変な人 さん プロフィール

  •  
変な人さん: 変な人の釣りとアウトドアのブログ
ハンドル名変な人 さん
ブログタイトル変な人の釣りとアウトドアのブログ
ブログURLhttp://hennahito.naturum.ne.jp/
サイト紹介文人とはちょっと違った考えで釣りやアウトドア、そして環境について記事を書いているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/10/31 13:31

変な人 さんのブログ記事

  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第七話
  • 前回の続き。オオサンショウウオとマス(サケ)とアカテガニこれが自然に大量に見られる地域の山、陸、川、海は、良い状態と言われる。これらがいるということはウナギもイノシシもホタルもその地域に大量にいると言える。オオサンショウウオとマス(サケ)とアカテガニこれら3種、水辺の基本生物。自分勝手な決めつけです。決してボラ、シーバス、コイ、アユではない。これら流れもの魚類は基本ノミネートさえ、されない。考慮さ [続きを読む]
  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第六話
  • 前回の続き、濁りにもいろいろあると思います。1日や2日の濁り3日や4日の濁り1週間の濁り2週間の濁り1ヵ月の濁り3ヵ月の濁り半年の濁り1年中の濁り白、茶、黒、緑、雪に絡んでの濁り土砂に絡んでの濁り泥に絡んでの濁り肥料、薬品に絡んでの濁り生物に絡んでの濁りその他いろいろあると思います。基本濁りのない日本。何せ長期間の濁りは濃い濁りは日本の生物の種の継続にとっていいことなし。特に、年単位の日本の生物にとっては [続きを読む]
  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第五話
  • 前回の続き。日本人に、あなたはすりガラスの眼鏡をかけて生活しますか?すりガラスの眼鏡をかけなくてもいい生活をしますか?日本人に、あなたは蛇口の水が何色かに染まっている水が出る地区蛇口の水が透明の地区どちらで暮らしますか?もちろんどちらも水質に健康に問題はありません。と、日本の魚たちに問いかける。。。。「水質に問題はありません。」ん〜?と思う。「水質に問題がないので、 日本人は川で泳ぐはずです。」な [続きを読む]
  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第四話
  • 前回の続き。ここまで書けば、現在の魚の分類の方法が上流の魚、中流の魚、下流の魚、池の魚。ではないことがはっきりしてきたと思います。ろうそく、たき火で生活していた。江戸時代はそれで良かったのかもしれません。電気時代は全く違う環境です。火を使わないんです。薪を拾わないんです。木を燃やさないんです。暖炉がないんです。火鉢もありません。前提が違うんです。米や野菜や魚を交換しないんです。「ピ!」で調理済みで [続きを読む]
  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第三話
  • 前回の続き。通年濁っているアマゾンの、どこどこのなんちゃら川などと違い、きれいな水の中で何千年と進化した日本の魚にとって、ここ近年の、数十年の常時、濁り続ける水の存在は産卵行動だけをとっても脅威となる。色を頼りに視力を頼りに子孫を残す魚にとっては種の保存ができない、途絶える危機になる。濁りによって常時、確信が持てない。様々な理由で水中生物にとって、ぶれまくる行動をせざるを得ない。核心に迫る正確無比 [続きを読む]
  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第二話
  • 前回の続き。いるべきピラミッド底辺の魚がいない。うじゃうじゃいるはずの小魚がいない。日本在来種が減ったのはブラックバス、ブルーギル外来魚の影響が大きいと考える人がなぜか、あたりまえに多すぎる。マスコミではそんなふうにいうからそれを信じる人が多いということですね。。。現在の日本の環境状態において日本の魚の生態に影響が大きいもの。イコール日本の在来魚種を効果的に減らす方法。まず第一に1、太陽光(濁り) [続きを読む]
  • 夏によく聞く日本の魚の大量死 第一話
  • いつも通り、一般的ではない内容です。よくテレビでコイやフナが大量死。という報道がある。この報道に違和感を覚える日本人がなぜか少ない。コイやフナは日本にいる魚の頂点。(ナマズその他もですが)動物でいえば、ライオン。日本でいえばクマ、ニホンオオカミ?イノシシ。その上に日本人。それが大量死。そればっかりが大量死。つまり、その下の生物がいないということ。それより、うじゃうじゃ大量にいるはずの小さな魚がいな [続きを読む]
