Iridium17 さん プロフィール

  •  
Iridium17さん: 自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々
ハンドル名Iridium17 さん
ブログタイトル自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々
ブログURLhttp://iridium17.blog96.fc2.com/
サイト紹介文自作スピーカーと計測に関するブログです。アンプの自作やホームシアター構築も計画中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/10/25 22:18

Iridium17 さんのブログ記事

  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その13)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。エンクロージャの構造設計はFusion360の共有プロジェクトとして3人(だしさん、熊谷編集長、私)で図面を共有しながらウェブ会議で進めました。といっても操作はすべてだしさんがやってくれるので、私は、ここをもうちょっと...とかお願いするだけです。今回はクロスオーバーネットワークをエンクロージャ裏蓋に内蔵する [続きを読む]
  • 増刷御礼!
  • おかげさまで初代マスターブックは多くの方に買って頂いており、発売からちょうど半年経った先日、2回目の増刷を行いました。買ってくださった皆さん、ありがとうございます! [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その12)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。T/Sパラメータ測定の後日談です。ケンさん、今井さんのアドバイスもあって、Break-inから1週間放置した後のパラメータを測定してみました。結果がこちら。やはし少し戻りますね。せっかく96時間もかけてBreak-inしたのに、ちょっと心が折れるデータです。とはいえ、これが現在のユニットの状態を反映した数値なのでしょう。 [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その11)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。若い頃、偶然に見つけた経験則があります。それは、     fb=fs * (0.4 / Qts)を満たすようにfbを決めるとフラットな周波数特性が得られるというものです。ずっと後になって、Loudspeaker Design Cookbookを読んで気がついたのですが、QB3アライメントは広い範囲にわたってQtsとHの積がほぼ0.4になるという性質がありま [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その10)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。T/Sパラメータが確定したので、エンクロージャ容積を決めていきます。使うのはこちらのデータ(再掲)です。エンクロージャ容積を計算してくれるサイトもありますが、ここはひとつ基本に立ち戻ってアライメントテーブルを使ってみます。アライメントテーブルって何?と思った方も多いと思いますが、私の知る限りアライメント [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その9)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。4Vrmsで24時間のBreak-inを追加し、トータルは96時間に達しました。まだパラメータ値は変動しそうですが、きりがないのでこのあたりで終了とします。パラメータが完全に落ち着いた頃にはユニットの寿命が尽きていた、なんてことになっては元も子もありませんからね。エンクロージャの設計には2つのユニットの平均値を使うこ [続きを読む]
  • AMAZON.CO.UKからの請求にご用心!
  • 昨夜、クレジットカードの利用明細をチェックしていたら、AMAZON.UK PAYMENTS (AMAZON.CO.UK)という身に覚えのない利用明細が見つかりました。しかも52,173円とけっこうな額です。全く身に覚えがないので、きょうカード会社に連絡したところ、『カード番号を悪用した不正請求の可能性が高いので支払いは停止します。カードは即刻使用停止として新しい番号のカードを発行します』とのこと。本当に身に覚えがないのかカード会社から [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その6)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。24時間のBreak-inを行ったあと、再度T/Sパラメータを測定しました。fsとQtsは少し下がり、Vasは少し大きくなって、いずれもデータシートの値に近づきましたが、まだまだ開きが大きいです。さらに24時間のBreak-inを行います。(つづく) [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その4)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。きょうはBreak-in前のVasを測定しました。Vasの測定方法にはコーンにおもりを載せるデルタマス法と、密閉箱を使うデルタコンプライアンス法があります。デルタマス法はコーンにあらかじめ重量が分かっている重りを付加し、そのときのfsの変化からVasを計算する方法です。この方法は一見簡単そうですが、コーンを傷つける可能 [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その3)
