イタ さん プロフィール

  •  
イタさん: 映画で学ぶイタリア語
ハンドル名イタ さん
ブログタイトル映画で学ぶイタリア語
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/arukutabinikki/
サイト紹介文広島の小さな外国語スクール経営者のブログです。イタリア語クラスのユニークなレッスンのレジュメを紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/10/28 08:36

イタ さんのブログ記事

  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第23回)
  • (場面)結婚式場。レナートとジュリアが、式服を着て写真を撮っている。ジュリアの複雑な表情◎FOTOGRAFO: Fermi! Fermi così! Fermi! Adesso ci siamo! Ma un po’ più vicino le teste! Così! Ecco così! Sorridete ora! Fermi! Fermi! Fatto!◎LIVERANI : Ora Giulia, un brindisi! Con l’augurio di fare un bel maschio! Come me!◎RENATO: Grazie!◎DONNA: Auguri Giulia! Auguri!◎RENATO: Grazie!◎GIULIA [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第22回)
  • (場面)アンドレア、ドアを開けて降りていく。階段を上がってくるマルチェッロとすれ違う。◎ANDREA : E levati dai piedi, tu!◎MARCELLO : Mamma! Cosa è stato?◎SARA : Niente...◎SANDRINO : Adesso volevo vedere se Renato Borghi faceva il prepotente anche col papà mio.◎アンドレア:どけ、お前はどけ!マルチェッロをおしのけて、憤然と下へ降りていく。◎マルチェッロ:お母さん、いったいどうしたんです?◎ [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第21回)
  • (場面)父アンドレアと娘のジュリアの口論が続く。◎GIULIA: Che t’importa di sapere? Tanto non servirà a niente! Non servirà a niente!◎ANDREA: Devi dirmi chi è stato, subito!◎SARA: Per carità, Andrea! Lasciala! Te lo dico io! È Renato Borghi. Quello del negozio. ◎SARA: Andrea! Aspetta! Andrea! Andrea! Aspetta Andrea, con la prepotenza non si ottiene niente!◎ジュリア:そんなこと父さ [続きを読む]
  • 旅情
  • ・1955(昭和30)年イギリス・アメリカ合作映画・出演ジェーン(キャサリン・ヘプバーン)レナート(ロッサノ・ブラッツィ)フィオリーニ夫人(イザ・ミランダ)アメリカの地方都市で秘書をしている38歳の独身女、ジェーン・ハドソン(キャサリン・ヘップバーン)は長期休暇を取り、念願であったヨーロッパ旅行の夢を実現させ、この旅行の最終目的地であるヴェニスを訪れる。ジェーンは駅から船でフィオリーニ夫人(イザ・ミランダ [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第20回)
  • (場面)マルコッチ家の居間。アンドレア、サーラ、ジュリア、サンドロの四人が食事をしている。ジュリアはうつむいたまま、ほとんど食事に手を付けない。◎SARA : Tu, va’ giù dal portiere, chiedi il turno delle fontane.◎SANDRINO: Ma io...◎SARA : Su, via, muoviti! ◎SARA: Giulia è incinta.◎ANDREA: Chi è stato? Chi è stato? Rispondimi, voglio saperlo subito!◎SARA: Andrea!◎ANDREA: Vieni qu [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その7
  • (イタリア語版)・Mostrai il mio capolavoro alle persone grandi, domandando se il disegno li spaventava.・Ma mi risposero: Spaventare? Perché mai uno dovrebbe essere spaventato da un cappello?・Il mio disegno non era il disegno di un cappello.・Era il disegno di una boa che digeriva un elefante.(私訳)・僕はその傑作を大人の人たちに見せ、怖くないかと尋ねました・でも、大人の人たちはこう答えました [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第19回)
  • (場面)マルコッチ家の居間。アンドレア、サーラ、ジュリア、サンドロの四人が食事をしている。ジュリアはうつむいたまま、ほとんど食事に手を付けない。◎ANDREA:・Ma che ha quella ragazzina? ・Da un po’ di tempo la trovo sciupata. ・E perché non vuol mangiare? ・Oh, dico a te, che hai? ・E rispondimi, perché non mangi? ・O ma insomma, si può sapere che succede, ma che è questa tragedia?・T’ho solo c [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その6
