アッキー さん プロフィール

  •  
アッキーさん: 明日のことは明日が心配するのさ
ハンドル名アッキー さん
ブログタイトル明日のことは明日が心配するのさ
ブログURLhttps://ameblo.jp/akkiebarnaba/
サイト紹介文日常のこと、備忘録として
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/10/23 12:45

アッキー さんのブログ記事

  • 祈られている
  •  私は1993年から2000年までドイツに住んでいました。そのうちの5年間(1995〜2000)はドイツの神学校で学ばせていただきました。ドイツ語もほとんどできず、ドイツ語の勉強をしているのか、神学をしているのか分からないような状況でした。 しかし神学校に入って3年目、言葉もだいぶ覚えて一緒に学ぶ人たちの気持ちも何となく理解できるようになりました。これは私の誤解だと思うのですが、自分だけ違う目で見られているような [続きを読む]
  • 誕生日
  • 今日は妻の実家にて、義母の古希のお祝いをしました。試みを通らされたこともありましたが、元気にこの歳を迎えられたことは感謝なことです。次女も明後日が誕生日なので、一緒にお祝いしてもらいました。台風が近づいているので、もう少ししたら帰路につきます。 [続きを読む]
  • 支えられて生きている
  • 昨日のこと、私が関わる宣教団体の臨時理事会から帰宅すると、玄関に敷かれた新聞紙の上にたくさんのジャガイモが並べられていました。妻から話を聞くに、近くの教会の会員で、畑をなさっている方がわざわざ収穫して届けてくださったとのこと。ジャガイモだけでなく、大きな大根を3本も持って来てくださり、野菜の値段が高いと言われて買い渋りしている私たちは、主と主にある兄弟の存在に心から感謝したことでした。最近、空の鳥 [続きを読む]
  • 豊かな成長を求めて
  • 今度は、長男(高校2年生)と次男(中学2年生)がキャンプに行っています。あいにくの雨なので、川で遊ぶことはできなくなりそうですが、たくさんの友人が与えられて(または友人との再会を通して)、充実した4日間を過ごせるようにと祈っています。何よりも、主とのみことばによる交わりが豊かにされて、主の前にある、自分のあるがままの姿を教えていただけたら幸いですね。 [続きを読む]
  • 失敗、良いじゃない
  • 写真は、4歳の息子が家にあったカタカナ練習ワークを使って勉強したもの。思わず笑ってしまうのですが、でも一生懸命頑張った様子がうかがえます。どうやら、四角に書かれている文字を真似て書けば良いと思ったらしく、ハム→ハハ、オルゴール→オゴゴーゴ(笑)、メロン→ンロン、ジャム→ジャジ、レース→スース、になっています。大人は「こうやるんだよ」と最初から教えますが、それは同時に「こうしなければ間違いだよ」と、 [続きを読む]
  • 謙遜になれ
  • 「だれでも先頭に立ちたいと思う者は」先頭に立ちたいとは思わない。でも実際に誰かの上に立っている自分がいることにはっとさせられた今日。子どもに対して、主が愛してやまない主にある兄弟姉妹に対して、教会が建てられているこの地域の人々に対して、私は驕り高ぶっている者であることを思わされるのです。そしてそれは他でもない、主よ、あなたに対する驕り高ぶりです。腰を下ろされて弟子たちを諭されたイエス様の前に、「 [続きを読む]
  • 今日は、9月に行われる「モンゴル・ミッション・トリップ」のオリエンテーションのために、茅ヶ崎に行って来ました。元モンゴル宣教師の方が一緒に引率してくださることになっています。モンゴルといえば相撲などで有名ですが、きっと国語の授業で「スーホの白い馬」を思い出す方もいるかも知れませんね。または歴史好きな人は、当然チンギス・ハーンやフビライ・ハーンがすぐに思いつくでしょう。実は私はモンゴルへ宣教師として [続きを読む]
