アフターケアのできるファッションコーディネーター さん プロフィール

  •  
アフターケアのできるファッションコーディネーターさん: カラー&クリーニング師よるLong Beauty
ハンドル名アフターケアのできるファッションコーディネーター さん
ブログタイトルカラー&クリーニング師よるLong Beauty
ブログURLhttps://ameblo.jp/chihei-sen/
サイト紹介文日々変わっていくファッションスタイル。あなたのファッションを、ライフスタイルから見直してみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/10/25 02:37

アフターケアのできるファッションコーディネーター さんのブログ記事

  • 選択肢!”
  • 皆さんは、何かを始めようとする時、何を基準にしていますか? 「自信があるから・・」「やりたいものだから・・」「お金が稼げそうだから・・」・・・などなど多くの基準があります。 しかし、「その基準に照らし合わせて、選択肢から選んでいますか?」・・・と聞くと、皆さん自信満々に、「当たり前です」と答える人が、大多数います。 「本当ですか?」と聴くと、大多数の皆さんが、怒り出します!  (#`皿´) こう聴くのは [続きを読む]
  • 「良い子教」のゆくえ+α
  • 「良い子になりなさい」といえば、私が、小さい頃から、親からよく言われたものでした。 それは、私のみならず、多くの方々も言われていたそうです。 また、今の子供たちも、同じことが言われているようです。 では、その「良い子」って、どういう人のことなのでしょうか? 皆様も、お考え下さい。         「良い子」の定義(推測)親の言うことを、よく聞く子親の期待に、応えられる子マナーを、守る子親の仕事の邪魔 [続きを読む]
  • 盲目的なダッシュ!!
  • あなたも、私も、好きな言葉というのでは、「努力」、「根性」、「一生懸命」、「頑張る」などがあります。 いや、日本人のほとんどが、好きな言葉であり、よく使われている言葉でもあります。 また、人を励ます時に使われている言葉でもあります。 では、言われた方は、どう思うのでしょうか? 「努力しましょうね!」や「一生懸命に、頑張ってね!」などと言われると、とても親しみを感じ、改めて鉢巻を締め直す気構えが、出来 [続きを読む]
  • このまま、傍観者でいますか??
  • 昨今、大勢の方々が、「変わりたい」という気持ちを持っています。 その数は、あまりに多いので、正確な数字で表すことが出来ません。 しかし、そのような中で、『実際に、変わった』方は、ごく少数でしかないのです。     この違いは何でしょうか?? 前のブログでも書きました不安を持っているからでしょうか、それとも、不信からでしょうか?または、他に原因があるのでしょうか? さて、私たちは、生きるために、毎日の [続きを読む]
  • なんとなく不安
  • 「不安」は、何時の時代でもあります。 個々のモノとしては・・ 希望の○○学校に、合格出来るかという不安 いつ就職できるかという不安 ・・だったのが・・ 何時結婚できるかという不安 何のために生きているのかという不安 このまま生活出来るんだろうかという不安 ・・などなど、過去から今に掛けて様々な不安があります。 しかし、こう挙げていくと、今の方が、より人生そのモノに問いかけているような感じがします。 私とし [続きを読む]
  • そのイメージが、差 別!
  • 8月7日、東京医大の入試で、女性受験者らの点数を操作し、合格者を抑えていたという不正が、発表されました。 その後も、各大学の医学部の入試で、過去6年間に、平均合格者数が、男性が女性よりも、上回っていたという結果が、発表されました。 しかも、そういう結果が出ているにも関わらず、不正は行われていないという全く持って不可思議な結論に、なっているのです。 皆さんは、この一連の不祥事を、どう見ているのでしょう [続きを読む]
  • 1つ駄目なら、すべてダメ??
  • 皆さんは、1人ひとりが、いろいろな特徴のある個人です。 その特徴とは、様々あって・・・ 例えば・・ 「すぐさま、行動の移す」とか「明るい」などから、「早とちりし易い」とか「投げ出しやすい」などまであるのです。 ・・とはいえ、その特徴は、1人にひとつずつあるものではなく、複数個あるのですから、あなたには、分からないモノまであると思った方が良いでしょう。 そこで、あなたは、その特徴を、いつもどうしています [続きを読む]
  • 「自信がない」で、どこまで行きますか?
  • 私たちが、言い訳によく使っている「3ない」言葉。 「お金がない」「時間がない」そして、「自信がない」          ・・があります。 今回は、この『自信がない』に焦点を当てて、書いていきます。 さて、私たちが言う『自信がない』とは、どういったことなのでしょうか? 例えば・・1.過去に失敗したから、自信がない2.過去にやったことがないから、自信がない3.私自身が信用できないから、自信がない      [続きを読む]
  • 「頑張れ!」を捉え直そう!!
