鵜の目 さん プロフィール

  •  
鵜の目さん: 鳥写2 - 最近出会った鳥とその研究
ハンドル名鵜の目 さん
ブログタイトル鳥写2 - 最近出会った鳥とその研究
ブログURLhttps://bird.laboratory.ne.jp
サイト紹介文自宅周辺の河川を中心に、関東圏内外で鳥類の写真を撮っています。
自由文千葉県北西部に位置する印旛沼と周辺の河川がホーム、ここに生息する野鳥が主役。
千葉県内全域の点と点で結ぶポイントを活動エリアに入れた場所の鳥類を探ってシャッターチャンスを狙って、更にベストを目指して勉強中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/10/23 00:29

鵜の目 さんのブログ記事

  • 小鯵刺
  • チドリ目/カモメ科のコアジサシです。黄色いくちばしの先が黒く、脚は黄色の小型のアジサシです。にほんには夏に渡来して繁殖するようです。海岸に営巣して、子育てをしているようです。ときおり海にダイビングして小魚をとらえていた。         千葉県飯岡の海岸にて [続きを読む]
  • ワシタカ目/ワシタカ科のノスリです。今春うまれの若い個体です。太い電線にも上手に停まれます。草むらのネズミ、カエル、ヘビ、昆虫などを餌にしています。電線にとまって餌を探しているのでしょうか。千葉県成田市でであいました。。 [続きを読む]
  • 川鵜とナマズ
  • カワウカワウがキャットフイッシュをゲットしましたがチョット大きすぎたようでてこずっているようです。カワウあせっているようです。キャットフィッシュがからだをひねって逃げそうです。結末は水のなかでどうなったのでしょうか。 [続きを読む]
  • アオバズク
  • ▼動画、撮れた【注意】風が強くて 雑音が多いので音量にご注意下さい。▼[アオバズク]こっち向いてくれた▼[アオバズク]餌取は夜なので眠いです。▼[アオバズク]クロネコのエンジン音にも動じず。▼[アオバズク]今日は風が強くて安眠できません。 [続きを読む]
  • 中杓鷸
  • 田植えが済んだ水田の畔に徳利のようにみえたのはチュウシャクシギ(チドリ目/シギ科)でした。下に湾曲した長い嘴を水田などの土の中にさしこんでカニ、昆虫などを採食する。チョットちかずき過ぎたようです。警戒モード。飛んで行かれました。千葉県旭市の水田地帯。 [続きを読む]
  • 雉、雉子
  • キジ目/キジ科のキジです。赤い顔、緑の胸、背中には茶色を基調とした雨覆いがそして腰のグレイも見事です。赤い顔に紫の首も見事です。メスのキジは抱卵や育雛のため、敵から目立たないように地味にしているのでしょうか。 [続きを読む]
  • 背高鷸
  • チドリ目/セイタカシギ科のセイタカシギです。赤い細くて長い脚で竹馬にのっているように歩きます。他のシギ類やカモ類より水深の深い場所でも採食できます。小魚や水棲昆虫を捕えているようです。翼は黒、体は白、長い脚は赤でスマートです。普段は海に近い水田や池、干潟に生息しています。千葉県の干潟にて。 [続きを読む]
  • 小啄木鳥
  • キツツキ目/キツツキ科のコゲラです。黒と茶色の小さなキツツキです。時々ギイーとなきながら木から木へと飛び移って餌探しです。餌探しの場所がきまったら脚の指を木に固定して狙いを定めドラミングを始めます。何かいそう? [続きを読む]
  • 金黒羽白
  • ガンカモ目/ガンカモ科のキンクロハジロのオスです。金色の目、黒と白のカモ類です。日本には冬鳥として多数が渡来する。こちらはメスのキンクロハジロで羽装は褐色で冠羽はオスよりも短い。飛び立つとオス、メスともに白い翼帯が大きく目立ちます。 [続きを読む]
  • 小鴨
  • ガンカモ目/ガンカモ科のオスのコガモです。茶色の頭部に緑色のアイマスク、そして腰の三角形の黄色とカラフルな野鳥です。こちらはメスのコガモでオスに比べると地味ですが、落ち着いた配色をしています。大きさは 野鳥の図鑑によりますとメスは34cm、オスは41?です。 [続きを読む]
  • 尾長鴨
  • オスのオナガガモです。長い首と長い尾の淡水性のカモです。ユーラシアと北米から渡ってくる冬鳥です。首から胸にかけては純白で正装しているようです。左はメスのオナガガモでペアでくつろいでいます。 [続きを読む]
  • 柄長
  • スズメ目/エナガ科のエナガです。林の中で枝から枝へ群れを作って生活している小さな小鳥です。小さな嘴で背がピンク、長い尾も特徴です。長い尾の後ろはこんなデザインです。 [続きを読む]
  • 青鵐
  • スズメ目 ホオジロ科 のアオジです。今日は寒いのでこんな格好ですが、普段は体を小気味よく動かして餌探しをしております。しかし、寒いので 暖かくなるまで この姿勢で過ごします。シベリアやサハリンから冬鳥として日本に大勢で渡ってきましたが、日本も寒いですね。 [続きを読む]
  • 目白
  • スズメ目/メジロ科のメジロです。枝から枝へと食物を見つけて活発に動き回ります。黄緑色の体に目の周りが白い小さな小鳥です。チョット一休み。アンズの木ですがはまだまだの様です。「チィー」と鳴きながら元気に移動して、新しい食事の場所探しです。 [続きを読む]
  • 嘴広鴨
  • ハシビロガモのオスです。大きな嘴、目が怖い大型の淡水ガモです。みどり色の頭部に金色の目は迫力があります。頭部が紫色のオスも迫力があります。こちらはハシビロガモのメスです。大きな嘴はオスと同じですが羽装はオスと比べると地味です。 [続きを読む]
  • 深山頬白
  • ミヤマホオジロのオスです。黒と黄色の冠羽が目立ちます。日本には冬鳥として中国、朝鮮半島から渡来するようです。オスは正面から見ると喉それに眉の黄色がきれいです。胸の黒も鮮やかです。こちらはメスのミヤマホオジロです。冠羽が見られますが地味です。 [続きを読む]
  • 尉鶲
  • ジョウビタキです。こちらはメスです。 こちら、正面を向いてくれました。オスの羽装とちがって落ち着いた雰囲気です。翼の白点はオスにもあります。千葉県佐倉市で。 [続きを読む]
  • 百合鴎
  • ユリカモメです。嘴と脚が赤い小型のカモメ類です。この個体は冬羽で頭部は白いが夏羽の頭部は黒い頭巾をかぶった様な羽装になります。この個体は若者で、翼と尾の一部が茶色です。チョット寒そうですね。 [続きを読む]
  • 百舌鳥
  • モズです。メスですが電線にとまって縄張り宣言をしているのでしょう。甲高い声でかなり長い間の縄張り宣言でした。寒いこの時期は餌となる小動物や昆虫が少なくなりチョット元気が無いようです。 [続きを読む]
  • 磯鵯
  • イソヒヨドリです。スズメ目/ヒタキ科/ツグミ亜科となります。千葉県の太東岬の岸壁で餌を探しているオスです。イソヒヨドリのメスです。風の強い海岸の流木の先端に止まって餌探しです。こちらは別のオス。上空の飛翔物に焦点を合わせています。 [続きを読む]