ジッコ さん プロフィール

  •  
ジッコさん: 風の谷のフルート
ハンドル名ジッコ さん
ブログタイトル風の谷のフルート
ブログURLhttps://ameblo.jp/flute-friend/
サイト紹介文趣味で始めたフルートを中心に徒然に書いています
自由文フルートを上達する上で思うこと
コンサートの印象
好きなフルーティスト
などについて書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/10/21 20:24

ジッコ さんのブログ記事

  • はん亭の串揚げ
  • 久しぶりに根津のはん亭で串揚げをいただきました。予約をしないと入れない超人気店です。台東区の有形文化財に指定されている古風な建物です。 まず先付は、生ハム。上に乗っている季節のくだもの(いちじく、ぶどう)と一緒にいただきます。 そして、メインの串揚げですが、本日はえびのしそ巻豚の谷中生姜包み枝豆すずき牛ヒレ肉&ごぼうお麩のくるみあえホタテレンコン&カレーでした。合間には、ナスの煮つけが出されました。 [続きを読む]
  • 焼き立てマフィン
  • 台風が過ぎたと言うのに、東京地方は今日も風が強かったです。町田にある焼き立てマフィン屋さんに行ってきました。昨年まで家の近所にあってよく通っていたのですが、その美味しさが評判になって町田駅のすぐ近くに移転したのです。Muffin & Bowls cafe CUPSというお店です。マフィンは、国産小麦粉、安心できる卵、きび砂糖と体に安心な材料でつくられています。実は、今日久しぶりに行った理由は、かき氷が食べたかったのです。 [続きを読む]
  • 第二の人生の過ごし方
  • 最近、「セカンド・ライフ」という言葉が流行ってますね。世界的ベストセラーの「LIFE SHIFT」 リンダ・グラットン著が元になっているのですが、私も先月誕生日を迎えいよいよ定年退職まで数えるほどとなり、真剣にセカンドライフを考え始めています。私が就職した頃、定年間近の上司はほとんど老人という感じでしたが、自分の感覚ではまだまだ青年−歳だけが勝手に増えて行く感じです。(今の若い子が見ればやっぱり老人?) さて [続きを読む]
  • 苔テラリウムに挑戦
  • 皆さんは、どのように夏休みをお過ごしでしょうか。私は、英会話の勉強、体のトレーニング、読書など、まるで学生の頃の夏休み予定表のような時間を過ごしています。そして、先週のブログでご紹介した苔ワークショップでテクニックを教えていただいてから、少し上級の苔テラリウムの作品づくりもしました。 これが、すでにご紹介したワークショップで完成した苔盆栽です。先生オリジナルの「むっちゃん」という石のオブジェは、な [続きを読む]
  • 社会は変えられる(読書日記)
  • 最近読んで感動した本をご紹介します。「社会は変えられる−世界が憧れる日本へ」 2018年6月発行 著者 江崎禎英 社会は変えられる: 世界が憧れる日本へ1,944円Amazon 著者は経産省の国家公務員ですが、本を読んで初めてものすごい実績の持ち主であることを知りました。他の省庁や国会議員を敵に回してまで目の前の困っている人を助ける姿勢は、まるで現代の白洲次郎だと思いました。 【内容の概要】今の日本で一番危機的な状況 [続きを読む]
  • 苔盆栽のワークショップ
  • コンパクトカメラを購入しました。一眼レフも持っていますが、普段のスナップショットを撮るには重いですし、料理を撮るのにお店で一眼レフを構えたのではひんしゅくを買うでしょう?スマホのカメラ機能もかなり向上したとは言え、専門のカメラにはかないませんので。買ったのは、キヤノンのコンパクトデジカメです。他のメーカーと悩みましたが、友達がキヤノンに勤めているので。ちなみに、「キャノン」は間違えで、「キヤノン」 [続きを読む]
  • 犬吠埼の旅日記
  • 水郷佐原に続いて、宿泊した犬吠埼の旅日記です。犬吠埼は、千葉県の最北東にある岬で、すぐ北側には漁港で有名な銚子港があります。 観光と言っても太平洋を臨む景色くらいしか見どころがないのですが、鉄道ファンに有名な銚子鉄道が走っています。銚子鉄道は、経営難によって何度も廃線の危機がありましたが、構内で販売したぬれ煎餅の大ヒットによって危機を乗り越えました。今では、売り上げの7割をぬれ煎餅が占めているそう [続きを読む]
  • 水郷佐原
  • 茨城県に近い千葉県の北部、水郷の町、佐原に行ってきました。佐原は、徳川幕府時代に商業の町として栄えたので、今でも小江戸と呼ばれています。この地域で獲れた米を江戸に運ぶために、この佐原で小舟に積み替えて小川を下ったそうです。また、日本地図を最初につくった伊能忠敬の住居があることでも有名です。ちょうどこの日は、大祭の真っ最中で、大きな山車が出されていました。本当は、半日かけてゆっくり町並みを見物したか [続きを読む]
