ryoi さん プロフィール

  •  
ryoiさん: 虫愛づる記録
ハンドル名ryoi さん
ブログタイトル虫愛づる記録
ブログURLhttp://ryoi.ldblog.jp/
サイト紹介文川崎市麻生区、隣接する町田市、横浜市の消え行く緑の中でも元気に生きている昆虫や生き物たちの記録です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/11/01 00:45

ryoi さんのブログ記事

  • ワモンノメイガ  紋が薄い
  • ワモンノメイガ  ツトガ科ノメイガ亜科ワモンが薄いので別の蛾かな、と思ったほどです。幼虫食草は不明と言われていますが、芝生の芝が被害に会うそうです。芝はイネ科だし、イネ科の植物がある所で見られるようなので、イネ科が食草ですね。ここは耕作放棄の広大な畑で青々としたシバムギが生えています。多分造成地になるため耕作放棄地になっているのだと思いますが、日当たりはいいし、道路のそばだし、本当にもったいないな [続きを読む]
  • ハンミョウ
  • ハンミョウ  ハンミョウ科小学生の頃、舗装されていない道路で見かけたことがあります。それから数十年・・・How beautiful you are!!(RICOH CX6)静寂の中に葉擦れの音が時折聞こえる田園風景は遠くになりつつある。 [続きを読む]
  • ホタルガ
  • ホタルガ  マダラガ科ほんのすこし前まで、夕方力強く飛ぶホタルガを何頭も目にしたものです。今まで弱々しく直線方向に飛ぶホタルガしか見たことがなかったので、留まることもせず、すごい勢いでランダムに飛ぶ姿を見て、九州のホタルガはすごい、と目から鱗でした。あんなせっかちに飛んで相手を見つけられるのか知らん。幼虫食草→サカキ、ヒサカキ [続きを読む]
  • ユウマダラエダシャク
  • ユウマダラエダシャク 幼虫食草→マサキずっと前マンションのマサキの生け垣に多数のユウマダラエダシャクがいるのを見たことがあります。それ以降は見かけたことはほとんどありませんね。今日19日都心で9.9度 31年ぶりの記録だそうです。地球の温暖化よりも、英国のザーコバ教授の、2030年までに小氷河期が到来する話のほうが現実味がありそうな気配。北進を続けている昆虫たち take care ! [続きを読む]
  • ワモンノメイガ
  • ワモンノメイガ  ツトガ科ノメイガ亜科(RICOH CX6)住宅地跡の草むらで幼虫食草→不明 だそうです。ノメイガには食草不明種が多いですね。この草むらにはいわゆる雑草の種類がそう多くはないので、ちゃんと観察するとわかるかもしれませんが、簡単な事ではないでしょう。 [続きを読む]
  • ベッコウシリアゲとフクラスズメの幼虫
  • ベッコウシリアゲとフクラスズメの死んだ幼虫新宮町の畑の土手に10メートル近くに渡って生えているカラムシの、ほぼすべての葉が食い尽くされているのには驚きました。憑かれたように残った葉を食べている大中多くのフクラスズメの幼虫が溢れています。この個体は喰われた痕跡はないようですが、どうしたのでしょう? [続きを読む]
  • ウラナミシジミ
  • ウラナミシジミ  シジミチョウ科(RICOH CX6)宅地跡の草むらで高台の住宅地を囲むように道路があって法面には大小の木々が生えています。場所によっては広範囲にクズが覆い茂っているんですが、そこではウラナミシジミを見たことはありません。蜂が川崎に住んでいた周辺に比べて種類も数も3、4倍ほど多いので、蝶や蛾の幼虫が生き延びるのは大変かと思います。今朝めずらしくカササギが5羽ほど来てしきりになにかを(木の実かな) [続きを読む]
  • ツマジロエダシャク
  • ツマジロエダシャク シャクガ科エダシャク亜科ツバメガ科の蛾に会うのは2015年のクロホシフタオとわずか2回目です。ツバメガ科と勘違いしていました。(RICOH CX6)幼虫食草→クスノキ、オガタマ昨日人丸神社周辺の森に朝から行ったのですが、これといった収穫はなかったですね。このツマジロエダシャクは警戒心が強くて、やっと留まった所は暗めの葉の裏でフラッシュ撮影でないと、感度を上げても大きくぶれてしまいます。ただフラ [続きを読む]
  • ウコンエダシャク
  • ウコンエダシャク  エダシャク亜科新宮町、人丸神社の長い桜並木の参道を歩いていると、足元から黄色い蝶がひらひらと飛び立ち、彼方へ。追いかけて撮ったのですが、残念な事に留まった場所がイマイチでした。ヒメウコンエダシャクとは紋の違いで区別するようですが、紋がはっきりしません。大きさが3cm近くあったのでウコンエダシャクの♀としました。♂には♀へ音で信号を送ると言う透明目玉があるので、ぜひ見てみたいもので [続きを読む]
  • キンバネチビトリバ Ⅲ
  • キンバネチビトリバ  トリバガ科今回は鳥の羽のような翅も撮れたので、まぁまぁの写真です。と言うかこの安価なレンズやカメラではこれ以上の精密さは無理だと思いますね。以前友人から20万円近くするマクロレンズを借りて撮ったことがありますが、目からウロコの写真が出てきました。でも自分はCX6のようなコンデジがいいですね。虫との出会いは一期一会。 [続きを読む]
  • シロモンノメイガ
  • シロモンノメイガ  ツトガ科ノメイガ亜科(RICOH CX6)朝近くの空き地で、フウセンカズラで吸蜜している多くのシロオビノメイガを目にします。そしてごくたまにシロモンノメイガの姿を見ることもあります。幼虫食草→不明対してあちこちで目にするシロオビノメイガ 幼虫食草→アカザ、シロザ、イヌビユなど  シロオビノメイガはカラムシがいっぱい生えている畑道でもよく目にすることもありますが、カラムシはちがうのでしょう [続きを読む]
  • ヤサイゾウムシ
  • ヤサイゾウムシ  タコゾウムシ亜科(RICOH CX6)1番上はCX6がめずらしくきれいに撮ってくれました。下は105ミリのマクロレンズで撮ったのですが、白っぽい毛はCX6のほうがはっきりします。大きさはハスジカツオゾウムシと同じくらい10ミリぐらいですかね。(RICOH CX6)夕方空がとてもきれいで、立ち止まって見る人もちらほら。 [続きを読む]
  • ヒメツマキキリヨトウ
  • ヒメツマキキリヨトウ     ヤガ科ツマキリヨトウ類(ツマキリヨトウ亜科ではなく)(RICOH CX6p)これは中古のCX6で撮ったのでピンとがあまいです。フラッシュ撮影すればよかったかも。幼虫食草→カニクサカニクサはずっとずっと下の田んぼの近くの溜池の側で見たような気がします。近辺で見かけたことはないのですが・・・似た蛾に シロスジツマキリヨトウ、ムラサキツマキリヨトウ [続きを読む]
  • 赤いクビキリギス
  • クビキリギス 赤い個体  キリギリス科クサキリ亜科クビキリギスには緑、褐色、赤の3色があって、赤は会うのが難しいそうですが、幸運にも昨日新宮町の草むらで見つけました。ただ草の根本にいてレンズを向けると茎を回るのでうまく撮れなくて残念でした。↓CX6でも無理な位置 [続きを読む]