  • 昔から人を励ますための言葉として、一番使われているのが、『頑張れ!』です。 この言葉を使ってさえいれば、人は、その人に対して助言が出来たと、思い込んでいます。 それが、昔であったのなら、その助言で人は、【自分は、努力が足りないのだ】とか【プレッシャーになる】などといった思いを抱くことになります。 しかし、昨今では、その2つに加えて、【どう頑張れば良いのだ?】という「回答がほしい!」という思いも、抱く [続きを読む]
  • 今までは…
  • あなたは、今どのような人生を送っていますか? あなたの思い通りに、過ごしているのでしょうか? それとも、我慢しながら、過ごしているのでしょうか? 恐らく、皆さんの大半が、下の我慢しながら、過ごされていることと思われます。 これにも理由があり、「我慢は美徳」や「思い通りに過ごすのは、あまりに出来すぎ」などといったことで、無理に今を、過ごされているのでしょう。 しかも、「思い通りに、過ごせても、お金に [続きを読む]
  • 早変わり !!
  • 私たちは、学生の頃から、計画を立てては、実行に移してきました。 たとえ、それが三日坊主であったとしても、始めたことには変わりありません。 しかし、始めては止め、止めては始めるという計画無視の進行によって、内容を顧みることは、しない人の方が多く、「言ったモノ勝ち」というような状況になっています。 しかも、一旦その計画を止めてしまえば、再び始めるのに、長い長いインターバルを、置かなければなりません。 その [続きを読む]
  • 投了 !!
  • 将棋と言うと、縦横81マスに、王・飛・角・金・銀・桂・香・歩の合計20の駒があり、2人で対戦して、最終的に王を詰ませるゲームです。 この将棋では、アマチュアから、羽生竜王や藤井七段などのプロまでいます。 その将棋も、マニアだけのゲームのようですが、ドワンゴが、AIとプロ棋士とを対戦させた電王戦で、ファン層を拡大させ、藤井聡太七段の登場により、益々ファンを増やしていっています。 このゲームは、最終的に王 [続きを読む]
  • トラベル
  • 皆さんは、いつでも、何処でも、自由に旅をすることが出来ます。 その旅とは、実際の旅行のことではなく、皆さんの頭の中で行われることが多いのです。 例えば、数日後に、ある場所で、イタリア料理を食べることにしていたとします。 皆さんは、このことに関して、どういう旅で、アプローチをかけていますか?? そのアプローチとは、私たちが持っている視覚や聴覚といった5感で、感じ取っています。 しかし、その中でも人それぞ [続きを読む]
  • その先は・・・
  • 私たちは、昔、集団を編成しながら、行動を共にしていきました。 それには、お互いに認め合い、切磋琢磨して、自分たちの技術を鍛え挙げていき、会社の歯車として、仕事をしていきました。 それが、世界的にナンバー1にまで、上り詰めていき、あれこれと世界のモノをものにしていく環境になっていったのです。 そして、世は将にバブル期。人々は、仕事をしながらも、夜な夜な遊びほうけても構わないほどのお金を、持ち合わせてい [続きを読む]
  • 分からない・・・・
  • 私たちは、生まれてから死ぬまでの間に、その人の人生を送っていきます。 その人生を、如何送っていくかによって、その人の人生の充実度や幸せなどが、違ってくるようです。 そこで、人は、最初から「失敗」をしないようにと、躍起になって、その人の成功例を探していこうと、自分探しに邁進しています。 しかし、最初からその人の成功しかない人生などが、実現できるものなのでしょうか?? 歴史上の人物でも、失敗しない人な [続きを読む]
  • アメージング ?
