おおたとしまさ さん プロフィール

  •  
おおたとしまささん: 育児と介護で一石三鳥
ハンドル名おおたとしまさ さん
ブログタイトル育児と介護で一石三鳥
ブログURLhttps://ameblo.jp/toshimasaota/
サイト紹介文育児と介護を同時にするパパのブログ。じいちゃんと子どもたちがいっしょにいると、意外な相乗効果も!
自由文・パパライターで心理カウンセラー。
・7歳の男の子、4歳の女の子の2児のパパ。
・小学校の英語の非常勤講師の経験も。
・著書に、「パパのネタ帖」(赤ちゃんとママ社)、「笑われ力」(ポプラ社)、「学習塾白書」(全国私塾情報センター、共著)。
・パパ専用オンラインカウンセリングサービス「パパの悩み相談横丁」運営。
http://www.papanonayami.net
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/10/19 00:32

おおたとしまさ さんのブログ記事

  • 公共の場で子供が騒ぎ出してしまったとき
  • 公共の場所で子どもが騒いでしまって、周りの方々にご迷惑をかけてしまうこと、ありますよね。そんなときに知らない人から「うるさい!」などと、親子共々怒られちゃったりすると、顔から火が出るような思いを味わうことになります。 子どもが騒いでしまうのにもいろんなケースがあるでしょう。子どもの年齢によっても状況はさまざまです。親としてしっかりしなければならないときもあれば、親であってもどうにもコントロールでき [続きを読む]
  • 新刊『巣鴨中学校・高等学校』のみどころ
  • 本日新刊『中学受験 注目校の素顔 巣鴨中学校・高等学校』が発売になりました。巣鴨中学校・高等学校は、大塚にある男子校。「硬教育」を掲げ、伝統を重んじる「ザ・男子校」という感じの学校です。でもその厳しさの裏にある男の優しさを描きました。 その本の中から、著者として気に入っているところを抜粋しました。立ち読み感覚で読んでみてください。学校の紹介というよりも、もっと深いメッセージ、どきりとするようなメッ [続きを読む]
  • 新刊『桐朋中学校・高等学校』のみどころ
  • 本日新刊『中学受験 注目校の素顔 桐朋中学校・高等学校』が発売になりました。桐朋中学校・高等学校は、国立(くにたち)にある男子校。西東京の私学の雄です。民主主義教育を掲げ、教員組織も民主主義的運営。まさにリベラルな校風で知られる学校です。 その本の中から、著者として気に入っているところを抜粋しました。立ち読み感覚で読んでみてください。学校の紹介というよりも、もっと深いメッセージ、どきりとするような [続きを読む]
  • ソウルフード
  • 僕のソウルフードはシェーキーズのピザ。ピザが好きなんじゃない。シェーキーズのピザとポテトが好きなのだ。ピザは最もオーソドックスなサラミ&ピーマンがいちばんいい。お店がある場所は限られているけれど、取材や打ち合わせの合間にタイミングが合えば、一人であの食べ放題に行く。 多分僕が幼稚園の年中さんくらいのころだったと思う。家の近くにできたばかりのシェーキーズで母の誕生日会をした。たぶん開店したときにア [続きを読む]
  • 自分を笑い飛ばす力
  •  ここでちょっと考えてみましょう。  D君は泳げません。水深50cmの子ども用プールでさえ怖くて入れません。D君はそのことを誰にも明かさず、噴水にも近付かないようにして暮らしていました。しかしあるとき、友だちと海に行こうという話になりました。D君は「その日はちょっと…」とウソをつき、参加しようとしません。D君は、せっかくの楽しい夏の思い出を友だちと共有することができなかったのです。  D君にとって、「泳げな [続きを読む]
  • みんなもやってる「邪悪な笑い」
  •  簡単に「笑い」を得る2つ目の方法は、子どもだってできる方法です。誰か自分より弱い者をおとしめて、みんなでからかうのです。  こうして文字にするだけでイヤ〜な「邪気」が立ちこめてしまいました。 そちらにも届いていたらゴメンナサイ。これは「邪悪な笑い」と言えます。  しかし、結構ちまたでも「プチ邪悪な笑い」って横行しているように思います。  例えば、友だちの女の子がちょっと奇抜なヘアスタイルにしまし [続きを読む]
