たった一度の人生 さん プロフィール

  •  
たった一度の人生さん: 統一教会にて
ハンドル名たった一度の人生 さん
ブログタイトル統一教会にて
ブログURLhttp://ucpeople.seesaa.net/
サイト紹介文統一教会で、人間は神様の愛の対象だということを知りました。神と人間の本当の関係が取り戻される時です。
自由文今までの人類歴史の中で、神様と人間の親子の関係が正しく持てたときがあったでしょうか。なかったと思います。そういう意味で、今までの人類歴史は間違いだらけでした。
統一教会の出現で神様と人間の真の関係が取り戻されて、人類は正常な状態に戻ることができます。仏教で無明、キリスト教で堕落と言われた、天使よりも低いこれまでの人間の立場から、本当の人間の立場に戻るときです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/11/03 14:16

たった一度の人生 さんのブログ記事

  • 真の父母の出現によって、社会全体はどう変わるのか
  • 統一教会は人類の真の父母をお迎えしたというのですけれども、これによって世の中はどう変わるのでしょうか?もし、世の中は何も変わらないとしたら、それは悪く言えばただの独りよがりに過ぎなくなってしまいます。統一教会は無数にある宗教団体の一つに過ぎないことになってしまうでしょう。祝福によって血統転換されたといっても、そういうことをいう宗教団体はいくらでもあります。問題は、真の父母の出現によって、社会全体が [続きを読む]
  • 「提言 JAPAN 2050 ユース・フェスティバル」開催おめでとうございます。
  • 昨日は、幕張メッセで、世界平和青年学生連合主催の「提言 JAPAN 2050 ユース・フェスティバル」という大会が盛大に開催されたということを聞きました。提言 JAPAN 2050 ユース・フェスティバル 公式サイト私は残念ながら仕事で観に行くことは出来ませんでしたが、創造目的学会のメンバーにも参加した人がいましたし、うちの次男も参加しました。「世界の問題を解決する英雄が現れてほしい」というみ言もあったりして、参加したメ [続きを読む]
  • 頭翼思想を世界に訴えかけている団体はどこか
  • 「平和を愛する世界人として」に、真のお父様が金日成主席にお会いする前に北朝鮮の指導者たちに話した内容が書かれています。そこには、真のお父様が、「南北統一をするには、人間の力をもってする主体思想では不可能で、神様の愛を実践し、左翼思想と右翼思想を調和させることの出来る頭翼思想でなければならない。」とおっしゃられたと書いてあります。これが真のお父様のお考えです。ところが、これを世界に訴えかけている団体 [続きを読む]
  • すべては、神様のみこころのままだと思います。
  • 私たちは地上天国を実現したいと心の底から思っています。私たちだけではなく、これまで地上で生きてきた無数の人たちも、その理想の世界を夢見てきたことだろうと思います。しかし、その世界はいつの世にも遠くかなたのように思えました。また、そんなことなど考えもせず、日々の生活に追われ、また、日々の出来事で頭の中がいっぱいなのが、ほとんどの人々の実情ではないかと思います。でも、神様は、いつの世にも、その理想の完 [続きを読む]
  • 信義時代と侍義時代
  • イエス様を中心とする信義時代と真のご父母様を中心とする侍義時代とで、信徒の心持ちは違っているはずなのですが、実際、どうなのか?と感じるときがあります。イエス様のときは、救い主イエス・キリストが救ってくれることを信じていました。それで、祈ったり、礼拝を捧げたり、献金したり、伝道したりしてきたわけです。普段私たちがしているようなことを、キリスト教徒もしてきたわけで、キリスト教徒と私たちの違いはどこにあ [続きを読む]
  • 独生女論
  • 独生女論はお父様の価値を引き下げるものでもないし、お父様の解明された原理を否定するものでもありません。むしろ、原理を完成させてくれるものです。そして、共生共栄共義主義を天一国の基本理念と表明してくださったので、真のお母様のもとでは統一原理がそのまま活きており、私たちは統一原理でもって天国創建を果たしていくことが出来ます。実際、統一原理をもってしなければ天国創建は不可能だと思いますが。天国創建は真の [続きを読む]
  • 創造目的学会が動き始めました。
  • 創造目的学会が動き始めました。今はまだ、数名の、細々とした動きではあります。知っている人もほとんどいないでしょう。お金もまったくありません。しかし、神様の天地創造の原理原則を言い、これによって世の中を変革していこうと訴える団体が他にあるかと言うと、ないのではないでしょうか。神の子であるイエス様と真のご父母様が教えてくださった神様の天地創造の原理原則。これを単刀直入に世に伝えていく。私は、地上天国実 [続きを読む]
  • すべて神様が主管してくださっている
  • 2018神日本天運相続孝情奉献聖火式が北海道で開催されたのを、中和新聞で読みました。44万枚もの孝情奉献書が奉納されたとのことでした。祈願書は実践しなければ何の意味もなさないということはある、と私は思います。しかし、ここ数年感じていることは、実践すれば、たとえ足りないことをしても、よい方向に導かれる、ということです。それだけでなく、たとえ間違ったことをしてしまっても、よい方向に導かれる、と感じてい [続きを読む]
