sugisan さん プロフィール

  •  
sugisanさん: 整形外科医のための英語ペラペラ道場
ハンドル名sugisan さん
ブログタイトル整形外科医のための英語ペラペラ道場
ブログURLhttp://seikei-eigo.blogspot.com/
サイト紹介文整形外科医が海外で活躍したり、論文を書いたりすることを支援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2009/10/14 09:08

sugisan さんのブログ記事

  • 年下におそわる
  • 起業について勉強するために,先日からpedia salonというオンラインサロンに参加しています.起業の勉強をしているのか?というと,そうでもなくて,「現在ダイエット勝負中」なのです笑サロンのオーナーの正田さんが,サロンのメンバーに「チーム戦でダイエットしない?」と声掛けしたところ,10数名が参加することになりました.運良く?私のチームに正田さんが加わることになり,日々の食事や体重を共有する2ヵ月がスタートしま [続きを読む]
  • 勤務医の働き方について思うこと
  • 働き方改革が議論される中,勤務医の働き方にも注目が集まっています.私自身が注目していることとして・当直を夜間勤務扱いにするかどうかをはっきりさせるこれまでは,「急性期病院で夜間の救急対応している医師」と「病棟の急変に対応するため,基本的には寝当直をしている医師」の区別が(実際の現場では)ありませんでした.私は,上記の当直はどちらも経験がありますが,これは全く別物です.「夜間救急に対応している医師」 [続きを読む]
  • 得意なことを仕事にするか?好きなことを仕事にするか?
  • 好きなことがお金をもらえる仕事になれば一番幸せです.でも世間一般には,「好きなことでお金をもらうなんて,考えが甘い」と言われることもしばしば.わかりやすい例として「お笑い芸人を目指して,40歳過ぎまで頑張っているが,全く日の目を見ない.」私も人のことを言える立場ではなく,「(好きで)ブログを書き続けているけれども,全くアルファブロガーになる気配はない(汗)」得意なことの定義というのは難しいけれども, [続きを読む]
  • 情報収集の方法が変わった
  • 自分が知りたい情報にアクセスする方法について考えてみました.・書籍を買うこれは,自分が学生の頃から,今に至るまで一番効率の良い方法だと思っています.本を買うという行為は,非常にコストパフォーマンスが良いので,例えば「iDeCo(確定拠出年金)について調べたい」と考えたら,まずは書店で本を探します(Amazonで探すこともあります).ただ,問題として,非常にニッチなテーマについては,本がありません.例えば,「 [続きを読む]
  • コイン先生とサシ飲みしてきました.
  • 先日,オンラインサロンで交流のある先生とサシ飲みをしてきました.私は,大勢が参加する飲み会も好きですが,それ以上にサシ飲みが大好きです.整形外科医のブログ主との飲み会整形外科医のゆるいブログ主との飲み会今回サシ飲みした先生は,仮想通貨にめっぽう強い先生だったので,コイン先生としましょう(もっとよいネーミングがありそう笑).コイン先生は,現在は,整形外科医師 × 仮想通貨 × 不動産オーナーといった [続きを読む]
  • 求む!現代に生きる7人の侍
  • 求む!現代に生きる7人の侍Quotomyが日本の医学研究者の環境に革命を起こす!その歴史が始まる.Keep staring at the history of Quotomy!先日から,医療系スタートアップのQuotomyというサービスの運営に関わらせていただいております!Quotomyというのは造語でQuotes(タグ付け)で論文を管理したり,共有することができるサービス代表は本ブログにも度々登場する大谷先生サンフランシスコ留学中からの付き合いです.Quotomyは, [続きを読む]
  • スタートアップ 求められる人材
  • 先日からとあるスタートアップの立ち上げをお手伝いすることになりました.スタートアップの立ち上げといっても,実働部隊は数人です.スタートアップは,組織での仕事のやり方と全く異なり,「とにかく,未経験のことを,なんでもやらないと先にすすめない」「決断することが多い」大きな組織で仕事をしていると「これは○○の部署の仕事だから,そちらに聞いてください」といった感じで,「細分化した仕事に対してそれぞれの専門 [続きを読む]
  • 結論がでなくても決断はしよう
  • 世の中には,考えても結論がでないことがたくさんあります.例えば・結婚するのが得か損か?・マイホームを買うのが得か損か?上記のような内容って,1年考えても結論がでないこともありますよね.(逆に全く悩まない人もいるでしょう)私の場合,「5分考えて結論がでないことについては,直感で決める」というルールを作っています.イシューからはじめよという本でも同じようなことが書かれていました.僕は自分の周りで働く若 [続きを読む]
  • zozosuitで注文したぴったりサイズの服が届きました