  • パパの悩みの新しい潮流
  • 2009年から「パパの悩み相談横丁」というサイトを運営しています。パパたちからの悩みをメールで受け付けて、メールでお答えしています。2009年といえばまだ「イクメン」という言葉が新鮮な響きをもっていたころ。「イクメン」が流行語大賞を取ったのは2010年の年末です。 当時サイトに寄せられるパパの悩みはだいたい次の3つのどれかに分類できました。●育児ストレスを抱えるママからの八つ当たりに耐えられない●育児に対する [続きを読む]
  • 人生を自由に生きる術を伝承する学校「麻布」
  • 拙著『名門校「武蔵」で教える 東大合格より大事なこと』(集英社新書)の出版を記念して、9月16日、紀伊國屋書店新宿本店イベント会場にて、「武蔵vs麻布 本当に変なのはどっち?」というトークショーを開催した。 トークのお相手は『「謎」の進学校 麻布の教え』(集英社新書)の著者の神田憲行さん。神田さんの本が売れたから、今回の拙著の出版につながった。そして私は実は武蔵ではなくて麻布の出身であるという縁もある。 [続きを読む]
  • 男子校でも結婚・出産・育児・家事に関する教育を
  • 女子校の教育にあって男子校の教育にないもの 2017年の初春、東京都練馬区にある名門男子校・武蔵高等学校中学校で、特別授業をさせてもらった。もともとは書籍企画『名門校「武蔵」で教える 東大合格よりも大事なこと』の取材のために学校に通い詰めていたのだが、せっかくならば授業をやってもらえないかという光栄な依頼を受けて実現した。 対象は中学3年生全員。持ち時間は2コマ分。テーマはおまかせ。そこで「ある男子校生の [続きを読む]
  • プログラミングとは新しい絵筆
  • プログラミング教育が注目されている。拙著『習い事狂騒曲』にも掲載したリクルートの「ケイコとマナブ.net」の調査結果によると、2016年度、子供に習わせたい習い事のランキングトップ10に、「パソコン関連」が入った。2020年度以降順次導入される新学習指導要領で、小学校教育でもプログラミング的なモノを取り入れる方針がすでに発表されていることを受けての反応だと考えられる。 プログラミングを学ぶことで論理的思考力が鍛 [続きを読む]
  • 子供たちがそこにいるだけで立派である理由
  • アウストラロピテクスの家族 半年ほど前、ある小学校の全校生徒向けに、「家族について」というお題で特別授業を依頼された。カリキュラム的には「道徳」の一貫だ。各教室での授業では、自分が生まれたときのことを親に聞いて育ててくれたことに感謝しようとか、家族の一員としてお手伝いをしようみたいな話をしたようだ。両親がいない子供はいるだろうし、複雑な家庭事情を抱えている子供もいるだろう。いろいろな家族の形がある [続きを読む]
  • 全国学力テストの結果について
  • 平成29年度「全国学力・学習状況調査(通称:全国学力テスト、学テ)の結果が発表された。http://www.nier.go.jp/17chousakekkahoukoku/index.html 概要を見る限り、全体の傾向としては大きな変化は感じられない。個人的には、子供たちの自己肯定感が若干ではあるが向上していることがうれしい。一方で、今回の調査結果について世間の注目を集めているのは、上位と下位の正答率の差が縮まる傾向にあること、そして部活時間と正答 [続きを読む]
  • 「正義」の刃はいつか必ず自分にも向けられる
  • 相変わらずCMにおける性的表現や性差別的表現についての議論が盛り上がっている。さまざまな意見や観点が提示される中で、「これはOKだけど、これはNG」というような二元論的な議論には矛盾も露呈し始めた。 どんな表現でも不快に思う人はいるし、差別的ととらえられる可能性を全く含んでいないことなんてあり得ない。悲しいけれどそれが人間の限界だから。大切なのはその限界を認めること。 「不快に思う人がいる」「差別と読み [続きを読む]
  • 炎上事案の本質は、ジェンダー意識の違いではない!?
