KHMERSURIN さん プロフィール

  •  
KHMERSURINさん: 土俗呪術随想録
ハンドル名KHMERSURIN さん
ブログタイトル土俗呪術随想録
ブログURLhttp://khmersurin.blog62.fc2.com/
サイト紹介文祖霊神霊崇拝の探訪見聞。東南アジアに深く根を張る自然信仰に関わる珍談・奇談。自然信仰全般の逸話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/10/23 01:57

KHMERSURIN さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 東南アジア・シャム式ヴドゥ呪物
  • 東南アジア・タイに伝わる伝統呪物でシャム・ヴドゥという異名を取る呪物で、いくつかの呪物は大いに好評を得て頂いた為、ご用意できる範囲で再度ご提供させて頂きます。詳細は以下のサイト項目から御覧頂けます。項目「シャム・ヴドゥ呪物」----------------------------------土俗信仰のフィールドワークニシヤマタケシwww.animism666.com [続きを読む]
  • 告知:サイトの新項目
  • この都度、「西アフリカ・ヴドゥ呪術」のサイトに新たな項目を設けました以下となります。宜しければご覧ください。ヴドゥ大祭と儀式:https://www.animism666.com/%E3%83%B4%E3%83%89%E3%82%A5%E5%A4%A7%E7%A5%AD%E3%81%A8%E5%84%80%E5%BC%8F/また、項目「呪物のご案内」に新たな呪物グリグリを載せました。こちらも併せて御覧頂ければ幸いです。呪物の御案内:https://www.animism666.com/%E5%91%AA%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%BE%A1% [続きを読む]
  • 情けなく思う話
  • 私のフィールドワークは、数年前から西アフリカが主体となり、其れも之もキューバで得たアフロキューバ信仰の行き着いた結果で、キューバに関しては過去形と内部では片付け始めておりました。そんな折、と或る邦人男性がアフロの呪物に興味を持ち、最終的に得た己なりの結論がキューバにて、私と同じアフロ・バントゥ族の死霊信仰パーロの死霊契約を望まれました。私の経歴を把握されて居り、是非ともキューバにて入信し研鑽したい [続きを読む]
  • ヴドゥ信仰究極の供犠
  • ボリス・ドグボエヴィ:著西山たけし:訳以前、当地トーゴ古の時代に蔓延った「人攫い」について綴らせて頂きました。トーゴのみというよりも、西アフリカ一帯も云うに及ばず、実際は北部を抜いたアフリカ全域で土俗信仰の為に、捧げる供物を得る手段として実行されて参りました。私自身、幼い頃より親族や近隣の老人方を筆頭に、先達の方々から見聞致した記憶を元にトーゴの首都ロメ一地区アディドゴメの逸話として紹介しましたが [続きを読む]
  • 西アフリカ原産「妖気を含む種」
  • 上段の画像は西アフリカ原産の大木の種となります。マダガスカルで有名な大木バオバブ、其れに類似した大木ですが同種の木となります。大木は霊的なもので崇められるのですが、焦点を中てられるものは其の種なのです。まずは大きさで、およそ10?〜15?の楕円形と巨大で、さらに奇妙な部分は形状です。いかにも彫刻として彫られた様相、しかしそれは自然の齎した、あくまでもナチュラルの造形なのです。此の種の特徴は、土に埋める [続きを読む]
  • 呪術施行や崇める神霊及び霊に対する粗相に因る「返し」の一例
  • 私事に成りますが、私の日常は単調な日々の繰り返しで御座います。兎にも角にも重要な、午前零時に連日実行する契約霊の祭壇面前にて行う日々の礼拝。此れ以外は、余り遣る事が有りません。今現在棲むラオスでは何一つ用事が無い為、礼拝以外は呪術施行が有る場合、七日間・十四日間・二十一日間を連日祭壇にて実行、契約霊から屋外の施行を指示された際、河川や密林や墓場や廃屋等々に出向き実行しますが、其れも無い日々は日中は [続きを読む]
  • ヴドゥ呪物市場、新たなサイトの御案内。
  • 新しく呪術アイテム頒布サイトを作りました。こちらでご紹介する呪物は全て古の時代そしてその時代に生きたシャーマンが作り上げた木偶を主体に頒布致しております。もちろん、各々呪物に見合った霊や神霊に活力を与えた後にお引き渡しとなります。是非とも、御覧下さい。ヴドゥ呪物市場https://www.animism666.com----------------------------------土俗信仰のフィールドワークニシヤマタケシwww.khmersurin999.com [続きを読む]
  • 古のヴドゥ信仰の風習
  • 以下コラムは、私のトーゴに於けるフィールドワークのカウンターパートであるトーゴ人BORIS DOGBOEBI(ボリス・ドグボエビ)氏が記した、古のヴドゥ信仰の風習です。ボリス・ドグボエビ:著ニシヤマタケシ:翻訳-------------------------------------------------------------------------------私はBORIS DOGBOEBI(ボリス・ドグボエビ)と申します。西アフリカ・トーゴ共和国のトーゴ人ですが、トーゴという区分は欧米人の敷い [続きを読む]