  • (イタリア語版)・Dopo di che non riescono più a muoversi e dormono durante i sei mesi che la digestione richiede.・Meditai a lungo sulle avventure della giungla.・E a mia volta riuscii a tracciare il mio primo disegno.・Il mio disegno numero uno. Era così.(私訳)・そうすると、もう動くことが出来なくなって、消化するまで六か月の間、眠っているのです・僕はジャングルの冒険について、長いこと考えまし [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第18回)
  • (場面)・レナートの食料品店サンドロが店にやってくる。サンドロ、姉から預かって来た手紙をレナートに渡す。レナートの父親が声をかける。◎RENATO Sì...◎CAPO Andiamo, Renato!◎RENATO ・Vengo! ・Di’ a tua sorella che non ti mandi più in bottega, hai capito? ・Poi le telefono io, va bene? ・Tieni, ma ora vattene, su.◎レナート: はい…◎父親: 出かけよう、レナート◎レナート: ・今行きます。・(サ [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その5
  • (イタリア語版)・Rappresentava un serpente boa nell'atto di inghiottire un animale.・Eccovi la copia del disegno.・C'era scritto:"I boa ingoiano la loro preda tutta intera, senza masticarla"(私訳) ・それは一匹の動物を飲み込もうとしているボアの絵でした・お見せするのがその絵のコピーです・そこにはこう書いてありました。「ボアは獲物を、かまずに丸まま飲み込みます」(ちょっと一言)・今回でてきた二つ [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第17回)
  • (場面)・サンドロのモノローグ◎SANDRINO : Giulia allora faceva l’amore con Renato, di nascostoPerò io da un po’ di tempo avevo capito che non andavano più tanto d’accordo.・レナートの食料品店サンドロが店にやってくる。レナート、サンドロに気が付いて店の隅に呼ぶ。◎RENATO : Cosa vuoi?◎SANDRINO : Ha detto così mia sorella, che... ◎RENATO: Sì, ma adesso fila che ho da fare. ◎SANDRINO: [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その4
  • (イタリア語版)・Perciò correggo la mia dedica.・A LEONE WERTH Quando era un bambino・Un tempo lontano, quando avevo sei anni, in un libro sulle foreste primordiali, intitolato Storie vissute della natura, vidi un magnifico disegno.(私訳) ・だから私は献辞をこのように書き直す・子どもの時のレオン・ウェルトへ・昔、六歳の時、「自然界の本当にあった話」という題の、原始林の事を書いた本の中で、僕は [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第16回)
  • (場面)マルコッチ家ジュリアが泣きながら部屋に入ってくる。向こうの部屋からアンドレアの怒鳴り声が聞こえる。◎GIULIA: Sì che lo sapevi! È da una settimana che se ne parlava!◎ANDREA: Ho detto di no e basta!◎GIULIA: Non me ne importa niente! Tanto lo so che me lo fai apposta! Lo fa apposta perché non mi può soffrire!◎SARA: Giulia, ma che dici?◎GIULIA: Sì, mi odia! Mi odia! ◎SARA: [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その3
  • (イタリア語版)・E se tutte queste scuse non bastano, dedicherò questo libro al bambino che questa grande persona è stato.・Tutti i grandi sono stati bambini una volta.・(Ma pochi di essi se ne ricordano)(私訳)・これだけ言ってもまだ足りないなら、私はこの大人の人がまだ小さかったころの、その子供にこの本をささげたい。・大人はだれも、最初は子供だった・でも、それを覚えている大人は少ない [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第15回)
  • (場面)前回の続き。一人になったサンドロは姉のジュリアの結婚写真をじっと見つめる。◎SANDRINO (tra sè e sè) ・Ma perché Giulia grida così?・E il suo bambino sarà nato? ・Mamma ha detto a Giulia che se è maschio lo devono chiamare Andrea. ・Chissà che dice papà se il figlio di Giulia è femmina? ・Lui è capace d’arrabbiarsi! ・Anche prima, quando Giulia non era sposata e stava da noi, lei [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その2
  • (イタリア語版)・Questa persona grande è il miglior amico che abbia al mondo.・Ho una seconda scusa: questa persona grande può capire tutto, anche i libri per bambini.・e ne ho una terza: questa persona grande abita in Francia, ha fame, ha freddo e ha molto bisogno di essere consolata.(私訳)・その大人の人はこの世で一番の親友だからだ・二つ目の理由は、その大人の人は何でも分かる人だからだ。子供 [続きを読む]
