ジッコ さん プロフィール

  •  
ジッコさん: 風の谷のフルート
ハンドル名ジッコ さん
ブログタイトル風の谷のフルート
ブログURLhttps://ameblo.jp/flute-friend/
サイト紹介文趣味で始めたフルートを中心に徒然に書いています
自由文フルートを上達する上で思うこと
コンサートの印象
好きなフルーティスト
などについて書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/10/21 20:24

ジッコ さんのブログ記事

  • 英会話・発音編
  • 昨日、今日とまるで夏のような暑さでしたね。私が子供の頃は、気温30度と言えば盛夏でした。今や真夏は40度にまで達することも珍しくなくなりましたね。 この暑さで新宿御苑の桜もすっかり散ってしまいましたが、昨日には内閣府主催の恒例の桜を見る会が開催されました。(May J. 顔が小さい!) さて、5月に迎えるオーストラリアの来賓の接待に備えて、英語のプレゼンテーションは何とか完成しましたが、発音に自信がありません [続きを読む]
  • 英会話のチャンス到来
  • 今年の冬はいつもの年よりも寒く、庭のジャスミンも越冬できずに枯れてしまいました。ところが、春の到来は早く、桜が終わったかと思うと5月の花のハナミズキがすでに満開です。ゴールデンウイークに満開になる、茨城県ひたち海浜公園のネモフィラやチューリップもすでに見ごろを迎えています。 そして、ゴールデンウイークが明けると、オーストラリアからの来賓をお迎えすることになりました。昨年の4月からコツコツと勉強して [続きを読む]
  • 読書三昧
  • 今年の元旦に掲げた目標の一つが「本を50冊読む」でした。一年の1/4が終了した3月末までに読んだ本は40冊。このペースなら目標がクリアできそうです。 私は、子どもの頃から学生時代、社会人になってからも本は全く読みませんでした。読んだ本は、アメリカのテレビドラマの「バイオニックジェミー」というサイボーグのシリーズくらい。中学生の時に読んだ本を言えるくらい、本を読んでいなかったのです。今は、戦後の近代化が終 [続きを読む]
  • 期待と不安の移り変わり
  • 平成29年度が終わり、恒例の人事異動がありました。長年に渡ってお世話になった先輩たちの第2の人生の幸を祈りつつお別れし、来月からは新しい職員との出会いが待っています。桜の季節は、出会いと別れ期待と不安の季節でもあります。齢を重ねると、不安な気持ちは次第に少なくなり、新たな仕事、新たな出会いとの期待の方が大きくなっていることに気づきます。心の方も歳とともに成長しているのでしょうか。 昔は、花と言えば [続きを読む]
  • たばこをたくさん吸えばアルツハイマーになりにくい?
  • 今週読んだ統計学の本に興味深い話が書いてありました。 「脚の長い人ほど頭がいい!」と言ったら「うそだ〜」と思うでしょう。でも、本当の話なんです。そのトリックは…赤ちゃんは足が短いですよね。と言えば答えが分かります。 さて、「たばこをたくさん吸う人ほどアルツハイマーにかかりにくい」これはどうでしょう。答えは、「たばこをたくさん吸えば早く死ぬので高齢になるほど発症するアルツハイマーになるまで生きる人が少 [続きを読む]
  • はん亭で串揚げ
  • お彼岸にお墓参りに行ってきました。春だというのに東京に大雪警報が出される中のお墓参り。墓地の枝垂れ桜が満開で、鉛色の空から降りしきる雪の中の桜もなかなか風情があります。 靴も靴下もびしょ濡れで体も冷え切ったところで、根津のはん亭でランチを食べて暖を取りました。はん亭の建物は、1912年(大正初期)に建てられて有形文化財に登録されています。ランチは予約をしないと食べられないほど人気なので、雪の中でも満席 [続きを読む]
  • 「そだね〜」に学ぶ会話法
  • 平昌パラリンピック開幕中ですが、オリンピックで感動したのはカーリング女子でした。チームメイトの失敗を絶対に責めない。常に笑顔を絶やさない。そして、主将マリリンへの絶対の信頼。(コーチよりも信頼していたそうですね) そだね〜の掛け声も話題になりました。実は、最近会話法の本を読んで、この「そだね〜」は会話をスムースに進めるためのキーワードであることを知りました。 会話法の要点は、1.常に相手を主語にして [続きを読む]
  • 書きつくせない7年間
