クックー さん プロフィール

  •  
クックーさん: 写真を想う日日
ハンドル名クックー さん
ブログタイトル写真を想う日日
ブログURLhttp://kukuminato.exblog.jp/
サイト紹介文写真家・久々湊陽一が漸く辿り着いた、アートフォトの「写真作品と写真物語」があります。
自由文写真作品と撮影や機材のデータを掲載しています。
作品までのフォトストーリー書いていますので、より写真家、久々湊陽一・kukuminato youichiの写真作品を楽しんで頂けると思います。
写真が大好きな皆様に少しでもお役に立って頂けて参考にも成るようなブログにしたいと思っています。
是非、ご高覧して頂ければ幸甚です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/10/16 00:40

クックー さんのブログ記事

  • 写真展「東京オアシスの断片」
  • *東京オアシスの断片 東京は、人々の暮らしを支えるための様々な知恵がたくさん詰まっています。 その思いは、時間(とき)とともに巨大な都市として変貌を遂げてきました。 巨大都市とはいえ、その大地には四季折々の息吹があり、人々の想いや癒しの 空間や場所は数限りなく存在しています。 山々や沢、川や大河、運河や海、花々や植物、果実や樹木などと東京を支える 多種多様な建築物と、そのメカニズ... [続きを読む]
  • ガイア写真塾展
  • 11月3日から9日までガイア写真塾設立10周年記念写真展「東京オアシスの断片」が銀座のフレームマン・ギンザ・サロンで始まります。JR有楽町駅から徒歩3分のところにある銀座ファイブ2Fです。詳細は、10月の中頃にブログに掲載します。とりあえず、主宰・久々湊陽一の展示する写真作品の内容の文章とプロフィールができましたので掲載します。プロフィール1点と一人5点の額装展示写真で一人6点です... [続きを読む]
  • 日本写真協会
  • 日本写真協会の正会員になってから12年の歳月が流れました。日本写真協会が発行している会報の11月号の「会員便り」にここ最近の私の写真活動が取り上げられて掲載されることになりました。具体的には、2016年8月10日に出版した写真集「裸の桃源郷」についての新たな写真表現やアートフォトグラフのことや出版までの道のりについて。昨年の10月に開催した写真展「時間を待つ妖艶花」の新たなる写真表現... [続きを読む]
  • 写真集&写真展のための写真
  • 写真を始めた当初から、成し遂げたい大きな目標がありました。それは、独自でオリジナリティー溢れる写真作品を作り、その作風での写真集を出版することでした。2016年の8月10日に久々湊陽一処女写真集「裸の桃源郷」を出版しました。20世紀の後半に、ようやく自分の写真表現が定まり、21世紀のデジタルの時代に入ると思い描いていた写真作品が少しずつ出来上がってきました。2020年前後までに2... [続きを読む]
  • Amazonのカスタマーレビュー
  • 今年に入ってからも、写真集「裸の桃源郷」は、少しずつ売れています。写真集は、9月3日から始まる写真展「東京オアシスの断片」の会場でも販売します。お陰さまで、Amazon(アマゾン)からも少しずつ売れています。カスタマレビューには、「赤ワイン」さんや「枝豆」さん、たくさんの皆様が写真集や著者の久々湊陽一に興味を抱かせる的確で鋭い文章を書いて下さって少しずつ充実してきました。是非、読ん... [続きを読む]
  • 花の写真集のための写真作品
  • 花の写真展「時を待つ妖艶花」を昨年の10月の中旬に新宿のアイデムフォトギャラリー「シリウス」で開催しました。意外にも、たくさんの皆様からお褒めの言葉を頂戴しました。写真集「裸の桃源郷」と共にたくさんのプリント写真作品も買って頂きました。2冊目の写真集は、花をテーマにした写真集を出版しようと決意しました。写真展が終了してからも、デジタル一眼レフカメラで変わりゆく花の貌(かたち)の美を探... [続きを読む]
  • 写真作品の違い