  • 幼児霊の籠る呪物
  • 当サイト「土俗呪術案内」の項目、「東南アジア・ヴドゥ呪物の御提案。Thai Vudu Fetish」に新たな「幼児霊の籠る呪物」が加わりました。幼児期に亡くなった子の腕骨を元に作り上げた木偶と髪の毛に依る木偶に幼児霊を籠めた呪物。此れは赤子そのものの燻製に匹敵する木偶と成ります。(下記画像をご参照願います。)近年、木偶や土偶に幼児の霊を籠めた上記呪物が頻繁に出回って居りますが、幼児霊の呪物は赤子を燻製にした木偶を [続きを読む]
  • 自然信仰の研鑽
  • 八十年代後半から、所謂「社会主義陣営」の崩壊が始まりました。ソビエト社会主義連邦共和国の最後の書記長ゴルバチョフがペレストロイカを推進し、連邦内の共和国が日々自治権を増し中央集権が薄れ行く中、東欧の衛星国家も続々と社会主義体制を捨て、独裁や半世襲が常套で在った国々は為政者を血祭に上げ、あれよあれよという間に東独ベルリンで東西に分裂する壁が人民の手によって破壊され、此処に社会主義国家陣営の終焉が齎さ [続きを読む]
  • 似非アフリカ信仰を謳う輩の話
  • 私は十代後半から中米カリブのキューバ共和国に十年弱住みました。その間に、西南アフリカに広く分布するバントゥ系の一部族が信仰するパーロ信仰に入信したわけです。以前の記事でも述べましたが、パーロ信仰を担うバントゥの奴隷は少数派で、やはり多数派は西アフリカのナイジェリア、エキティ州、オヨ州、ラゴス州、オスン州、オンド州、オグン州、そして首都ラゴスのイバダン、アベオクタ、オグボモショ、オヨ、イロリン、オシ [続きを読む]
  • 闘犬家と馬主の話
  • 余りにもお粗末で忘れきって居りましたが、一〜二年前に、と或る闘犬家からの相談を受けた事が御座います。先方が云うには、同じ闘犬家の主が練習の為に使う所謂「噛ませ犬」を、練習後に傷だらけに成っても手当てをして遣らず、此れは正しく「動物虐待」と叫ぶのです。当人はと云うと、「俺は試合で闘わせる犬も、噛ませ犬も同様に愛情で接して居るので、即手当をして己で手に負えない場合は、速攻で獣医の手当を受ける。だが、あ [続きを読む]
  • サイト呪物の二項目アップ致しました。
  • 長らく準備中で在った、「東南アジア・ヴドゥ呪物の御提案 Thai Vudu Fetish」と「アフリカ・ヴドゥ呪物の御提案」、此の両項目を本日2月2日付けでアップ致しました。取り敢えず、説明文のみ下記致しますが、画像などはサイトにてご確認頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。「東南アジア・ヴドゥ呪物の御提案 Thai Vudu Fetish」1; フンパヨン(身代わり及び庇護)木偶に霊が籠められた呪物です。御自身を人災や天災から回 [続きを読む]
  • 「土俗呪術案内」サイト項目の件
  • 当サイト「土俗呪術案内」の項目、「東南アジア・ヴドゥ呪物の御提案。Thai Vudu Fetish」と「アフリカ・ヴドゥ呪物の御提案」両項目で御紹介する呪物の刷新を図る為、現状空白と成って居ります。前者は、東南アジアのヴドゥと云われるタイ式精霊信仰呪物(THAI VOODOO FETISH)を中心とした、強力な呪物をラインナップする予定です。後者は、ヴドゥの大元である西アフリカのベニン・トーゴ・ガーナ・ブルキナファソに跨るフォン族 [続きを読む]
  • 自然信仰
  • 所謂ヴードゥー教と云われる中米カリブ・ハイチ共和国の国教。アルファベット表記でVOODOO(ヴードゥー)と成りますが、実際は、VUDU(ヴドゥ)またはVODUN(ヴォドゥン)が、大元で在る西アフリカ・ベニンのフォン族の言語、フォン語由来の正しい呼称で御座います。フォン語でヴドゥは自然崇拝(精霊崇拝)を意味します。何処の国にも在る、自然発生的な民間信仰は全てヴードゥーで有り、日本の神道も印度のヒンドゥー教もシナの [続きを読む]
  • 霊性の重要性
  • 皆様方は「霊性」という意味合いを把握し乍らも、実質「霊性」の作用というものは如何なるものか腹から把握されて居られる方は皆無に近いと存じます。人間同士は言葉で連帯を確認し合ったり、同好の輩と交り合い和気あいあいとする事で、強固な連帯で有ると思うわけですが、大半が裏返しの関係ばかりなのです。其の点、言葉という通信手段を持たぬ獣は、人間なぞ足元にも及ばぬ感覚の方策を備えて居ります。「直感」「五感」「第六 [続きを読む]
  • 原始信仰は性に奔放
  • キューバという国に十年弱棲み、様々な経緯を経た結果、西南アフリカに広く分布するコンゴ系バントゥ族の奴隷が齎した祖霊精霊信仰に関わり、一九八八年からですので今年で二十八年の歳月が経過致しました。キューバ人はというと、多数派のナイジェリア・ヨルバ族の奴隷が齎した信仰サンテリアやイファを重んじる事から、皆々サンテリアかイファの道を歩む為に躍起に成ります。私のバントゥ系のパーロ信仰は少数派で有り、更に其の [続きを読む]
  • 過去の記事 …