  • 京都視察
  • 洪水の被害などを確認するために、被災自治体の中でもご縁のある京都市に視察に行ってきました。京都市役所は、昭和6年に竣工して今年で87歳の趣ある建物です。現在、老朽化に伴う延命化工事の最中で白いフェンスに囲まれていました。 結論を言いますと、京都市の洪水被害は、鴨川の護岸の一部が崩れただけでした。川岸に立ち並ぶ川床料亭も無事でした。それ以外は、被害の跡は見当たらず、外国人観光客たちがTシャツに半ズボ [続きを読む]
  • つららの盃
  • 西日本のブログ友のみなさま、記録的な豪雨で被害を受けていないでしょうか。不眠不休で救護活動をされている公務員のみなさまもお疲れ様です。 さて、私も来週、西日本に行くこととなりましたので、必要物品を購入しに大型スーパーに行きました。そのスーパーに行くと、「神保町いちのいち」という私の趣味に合う雑貨店に必ず寄ってしまいます。定番の商品の他に、期間限定で全国の旬な雑貨を売っているからです。今日は、この盃 [続きを読む]
  • 娘の引っ越し
  • 昨日は早朝から夜まで娘の引っ越しを手伝いました。荷物を車いっぱいに押し込んで、東京の郊外にある自宅から大東京を横断して下町まで。都心のドライブは、車線こそ広いもののタクシーやトラックが縦横無尽に車線変更をして、まるで中国やインドのように気を使います。カーナビの案内に従って地下道を走ったかと思えば、地上に出てすぐ左車線へ。ゴールド免許の私は、そんな無謀なことはできず、真っ直ぐ走って行くと六本木ヒルズ [続きを読む]
  • 初めてのTOEIC
  • 会社の昇任試験を受けて以来、十数年ぶりに大学の門をくぐりました。若い学生たちに混じって、今更ながら初めてTOEIC試験を受けるためです。郊外にできた大学は敷地も広く、構内の芝生や木々が美しくて、まるで外国にいるようでした。TOEICは順位ではなく、普段の英語力が点数で示されるということなので、試験の内容や時間配分などを全く予習せずに臨んだのですが、これが大失敗。試験が始まると、回答の仕方などが全て英語で説明 [続きを読む]
  • あやめ祭り
  • 今年は、すべての花の咲く季節が少しずつ前倒しになっているようです。近くの公園で、今日からあやめ祭りが始まりました。でも、あやめの花はすでに満開でした。多くのカメラマンが咲き誇るあやめを写真に収め、おとしよりがゆったりとした時の流れの中で花を愛でています。私も、久しぶりに一眼レフを持参して、数枚写してきました。お祭りの趣向として、あやめ女のあやめ摘みと言って、花がらを摘む姿も見ることができます。そし [続きを読む]
  • 5月の奇跡
  • 早いもので5月が終わり、梅雨の季節に入りました。 5月には色々なことがありました。英会話を一生懸命練習して、オーストラリアの来賓をお迎えした際、自己紹介こそできたものの彼らの話す言葉がほとんど分かりませんでした。今月には、初めて挑戦するTOEICが待ち受けているというのに。今、TEDをインターネットで聞きながらリスニングに重点をおいて勉強しています。 奇跡も起きました。国家機密が漏れるといけないので [続きを読む]
  • 数十年ぶりの銀行
  • 会社の休みをもらって数十年ぶりに銀行に行きました。銀行は、平日の9時から15時しか窓口が開いていませんので、どうしても休みを取る必要がありますね。 主目的は、将来に備えて少しでも貯蓄しようと思ったからです。貯蓄を思い立ったきっかけは、最近読んだ本でピケティの法則を知ったためです。r>gr:資本収益率、 g:経済成長率世界経済全体の成長よりも、投資で上がる利益のペースのほうが早いという法則です。この法則 [続きを読む]
  • 行列のできる讃岐うどん かいと
  • 町田のタウン紙に掲載された、町田市の野津田にある讃岐うどんのお店「かいと」に食べに出かけました。駅からはバスでしか行くことができない不便な場所にあるにもかかわらず、先週は開店20分後に車でお店に着きましたが、すでに駐車場がいっぱいで道路上にも3台待機していたので諦めました。今日は、開店30分前に到着したのでリベンジ成功です。 開店と同時にほぼ満席。その理由は、メニューを見て分かりました。タウン紙だけで [続きを読む]
  • 愛犬天国に旅立つ
