アフターケアのできるファッションコーディネーター さん プロフィール

  •  
アフターケアのできるファッションコーディネーターさん: カラー&クリーニング師よるLong Beauty
ハンドル名アフターケアのできるファッションコーディネーター さん
ブログタイトルカラー&クリーニング師よるLong Beauty
ブログURLhttps://ameblo.jp/chihei-sen/
サイト紹介文日々変わっていくファッションスタイル。あなたのファッションを、ライフスタイルから見直してみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/10/25 02:37

アフターケアのできるファッションコーディネーター さんのブログ記事

  • 背中合わせ
  • 人は、いつでも結果を知りたいと願っています。 その為に、その行為だけをもって、結果に結び付けてしまいます。 例えば・・・「私って、幸せ」と「私って、不幸」。「満足だ!」と「不満だ!」。「私は、優れている」と「私って、劣っている」。「これが、出来る」と「これが、出来ない」などなどです。 しかし、実際には、どうでしょうか?たった一回かそこらの行為だけで、そんなに簡単に判断出来るのでしょうか? では、あな [続きを読む]
  • あ な た
  • 誰であっても一生の内、誰もが思うこととして、次のようなモノがあります。 「私は、一体だれなんだろうか?」「私は、何のために生まれてきたのだろうか?」 ・・であります。 これを聴く度に思うのが・・・ 「あなたは、あなたであって、あなたでしかない」「あなたは、生きるために、生まれてきた」です。 しかし、こう言うと人は、必ずといっていいほど・・ 「あたりまえじゃないか!そうじゃなくて、言いたいことは・・(以 [続きを読む]
  • どうして、こんなことに??
  • その昔、人々は、忙しかった。まぁ〜電灯もなかったので、明るい時間で、すべてをこなさなければならなかった所為でもあろう。 人々は、竈で料理をし、川や洗濯場で服を洗い、簡易な服装で一日を過ごしました。 また、何処かに行くにしても、自動車、飛行機、電車などではなく、船や徒歩や籠で移動をしていたのでした。 そして、時代は進み・・・ガスや電気、電車に、洋服などが造られて、私たちは、豊かになっていきました。 次 [続きを読む]
  • お中元
  • 2018年も、すでに「お中元」が始まっています。 皆さんは、もうお中元のギフトは、決まりましたでしょうか? でも、この「お中元」って、一体いつから始まったのでしょうか? この「お中元」とは、7月15日のことです。 もともと、1月15日を上元、10月15日を下元とした「三元」という年中行事のひとつとしてあったようです。 その「お中元」の内容は・・・古代中国から伝わったお中元は、今までに犯した罪を償う日 [続きを読む]
  • テイレシアースの決断!
  • この題名を見て、「??」と思われた方が、大半だろう。 それもそのはずで、この「テイレシアースとは?」が分からなければ、今回のブログで言いたいことも分からないので、お話しします。 このテイレシアースとは・・ギリシア神話に登場するテーバイの預言者であります。また、盲目の預言者として知られており、盲目になった理由は、諸説あります。予言の的中率は、かなりあったようです。 但し、今回のブログでは、盲目のことが [続きを読む]
  • あなたは、どうしていますか??
  • 私たちは、物心がついた頃から、「不安」や「恐怖」を抱き始めます。 それも、累々と積もっていくので、金融機関でもないのに、利子という特別サービスまで付いてきます。 そして、今やあなたの貯金よりも莫大な「不安」や「恐怖」に取り憑かれてしまったことによって、あなたの生活は、真っ暗闇です。 しかし、あなたが、そう望んでいるのなら、それでも構いません。 でも、多くの方々が、その「不安(恐怖)乗っ取られ病」から [続きを読む]
  • 鏡を見てみると・・・・・!
  • 昔も今も、問題を抱えている人は、かなり多い。 その問題でも、自分に疑いを持ったり、自分を信じきれないまま、只々不満だけを、口にしている人は、問題を抱えていない人も合わせると、ほとんどの人々ではないかとさえ思ってします。 その具体例としては・・① あなたは、不幸だ。(幸せを、感じられない。) ② あなた自身が、分からない。 ③ あなたは、失敗しかしない。 ④ あなたが、何をしたらいいのか分からない。・・ [続きを読む]
  • 詰め込みすぎを、選んでいませんか?
