ryoi さん プロフィール

  •  
ryoiさん: 虫愛づる記録
ハンドル名ryoi さん
ブログタイトル虫愛づる記録
ブログURLhttp://ryoi.ldblog.jp/
サイト紹介文川崎市麻生区、隣接する町田市、横浜市の消え行く緑の中でも元気に生きている昆虫や生き物たちの記録です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2009/11/01 00:45

ryoi さんのブログ記事

  • 家駅近くの本屋さんが急に取り壊しになりました。以前は普通の本屋でしたが、途中から教科書販売に特科したようです。古い建物で2階の上の方の小さな窓は閉まらないのかダンボールで当てをしていました。本屋の隣はにはずっとシャッターが締まったままの正体不明の店舗でした。で、両方の建物が取り壊されるとこの家が出現したのです。新しいときは、小さいながらもおしゃれな家だったように見えます。この家がとても可愛そうな気 [続きを読む]
  • キンクロハジロ
  • キンクロハジロ  カモ科ハジロ属かなり前からキンクロハジロが溜池に来ています。さて一昨年は一羽で留まった雄のキンクロハジロ今年は雌がお供をしました。この雌は、はたして来年はどうするのでしょう?興味津々であります。抱卵の前にコンビ解消するんだけど抱卵しないからコンビは続くのかな? [続きを読む]
  • キバネフンバエ
  • キバネフンバエ  フンバエ科田んぼの山寄り、日陰の場所にワルナスビが咲いているので行ってみました。ワルナスビに似ていますが、違いました。後で調べると花期から判断してオオイヌホオズキのようです。ふと上を見るとフンバエがいます。ヒメフンバエは以前撮ったことがあって、黄色っぽい色でしたが、こちらは赤っぽいです。キバネフンバエでしょうかね??翅ではないのですが。のけぞって撮ったのですが、近すぎてピントがボ [続きを読む]
  • イヌノフグリハバチ
  • イヌノフグリハバチ  ハバチ科大きさは6ミリほどですね。ニホンカブラハバチと大きさも姿もほぼ同じです。「東京23区内の虫2」によると腹部第一節の背面 黄橙色→イヌノフグリハバチ  黒→ニホンカブラハバチもっと詳しいイヌノフグリハバチの定義は 廊下の虫さんの虫を調べる イヌノフグリハバチ で読むことができます。翅の色が薄いのがイヌノフグリハバチでは? では駄目かな。 [続きを読む]
  • タイリクアカネ マユタテアカネ
  • タイリクアカネ アカネ亜科小さめの元気なトンボを新宮町の広い田んぼ内で見かけます。ナツアカネかと思っていたのですが、翅紋や翅脈が赤いことで♀タイリクアカネのようです。ウィキペディアにはアカネにしては大型と記述があるのですが、そうかな?撮った写真にマユタテアカネが1枚ありました。ちゃんと観察すると他のアカネもいるのかも知れません。 [続きを読む]
  • シロハラ
  • シロハラ  ツグミ科蝶を撮っているとシロハラらしき鳥が溜池の法面の草はいつの間にか焼かれていましたミミズを見つけましたアスファルトでは使えない嘴のようです。少し頑張っていましたが、一声鳴いて諦めて去ります。私の前をトコトコあるきながら、草むらから飛び出たバッタ類を追いかけています。田んぼの周りには山があります。去年の秋頃からいつの間にか金網で囲まれて中に入れません。猪対策の金網のようです。この写真 [続きを読む]
  • キアヤヒメノメイガ
  • キアヤヒメノメイガ ツトガ科ノメイガ亜科休耕田の草むらを歩くと数頭飛び立ちます。9月には次々と飛び出していたキアヤヒメノメイガがまだいます。上の個体はすっかり模様が擦れていますが、寿命はどのくらい何でしょうか。畦に生えているシロバナキツネノマゴとムラサキキツネノマゴボケや露出オーバーの写真が多いのはやっぱり年のせいか。 [続きを読む]
  • フタスジヒラタアブ
  • フタスジヒラタアブ  ハナアブ科黄色い波模様のヒラタアブの写真を見て、へぇ〜、こんなハナアブもいるんだ。現実に見ることができるとは思いもしませんでした。顔を撮りたかったのですが、高い所ばかりで後ろ向き、残念でした。 [続きを読む]
  • コカマキリ
  • コカマキリ大きさは5cm前後ぐらいかな。コカマキリを見たことがないので自信がありません。前脚の裏側が見られたらよかったのですが。おっちゃんのお墨付きをいただきました。 [続きを読む]
  • スナゴミムシダマシ
  • スナゴミムシダマシ? ゴミムシダマシ科天気がよかったので昼前新宮町の田んぼに行って来ました。道路の端に横切ろうとする黒い甲虫がいます。大きさは15ミリほど車が通るので向きを変えてやるとフリーズですはしっこにひっくり返ったまま置いてきました。正体はわかりません。調べるとスナゴミムシダマシのようですが、スナゴミムシダマシにもいろいろあって不明です。 [続きを読む]
  • スジエビ 溜池の小エビ
  • スジエビ 溜池の小エビ テナガエビ科淡水のエビの見分け方、3つのHPで見ましたが、スジエビでいいのでしょうか?大きさは様々ですが、4cm前後でしょうか。全く自信がありません。下の写真を見ると肉食でもありそうです。ホトトギス 白秋白秋は1日花なんですよね。1年待って1日、それはないでしょう、と言いたい。今年みたいにわずか2輪、1輪咲いて20日後がこの1輪、残る蕾は1個 [続きを読む]
  • ヤマトアシナガバチ
  • ヤマトアシナガバチ  スズメバチ科(Pentaz K-70 + Pentax D FA 100/2.8 マクロ WR)キアシナガバチかなと思ったのですが、違うような気がして何枚か撮っておいて正解でした。初見のヤマトアシナガバチです。トビイロシマメイガの幼虫はこのハチの巣も食するそうです。↓セグロアシナガバチにも似ています。 [続きを読む]
  • ルリミズアブ 後架ばなし
  • ルリミズアブ  ミズアブ科畑の側道の葉の裏に大きめのアブがじっと留まっています。まだ見たことがないコウカアブかもと撮ったのですが。コウカアブのコウカとは後架=便所だと初めて知りました。後架を検索すると 函館旧公会堂を大正天皇が皇太子時代に旅館として使用した時新たに便所を作って御後架と呼んだと記録がありました。で、写真もあるのですが、材料や敷物は高価なものを使っているらしいですが、ものすごく狭くない [続きを読む]
  • クサフグ
  • クサフグ フグ科今日は本当にいい天気でした。空は青く、心地よい暖かさで、空気は澄んでいて遠くの山や建物がくっきり見えます。塩浜に行ってきました。珍しく干潮時間に会ったようです。汽水域にカモがいるとは予想外でした。クサフグがいる汽水域ですね。子供の頃満潮になった川で釣った記憶があります。海がキラキラ光ってきれいでした。 [続きを読む]
  • ジョロウグモの♂
  • オスのジョロウグモ7、8ミリほどの小さなクモを10月始め撮っていたのですが、正体がわからず放置していいました。先日やっとジョロウグモの♂とわかりました。という事は単体で巣を張っていたわけではないのでしょうか?去年ジョロウグモを見ていると、たまたまハチがやってきてちょっかいを出したのですが、クモは身を捩って抵抗し何事もなく終わりました。襲われたクモはさぞ驚いただろう、と思ったのですが、その後慌てず騒がず [続きを読む]