Iridium17 さん プロフィール

  •  
Iridium17さん: 自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々
ハンドル名Iridium17 さん
ブログタイトル自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々
ブログURLhttp://iridium17.blog96.fc2.com/
サイト紹介文自作スピーカーと計測に関するブログです。アンプの自作やホームシアター構築も計画中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/10/25 22:18

Iridium17 さんのブログ記事

  • LM4780 バランス入力BTLパワーアンプ(その1)
  • 何かと忙しくてなかなか進まないアンプ製作ですが、ようやくシャーシ加工が終わりました。というか、実は加工はSさんにお願いしていたので、自分では何も出来ていません。Sさん、いつもありがとうございます。ところでマスターブック第二弾はようやく全ての原稿が仕上がりました。夏休みに拙宅に集まって最後の編集会議を行い、そのあと印刷所に入稿という段階です。発刊は9月の予定です。(つづく) [続きを読む]
  • LM4780 バランス入力BTLパワーアンプ(プロローグ)
  • 以前から少しずつパーツを集めていたパワーアンプの製作に着手しました。製作するのはLM4780を用いたバランス入力のBTLパワーアンプです。これが完成すれば拙宅のオーディオ機器はPC以外はすべて自作で揃うだけでなく、PCM1794Aの電流出力からスピーカー端子まで全段バランス構成になります。さて、パワーアンプは電源が命ということで、まずは電源まわりのパーツから。電源トランスはBlockのトロイダルトランス。300VAを2個使い [続きを読む]
  • エンクロージャーの振動測定(その3)
  • 今度は裏板の測定。後で撮った写真なので電源が入っていませんがご勘弁ください。こちらがインパルス応答。よく見ると立ち上がりが負側になっています。つまりフロントバッフルとは逆相で振れているわけですが、実はエンクロージャー自体が前後に揺れているのかも知れません。こちらら周波数応答。700Hzと1.8kHzに鋭いピークがあります。こちららCumulative Spectral Decay。ピークが鋭いと振動も長く残る傾向が明らかです。今回は [続きを読む]
  • エンクロージャーの振動測定(その2)
  • 測定はこんな感じで行います。電源が入っていませんが、まあイメージということで...VM-63Aには表示器が付いているのですが、エンクロージャーの振動を測定するには少々感度不足のようです。幸い、イヤホン端子から加速度信号を取り出せるのでオーディオインターフェースに入れてFFT解析を行ってみました。ここから先の測定手順はスピーカーのインパルス応答測定と同じです。ARTAで生成した測定信号(ここではPeriodic Pink Noi [続きを読む]
  • エンクロージャーの振動測定(その1)
  • ひょんなことからリオンの接触式振動計VM-63Aを入手しました。リオンといえば補聴器のイメージが強いですが、産業用では音響・振動計測器や微粒子計測器で有名な会社です。以下、リオン株式会社のウェブサイトより。当社は、音響学と物理学の民間研究所である一般財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的として、昭和19年、株式会社小林理研製作所の社名で設立され、わが国最初の音響機器用クリスタルエレメントおよびその [続きを読む]
  • 真空管アンプ発表会2018 IN おの
  • あさっての日曜、兵庫県小野市で『真空管アンプ発表会2018 IN おの』が開催されます。このイベントも今年で3回目になりますが、今回はなんとアンプ16台が登場するという過去最大規模での開催となります。私は例年スピーカー関係のお手伝いで参加していましたが、我慢できなくて今回は発表に加えてもらいました。ただ真空管アンプは持っていないので自作DACとScanspeak2ウェイでの参加です。明日の午後から機材搬入とテスト音出 [続きを読む]
  • 2次のLinkwitz-Riley(LR2)の音
  • 第8回PARCサウンド鑑賞会の収穫のひとつは、Fさんの作品で2次のLinkwitz-Riley型クロスオーバーネットワークの音を初めて聴いたことです。作品の詳細はこちら2次のネットワークといえば12dB/octの減衰特性ですが、そんなの簡単じゃん、俺だって作ってるよ、と思う方が少なくないと想像しますが、クロスオーバーネットワークの減衰スロープはスピーカーから出てくる音の周波数特性(Acoustic slope)が12dB/octになっていないと [続きを読む]
  • 第8回PARCサウンド鑑賞会
  • 今年も恒例の第8回PARCサウンド鑑賞会が5月19日に開催されます。私は技術発表としてバスレフのニアフィールド測定の簡単な原理説明と実演をさせて頂きます。ニアフィールド測定は比較的簡単に出来るわりには得られる情報が多い(ということは測定して見て、あちゃー!ということも多い)ので、もっと普及するといいなと思っていました。以下、事務局が書いてくださった説明。ニア・フィールド測定によるバスレフ特性の評価手法 [続きを読む]
  • ARTA Handbook
  • 本の制作をしていると、執筆を開始してから校正を終えるまでの数ヶ月間は常に原稿を書かなくちゃというプレッシャーを感じます。なにせGoogleドライブとかSlackといった文明の利器のおかげで、サボっていたり他のことで遊んでいたりするとすぐにバレてしまいますからね。で、いまは校正を終えて貴重なシーズンオフなのです。さて、ARTAのマニュアルは理論的背景も含めて詳細に書かれている反面、実践面では少々分かりにくい面もあ [続きを読む]