  • 皆さんは、今も、これからも生きていかなければなりません。 あなたが、男性でも、女性でも、障がい者でも、他の人たちでもです。 では、生きていくのに、あなたは、何を目標にしていますか? そう聞くと、一番手っ取り早いのが、『親を超えること』が、挙げられます。 あなたが、親の何かを超えていくのかは、自由に決めて良いのです。 また、それは、見える形ですので、一番分かりやすいことでもあります。 しかし、そこから [続きを読む]
  • オン と オフ
  • 2018年の夏。 炎天下のような酷暑と今までにない台風が、まるで示し合わせたかのように、交互に押し寄せてきます。 そのような中にあっても、私たちは、冷静で正確な選択をしていかなければなりません。 しかし、このような気温と湿度と紫外線や情報に悩まされ続け、身体的疲労と、精神的疲労が、溜まる一方で、とても冷静になんて、出来ません。 それでも、やらなければ、待っているのは、失敗という2文字です。 そこで、こ [続きを読む]
  • 出逢える確率
  • 人は、生きている間に、いろいろな人と出逢います。 きっと、皆様も、これまでにあらゆる人と出逢ったことと思います。 ときめきを感じる人・・ ・・ワイワイガヤガヤと、遊べる人・・ ・・・・相談に乗ってもらう人・・・・ ・・・・・・嫌いな人・・・・ ・・・・・・・・憧れる人・・・・ ・・など様々な人と、出逢えることでしょう。 しかし、これも偏った人しか出会えない人もいるはずです。 そのような中にあって・・このよ [続きを読む]
  • 行動できない訳
  • 皆さんは、モノゴトに対して、すぐに行動できる方だろうか、それとも、行動出来ない方だろうか? ここの処、行動出来ないでいる方の方が、多いようだ。 その理由として、 1.行動しないでいる方が、メリットがある これは、行動したいのに、行動できないのではなく、行動しないでいる方が、行動するよりも、メリットがあるのです。 だからこそ、新しいことを始めて、傷付くつくならば、いっそのこと行動しない方が、良いと、あな [続きを読む]
  • 平均点の何が悪いの??
  • 皆さんは、これまで弱点を克服して、平均点の取れるような人に成ろうと、頑張ってきました。 しかし、それも高度経済成長だった時代までのことです。 弱点を克服すること自体は、それほど悪いことではありません。 では、皆さんは、弱点を克服して、その先に、それを軸とするビジョンを、持っているのでしょうか? 恐らく、多くの方々が、弱点を克服することだけに、一生懸命取り組んでいて、そのことには、目もくれなかったで [続きを読む]
  • ドリーム・マジック!!
  • 私たちは、小さい頃から、夢を持つようになっていきます。 大きな夢、小さな夢など、人が持つ夢は、様々です。 そして、私たちは、学生になっていくことになります。 毎日、記憶力重視の勉強ばかりで、創造的な勉強はしません。 試験を実施すれば、興味があるのは、あなたの点数と間違った処だけ・・。 あとは、切り捨てて、必死になって、平均を目指していきます。 だからこそ、日本人は、高度経済成長時代に、平均的な記憶があ [続きを読む]
  • 勘違いしていませんか?
  • ここ数年、「ネガティブシンキング」から「ポジティブシンキング」へと、思考変換が起こっています。 皆さんは、そのような中にあって、どのように変わりましたか? しかし、「ネガティブシンキング」の人が、いきなりポジティブになるのも、難しいのかもしれません。 特に、次のような人たちは、ハードルが高いのかもしれません。 ?失敗したことで、それがトラウマになった人?何をしても、必ず失敗すると、イメージが固定してし [続きを読む]
  • 羨ましい〜〜〜♪
  • ことわざで、「隣の芝生は青い」というのがあります。 その意味は、【何でも、他人のものは、良く見える】というのです。 皆さんは、そのようなことなら、毎度のこと経験されているのではないでしょうか?? 例1として・・ 私の友人Aは、彼氏持ちである。その彼氏は、イケメンで、優秀な逸材!!しかし、私の彼氏と比べると、月とスッポンであるなどというように・・・。 疑問1;この例から言うと、友人Aの彼氏は、本当に [続きを読む]
  • ゾンビになれるのか??
  • これを読んでいるほとんどの方が、有権者なのでしょう。 その有権者が、選挙で投票するのですが、落選した候補者に入れた票を、「死に票」と言います。 そんな「死に票」と同じように、私たちが今までに、取ったスキルの中には、今は必要としていないスキルがあるはずです。 そのようなスキルって、当時はあなたが真剣になって取り組んでいたものでもあったのでしょう。 そんなスキルを、そのまま放っておいて良いのでしょうか? [続きを読む]
  • 熱中の恐怖!!
  • 2018年の殺人的な夏の問題として、【紫外線を知ろう】をテーマに、「紫、襲来!!」、【紫外線対策】をテーマに、「敵は、紫にあり!」を書いてきました。 そして、第三弾として「熱中症対策」を書いていきます。 これも、連日連夜に亘って、TVなどで大々的に取り上げられているのですが、見ていない人が多いのか、連日にわたって死者が、増えていっています。 そのTVでの熱中症対策としては、「ガンガン冷房をかける」と [続きを読む]