ポン さん プロフィール

  •  
ポンさん: ☆女子☆ポンママがつぶやく物語
ハンドル名ポン さん
ブログタイトル☆女子☆ポンママがつぶやく物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuzumarulife/
サイト紹介文三歳の女の子ポンからはじめたブログ。現在その娘はもう11歳。ポンママは40代がつぶやきます。
自由文ポンという女の子。3歳〜現在11歳のポンの姿、その家族の姿をポンママが綴ります。現在、新しい事への挑戦で毎日を生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/10/21 13:04

ポン さんのブログ記事

  • 三重県まわりゃんせの旅!鳥羽(水族館)
  • まわりゃんせ  大人 9800円×6=58500円          子供 5400×1=5400円  パルケエスパーニャ ホテル 2部屋144090円  鳥羽 胡蝶蘭ホテル  2部屋131220円(大人2人21210円、大人4人@17970円、子供1人17820円  ビール 中864円、ハイボール724円、日本酒300ml 1100円×2 1500円×1137408円 志摩スペイン村 パスポート 大人5300円                   子供3500円 パルケ→伊勢神宮( [続きを読む]
  • 仕事やめて、家族旅行!海外旅行?台湾?ハワイ?
  • 私の旦那の音ちゃんが仕事を辞めた。 おかげで、9月はまるまる有給で休み。(派遣社員だから、派遣法で3年くくりの関係もあるが、なかなか病みそうなところであったので、辞めてしまった。病みそうな会社の事は又いつか記録に残す予定)なせっかくの休みだからとの事で家族旅行!国内高いから、海外に行ってみよう!台湾に行く!→親達を連れて行くには、歩き回らないとダメだよと姉に言われた為、次を考えるグアムでリゾート地で [続きを読む]
  • 豆の上で眠る 湊かなえ
  • よく旅をする会社の同僚。たくさん旅をするから、旅費を抑えるために青春18切符を使ったりもする。その道中で買った本、湊かなえさんの本。『豆の上で眠る』頂いてしまった。有難う。この同僚には、いつも旅の楽しさを教えてもらう。もちろん、一気に読み終える。話の続きがはやく知りたくて、だいぶ飛ばしてしまったかもしれない。2回目はゆっくり読む予定。感想も言い合えてちょっと嬉しい。アンデルセンの『えんどうまめの上で [続きを読む]
  • 秋田清酒 辛口純米 高清水 最近買い過ぎ
  • 2500円くらいでアマゾンで又購入高清水さてさて、音ちゃん、どんな味?味わいのある辛口白身魚など、味の濃くないものと飲むのがいい!そう、そう、水茄子の漬物と呑んでみたいなぁ〜さて、さて、私も呑んでみるうんうん、美味しい!このお酒があるうちに水茄子の漬物を提供したあげよっと、今日は、ユーチューブで、さだまさしサンの歌を聴きながら呑むうんうん、日本酒と合うね〜2018/08/27(水) [続きを読む]
  • 2018夏 父の言葉 大丈夫、覚悟もする
  • 実家にきて、3日目の朝、5時に目覚める。(明日の昼過の出発で帰る予定)田舎では、ますます私は早起き。昨日、ネギの処理(昨年植えて、細くなったネギの皮を剥く)をしたので、朝から父とそれを畑に植える作業。 肥料をまいて、畑を耕す。耕すといっても機械で耕す。その間に一列に穴を開けていき、そこに5束づつ、25センチくらい幅をとって、ネギをねかしていく。そこに少しだけ土をかける。あまり深く埋め込む必要はなく、この [続きを読む]
  • 紀土 夏ノ疾風 純米吟醸酒
  • 最近、ますます、音ちゃん、日本酒にはまってます。無くなると、アマゾンで購入。又、新たな日本酒ゲットさて、さて、感想、口に含んで、すぐではなく、後から香りだつ、さっぱりと飲みやすいお酒さてさて、私は、氷を入れて飲むうん、うん、最近、徐々に私も日本酒をたしなむ。ゆっくり飲めるのがいい2018/08/23(木)今日は、音ちゃんが休み、娘もまだ夏休み。台風きて塾もなくなり、夕飯後、スイッチでカラオケ大会。歌を聴き [続きを読む]
  • 2018夏 海 ◯◯禁止からのジャンプからの
  • ともちゃんが何種類かの浮き輪を買ってくれていたので、娘は、海をさらに楽しみにしていた。みなで、海にいく。が、遊泳禁止。とりあえず、皆でジャンプ。父も交えてジャンプこの日の予定がなくなり、まず墓参りからの栗田のオッパマ浜をチェックしてドライブしつつ天橋立からの天橋立駅前にある温泉に入るそこで、ちょっとしたトラブル。水着を着ているので入口の横の所で脱いで下さい!と言われる。海で泳いでいないこと、これを [続きを読む]
  • 恋せども、愛せども 唯川恵
  • 唯川恵さんの小説、続けて読んでます。最近、唯川さんワールドにどっぷり浸かった私。『恋せども、愛せども』は、血が繋がっていない家族達。特殊な家族の形態。世の中には様々な形態の家庭がある血のつながりのない家族特殊な家族と思いきや真っ当な家庭そこで育った姉妹達がそれぞれの人生を歩む中で、様々なトラブルを抱える親の生き方をみて、その姉妹達は、その壁を乗り越える大事だなぁ、ちゃーんと、生きよう!って素直に思 [続きを読む]
  • 2018夏 コウモリが自宅に?記憶が蘇る