  • 注文して数日で届きました笑zozoスゴイ!着てみた感想・確かに,Tシャツ,デニムパンツともにサイズ感が良い.・心配していた裾上げもジャストサイズ・自分の体型に合わないという心配なく注文できるのがイイね気になった点・確かにサイズはピッタリなんだけど,「自分の体型を実物よりよく見せたい」というニーズにはまだ届かない.スタイルを良く見せるというより,楽に着れるという感じ.このサービスをオススメできる人・店舗 [続きを読む]
  • 医師と相性のよい働き方
  • 反脆弱性 ナシーム・ニコラス・タレブ整形外科医のブログ:バーベル戦略を人生に応用する今は,勤務医という仕事は,「安定した所得を得る」ということに関しては,かなり盤石なものだと感じています.しかし,医師の勤務環境は今後も現状を維持できるのか?それともだんだん厳しくなっていくのか?こればかりは誰にも正確な予測はできません.冒頭でご紹介した,ニコラス・タレブの著書の中で・8割〜9割のリソース(お金や [続きを読む]
  • 指揮官の仕事は決断すること
  • ワールドカップ日本対ポーランド戦サッカーの試合において,監督の采配がこれほど際立った試合は過去にも少ないと思います.西野監督のとった決断(リスク)については,下記のとおり1)スタメンを6名変更する決断その意図は明確で,「日本をベスト8に導く」というものでしょう.ベスト16で良しとするなら,ポーランド戦の勝利に向けて,持てるカードを全てきるべきです.このような博打をうって,もし敗退していたら,マスコミか [続きを読む]
  • zozosuit続報
  • 過去の記事 zozosuitの戦略が凄いzozosuitが届いたものの,「自分の体型を計測するのなんか面倒くさい.」「もう少し痩せたら測ろう」といった心理的な壁があり,放置していました.するとZOZOTOWNからメールがあり,今なら,zozosuit着て計測したら,Tシャツ1枚無料でプレゼントうーん.相変わらず上手い戦略だなと思いました.・7/1までという締切がある.(締切がないと,結局後回しになる)・自分にピッタリサイズのTシャツ [続きを読む]
  • お薬のレセプト病名を調べる時に役立つスマホアプリ
  • 毎月レセプト病名の入力ご苦労さまです.今日は,処方した薬に対するレセプト病名(薬効)入力に関する話題です.外来で処方した薬というのは,自分で主体的に処方しているので,病名入力を迷うことは,ほとんどありません.ただ,入院中に,患者さんが普段内服している薬を院内で処方した場合,「○○(薬の名前)のレセプト病名が抜けています」と指摘されたとき,病名を調べる必要がでてきます.普段から,たくさんの薬を飲んで [続きを読む]
  • 自分が本当にやりたいことをやろう
  • 昨日,私の友人が立ち上げたスタートアップの打ち合わせに参加しました.いずれ,一般公開されると思いますが,「これは,業界のパラダイムを一変させる可能性がある面白いサービスだな」と感じました.まだ,世の中にでる前の段階なので,「どうやったら上手くビジネスとしてまわしていけるか?」と考えたり,実際にアクションをとったりすることが可能です.その変化の中に身をおいて,実際に将来の方向性に影響を及ぼすプランを [続きを読む]
  • Apple Watch 使ってみた
  • 今更ですが,Apple Watchをゲットしました.iPhone,iPad,Macbookなどに囲まれて生活している,Apple信者としてレビューしてみます.そもそもですが,最近Apple製品に対する情熱がかなり低下していました.iPhoneも6S Plusを一括購入して,最新機種には乗り換えずに使い続けています.Apple Watchはもちろん気になっていたのですが,・そもそも腕時計をつける習慣がない.スマホで時間みるし.でも,心の中では,ちょっと気になっ [続きを読む]
  • iPhoneを毎年買い換える?
  • この本,わりと面白かったです.いわゆるミニマリストと呼ばれている方の本.1ヶ月の生活コストを7万円に抑える.本当に必要なもの以外は家に置かない.でも,ちょっとびっくりしたのが,「iPhone Xを使っている」という表現や,「iPhoneは毎年最新の機種を買う」というもの.それって,すごくお金かかるのでは?と思ったのですが,iPhoneは,中古市場が充実しており,1年使って,売るとかなりの値段で売れるのだそうです. [続きを読む]
  • 明日から使える! 電子カルテ入力時短テクニックのご紹介
  • 電子カルテに,日付を入力する機会が結構あります.・手術や検査の承諾書の日付・カルテに○月○日入院,○月○日手術と記載するとき・診断書の日付 など先日まで,「えーっと.今日は何日だったっかな?」とiPhoneを見て日付を確認し,その後「今年は平成何年だったかな?」と考えて入力していました.時々平成29年と入力してしまい,看護師さんに間違いを指摘されることも(汗)先日後輩がカルテ入力している風景を,偶然横から [続きを読む]
  • これまでの働き方.これからの働き方.