  • 正常ではない状態を肯定する釣り人
  • いつも通り一般的な内容ではありません。正常だと存在しない物を主食とする日本人。代表的な箱栽培、箱飼育、ハウス栽培、水耕栽培えさ、肥料、薬で育てられる米、野菜、果物、豚、牛そこでいない物、育たない物を肯定し、そこで以前、本来育っていたものを普通に生えてくるものを雑草と呼んだり、害獣と呼んだり。そこにいない物を、育たない物を持ち込み、本草と呼び?それを尊重、えさ、肥料、薬で栽培、飼育、出荷する。トラク [続きを読む]
  • 逆立ちしながら頭上の釣りゴミを集める。No.2
  • 前回の続き、どんなことやねん?と思う方は、You Tube でRiver Treasure やLake Treasure を検索していただければ、いろいろ見ることができます。(今は知りませんが当時の琵琶湖は これらの動画よりもっとゴミが多かったです)あたりまえですが、決して一人では潜らないでください。初心者同士で潜らないでください。水中班、陸上班、事故救助連絡連携を考えて行動してください。体に、マスクに、フィンにしょっちゅう巻き付 [続きを読む]
  • 逆立ちしながら頭上の釣りゴミを集める。No.1
  • いつも通りの偏った考えです。「逆立ちをする。」これは釣り人がするべき行動だと思う。ある意味。得に、釣りメーカー、釣り雑誌、テスターなど、業界にかかわる個人個人が、海で、湖で、率先して逆立ちを行うべきだと思う。ある意味。釣りメーカー、釣り雑誌、テスターなど、業界にかかわる個人個人は、一般人のご近所さんが普通にできないことをするべきだと思う。率先して免許を取って、ぐらいして、ある意味。今より25kgも体 [続きを読む]
  • 10年たっても木が生えない不毛陸地を作る日本
  • 前回の、「野比海岸で横須賀市の価値を上げる。」のある意味続き。波消しブロックはその大きく開いた隙間で波を弱めるだけで、土砂を作ったり、土砂を貯めたり、増やしたり、土砂の流出を止めるものではない。もちろん日頃、24時間動く潮汐、潮流を弱める物でもない。誰もが知っている事実。あたりまえだけど、波消しブロック上に草も木も生えない。不毛陸地。誰もが知っている事実。だから、海外の海岸線にはテトラポッドが少な [続きを読む]
  • 野比海岸で横須賀市の価値を上げる。
  • 前々回の、「サケやマスが減ると砂浜が減っていく。」のある意味続き。岩が石が砂が植物、海藻、動物、有機物の力を合わせ固まっていき、川底が海底がどんどん底上げされていき、 沼を潟を瀬を洲を棚を作りながら面積を広げながら、陸地が増えていく。水は四方八方に広がっていくから、分散されるから、川底が浅くなり、流速が遅くなり、堆積が促進され、三角州ができる。逆に、水の逃げ場がなく四方八方から集積されれば、都会の [続きを読む]
  • 私が欲しいベイトリール
  • 私が欲しいベイトリール。1、海でも使え、(塩、ゴミに強い)  分解メンテナンスが自分でできるリール。  遠投しない。早巻きしない。  ワームの釣りはしない。  基本ロッドを上向きにしてアクションしない。  小型のハードルアーは投げない。  右投げ右巻き、片手投げ。  6ft以下のガイド内径が大きいロッド用  左右の前後の上下の重量バランスがいいリール。  キャスト時にタックルの重心がわかりやすいリー [続きを読む]
  • サケやマスが減ると砂浜が減っていく。
  • いつも通りの偏った考えです。「有機物の存在」上流から大小さまざまな砂や石が海へ転がり落ちてきた過去。当たり前のように上流から河口、海へうおりゃーと遠投できる石が流されていた過去。でも現在は、転がってこない。堰やダムを超えてこない。確立は1000分の1?それよりも低い?通常、大小様々な岩や石が堆積し、その間に上に砂が堆積。またその間を有機物、生物が埋めていき、砂をとどめていき、三角州ができ陸地が広がって [続きを読む]
  • 邪道フィッシングプライヤーの注意点
  • 久しぶりに、釣り具に関しての記事です。ブラックバス、シーバスなどのルアー釣りを始める際、1300円ぐらいと価格も安く、作業、実用性も高く、初心者、一本目のプライヤーとしてはおすすめなValleyHill バレーヒル JA-DO 邪道スプリットリングプライヤー。視認性の高い、オレンジ色のグリップを選べば、夜、どこに置いたっけ?バッカンやバッグの中のどこにある?探す手間も省け、精神的にあせる可能性も低くなります。しかし [続きを読む]
  • ブラックバスを10倍駆除しても日本の魚が増えない理由