  • ※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。さて、昨日のフリーエア測定治具にはオチがありまして...いざ測定して見ると、fsのあたりでユニット全体がビリビリと振動し始めました。治具の剛性が足らないようです。これはまずい!ということで鉄のステーを急遽追加すると振動は収まりました。コーンの反力ってバカにならないものですな。Scan-Speak 15W8434G00のT/Sパ [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その2)
  • フリーエア測定のためのユニット固定治具が出来上がりました。フリーエア測定を行う際、ユニットは立てた姿勢でしっかり固定するとともに、コーンやポールベント周りの空気の流れを妨げないように配置するのが大切です。また磁気回路の特性を乱さないように磁性体はなるべく遠ざけなければいけません。今回、思うところがあってユニットはフレームではなくマグネットを掴んで固定しました。元ネタはこちら。http://seas.no/index.p [続きを読む]
  • 新しい機材
  • 新しい機材が加わりました。泣く子も黙るスイスの高級ブランド、GOLDMUNDです。でもなんだか変ですね。液晶がやけにチープだし、表示はカタカナだし...正体はこちら。約1年前から製作が滞っていたDACです。ようやく鳴らせるところまで漕ぎ着けました。Combo384で受けてI2SでPCM1794に渡すというごくオーソドックスな構成です。IV変換はルンダールLL1538+OPA2604によるIV変換という、やや変則的というか何のためにトランス使っ [続きを読む]
  • A. N. Thieleの論文
  • 先日Richard Smallの論文を入手したばかりですが、読むのはこっちが先だろう、ということで、きょうはTheleの論文を持って出張に出かけました。そういえば昔、よく新幹線の中でLoudspeaker Design Cookbookを読んだものです。しかし我ながら不真面目な光景ですなあ。それはさておき、この論文は最初1961年に発表されたものの、オーストラリアの学会誌で発表されたこともあって1971年にAESに再掲載されるまでは広く知られることはあ [続きを読む]
  • Richard Smallの論文
  • D'Appolitoの"TESTING LOUDSPEAKERS"のChapter 2の冒頭に"A LITTLE HISTORY"と題してエンクロージャ設計技術の歴史に触れた部分があります。これがなかなか興味深い内容なので、私もまねをしてマスターブック第二巻のT/Sパラメータに関する章は歴史を紐解くところから書き始めています。そのためにはちゃんと論文を読まなければ、というわけでAESのE-LibraryでR. Smallの論文を入手しました。SmallさんといえばThiele/Smallパラメ [続きを読む]
  • 夏の測定大会と編集会議(その5)
  • だいぶ回り道しましたが、ようやく編集会議の話です。マスターブックの第一巻は測定とクロスオーバーネットワークに焦点を当てた内容だったので、第二巻はエンクロージャの設計方法など『ハコ』に焦点を当てた内容になるのは前にお知らせしたとおりです。実はもうひとつ、目玉企画が決まりました。マスターブックの第二巻には『Scan-Speakのユニットを使った小型2ウェイの製作記事』を掲載します。この企画ではユニットの選定に始 [続きを読む]
  • 夏の測定大会と編集会議(その4)
  • 自称『インパルス応答測定にも配慮したオーディオルーム』のパフォーマンスチェックを兼ねて、久しぶりにうちのSEASの健康診断をしてみました。まずこちらがインパルス応答波形。思うところがあって今回から96kHzサンプリングにしています。部屋の遮音が良くなったのと反射要素を排除したせいで教科書的に綺麗なインパルス応答波形が得られています。Gate Windowは余裕の4.8msです。こちらが周波数特性。スムージングなしです。ツ [続きを読む]
  • 夏の測定大会と編集会議(その3)
  • Directivity controlが簡単ではないことが分かったところで、じゃあフルレンジならどうよ?ということで、これを測定してみました。Tangband W3-315SC、8cmアルミコーンフルレンジです。測定の練習のために作った習作ですが、現在でも我が家のテレビの音声用として活躍しています。結果はこちら。Constant Directivityとか言う以前に...(以下略)まあ、軸上の周波数特性だってこんなもんですから。1〜3kHzの盛り上がりはバッフ [続きを読む]
  • 夏の測定大会と編集会議(その2)
  • 先日Sさんの作ってもらったターンテーブルを使って、今回のオフ会のメインテーマのひとつであるDirectivity Patternの測定を行いました。まず最初に、ツィータのフランジの中心がターンテーブルの回転軸と一致するように位置決めします。0度から+90度まで10度きざみでターンテーブルの角度を変えながらインパルス応答測定を10回繰り返します。決められたフォーマットに従ってファイル名を付ければ、あとはARTAがまとめてFFT処理 [続きを読む]
  • 夏の測定大会と編集会議(その1)
  • Daredevils36さんこと熊谷編集長とだしさんが拙宅にお越しになりました。だしさんは立命館大学の学生さんですが、音響工学研究会の元部長というだけあって博識で理論にも強く、新世代ののスピーカービルダーという感じです。まず最初にうちのSEASを聴いてもらったあと、だしさんの2ウェイを試聴。この2ウェイ、ウーファーはScan-Speak Discovery 12W/8524G00、ツィータはうちと同じSEAS Excel T25CF001です。無垢のチーク材を貼 [続きを読む]
  • AES Membershipと測定環境改善プロジェクト
  • このふたつ、無関係ではありません。マスターブックの第2巻を書くにあたって『個人の思想やコンセプトではなく、文献や実測データに裏付けられた事実を書く』という方針を立ててみました。まあ、このブログも、また前著マスターブックもそういった方針でやってきたのですが、改めて言葉にしてみたわけです。実はそのためのAES Membershipと測定環境改善プロジェクトだったわけで、本を書き始める環境整備は順調に進んでいます。残 [続きを読む]