  • 今日は、東日本大震災から7年目です。当時、私は職場にいましたが、船に揺られているような揺れが東西方向に長く続きました。その後のテレビ中継の衝撃。「あ〜!俺のふるさとが!あ〜、おじさんの家が〜」仙台出身の同僚の悲痛の叫び声が今も忘れられません。 それから、半年後、私は女川町から依頼を受けて現地に赴きました。新幹線で仙台駅に降りたときには、「あれ?全く被害がない…」と不思議に思ったくらい、仙台市内に震 [続きを読む]
  • 演奏後のフルートの手入れ
  • 皆さんは、演奏した後のフルートの手入れはどうされているでしょうか?一日に何度か練習する時に、一々手入れをするのは、意外と面倒ですよね。私は、最近、画期的な簡単なお手入れ法を発見してしまいました。 「フルートの手入れはどうしたらいいのですか?」フルートを購入した時に、新宿のドルチェ楽器の店員さんに聞いたことがあります。その答えは、「スプレー容器に薬局で売っているアルコールと4倍の水を混ぜてつくってお [続きを読む]
  • 同時通訳者が教える英会話習得法
  • 枝廣淳子さんという同時通訳者が書いた「朝2時起きで、なんでもできる!」という本を読みました。内容は、生き方の哲学的な本ですが、著者は学生の頃全く英語が話せずに、社会人になってから英会話の勉強を始めて同時通訳の資格まで取った人です。 朝2時起きで、なんでもできる! Amazon 「人が嫌がってやらないことに手を挙げるのは、20%の大変さはあるけれども、200%自分にプラスになる。」「まわりが変われば、自分がどう見 [続きを読む]
  • もうやめませんか?恵方巻き
  • みなさんは、恵方巻きを食べましたか?私は食べません。昨年、日本の恥ずべき実態を知ってから、食品ロス削減に取り組んでいるからです。おさらいをしますと、日本が一年間に廃棄する食品は621万トン。餓死を防止するために国連が貧しい国に送る食品の量の約2倍の量の食品を日本は廃棄しています。この写真を見てください。お祭り騒ぎが終わって、今年廃棄された恵方巻きの一部です。お店では、在庫切れにならないために売れる量 [続きを読む]
  • ショック!録画が全てパー
  • 今日は、ショックな出来事がありました。私は、平日はほとんどテレビを見ない代わりに、録画をして週末にまとめて見ています。うちのテレビは、10年前に購入した液晶テレビなので録画端子がありません。そこで、録画のために当時ブルーレイよりはるかに安かったHDDレコーダー(チューナー付き)を購入して録画していました。HDDレコーダーだけでは容量が足りなくなったので、外付けHDDも付けて。先週、このレコーダーが [続きを読む]
  • 悩み=希望
  • 悩みがあるということは、それだけ選択肢が多いということです。若ければ若いほど選択肢が多いから悩みも多いのだと思います。若さゆえの悩みは、希望とも言います。私のような年齢になると、選択肢がどんどん少なくなっていくので悩みも無くなりますから。悩んだ時は、「私には希望があるんだ」と思いましょう。 [続きを読む]
  • ブルームーン
  • 今夜は3年ぶりのブルームーンですね??なんてロマンチックなのでしょう。でも月が青くなるわけではなく、とても珍しいことを「月が青くなる」と例えた諺が語源です。ブルームーンとは、同じ月の2回目の満月のことです。ちなみに私が昔撮影したブルームーンです。(青く見えるのはレンズのフィルターのせいです) [続きを読む]
  • 問題が起きた時の対処法
  • 新年会シーズンも、あと2つで終わりになりました。今、新年会での話題は、48年ぶりの寒さとハレノヒの不祥事でしょうか。ハレノヒの社長がようやく記者会見を開きましたが、これまでの対応は最低でしたね。その対応のまずさの原因と、本来とるべき対応について書いてみたいと思います。 自分の力だけではどうしようもない問題が起きて、パニックになって、やるべきことができなかったことが根底の原因です。たとえば、会社の製 [続きを読む]
  • 憂鬱な気分を転換する方法
  • マナーの悪い人を見たとき。好意を理解されずに誤解されたとき。身に覚えがないことで怒られたとき。信頼していた人に裏切られたとき…今の世の中で生活していると、気分がいいことばかりではありません。年明け早々、電車の中での小競り合いを見ました。「押すなよ」「お前が押したからだろ」「混んでるんだから仕方ないだろ」傍から見ていると、何でこんなにくだらないことでエネルギーを使っているのかと思いますが、このような [続きを読む]
  • 心はどこにあるのか