  • 前々回の記事と関連つけて、、、一般的ではない内容です。ブラックバスを現状の10倍でも100倍でも駆除しても日本の魚が増えない理由の一つ。ブラックバスがいなくなれば、日本の魚が増えると勘違いしている人が多い。たぶんその人は六本木から、人間をすべて駆除すれば、自動的に、必然的に、自然に、クマやシカやイノシシやアナグマや、キジやホトトギスやモグラや日本の動物がアスファルト、コンクリート、ガラスの環境で、ビル [続きを読む]
  • ハイギアベイトリールが嫌いな人へ
  • 日本流の一般的なバス釣りする人には関係のない記事です。みなさんご存じバス釣りの本場、アメリカのスーパーロングセラーリールBass Pro Shops Pro Qualifier Baitcasting ReelのローギアモデルPQX10SSD 4.7:1PQX10SD  5.2:1のほかにKastking からWhiteMax 5.1:1 が販売されていますね。知りませんでした。ロープロファイルでローギアが好きな人いかがですか?以上、短い記事でした。ふーん?とちょっとでも思われた方、"ポチ [続きを読む]
  • 魚道10倍増やしても日本の魚が増えない理由
  • 一般的ではない内容です。ダム、堰の魚道10倍増やしても日本の魚が増えない理由の一つ。産婦人科で生まれた赤ちゃんを空調の効いた建物から強制的に出し、夏の太陽の下、アスファルトの上に置き去りするから。雨季産卵シーズン雨が降るとなると、大雨が降るとなると、水位が上がると予想されると、ぐんぐん排出、水位調整し日本の魚にとって重要な場所を強制的に干上がらせる。日本の土地では、日本の川では、これだけ雨が降れば [続きを読む]
  • 釣り人と土木業とワンピース 最終話
  • 前回の続き。どの川も同じように作ってはいけない。違う条件を設定する。高い条件を、低い条件を設定する。そして更新できる条件を設定する。最近話題の東京都議会議員、職員リオオリンピック視察団その他の内容についても言える。視察に行ける人の条件を設定する。日本語、英語、そして、もう一か国語、計、三ヵ国の言葉が話せること。英語については国際基準のTOEFL何点以上。この逆もあるわけだから、日本に来ていただいた [続きを読む]
  • アユモドキと京都サッカースタジアム
  • ちょっと話題がそれます。京都府亀岡市大規模スポーツ施設京都サンガFCの新本拠地京都新スタジアム。の建設に関して、絶滅危惧種の淡水魚天然記念物のアユモドキに被害が及ぶという話。アユモドキは淀川周辺では桂川水系に生息。ドジョウの仲間なのでコンクリート護岸が大嫌いな魚ですね。アユモドキが生息する場所はコイが生息しにくい場所。世界で有名な侵略的外来魚の一つ、鯉。その「コイが大好きなアユモドキ。」特に細い野 [続きを読む]
  • 釣り人と土木業とワンピース No.8
  • 前回の続き。ダムは川の一部、ではなく川全体を遮断、仕切って使った川の生命成分の分離池。下水処理場でいう沈殿池。水は流れ下るけど、砂も石も岩も、もちろん落ち葉もたまっていく。時間の差を生む構造。別の言い方をすれば、ある意味、汲み取り式便所ぼっとん便所の貯留槽と同じ。下水処理場は沈殿物をすくい上げるが、ダムはすくい上げない。ぼっとん便所にためた物を定期的にバキュームカーで吸い取ることもせず、一生そのま [続きを読む]
  • 釣り人と土木業とワンピース No.7
  • 前回の続き。ごみは川に捨てないほうがいい。と言う人がいるけどそれは大間違い。「ゴミは川に捨てろ!」ちゃんと理由を意識して、ごみは川に捨てろ!なんでもかんでも一緒くた、同一視して、川に捨てなくするから、日本の土地はやせ細り、生物がいなくなり、海底の砂漠化が進み、海岸浸食も進み、砂浜が減り、魚がいなくなる。燃えるゴミ・生ごみ→焼却場→灰にするというとんでもおかしな日本人の思い込みが海岸浸食、砂浜の減退 [続きを読む]
  • 釣り人と土木業とワンピース No.6
  • 前回の続き。ここまで書けばわかりますね。国家事業として推し進めた日本の山の、山肌の広葉樹の自然森から針葉樹の人工畑への作り替え。海外では当たり前のように平地で行う針葉樹の畑。ところが日本では急斜面専用の事業となってしまった。しかも山頂まで、、、果実のある広葉樹に比べ果実のない針葉樹は生物のエネルギーの少なさがハンパない。そんな不自然な山を見て、動物として、よだれが出る感覚になる人は少ない。そして、 [続きを読む]
  • 釣り人と土木業とワンピース No.5
  • 前回の続き。いい山は、いい川の上流にはうんこがたくさん。山が緑色になっていてもしかたがない。山に木が生えていてもしかたがない。木の量と山の豊かさは比例しない。いい山は、生物のうんこの量で決まる。魚類、両生類、爬虫類、甲殻類、昆虫、鳥類、哺乳類、その他なんやかんや。いろんな生物のうんこの量が多いと、生物多様性があると判断できる。うんちを発生させるには食糧が必要。食糧が多いということはエネルギーが豊富 [続きを読む]