  • これまでの医師の働き方1)働くための教育期間 働くための準備期間〜24歳2)働く期間 勤務医 24歳〜65歳3)定年後という3ステージが基本でした.勤務医として働くステージで,お金を貯金して,定年後は貯蓄と年金で生活します.この働き方が成立する前提として・働くための教育期間に得た知識,技能が,65歳まで役に立ち続ける・2)の期間でためたお金と年金で,3)の期間生活ができること定年後,10年ほどで寿命がくるの [続きを読む]
  • ふるさと納税でapple watchゲット
  • Apple watchは最高の時短アイテム!年収800万円超えならふるさと納税の返礼品でも手に入る https://t.co/9M9wRBsjQF pic.twitter.com/wznHSpn6OS― ジン@おさいふプラス (@jin_walletplus1) 2018年6月6日Twitterを眺めていたら,上記の情報をゲットしました!以前から,Apple watchは気になっていたものの,最近Apple製品にそれほど愛着がなくなっており,見送っていました(iPhoneも6S Plusを使い続けています).ふるさと納税で [続きを読む]
  • 面白かった映画のご紹介
  • 最近みた映画で面白かったものをご紹介レディープレーヤーワン久しぶりに映画館でみました.4DXという,椅子が揺れる,ミストが噴射される,おまけに香りまでする.というアトラクションのようなスタイルで鑑賞結構おもしろかったです.インターステラーこちらは,2014年公開の映画(169分)手術の待ち時間に後輩と雑談している時に,「最近見た映画で面白かったものベスト」として教えてもらいました.3時間弱ありますので,週末 [続きを読む]
  • zozosuitの戦略がすごい!
  • やっと届いた! #zozosuit pic.twitter.com/Kc98A2e7sv― 杉本佳久 (@ysugimoto) 2018年5月30日 Zozotownで,無料配布されているZozosuitを買って,着て,スマホで撮影すると自分の体のサイズが登録されます.これは良さげ!4000円前後の生地と1万円前後の生地と2種類から選べるとなお良い。 https://t.co/Iu6TO4kuJV― 杉本佳久 (@ysugimoto) 2018年6月6日ZOZO第3弾アイテムはボタンダウンシャツ。ZOZOSUITで計測済みのお客様は、 [続きを読む]
  • 医師の生活水準
  • 先日のとある飲み会で,勤務医の先生から,「うちは全然贅沢な生活をしていないのにお金が貯まらないよ」とグチを聞きました.なんでだろう.と考えてみました.医師は,20代後半で1000万円を超える給料をもらうことも珍しくありません.独身医師であったとしても,新婚であったとしても,この年代においてはかなりの高給であることは事実でしょう.そこで,いったん生活水準が上がってしまいます.・車は外車を買ってみようかな〜 [続きを読む]
  • オンラインでプログラミングを学ぶ:Udemy(ユーデミー)
  • 先日オンラインサロンで,STEM教育に関する話題が取り上げられました.お恥ずかしながら,「STEM教育って何?」という状態だったので調べてみました.「STEM(ステム)教育」という言葉をご存じでしょうか。1990年代に米国で提唱された、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)の頭文字を取った理数系教育の総称です。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などの登場で「第4次産 [続きを読む]
  • いつまでも同じ環境に居続けることが難しい時代
  • 私は,基本楽観的な性格ですが,物事を理詰めで考えるタイプです.今の世の中を見渡して,一つの勤務先(大手企業)に努めて,出世して,定年退職まで働いて,退職金をもらい,年金で悠々自適に過ごすというキャリアプランは完全に崩壊していると感じています.私の中にあるイメージでは,勤め人というのは,豪華客船の中で生活している人.大学卒業後に豪華客船に乗船したものの,30〜50代で,ある日突然「そろそろ客船からおりて [続きを読む]
  • 医師だからこそ冒険してみよう
  • Life shiftという書籍の中で,著者のリンダ・グラットンは,人生100年時代に向けて,人生の節目にエクスプローラー(探検者)のステージを設けることの有用性を説いています.マルチステ ージの人生を生きるためには 、これまで若者の特徴とされていた性質を生涯通して保ち続けなくてはならない 。その要素とは 、若さと柔軟性 、遊びと即興 、未知の活動に前向きな姿勢である 。人間がロボットや人工知能と違うのは 、イノベ ーシ [続きを読む]