  • 涙の数だけ強くなる
  • 今日から明後日にかけて、奥多摩福音の家主催「小学生ジュニアキャンプ」に次女が参加しています。小学一年生。「おとうさん、行ってくるね!」と健気に言って見たものの、先ほどキャンプ場から電話があり「帰りたい。。」と泣きながら妻に訴えておりました。でも妻の説得によって部屋に戻ったよう。「神さまが一緒にいてくれる、神さまを信じるカウンセラーや仲間が一緒にいてくれる。そんなすばらしいことはないんだよ。」こん [続きを読む]
  • 有能であるより、有益であること
  • 小平牧生牧師(基督兄弟団・西宮教会)が講演された5つの説教が書かれています。ご本人が牧会生活において通らされたところを通して、みことばをリアルに体験されたことばの一つ一つに心を刺されます。とても分かりやすく、それゆえに私の存在や生活を深く探られる一冊でした。(個人的な感想です) 以下、帯(?)より 「信仰の目で現実を見つめ直す 自分を大きく揺さぶる危機を通して、新たな歩みと働きへと押し出されてきた [続きを読む]
  • そのままを受け入れる美しさ
  • 7月27日、28日に行われた教会のサマーキャンプは無事に終わりました。台風が近づいていることがわかったので、本当は2日目に外に出る予定でしたが、両日のプログラムをそっくりそのまま交換して行いました。参加した子どもは満足したようでした。お昼を食べて解散でしたが、台風が来る前に皆無事に帰宅しました。 写真はその外に出た時に見つけた紫陽花を撮影したものです。枯れかかっていてもそれは紫陽花だと分かり、枯れている [続きを読む]
  • CSサマーキャンプ
  • 明日、明後日と教会で一泊お泊まりのキャンプを行います。参加者は少ないですし、台風も近づいている中ですが、主なる神さまが遣わしてくださる子どもたちに、心を込めて福音を語り、ともに過ごしたいと思います。祝福が豊かにありますように。 [続きを読む]
  • 積み重ね
  • ブログ。昨日はお休みしましたが、とりあえず続いているということで。日頃の積み重ねですね。書くことがなくても、とりあえず書いてみる。そうしているうちに、何でもないことでも言葉を紡いで一つの物語を作れるようになるような。何事も積み重ね。頑張ってみます。 [続きを読む]
  • PKキャンプ
  • 今日は地区のPKキャンプ(Pastor's Kids Camp)が行われました。私も委員の一人として参加させていただきました。6家族、26名の参加でした。最近の猛暑(酷暑)で疲れを覚えている皆さんでしたが、川辺の風の涼しさと自然に元気を取り戻しているようでした。主なる神さまを共に讃える時でした。 写真はマスつかみをした時の長女の写真です。3つ上の次男が捕まえられなかったのに、長女は捕まえたことからマスつかみには自信を持 [続きを読む]
  • 感謝すべきこと
  • 今日もまた暑い1日でした。東海地方では、軒並み40℃近くまで気温が上昇していましたね。名古屋に住んでいた時、名古屋は暑いと思っていましたが、ここまでの気温を体験したことはありませんでした。西日本で被災された方々もまた、この酷暑の中で大変なご苦労をされていることと思います。主なる神様の助けと慰めがありますように祈っております。 私が住むここ八王子も、東京都の中では暑くて寒い街です。教会の駐車場は4台まで [続きを読む]
  • 日めくりカレンダー
  • 4月にドイツに行った時、キリスト教書店に行きました。私が住んでいた町は「Bad Liebenzell」と言う小さな町。そこの中心にあるのは、OMFのドイツ支部として始まったと言われるLiebenzeller Mission という宣教団体です。私はそこの神学校で4年(インターンを含めれば5年)の学びをさせていただきました。 この度訪ねた書店は、神学生時代毎日通っていた場所。何を買うわけでもなく、CDを試聴したり、新しい本を物色しながら過ご [続きを読む]