  • 今や言葉も、段々と省略していき、短めに、短めになっています。 その典型的なモノが、スマホやPCなどのNEWSなどです。 勿論、それに伴って、私たちのコミュニケーションでも、言葉は少なめにして、あとは、その場の空気で察してくれと言わんばかりです。 確かに、日本では、察しの文化がありますが、事ここに至っては、「やりすぎも極まれり」です。 勿論、言葉ですので、意味をなしていなければならないのですが、少ない言 [続きを読む]
  • そんなに友を呼んで、どうするの?
  • 一体全体、どれほど多くの人が、これを好きなんだろうか?? その最たるものが、「不安」というモノであります。 まぁ〜私たちの環境から言っても、「不安」や「不幸」ほど、人の会話でもTVでも尽きないモノはないだろう。 また、「不安」を抱えないと落ち着かない人までいるのですから、もう趣味というよりも、病気に近いのではないでしょうか。 しかも、ことわざでも、「人の不幸は蜜の味」や「類は友を呼ぶ」とまで言われてい [続きを読む]
  • 数字は、正確でしょうか?
  • 私たちは、いつも数字によって、判別しています。 それは、人でも、物でも、他のモノでもです。 特に、日本人にとって、一番興味があるのが、小さい時なら慣らされた来たベスト10などです。 それも、書籍でも、洋服でも、人の成績でもです。 しかし、人はあまりベスト10になった要因や特徴、評価する人たちの感覚などを、全く気にしません。 それどころから、その数字のみに注目して、評価して、購入したり、称賛したりしてき [続きを読む]
  • いいね!を超えて・・・
  • 人には、よく「こうなったらなぁ〜」とか「こうなりたいな〜」という欲求があります。 それを満たすために、何か行動を起こたりすることで、心地良さを感じます。 それを体系的にまとめたのが、マズローの5つの階層です。 その1つ目が、「食べたい」「寝たい」などという生理的な欲求です。 2つめが、「安心したいな〜」「健康でいたな〜」という安全欲求です。 3つめが、「仲間がほしいな〜」などという帰属欲求です。 4つめ [続きを読む]
  • サウンド?
  • 皆さんは、1日にどれくらいの音を、聴いているのでしょうか? 音と言っても、人の声やスマホから聞こえる音だけでなく、鳥のさえずり、物が擦れる音、雨が滴る音など、たくさんの音が、途切れることなく、聴こえてきます。 そして、静寂の音までも、聴こえてくるようになれば、大したものです。 私たちは、それらの音を聴くだけで、心が和んだり、イライラしたり、頭が空っぽになることさえもあります。 そのように、私た [続きを読む]
  • HOW  MUCH ?
  • あなたが生きている中にで持つモノといえば、『長所』と『短所』ですが・・。 その『長所』と『短所』の中身は、先天的なモノであったり、好きや嫌いなどの後天的なモノであったり、あるいは、イメージだけのモノであったりします。 あなたにも、『長所』や『短所』があるはずですが、これを知らない人もいます。 しかし、それはあなたを計る上でも、支障になることが多いのです。 例えば、「真面目」や「飽きっぽさ」などがありま [続きを読む]
  • 2択しかありませんか??
  • 皆さんは、『生きることに、意味があるのですか?』と聞かれたならば、何と答えますか? ・・こう唐突に聞かれても、答えることは難しいのですが・・ それを『なぜ生きているのですか?』や『どうしている時に、生きていると感じますか?』と、変えてみると、答えやすいのではないでしょうか? その答えは、人によって様々ですし、同じ人でも年代や環境によって、違ってくるのだと思います。 例えば、「食べることで、生きている [続きを読む]
  • めざすは、吸血鬼!??
  • 私たちは、日常の中で、あらゆることを考え、行動しています。 しかし、その結果、喜びもありますが、多くが失敗も経験します。 それを以て、自分に自信が付くことも、自信を失うこともあります。 そして、再び挑戦したり、失望を感じ、生きることまでも失せてしまうようなことにもなります。 さて、最近では、自信を失うなどの原因を創っていると考えられているネガティブシンキングを止めて、希望を持たせるようなポジティブシ [続きを読む]
  • 抜き足  差し足  忍び足
  • 日本人だからなのでしょか? 「慎重」で、「神経質」な人が、多いのは・・・?? この言葉、人によっては、プラスともマイナスとも取れそうです。 しかし、これにも限度があります。 「慎重すぎる」、「神経質すぎる」と、モノゴトを、熟す上で、あまりにも、時間を使いすぎてしますし、それで失敗でもすれば、この人は、「より慎重すぎて」しまいますし、「より神経質」になってしまいます。 そこで、人は、『あまり慎重にならず [続きを読む]
  • 身の丈って、どんなタケ??
