微熟女さや香@出版お助けライター さん プロフィール

  •  
微熟女さや香@出版お助けライターさん: 誰でもモテ文章が書ける!現役コラムニストが贈る物書き術1000
ハンドル名微熟女さや香@出版お助けライター さん
ブログタイトル誰でもモテ文章が書ける!現役コラムニストが贈る物書き術1000
ブログURLhttps://ameblo.jp/studiopocket
サイト紹介文フラれないメール術、誰でも出版できる近道、売れっ子作家の秘密…をおとぼけライターチームがお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/10/12 21:04

微熟女さや香@出版お助けライター さんのブログ記事

  • 『フィンドホーンにユニコーンはいますか?』 
  • 昨年夏、スコットランドのフィンドホーンという共同体で、数々のユニークな体験をさせてもらいました。到着早々、いろんな国籍の方とダンス・ダンス・ダンスしたり。此岸と彼岸の境目にある“森”で、旅のなかまと瞑想をしたり。 5歳児に返ったり。 フィンドホーンってこんなところ 1962年、英国スコットランド最北部、美しい海と森に包まれた小さな村に、3人の若者が創立した、スピリットのあるコミュニティ。荒地ながら巨大キ [続きを読む]
  • 自閉くん取扱説明書【6】18歳の野獣
  • 原作/こうちゃんママ 作画/はじめ ゲーム大好き自閉くん。やじゅうになれる日を待っている。これは、はたから見ると「w」、かもしれませんがお母さんはとっても焦ると思うんですよね。でも漫画に描いちゃうお母さんw。(編集) 【こうちゃんママのひとこと】全国拡大中のインターネット放送局 「ゆめのたね」 ラジオにて、パーソナリティをつとめることになりました。毎週、火曜日19時から「ゆかりんの人生見切りHASSHA」 [続きを読む]
  • 女の「降りる勇気」
  • 先日、神奈川県の相模原方面の某温泉に入っていたとき、とても興味を惹かれるご婦人を見ました。 推定58歳、美にとても関心がある女性。と、その職場の後輩(たぶん)。 たとえ温泉とあろうが一抹の睫毛も落とさぬ。乳は垂れても爪は欠かさじ。 というような気合に満ち満ちて、御手とご尊顔(かなり美人)を湯舟の外に保全していらっしゃる、このような方を久しぶりに見ました。というか、私の交友範囲には、こんな爪や睫毛をする [続きを読む]
  • 自閉くん取扱説明書【5】かんかんぽんぽん
  • 原作/岡野ゆかり(こうちゃんママ) 作画/はじめ 以前、「くっく 履こうね」と、友人のお子さん(4歳)に言ったら、「クツのことですか?」と言われて、とっても恥ずかしかったです。(編集) 【こうちゃんママのひとこと】発達障がい児の中には、教科書で英語を覚えるように、パターンの丸暗記で言葉を覚える子もいます。こうちゃんは、幼いころ覚えた言葉をそのまま今も使います。いい年をした青年がいきなりこれでは [続きを読む]
  • 自閉くん取扱説明書【3】本気の鼻コンセント。2歳1ヶ月ごろ
  • 【こうちゃんママのひとこと】自閉くんは、幼いころは人より物に興味を示しがちです。母親の鼻の穴を、本気でコンセントと認識するなんて、その典型的なエピソード。迷子になっても、泣いて親を探すことはない。この子が私を見て名前を呼んでくれる日なんて、来ないと思っていました。でも、周りの同じお子さんもそうですが、必ずお母さんという大切な人の存在を認識する日が来ます。★瀬戸内海の日差しをあびて、ゆっくり歩く21 [続きを読む]
  • 自閉くん取扱説明書【2】人間拡声器
  • 【こうちゃんママ談】どこでもおかまいなく大声を出すこうちゃんは、知らない人をびっくりさせます。何度「小さい声で!」と言ってもわかりません。今度作るTシャツには「人間拡声器」とプリントしようかしら。見た目は普通なだけに、いきなり横で大声を出されたら、誰だってびっくりしますものね。 ★瀬戸内海の日差しをあびて、ゆっくり歩く21歳のマンモス自閉くん(137kg)「こうちゃん」の足どり・・自閉くん取扱説明書( [続きを読む]
  • 自閉くん取扱説明書【1】1歳10か月ごろ
  • 瀬戸内の日差しをあびて、のんびり歩く自閉くん「こうちゃん」の成長日記です。まだ、自閉症とは診断がついていない頃の、ママ目線からの不思議な「こだわり」行動。自閉症には顕著に見られることですが、知らなければ「???」ですよね。◆この4コマは、タカラトミーの公式キャラクターとして、グッズやアニメとなっている「あおくび大根」の作者はじめさんによる作画です。元ネタは、岡山県のマルチ作家・岡野ゆかりさんがつづ [続きを読む]