  • 写真のジャンルや表現は数多あります。その中で、特に違いがあるのは写真家が表現した写真作品と現代美術家が表現した写真作品です。この事と「芸術写真とは何か」については、簡単に記述することが出来ません。芸術写真については、昨年の8月10日に出版した写真集「裸の桃源郷」の巻末に詳しく書いていますので、読んで頂ければ幸いです。先日、あるテレビ番組でドキュメンタリーのポートレート写真を芸術写... [続きを読む]
  • 日本の芸術写真
  • *上記の文章を すると大きくなります。☆アマゾンで久々湊陽一写真集「裸の桃源郷」の購入方法     左の黒いバーの「アマゾン・共同文化社」を してください。     共同文化社のホームページで「風土が生んだ北の芸術」を すると     久々湊陽一写真集「裸の桃源郷」があります。     下にある「アマゾン」のボタンを すると、お求め頂けます。久々... [続きを読む]
  • 花の写真集
  • 子供の頃、夏休みになると毎日のように近くの沢で遊んでいました。8月に入ったある日、あまりにも良い天気だったので朝早く起きていつもより少し上流まで行きました。偶然、沢の崖に獣道があるのを発見しました。勇気を振り絞って、急な崖の獣道を慎重に一歩一歩と登っていくと開けた場所になりました。ふと足元を見たら、今まで見たことがない花々が咲き誇っていて一瞬、まぼろしなのか現実なのか分からなく成... [続きを読む]
  • フュージョンフォトグラフ
  • ☆アマゾンで久々湊陽一写真集「裸の桃源郷」の購入方法       左の黒いバーの「アマゾン・共同文化社」を してください。    共同文化社のホームページで「風土が生んだ北の芸術」を すると    久々湊陽一写真集「裸の桃源郷」があります。    下にある「アマゾン」のボタンを すると、お求め頂けます。下記は写真集「裸の桃源郷」に掲載した、美しく融合されたフ... [続きを読む]
  • 芸術写真
  • 写真を始めた頃、芸術写真(アートフォトグラフ)とは、一体どのような写真のことを指しているのか全く分かりませんでした。それ以来、写真の歴史の著作物を読んだり国内外の写真展や写真集を見続けてきましたが充分に理解し納得した解答は其処にはありませんでした。そこで、現代アートの拠点である旧西ドイツのデュセルドルフに行くことにしました。ここからの文章は、旧西ドイツでの出来事や学んどことなどで写真... [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • ☆下記の画像を すると大きくなります久々湊写真事務所写真家、久々湊陽一・kukuminato youichi↑ すると「写真を想う日日」の「アート写真」の順位が出ます。 ※写真集「裸の桃源郷」は「アマゾン」「三省堂」「ジュンク堂」などで販売しています どうぞ宜しくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 写真展と写真集
  • ☆1988年に初めての写真展「アルカイックロマン・太古浪漫」を 銀座のコダックフォトサロンで開催しました。 その時は、写真作品を販売することは考えていませんでした。 いざ、写真展を開催してみると額装展示写真を買いたいという方が沢山いました。 とてもアーティスティックなので部屋に飾りたいとの事でした。 それ以来、写真展を開催するたびに写真作品を販売することにしました。 今回の写真展は、... [続きを読む]
  • 写真展「時間を待つ妖艶花」が無事に幕を閉じることが出来ました
  • 写真集「裸の桃源郷」の出版を記念して開催された写真展「時間を待つ妖艶花」   無事に幕を降ろすことが出来ました。  写真展にご来場して頂きました全ての皆様に御礼を申し上げます。  写真集を買っていただいた皆様、額装展示写真やマット仕様写真作品  単品の写真作品を、お買い上げ下さいました皆様に心より感謝申し上げます。☆写真集「裸の桃源郷」は、アマゾン、三省堂、ジュンク堂で... [続きを読む]
  • 久々湊陽一写真展、対談とパーティー
  • 10月15日は、ギャラリーでフォトディレクターの山下洋一郎さんと「写真の行方」についての対談しました。沢山の写真関係者やフォトグラファーの皆様がご来場して頂き誠にありがとうございました。現在までの写真の歴史を振り返り、ストレートフォトや芸術写真の起源やこれまで実践してきた様々な写真家の皆様を分かりやすく解説をする事が出来て大変好評でした。21世紀のデジタルカメラやデジタル... [続きを読む]