  • 最後の投稿から3ヶ月が経ちました
  • ということで、「ブログを書いてみませんか?」とのお勧めが。自分で何かを表現するのが苦手な私は、他の方々のブログを読ませていただくことの方が多いのです。そして色々なブログと出会い、本当に素敵なことばに出会って感動を与えられています。「ああ、こんな風に物事を見ることができたらなぁ」とか「ああ、この気持ち、この言葉遣いで書いてくれることですごく分かる」とか。 昔はもう少し自由に、思うことを書けていたはず [続きを読む]
  • 明日から
  • 私が携わる宣教団の会議のためにドイツへ行ってきます。トルコ経由ですので、情勢が気になるところではありますが、主のなさることはことごとく正しいので全てを委ねて行ってまいります。 [続きを読む]
  • 祈りについて学ぶ
  •  名古屋で牧会をし始めた時、新人教職者研修会に参加しました。その時、参加者である私たちに一つの課題が出ました。 「書籍紹介」です。  私はW.ウィリモンのある書籍を紹介しましたが、ある牧師は、「祈り」についての書籍を紹介しました。祈りについての本は多いのですが、案外「これ」というものに出会えません。 当時、この牧師に「祈りについての良書を紹介して」とお願いした所「そんなものない」と言われてしまいまし [続きを読む]
  • I'm stressed about....
  • ラジオ英会話で学んだ今日のフレーズです。 What's going on with 〜?He's stressed about 〜. 結構今ストレスを抱えているので(だからここに書いているのですが(^◇^;))何だか覚えやすいフレーズでしたよ。笑 色々な心配事から来る不安、ストレス。そういったものすべてを主に委ねることを学ぶ時ですね。いつでも、いつまでも。 [続きを読む]
  • ラジオ英会話
  • 来月ドイツに行く予定があるので、英会話を勉強しています。なぜドイツなのに英会話なのか?それは英語で会議があるからです。今更勉強したところで間に合わないとは思うのですが、何もしないよりは少しでも話に入れるように耳を慣らしておこう、と思った次第です。言葉が分からない、外国語を習得しようとあがく時、必ず思い出すのはバベルの塔。そして私の中にもはっきりと見られる高慢の罪。 己の不甲斐なさを知って、主の憐れ [続きを読む]
  • 持っていたい一冊
  • SNSを止めたことで読書の時間が増えましたが、今回読んだ本はこの一冊。 「自由への指針〜「今」を生きるキリスト者の倫理と十戒」大嶋重徳著 教文館出版 です。 最近とても用いられている方で、PBA(太平洋放送協会)でも「ラジオ世の光」や「WTP=What's the pastor」などでもメッセージはパーソナリティを務めておられます。 ただ人気があるだけではなく、語る言葉一つ一つに深みがあり、「あ [続きを読む]
  • 海外宣教
  • 今日は、私めが理事長を務めさせていただいている宣教団の理事会がありました。送り出している宣教師はわずかなのですが、世界宣教の情勢の厳しさを思うと、遣わされている宣教師たちの働きが祝福され、迫害の中にあっても宣教師の日常が守られ、力強く福音が宣べ伝えられるようにとただただ祈らされます。 写真は「中国奥地伝道」のために中国に渡り中国の人々の救いのために用いられたハドソン・テーラー氏です。Fait [続きを読む]
  • ミニ運動会
  • 毎月第三主日の午後は子どもお楽しみ会。10月は近くの公園でミニ運動会です。毎年参加者はそう多くはないのですが、子どもは真剣勝負ですので、大変盛り上がり楽しい時でした。私もパン食い競争、リレーに参加しました。お腹を下し、腰痛もひどく、全て見学のつもりでしたが、「まだまだ若い者には。。。!」と血が騒ぎ出し、リレーでは小学6年生の男の子をぶっちぎりで突き放してしまいました。。競技後のその子の冷ややかな目が [続きを読む]