  • 残念ながら、差別は空気のように私たちの日常のそこら中にある。どんなにそれを取り除こうとしても、ひとつを取り除けば別のところにそのしわよせがいく。差別をしないで生きている人などいない。それに気付いていないで、自分の気付いた差別だけを見て他人を責めているのだとしたら、その業(ごう)は恐ろしく深い。 たとえば、親になったからこの差別に気付いた、海外で生活してみてこの差別に気付いたといった瞬間に、子供のい [続きを読む]
  • ネット上での多様性議論についての雑感
  • ネットでの議論・対話は非常に難しい。ちょっとしたボタンの掛け違いですぐに対立構造をつくってしまいがち。 少なくともSNSでは自分の考えを好きなように述べればいい。コメント欄に反論や質問が書き込まれたとしても必ずしもそれに答える義理はない。いちいち自分の思想がどうやってできあがったのかイチから説明するほどお人好しになる必要はない。みんなそんなに暇じゃない。 SNSで自分と違う考えをたまたま見つけてモヤっと [続きを読む]
  • 心理学的に見る人気ドラマ「過保護のカホコ」
  • 番組ホームページより 過保護のカホコというドラマの評価が高い。主演の高畑充希と竹内涼真の好演も光るが、いろいろ思い当たる節がある家庭も多いのだろう。 ●AIも視聴率も好調 『過保護のカホコ』夏ドラマ大穴から本命へhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000326-oric-ent 絵に描いたような箱入り娘の大学生が自ら箱を飛び出そうと成長するドラマである。これを家族システム論の教材として見ることも可能だ。 感 [続きを読む]
  • 『神童は大人になってどうなったのか』
  • 8月17日発売予定の『神童は大人になってどうなったのか』(小林哲夫著、太田出版)を一足お先に読んだ。 タイトルだけを見て最初、教育雑誌によくある天才追跡企画かと思った。しかし実際に読んでみて、別のタイトルを付けるとすれば、『世の中の9割は神童がつくっている』みたいな内容だった。 天才追跡というよりは、子供のころから成績が極めて良かったたくさんの有名人の半生を追っているという感じ。教育のことはもちろん、 [続きを読む]
  • 意見の多様性を認めないのは多様性なのか問題
  • 相次ぐCMの炎上、グーグルでの解雇騒動……。そんな中、SNSで以下のような問題提起を目にした。 多様であっていい社会ならどのような主義も主張も他人が「こいつわかってない」と断じることはできず「あなたはそういう考えなのですね、私は違いますけど、なるほどですね」になるはず。「こいつわかってない」的な袋叩きが、「発言しないのが得」「沈黙は金」に拍車を掛けてる気がした。双方の権利のぶつかり合いで都度その状 [続きを読む]
  • ジェンダーバイアスに関する議論について、メディアの果たすべき2つの役割
  • 社会に根深く存在するジェンダーバイアスについては一つ一つ丁寧に補正をしていかなければならないが、昨今やたらとこの手のことをテーマにした炎上劇が多いことの一因に、社会的な「読解力」の低下もあるのではないかとうすうす感じている。 ジェンダーバイアスには意識的にならなければいけないが、一方で、「どういう対象に向けてどういう目的で発せられたことばなのかという文脈を理解した上で行間を含めて読む」ことをせず、 [続きを読む]
  • 蚊の攻撃から子供を守れ!
  • 夏休みに子連れで海や山へ行くという家族も多いはず。ところで、世界中で最も人の命を奪っている動物が何だか知っていますか? (1)サメ(2)ヘビ(3)蚊 答えは(3)の蚊だと言われています。病原菌の媒介をします。世界的にはマラリアが特に恐れられていますよね。3年ほど前には日本でも「デング熱」騒動というのがありました。熱帯地域で流行することの多い、蚊を媒介とする「デング熱」という病気が、東京でも確認された [続きを読む]
  • 何でもかんでも「エビデンス」言うのはいかがなものか……
  • 教員の養成制度とか免許制度を科学的に効果測定せよみたいな話があるようだが、「教員の能力」をどう科学的に計測してエビデンスしろというのか? むりやり何かの指標を設ければそのルールに最適化した教員を大量生産するだけ。すぐに結果がわかるビジネスの理屈を安易に教育に持ち込むべきではないという典型例。 今話題になっている教員の多忙化の一因に、書類の増加が挙げられている。各種施策の効果測定や人事査定のためのア [続きを読む]
  • 教員の長時間労働を本気で止めないとまずい
  • 教職員の時間外労働にも上限規制を設けるように呼びかける署名運動が注目され、すでに3万7000筆を超える署名が集まっています。 ●教職員の時間外労働にも上限規制を設けて下さい!! 上記署名サイトに書かれている教員の長時間労働の実態は下記の通り。 “現在政府がすすめている「働き方改革」では、民間労働者には、時間外労働の上限規制(罰則付き)が設けられます。しかし、教職員は時間外労働の上限規制の「例外」としまし [続きを読む]