  • 久々湊陽一写真展「時間を待つ妖艶花」が始まりました
  • 10月13日から写真展が始まりました。カラー、モノクロ、モノトーンの写真、半切サイズで合計56点額装展示しています。*10月15日(土)は「写真の行方」についての対談をします。14:30p.m〜16:00p.m 久々湊陽一(写真家)×山下洋一郎(フォトディレクター)参加費:無料 先着30名に久々湊陽一の「厚手の鏡面光沢紙を使いFMスクリーンでの 高級美術印刷のオリジナルポスト... [続きを読む]
  • 久々湊陽一の写真集「裸の桃源郷」が発売されました
  • 藝術写真の本質が詰まっている写真集です。ページをめくるたびに、あっと驚く写真ばかりです。*久々湊陽一写真集:題名「裸の桃源郷」 判型:A4 頁数100p<カラー92p、スミ8p> 上製本(ハードカバー)  写真集の本文:アート紙(ウルトラサテン金藤)  印刷:株式会社アイワード 印刷技法 カレイド 定価:3,000+税  出版社:共同文化社☆写真集は「アマゾン」と「(株)共同文... [続きを読む]
  • 写真集の写真、情熱の道、ハイアート編
  • 写真集は、6月の末日に第一回目の色校正を出すことになりました。カレイド印刷は、私の写真に限って言えば、全体的に赤系の色に転ぶ傾向があることに気がつきました。それで、プリントテクニカルディレクターの方とと写真1点1点ターゲットの色味と比べながら細かい指示を出すことにしました。同時に、文字校正と直しもお願いしました。先日、ようやく第二回目の色校が出来上がり、数点の写真... [続きを読む]
  • 写真集の写真、情熱の道、ハイアート編
  • 写真集は、6月の末日に第一回目の色校正を出しました。カレイド印刷は、私の写真作品に限って言えば、全体的に赤系の色に転ぶ傾向があることが分かりました。それで、プリントテクニカルディレクターと写真1点1点をターゲットのプルーフ印刷の色味と比べながら細かい指示を出すことにしました。同時に、文字校正の直しもお願いしました。先日、ようやく第二回目の色校が出来上がり、数点の写真の直しを指示... [続きを読む]
  • 写真集の写真、花の化身、ハイアート編
  • 写真集は、カレイドという印刷技法で作ることに成りました。そこで、紙質(光沢紙とマット紙)の違いによる仕上がりを確かめることに成りました。上記の写真を含めて「8pの写真」をテスト印刷することにしました。一番しっくりくる紙で写真集を作ることにしました。そのこと以外でも、上製本の写真集を作ることは、いろいろと大変なことが多いです。とにかく、7月末日の発売を目指しています。写真集の出版... [続きを読む]
  • 写真集の写真、砂丘の男女編
  • 写真集の写真の見せ方やレイアウトも終わり、印刷をする前に最終的な打ち合わせをすることになりました。ストレート写真、合成写真、新カラー写真、モノクロ写真、新モノトーンの写真モノトーンの写真、ソラリゼーションの写真など様々な技法を駆使し、全体的にアート性が強くエロチックで美しい写真集に仕上げました。なおかつ、物語があって楽しめるページネーションにしました。紙の種類で写... [続きを読む]
  • 写真集の写真、薄いアンバーの写真
  • 写真集の本文のレイアウトとプルーフのプリントが終わりました。今日からは、写真集に掲載するアートフォトグラフについての文章を校正しています。1ページに2列の段組みを作り文字を流し込んでみました。とても読みやすいので、これからも段組での文章にしようと思いました。連休中に、全てを終了して、レイアウトや文章の再校正をする予定です。写真集は、6月末か7月の初旬の発売を目指し... [続きを読む]
  • 写真集の写真、裸体の男女<大地編>
  • 漸く、写真集の表紙まわり、ハードカバー、帯や本文ページ8pまで出来上がりました。デザインやレイアウトが終わり次第、プルーフとしての印刷をして確かめています。この形で全て進めていますのでもの凄く時間が掛かります。おそらくプルーフが出来上がるのは、来月の中頃になってしまいそうです。兎に角、一刻でも早く作り上げることが先決です。写真集の発売は、7月の中旬になりそうです。      ... [続きを読む]