストーリーのある峠
  • この記事は8月19日(日)の出来事を書いたものです。今年の夏は35℃超えが当たり前・・・余りにも暑くてどこか遠くへ行くようなロングライドは思いつきません。こういう時は原点に返ります。そうだ、トリガタワへ行こう!トリガタワとは鳥ヶ乢と書いて「とりがたわ」と読みます。兵庫県西部にある峠で終戦までは姫路の兵隊が雪中行軍の訓練を行った程、自然環境の厳しい場所。... [続きを読む]
  • 自転車乗りの雨宿り
  • この記事は8月12日(日)の出来事を書いたものです。「大気の状態が非常に不安定で急な落雷や強い雨にご注意下さい」こんな天気予報なら走らなければいいのに・・・そう、思うかもしれませんね。しかし、私の周りの多くのローディーがそれでも走るんです。目の前の景色が晴れているなら走り出してしまう・・・そんな愚かさがローディーにはあると思います。そんな愚かな... [続きを読む]