  • 久々に姉夫婦と一緒に実家娘とも一週間ぶりに会える。娘リクエストでバーベキュー。こっちでよく遊んでもらった幼じみの子供達も来てくれた。幼じみのかずちゃん夫婦もきてくれた。かずちゃんは、村で唯一の同級生(男性)。小学生の頃は、かずちゃんのところも私のところも三兄弟、兄弟同士よく遊んだ。今、かずちゃんの家庭と交流を持てる事に感謝。 幼じみのかずちゃんと、私と姉での昔話に花が咲く。あの頃の冒険。あの頃、洞 [続きを読む]
  • おじいさん、おじさん〜終戦記念日
  • 私のおじいさんは、太平洋戦争で戦死。子供1人、妻を残して。郵便を戦地にとどける仕事をしていたと聞いたような気がする。私のおばあさんは、自身の親や親戚の力を借りながら、、誰とも結婚せず、息子を育て3人の孫をもうけて、92歳くらいで死にました。 おばあさんは、いいところの生まれで(お金は無かったけれど)、一人娘でした。田舎の娘のところに養子としてやってきてくれたおじいさん。それは、それは、やさしい人で、 [続きを読む]
  • 会うべきか?いよいよ当日 巡る思い編
  • 10年ぶりの彼との再会。金曜日、待ち合わせは、7時。仕事終わり、1度帰宅して、待ち合わせ場所に向かう。彼から、到着し近くの銀行の中で涼んでいるとLINEあり。少し遅れて私も到着し彼を発見。うんうん、そうそう、大人になったけど、変わらない彼。会えて、なんかやっぱり嬉しい。久しぶり!と挨拶をし、話が尽きない。この子は、昔からそういえば大人だったなぁ〜、何でこんなに自然な感じなんだろう?と思いが巡る。彼と関係が [続きを読む]
  • 会うべきか?面倒くさい私編
  • ラインに連絡が来た。大阪出張に来るので、金曜の夜にディナーでも、どうですか?今日は、水曜日。金曜日は明後日。なんか、えっ、誰?ラインの名前ってわかりにくく、最初わからなかったが、。私が20代の頃、証券会社で働いていた頃、上司に連れて行ってもらった小料理屋で、バイトしていた近くの高専に通う男子。20年前に出会い、実家にも彼女を連れて遊びに来てくれた。確か、10年前にも連絡があり、大阪でかるーく飲んだのを思 [続きを読む]
  • 未来のみらい 映画の感想
  • 未来のみらいの映画が見たいと、娘からのリクエストあり、日曜日の朝8時40分上映に行く。内容は、なかなか想像の通り。平和な何気ない話。お子さんがいる家庭は、もちろん、兄弟がいる家庭にも響くストーリー。6年生の娘は、面白かったって喜んでいたので、とりあえず満足。懐かしい気分には、なった。姉や弟と過ごした幼い頃を思い出す。大好きなおばあちゃんや、戦死したおじいさんに会いたくなった。山下達郎さんの曲もぴったり [続きを読む]
  • とろける、とろける 唯川 恵
  • とろける、とろける 唯川恵さんのEROSな本。大人な本エロスな本。 女性のEROS は、なかなか秘め事。だから、女性は、他人の女性のEROS をあまり知らない。深く聞かないのが、マナー。薄っぺらいEROSな話で盛り上がる。EROSの中の幸せ、それが過ぎると、悲惨な事態をうんだりする。上手に扱わないといけない。とりあえず、それぞれの女性が隠しているEROS がこの本にありました。 [続きを読む]
  • 息が止まるほど 唯川恵
  • 息が止まるほど 唯川恵さんの短編ストーリー女性中心の恋愛ストーリー。現実的で、女と女の戦い。嫉妬、不幸に思われたくない見栄、女は、何歳まで女なのか?結婚、独身、周りの目、。自由に生きることができない。長く女性をやっているとその重圧に負けてしまい、心が病んでしまう時がある事は、経験済。いろんな女性の物語、思わぬ展開ありだけど、共感できる事がたくさんあって楽しませて頂きました。2018/08/02(木) [続きを読む]
  • 小さいオッさんと朝に出会う
  • 朝、家を出る。駅迄、徒歩で向かう途中、娘の友の弟が家の前で、水まきをしている。2年生の男の子。やんちゃだけど、お母さんとお兄ちゃんが大好きな男の子。ママはバリバリのキャリアウーマン。女1人で育てているから、しょうがないが、夜勤もあり、なかなか寂しい思いをしながら、頑張っている。家もお店をやっていて、皆忙しい。 去年、お兄ちゃんが林間で3泊する時は、半べそをかいていた。お母さんが夜勤の時や仕事で夜遅い [続きを読む]
  • 風景画の描き方教えて!夏休みの宿題に付き合う母
  • いつもなら、夏休みに娘は長期、田舎に帰り、じじ、ばばと過ごしてきたが、今年は、塾やらあるから、そうはいかなくなる。自身が決めた事。しょうがない。平日、私も仕事をしてるので、せっかくの夏休みを一緒に過ごせないので、週末から月曜まで、実家の田舎に帰る。海にも連れて行き、翌日は、娘が宿題の絵をどうやって描いていいかわからないというものだから、一緒に近くの鉄橋の写真を撮りに行き、私も一緒に絵を描く最初は、 [続きを読む]
  • 永遠の途中 唯川恵
  • 永遠の途中 唯川恵さんの本「啼かない鳥は、空に溺れる」を読んで、唯川さんを知るこの話も女性の物語、母と娘。そして、「永遠の途中」も又、女性の物語 2人の女性の人生女性の人生、何が幸せかって難しい仕事をする事か?子供を産むことか?結婚して、家族に尽くす事か?どちらも両立させるのが、最高なのか?女性なら、必ずわかる話がここにある私は、又、この2人の女性とは、別の人生。でも、わかる、女性の人生は、多かれ少 [続きを読む]