へそまげ福子 さん プロフィール

  •  
へそまげ福子さん: へそまげ福子の五七五
ハンドル名へそまげ福子 さん
ブログタイトルへそまげ福子の五七五
ブログURLhttp://hesomage-fukuko.info/
サイト紹介文女の生きざまを詠う福子が今を綴る俳句ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/10/16 08:01

へそまげ福子 さんのブログ記事

  • 春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を
  • はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを 夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。 景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。 沼には生き物がいるのか、幾重にも輪がで […] [続きを読む]
  • 吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤
  • つりばしの まんなかこわし やまのふじ 気軽に渡り始めた山の吊り橋。 だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。 戻るのはいくらなんでもみっともないし。 山藤は蔓性で、龍の […] [続きを読む]
  • 終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜
  • しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも 終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。 これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。 […] [続きを読む]
  • 草 萠 ゆ る 庭 先 床 屋 あ り し 頃
  • くさもゆる にわさきとこや ありしころ むかし、理髪代を節約するため、玄関先に椅子を置いて、子どもを座らせ、ビニールの、それ用の円形のシートを首回りに合わせて掛けバリカンやハサミで髪を切られていた時代があります。 さすが […] [続きを読む]
  • 有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に
  • ありあけの とおしらなみや ながきひに 春になり、日が長くなりました。 いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。 沈みかけたお日さまも同じです。 [続きを読む]
  • 新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団
  • しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。 歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで […] [続きを読む]