  • 「星の王子様」で学ぶイタリア語 その1
  • (イタリア語版)・A LEONE WERTH・Domando perdono ai bambini di aver dedicato quest libro a un persona grande.・Ho una scusa seria.(私訳)・レオン・ウェルトへ・子供たちには許してほしいのだが、私はこの本をある大人の人にささげた・それには真面目な理由がある(ちょっと一言)サン=テグジュベリがこの作品をささげたレオン・ヴェルトは実在の人物である。サン=テグジュベリよりも22歳年上のジャーナリストだった。彼 [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第14回)
  • (場面)ジュリアの家。サンドロが玄関のベルを押すが誰も出てこない。突然ジュリアの悲鳴が聞こえる。看護婦が洗面器を持って部屋から出てきて、サンドロを見つける。◎SANDRINO: Permesso...◎DONNA: Ma cosa fa quel ragazzino là? Mandatelo via! Mandatelo via subito!◎RENATO: Sandrino! Sandrino, ma che fai?◎SANDRINO: Mamma sta qui?◎RENATO: Sì sta qui, vieni, vieni entra qua. Resta buono qui, Sand [続きを読む]
  • ローマのタコ料理
  • 小説家の志賀直哉が昭和33年に、梅原龍三郎や里見弴と雑誌の座談会で「旅と食べ物」について語っている。そこで「ローマで食ったスペイン料理ふうのタコがうまかった」と語っている。今から60年以上前に志賀直哉がローマで食べた「スペイン料理風のタコ」とはどんなものだったのか?晩年の一時期、ポルトガルの海辺の町、サンタクルスで一人暮らしをした作家に壇一雄がいる。彼の著書「壇流クッキング」にスペイン風酢だこが紹介さ [続きを読む]
  • ラジオイタリア語講座 9月13日
  • フランス皇帝ナポレオンは1814年にエルバ島に追放され、「ムリーニ小宮殿」Palazzina_dei_Muliniと呼ばれる邸宅で約9か月を過ごしたことはよく知られている。昨日のラジオ講座で知ったことはナポレオンの読書について。ムリーニ小宮殿にはナポレオンの蔵書が大量に展示されており、特に歴史書が多いそうな。若い頃からのナポレオンの愛読書は「プルターク英雄伝」ムリーニ小宮殿のウィキペディア(イタリア語版)はhttps://it.wiki [続きを読む]
  • ラジオイタリア語講座
  • 昨日のラジオイタリア語講座で「輝ける青春」(La meglio gioventù )というイタリア映画について少し触れられていた。この映画は初耳であった私は早速ネットで調べてみた。2003年公開のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督作品。1960年代から21世紀の幕開けまでを、イタリアを舞台にある一家の37年間の年代記を描き切った大河ドラマ、と紹介文にある。上映時間はなんと6時間を超えるそうな。映画館に座っての6時間は耐えられそう [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第13回)
  • (場面)ウーゴの酒場。前回の続き。◎LIVERANI: Bah! Ciao!◎ANDREA: Oh...e .... la staffa!? E la staffa!?◎LIVERANI : Eh no, Andrea, dopo sette ore di treno me le sento tutte qua! A proposito, Ugo, domani è aperto, eh?◎SOR UGO: Hai sonno, eh?◎SANDRINO: Così così...◎SOR UGO: Eh, io ce n’ho tanto. Ma quando attacca tuo padre....◎ANDREA : Uva!◎リヴェラーニ:さあて…帰るよ◎アンドレ [続きを読む]
  • ラジオイタリア語講座
  • 先日のラジオイタリア語講座のテキストで紹介されていた和食のイタリア語表現。・すし:il sushi・刺身:il sashimi・かつ丼:il katsudon・おにぎり:l'onigiri・お好み焼き:l'okonomiyaki・おでん:l'oden・雑炊:lo zosui・しゃぶしゃぶ:lo shabushabu・ラーメン:i ramen・そば:i soba・うどん:gli udon・餃子:i gyoza・焼き鳥:gli yakitori、 [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第12回)
  • (場面)ウーゴの酒場。アンドレアはギターを弾き、仲間はそれに合わせて歌う。夜も更けて人気の少なくなった酒場。アンドレアはまだ酒を飲んでいる。◎SOR UGO Ma voialtri non si fa mai giorno, eh?◎UOMO E che, vorresti mandarci via la notte di Natale con la neve e i lupi?◎SOR UGO Ma lo sai che ore sono? Sta per nascere il bambinello!◎ウーゴ:あんたがたはいつまでたっても遅くならないんだね?◎男:クリス [続きを読む]
  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第11回)
  • (場面)アンドレアは中々帰ってこない。レナートは立ち上がって帰り支度をする。◎SARA : Sandrino, corri giù. Di’ a papà che Renato e Giulia non possono aspettare più, che si sbrighi!◎SANDRINO : Sì!◎SARA : Mi dispiace, ma il suo non è un lavoro come gli altri... Un bicchiere di vino gli ci vuole di tanto in tanto.◎RENATO: Ma non è mica per me, figuratevi! È che Giulia... Capirete, nel [続きを読む]