木庵先生 さん プロフィール

  •  
木庵先生さん: 木庵先生の独り言
ハンドル名木庵先生 さん
ブログタイトル木庵先生の独り言
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/
サイト紹介文アメリカ在住30年の木庵があらゆるトピックスに挑戦。問題を見つけるとしつこく掘り下げていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2009/10/13 10:28

木庵先生 さんのブログ記事

  • 「新公民」(#51)(nip*****さんのコメント、興禅大燈国師遺誡)
  • 「新公民」(#51)(nip*****さんのコメント、興禅大燈国師遺誡)↓↓↓    ↓↓↓ https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント>「道心の中に衣食あり、衣食の中に道心なし」之を見て、「興禅仏国国師遺誡す」を思ひだした。興禅物故国国師遺誡す汝らこの山中に来たって道の為に頭を集む会食の為になすこと勿れ肩あって着ず [続きを読む]
  • 「新公民」(#50)(nip*****さんのコメント、最澄)
  • 「新公民」(#50)(nip*****さんのコメント、最澄)↓↓↓    ↓↓↓ https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント小生はこれからニ三週間は、多忙なる私用により変則的な生活となりますので、コメントを失礼することもあるやと思はれます。悪しからずご了承下さい。2018/8/16(木) 午前 0:20 [ nip***** ] 木庵の反応<当分コ [続きを読む]
  • 「新公民」(#49)(nip*****さんのコメント、最澄)
  • 「新公民」(#49)(nip*****さんのコメント、最澄)↓↓↓    ↓↓↓ https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント懐かしい谷保天満宮の写真を掲載して下さり、有難う御座いました。この神社は、寓居から徒歩で10分ぐらいの所にあり、足繁く通ったものです。2018/8/15(水) 午前 4:18 [ nip***** ] 木庵の反応<nip*****さん [続きを読む]
  • 「新公民」(#47)(nip*****さんのコメント、大悲呪)
  • 「新公民」(#47)(nip*****さんのコメント、大悲呪)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑nip*****さんのコメント(その1)道真公が亡くなられたとき、亡骸を載せた牛車を引っ張ってゐた牛が、悲しみのあまり座り込んで動かなくなった。(これを座牛と言って、各地の天満宮には座り込んだ牛の像を祀ってゐます)仕方がない [続きを読む]
  • 「新公民」(#45)(nip*****さんのコメント)
  • 「新公民」(#45)(nip*****さんのコメント)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント「乙姫」とは、浦島太郎の話にもでてきますが、これも意味深長な言葉です。伊弉諾尊が筑紫の日向の橘の「小門」の阿波岐原で禊祓したといふくだりで、おと=音であり、その音を秘めたのが、音秘め=即ち乙姫である。音 [続きを読む]
  • 「新公民」(#42)(nip*****さんのコメント、日本に三大怨)
  • 「新公民」(#42)(nip*****さんのコメント、日本に三大怨)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント在原業平の辞世の歌:つひに行く道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしをは、私も好きな歌です。自分の人生をも、歌にして茶化してしまふところに、稀代のプレイボーイだった業平の影が髣髴(ほ [続きを読む]
  • 「新公民」(#41)(nip*****さんのコメント、在原業平)
  • 「新公民」(#41)(nip*****さんのコメント、在原業平)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント わたしはこの枝野といふ男が嫌いである。妙にねちねちと女っぽいところがある。つまり男らしくない。夏目漱石の『坊ちゃん』の一節を思ひだす。それから、菅原道真公に関するものとしては、母親の久方の月 [続きを読む]
  • 特別寄稿(杉田水脈議員辞職抗議運動の裏にあるもの)
  • 特別寄稿(杉田水脈議員辞職抗議運動の裏にあるもの)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑<グレンデールに慰安婦像が建ったのが、2013年7月30日であった。それから、3ヵ月ほど後であった。杉田水脈氏は当時維新の会の1年生議員であったのだが、同僚議員(2名)と一緒に木庵にインタビューをされた。「慰安婦像建設に伴って、 [続きを読む]
  • 新公民」(#38)(nip*****さんのコメント、菅原道真)
  • 新公民」(#38)(nip*****さんのコメント、菅原道真)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ ウィッキぺディアの記事を基にしての木庵の菅原道真への思い(その2)死後 清涼殿落雷事件菅原道真の死後、京には異変が相次ぐ。まず道真の政敵藤原時平が延喜9年(909年)に39歳で病死すると、続いて延喜13年(913年)には道真失脚 [続きを読む]
  • 新公民」(#37)(nip*****さんのコメント、菅原道真)
  • 新公民」(#37)(nip*****さんのコメント、菅原道真)↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント日本に男尊女卑の風潮が起ったのは、儒教の悪影響かもしれません。尚、韓国人が「従軍慰安婦の強制連行」などといふ与太話に飛びついて、その嘘を世界中にまき散らしてゐる背景には、「韓国では男尊女卑といふ [続きを読む]
  • 新公民」(#35)(nip*****さんのコメント、平安時代(遷都))
  • 新公民」(#35)(nip*****さんのコメント、平安時代(遷都))↓↓↓    ↓↓↓https://history.blogmura.com/his_meiji/←( はここ)ブログ村近代・現代史(日本史)。↑↑↑  ↑↑↑ nip*****さんのコメント 人の心は、顔に現れます。しかしその顔から心を読み取るには、深い悟りが必要です。今日私は、市役所の「シルバー人材センター」を訪れました。そこの担当者の人たちは、みんな良い顔をしてゐました [続きを読む]