  • 最近、心の鍛え方について勉強し実践していますが、筋肉を鍛えるのと同じように「心はどこにあるのか」が分からないと鍛えられませんよね。 心は脳にある?普通はそう思います。だって、人間は脳で物事を考えますから。それでは、人間は脳だけで生きられるのでしょうか。人から脳を取り出して、生理食塩液につけて血液を人工的に循環させれば「私」という存在、すなわち心は身体があった時と同じでいられるのでしょうか。また、他 [続きを読む]
  • 割れたガラスが再生する
  • 驚きのニュースを読みました。 東京大学大学院の研究チームが、割れても30秒押し付けるだけで元に戻るガラスを開発したそうです。その夢の素材は、ポリエーテルチオ尿素という初めて聞く何やら難しそうな名前です。たとえば、割れたガラスのスマホを使っている人をよく見かけますが、この素材を使えば自動的に修復するのでは?と世界中の注目を集めています。研究者は、「粉々に割れてしまったら修復は難しい」と言いますが。 スマ [続きを読む]
  • 母の誕生日祝い
  • 今日は、母の83歳の誕生日。仕事を半日で切り上げて、実家の自由が丘で待ち合わせてお祝いをしました。お寿司?うなぎ?焼肉?何が食べたいか聞いたところ、今日はとても寒いから焼肉が食べたいというので、花十番という焼肉屋に行きました。83歳になっても焼肉が食べたいとは、元気の印ですね。花十番は、女子に人気の焼肉屋で、私の他のお客さんは全員女性でした。私の中では、「女性に人気のお店にはずれはない」という神話があ [続きを読む]
  • 歯医者の値段
  • 1月3日に歯のかぶせ物が取れてしまいました。実は、半年ほど前からぐらぐらしてたのですが、前に通っていた歯医者さんから「この歯はもう治療できないので、今度痛くなったら歯茎を切って根元からアプローチするしかない」と言われていた歯なので、てっきり歯自体が抜けそうになっているのだとばかり思っていました。ところが、歯に埋めたコアにかぶせてあったプラスチックがぐらついていただけでした。土日も治療してくれる近所 [続きを読む]
  • 焼き餃子用鉄鍋
  • 休日の料理は私が担当です。平日でも焼き餃子の時は、私が焼きの担当です。焦げ目の少ない白々した餃子は嫌いなのです。それでも今までは、今ひとつ満足した焼き加減にはなりませんでした。(焦げ目が不均一、表面がブツブツ) どうしたら、中華料理屋や餃子専門店のような綺麗な焼き色ができるのか?色々調べていたところ、餃子用の鉄鍋を使うといいらしいのです。餃子用の鉄鍋の特徴は、鉄の厚さが4.5ミリと半端の無い厚さにあり [続きを読む]
  • 正月の犬
  • 正月休みに実家から親と柴犬を連れて来ました。ハナという名のメス犬は私にとてもなついていて、夜寝ようとすると、私の布団の足元で先に寝ています。私が寝ると、犬が邪魔で足が伸ばせないわ、寝返りがうてないわで困ります。私の迷惑を察するのか、しばらくするとしぶしぶ布団から出て、自分の寝床に移動します。朝、視線を感じると私の顔のところに来てじっと見つめているので、布団を開けてあげると、さっそく潜り込んで顔だけ [続きを読む]
  • 年末からのダイエット記録
  • 若い頃は、おやつにポテトチップ1袋にコーラを1ℓ、食事は1日5食とっても全く太ることができなかったのに、50歳を過ぎると急にお腹まわりだけが太り始めるようになりました。医者に言わせると、一番健康によくない体質なのだそうです。その理由は、1.若い頃から太りたいという願望がある人は、満腹まで食べる習慣が身についている。2.やせ型の体質で中年になって新陳代謝が落ちると、内臓脂肪だけが増えてくる。3.内臓脂 [続きを読む]
  • 今年の目標
  • 新年あけましておめでとうございます。 昨夜は、今話題の築地市場にある波除神社(なみよけ)で師走にいただいた宝船の御朱印を枕元に置いて寝ました。この御朱印を枕元に置くと、吉運の初夢が見られるということです。確かに夢を見ましたが、内容は忘れてしまいました。きっと素晴らしい夢だったことでしょう。宝船の御朱印は、12月7日限定で、しかもその年に七福神の御朱印を1つ以上いただいていることが条件でいただけます。七 [続きを読む]
  • 箱根神社
  • 2泊3日で箱根に来ています。ロマンスカーで箱根湯本に到着した後、登山電車で強羅まで行ったのですが、大涌谷のガスの濃度が高く、ロープウェイが運休に。????そこで予定を変更して、強羅からバスでガラスの森に行きました。京都と同様、外国人でバスは超満員。乗れない人もいました。数年前に来た時は、強羅駅にタクシー??が溢れていたのに、今日は1台もありません。箱根も外国人観光客で交通機関がパンクしてます。10年 [続きを読む]