  • ゴールデンウイークが明けた5月9日の早朝に愛犬ジョンが天国に旅立ちました。享年19歳と4ヶ月で、葬儀をお願いした動物霊園の最長寿記録でした。人間で言えば100歳以上だそうです。前の日に、ご飯と水を摂り、眠ったまま気持ちよさそうに永眠しました。5月8日の娘の誕生日プレゼントに飼った犬なので、娘の誕生日を祝うまで頑張ったのだと思います。一つの命が亡くなるたびに、不思議に思うことがあります。その肉体はこの世 [続きを読む]
  • GWはうなぎで精をつける
  • 今日からゴールデンウイークも後半に入りました。後半に備えて精をつけるためにランチに久しぶりにうなぎを食べました。うなぎは、稚魚の漁獲量が激減しているために絶滅危惧種に指定されていますが、激減している原因は不明だそうです。これは、春に漁が解禁されるシラスも激減しているのと同様に気候変動や環境の変化などが原因かも知れません。ただ、土用の丑の日に売れ残りを承知で大量にうなぎの蒲焼をつくる習慣は改める必要 [続きを読む]
  • 英語のプロが教えるツールの活用法
  • 栃木県にあるあしかがフラワーパークの藤の花が満開です。あしかがフラワーパークは、米国CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先」に日本で唯一選ばれています。毎年、ゴールデンウイークの大藤が咲く季節になると周辺道路が大渋滞していましたが、今月、栃木県で35年ぶりの新駅「あしかがフラワーパーク駅」ができて、駐車場も6000台分整備されました。 さて、本日発売の英会話の本をご紹介します。同時通訳者の日本通訳サービス代表 [続きを読む]
  • 英会話・発音編
  • 昨日、今日とまるで夏のような暑さでしたね。私が子供の頃は、気温30度と言えば盛夏でした。今や真夏は40度にまで達することも珍しくなくなりましたね。 この暑さで新宿御苑の桜もすっかり散ってしまいましたが、昨日には内閣府主催の恒例の桜を見る会が開催されました。(May J. 顔が小さい!) さて、5月に迎えるオーストラリアの来賓の接待に備えて、英語のプレゼンテーションは何とか完成しましたが、発音に自信がありません [続きを読む]
  • 英会話のチャンス到来
  • 今年の冬はいつもの年よりも寒く、庭のジャスミンも越冬できずに枯れてしまいました。ところが、春の到来は早く、桜が終わったかと思うと5月の花のハナミズキがすでに満開です。ゴールデンウイークに満開になる、茨城県ひたち海浜公園のネモフィラやチューリップもすでに見ごろを迎えています。 そして、ゴールデンウイークが明けると、オーストラリアからの来賓をお迎えすることになりました。昨年の4月からコツコツと勉強して [続きを読む]
  • 読書三昧
  • 今年の元旦に掲げた目標の一つが「本を50冊読む」でした。一年の1/4が終了した3月末までに読んだ本は40冊。このペースなら目標がクリアできそうです。 私は、子どもの頃から学生時代、社会人になってからも本は全く読みませんでした。読んだ本は、アメリカのテレビドラマの「バイオニックジェミー」というサイボーグのシリーズくらい。中学生の時に読んだ本を言えるくらい、本を読んでいなかったのです。今は、戦後の近代化が終 [続きを読む]
  • 期待と不安の移り変わり
  • 平成29年度が終わり、恒例の人事異動がありました。長年に渡ってお世話になった先輩たちの第2の人生の幸を祈りつつお別れし、来月からは新しい職員との出会いが待っています。桜の季節は、出会いと別れ期待と不安の季節でもあります。齢を重ねると、不安な気持ちは次第に少なくなり、新たな仕事、新たな出会いとの期待の方が大きくなっていることに気づきます。心の方も歳とともに成長しているのでしょうか。 昔は、花と言えば [続きを読む]
  • たばこをたくさん吸えばアルツハイマーになりにくい?
  • 今週読んだ統計学の本に興味深い話が書いてありました。 「脚の長い人ほど頭がいい!」と言ったら「うそだ〜」と思うでしょう。でも、本当の話なんです。そのトリックは…赤ちゃんは足が短いですよね。と言えば答えが分かります。 さて、「たばこをたくさん吸う人ほどアルツハイマーにかかりにくい」これはどうでしょう。答えは、「たばこをたくさん吸えば早く死ぬので高齢になるほど発症するアルツハイマーになるまで生きる人が少 [続きを読む]
  • はん亭で串揚げ
  • お彼岸にお墓参りに行ってきました。春だというのに東京に大雪警報が出される中のお墓参り。墓地の枝垂れ桜が満開で、鉛色の空から降りしきる雪の中の桜もなかなか風情があります。 靴も靴下もびしょ濡れで体も冷え切ったところで、根津のはん亭でランチを食べて暖を取りました。はん亭の建物は、1912年(大正初期)に建てられて有形文化財に登録されています。ランチは予約をしないと食べられないほど人気なので、雪の中でも満席 [続きを読む]