  • 第57回芥川賞・・・ニッチの中のニッチな美しさ
  • 「今回の芥川賞は震災小説だって。正直、今ごろか、またかと思っちゃった・・・」と言った人に、「そんなこと言うなー、まだ震災が終わってない人がいっぱいいるのにそんなことを言うな―ガ――」と、 まるで廊下を走る小学生を捕まえた教師ガ――みたいな脊髄反射をしてしまいました。が、わたしも聞いた瞬間、同じことを心の底で思った気がします。震災物語か・・・。むしろ、「この先」の第三次ナントカが勃発しかねない気配とか医 [続きを読む]
  • 星占いと太宰治と陰陽五行とホメオパシーをくっつけてみる
  • うつみんこと、内海聡医師による「占いの勉強会」に参加しました。星占いってー。いったいこの悪名高きドクターはどこまで手を広げるなさるのか、と思いつつ、最近、意識が高い系の人の間で、占星術が再々々々…燃? している感じが気になっていたのです。ビジネスとか、自己啓発とかに使うのかな?? まったく前知識ゼロで参加しましたが、小1時間ほどで、ホロスコープ(の基礎)が一発で読めるようにさせてくれて、おどろいた [続きを読む]
  • とやま文学で読みたい、美人女将たち
  • 富山県の八尾町にきています。イベントのため、地元の造り酒屋さんと仲良し^^しに来たのですか、商談はそこそこに、観光おのぼりさん化しました。 だってここは「おわら風の盆」で有名な地、江戸時代から養蚕業で栄え、国内でも珍しい町人文化の街。十代で富山に住んでいた頃は、なかなか目を向けられなかったけど、 最近はこんなすてきな施設も。「OYATSU」 都会の女子や外国人が「ファンタスティッ〜ク」と悶絶しそうな、蔵を [続きを読む]
  • 「エロス」で男性を元気にできるか、量子力学ふうに考えてみた。
  • イギリスから「エロス」が届きました。 奇跡の地といわれる、フィンドホーン(国連提携NGO)から、信頼できるイギリスの卸元を経て、やって来てくれたちいさなボトルたちです。 フィンドホーンってこういうかんじかしら 定価4100円(税込)のところを、2980円(税込)でご提供しようと思います。たくさんの女性に試していただきたいので、国内最安値で? →こちらです。製品仕様なども ここ数日、ウンウン唸りながら調べたところ、少 [続きを読む]
  • エロスを使ってカクテルは作れるか
  • フィンドホーンの「それ」については、かねてから、噂は耳にしていました。 「わかりやすいよ」と・・具体的には肌が潤うとか、肌よりもっと奥の粘膜まで潤うとか、パートナーとの何かが潤う、とか。でも、「もう私は、そういうのは必要ないし」と、思っていたのですいま、24時間 仕事の話しかしないパートナーと、そんなことになったら大変だ。必要なくなって数年たつけれどまったく不便はありませんわ。でも、ひょんなことか [続きを読む]
  • 【おしるこショック】
  • お汁粉が完売しました。おかげさまで私の目からもお汁です;;;しかし、お客様も、「もう無いのですか…(T_T)」と、お汁様状態。そこで、再販をかけようと思ったのですが、「待った」!!昨夏の北海道の天候不良により、小豆の生育がかなりダメージを受け、とくに有機のものは現在、入手不可状態だそうです。 今年の春〜秋に育ってくれるぶんの収穫分をまつしかないと。 ショックを受けましたが、もとより製作元のメーカー [続きを読む]
  • アッキード事件と言われますが
  • アッキード事件、なんて言われてますけれども・・ 高江を訪問されたり、大麻農家を応援されたり、私が行ってみたい秘境系イヤシロチのことごとくに「愛?」みたいな揮豪を既にかけられてる、首相婦人の天衣無縫というか、天真爛漫というか、 昨日はこんな人たちとも写真を撮ったり・・してみました。 ここ5年間、ゆるふわ系エコ主婦たちの、怒りのガス抜きになってくださってるところなどは、ぜひ評価したいです。 いち庶民 [続きを読む]
  • 昔、キンコン西野論争というものがあったと思う日
  • ちょっと前にキングコング西野という人の「えんとつ町のプペル 無料公開」炎上事件というのがあって、もうとっくに鎮火したと思ったら、この春の風にあおられてまだ火種がくすぶっているようです。 キングコング西野の件は「炎上」では足りない↑【趣旨】↑「クリエイター達が西野に抗議したいのは、無料モデルという、もはや目新しくない試み、に対してではない、知名度を利用したことでもない、クラウドファンディングで出資を [続きを読む]