  • 「身の丈に合った」という言葉をよく聞きますが、これって、どのような意味なのでしょうか? この言葉には、うしろに「生活」、「生き方」、「勉強」などなどが続いて、その意味する言葉を形成しています。 では、辞書を引くと【洋服などが、背丈、身体の大きさにぴったり合っているさまなどを、意味する語】だそうです。 これと同じように「分相応」という言葉に転じて意味することも、多いそうです。 そして、これらの言葉を、よ [続きを読む]
  • 風任せ\\ __
  • 「風が吹けば、どこへでも行ける!」と思っている人は、多くいます。 確かに、船が帆船であったら、そうも言えるでしょう。 しかし、一般にある船ならば、それだけではありません。 さて、私たちの生活の中にも、風を待っている人は、意外と多くいます。 風という「やる気」があれば、どんなことでも出来るのと思っている人が、確かに多いのは事実です。 しかし、本当に「やる気」があれば、何でも出来るのでしょうか? いえ [続きを読む]
  • 夏が来る前に・・
  •  2018年、冬。 今までの冬とは、違っていて、温かい日があったかと思うと、雪がどっさりと積もるような日もあり、生活でも身体でも、不安定になるほどの気候が続きました。 それがやっと終わって、春になります。 しかし、今年の春は、今までとは違っていて、夏日もあれば、冬に近い気温もある中で、花々は、どんどんと開花していった結果、今までのような花祭りが、開催できないところも出てきました。 そして、今は、5月。 [続きを読む]
  • 剥離骨折している「成功」
  • 「成功」と2文字で表すと、偉大なことのように感じますが・・ これが、普段経験している時となると、意外にもあまり実感が湧かないことが多いようです。 その理由としては、人は「成功」を、あまりにも大きな存在や、何時まで経っても届かない存在のようにしているからだろう。 さて、昔から、学校や家庭、あるいは塾などでは、「成功」したことよりも、「失敗」したことの方を、克服することを、重要視しています。 まぁ〜試験を [続きを読む]
  • 「失敗」のスペース
  • よく「成功は、失敗の元」ということわざを、聞きます。 しかし、それを信用していなかったり、感受性が低いために、感じなかったりする人は、大勢います。 では、反対に「失敗」の方は、どうなのでしょうか? これは、かなりの人々が、感受性に関係なく、感じているのではないでしょうか。 まぁ〜学生のころから、そのように鍛錬していれば、無理からぬことです。 だからこそ、「失敗」を嫌っている人は、多いのですが・・・ そ [続きを読む]
  • 今日って、いつのことです??
  • 1年、365日(366日)ありますが、今日と言う日は、一回しかありません。 昨日は、昨日で一回ですし、明日は、明日で、これもまた一回しかありません。 たまには、飛び日などがあってもよさそうですが、そういう日は、全く巡ってきません。 しかし、人間とは、面白いモノで、今日が、昨日になったり、明日が、来年になったりします。 それにも増して、今日がその後一生出てこなかったり、出てきたとしても、危機が過ぎ去っ [続きを読む]
  • 心のよりどころ
  • これから、益々お年寄りが増えていく街。 これから、益々子供が少なくなっていく街。 昔は、あった人と人との間には、会話が少なくなり、 代わって、人と人との間には、ネットという相手を見えなくさせてしまうモノを通しての、会話が増えていく真っただ中。 しかも、相手との距離間も、顔色も、考えていることも、分からないまま、会話が続いていきます。 そして、眼だけ、手だけが酷使されていきます。 しかし、分かることもあり [続きを読む]
  • 早すぎ〜〜〜(><)
  • まるでファストフード店のように早い早い異常気象。 思えば、去年、6月は凉っかったし、7月は超暑く、8月は平年並みだったけど、北日本では冷夏だったよね。また、秋を通り越して冬になってしまったような秋。そして、11月にはもう、インフルエンザが流行していましたっけ・・・。 それが、年を開けて2018年になっても続き、ドカ雪になったり、温かったりした冬。それが、やっと終わったと思ったら、ジェットコースターのような寒 [続きを読む]
  • メジャー
  • このタイトルは、イチロー選手や大谷選手などが、活躍している大リーグとは、全く関係ありません。 それでは、メジャーと言うと、こちらからあちらまで計る計測機器のことです。 これを使ってあらゆる処の計測が出来ます。 さて、私たちは、普段他人との距離感を以て、接しています。 この距離感は、人によっても違いますし、同じ人でも1回目と○回目に逢うのでは、違ってくることが多々あります。 そういうことは、学生時代の [続きを読む]