  • 技術書典4に参加してきました
  • 6時36分新神戸発の新幹線に乗って、9時半過ぎに到着。去年と違って快晴です。午前10時。一般入場者の列ではありません。入場を待つサークル参加者の列。慌ただしくセットした我がブース。公式発表によれば今回の総参加者数は6380名だったそうです。昨年秋の技術書典3の参加者が3100名だったので、今回は2倍を超える参加者があったわけです。技術系同人誌の盛り上がりには目を見張るものがありますが、その一方でそろそろアキバ・ [続きを読む]
  • 技術書典4は明日です
  • 技術書典4は明日です!我がSK Audioのブースはけ-30本の販売はこちらですが、こちらのチラシを配布します!(チラシだけでも大歓迎)さらに、この子も来ます!日本初!クロスオーバーネットワークシミュレーションのパラパラマンガも上映します(PC上ですが...)明日は暑くなるようです。熱中症対策をしてお越しください!(つづく) [続きを読む]
  • 技術書典4は来週の日曜です
  • 4月22日(日) @アキバUDX我がSK Audioのブースはけ-30です。本の販売は昨年発表した「自作スピーカーXover・測定法マスターブック」だけですが、◎「自作スピーカー エンクロージャー設計法マスターブック」のプレビューチラシ (本はまだありません。ごめんなさい)◎Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピで紹介したスピーカーの実物展示 (音は出せません)◎クロスオーバーネットワークのシミュレーションをパ [続きを読む]
  • 技術書典4
  • そうこうしているうちに技術書典4が迫ってきました。4月22日(日)アキバUDX今年も参加します!我がSK Audioのブースはけ-30です。ご来場お待ちしています!ただ、とても残念なのですが、マスターブック第二弾「自作スピーカー エンクロージャー設計法マスターブック」は技術書典4には間に合いませんでした。楽しみにしていた方、ごめんなさい。販売するのは第一巻「自作スピーカー 測定・Xover設計法マスターブック」のみ [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(38)
  • 完成したScan-speak2ウェイはマスターブック執筆チームだけでなく、近隣のベテランオーディオマニアの方々にも試聴していただきました。いただいた感想からキーワードを抽出すると、・ 外見から想像する以上にクオリティの高い音・ 透明感がある・ 歪み感がない・ 音数の多いソースでも混濁しない・ ウーハーとツイーターの繋がりがシームレス・ 音楽のジャンルを選ばない・ ソースによっては低音の制動が甘くなる・ 外見 [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その37)
  • マスターブックVol.2の中でバスレフ動作について考えるうち、ドライバとポートの位相関係が実際にどうなっているのか知りたくなって測定してみました。ネットワーク無しのウーファーの特性を測定したかったので、ネットワーク内蔵のScan speakではなく外付けのSEASのウーファーを測定しました。測定はARTAのDual channel modeで行いましたので、スピーカーの入力信号を基準とした音圧および位相特性になります。まずこちらがドライ [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その36)
  • ※ この記事は今年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です出来上がったスピーカーの性能評価の続きです。インパルス応答からCSD(Cumulative Spectral Decay)を解析してみました。CSDとはスピーカーへの入力信号がゼロになった後のスピーカーの音圧の変化を示したものです。理想的にはス [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その35)
  • ※ この記事は今年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です出来上がったスピーカーの性能評価の続きです。ターンテーブルを使って軸外特性を測定しました。この写真は裸特性測定時のものですが、毎回同じ光景なので...こちらが0度、30度、60度の軸外特性です。当然のことながらシミュレ [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その34)
  • ※ この記事は今年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です出来上がったスピーカーの性能評価の続きです。ツィータを逆相接続にしてReverse nullの出方をチェックしました。これまで何度も書いていますが、4次のクロスオーバーネットワークではクロス点で±180位相回転するのでウーファー [続きを読む]
  • Scan-Speak自作2ウェイ コンプリートレシピ(その33)
  • ※ この記事は今年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です出来上がったスピーカーの性能評価を行いました。このスピーカーシステムは小型2ウェイとしてはハイエンドに近い市価30〜50万円/ペアクラスの音質と性能を狙って製作しましたが、果たして得られた性能はどうでしょうか?まずはFa [続きを読む]