  • 創造目的学会のホームページ
  • 創造目的学会のホームページをリニューアルいたしました。http://pocs.info/スマホでもPCでもご覧いただくことが出来ます。「創造目的学会」で検索出来ます。私は、このホームページを活用して、神様のみ旨を成していこうと思います。一番大事なことは、この存在世界には、創り主である神様がいらっしゃること、神様がこの世界をお創りになったのには目的があること、人類はこの目的に一致すべきであること、で、これを全人類に [続きを読む]
  • 今、創造目的学会を再稼動させる準備を進めています。
  • 今、創造目的学会を再稼動させる準備を進めています。創造目的学会私たちは統一原理という宝物を持っているのですが、これが現実社会にどのように適用されるかが問題です。信じるだけなら今提供されているコンテンツで十分なのですが、地上天国の実現は具体的な行動を伴います。しかも、統一原理(特に創造原理)、統一思想に基づかなければ、地上天国を実現することは出来ません。しかし、対外面において、統一原理、統一思想を前 [続きを読む]
  • 独生子の資格
  • 下の映像は、問題のあるみ言だとして、ある人が紹介してくれた映像でしたが、見てみると、すっと理解できたことが一つありました。お母様のみ言集 - YouTubeこの中で、「独生子の資格」というみ言が出てきます。(4:23あたり)この「資格」ですが、これは、真のお母様やイエス様にもあてはまるということに気づいたとき、私はすべてに合点がいきました。イエス様は独生子としてご聖誕されましたが、そこには、イスラエル民族に聖別 [続きを読む]
  • 主体と対象の関係を忘れた個人主義
  • 最近、天一国経典「平和経」を読んでいます。第一篇 「真の平和の根本原理」の中の「人間に対する神様の希望」の中に、このような一節がありました。「アメリカの国民は個人主義思想を尊重していることを知っています。主体と対象の関係を忘れた個人主義はあり得ません。ですから、アメリカは袋小路に差しかかっているのです。このようなアメリカを救うことのできるただ一つの道は、どこから出てくるのでしょうか。今こそ、キリス [続きを読む]
  • 文鮮明先生の霊言
  • 文鮮明先生の霊言というのを某宗教団体で収録した話は聞いていたのですが、文先生のことを毒グモのように言っているという話を聞き、どんなことを言っているのだろうと思って、買って読んでみました。宗教決断の時代 (目からウロコの宗教選び 1) | 大川 隆法 |本 | 通販 | Amazonこの本が出版されたのは2010年、まだお父様が地上にいらっしゃるころで、文鮮明先生の霊言かと思いましたら、文鮮明先生の守護霊の霊言だというこ [続きを読む]
  • 父母が存在する家庭の姿を経済社会にあてはめれば
  • 今の資本主義の問題点は土台となる貨幣循環ループが存在しないところにあるわけですが、これはまるで父母の存在しない家庭のようです。父母の存在する家庭の姿を経済社会にあてはめれば、土台となる貨幣循環ループが存在する社会になるでしょう。今の経済制度には「愛」がありません。父母のいない家族のようです。: 経世済民 [続きを読む]
  • 今回、ホームページ「神とはいったい」を復活させました。
  • 今回、ホームページ「神とはいったい」を復活させました。「神とはいったい」掲示板の「神とはいったい?」へのリンクが切れていたのですが、今回、プロバイダが変わることになったのをきっかけに、復活させました。神とは いったい?このホームページは、私が、神様王権即位式を前後して神様と本当の出会いをなし、神様を証ししようと思って立ち上げたホームページです。当時、ブログもfacebookもなかった時代、ただひたすらに神 [続きを読む]
  • 次男
  • 次男の専門学校の入学式を2日後に控えて、次男のことを少し書いてみたいと思います。次男が生まれたのは西暦2000年、彼はミレニアムベイビーです。その年、家が全焼になる火事がありました。私は仕事で家におらず、相対者は清平の入籍21修のさなかで、8ヶ月だった次男はベビーカーに乗せられて、おじいちゃんとおばあちゃんに連れられて難を逃れたのでした。それからの次男は、我が家庭が苦難の道を歩む中で、辛い境遇を甘 [続きを読む]
  • 「Stand Alone」
  • 3月1日に行なわれた天地人真の父母様聖誕および基元節5周年記念行事祝勝会では、米国の声楽家セイコ・リーさんが日本の曲「Stand Alone」を日本語で披露してくれたそうで、私としては、すごくうれしく感じました。あの曲の中の「一朶(いちだ)の雲」というのはまさに真のご父母様のことを指していると思います。そして、この曲を主題歌としたドラマ「坂の上の雲」が放映されたのが2009年から2011年の冬の期 [続きを読む]
  • 世界平和連合は文鮮明先生が創設した団体です
  • 世界平和連合は文鮮明先生が創設した団体です。文鮮明先生が世界平和連合を創設したとき、「世界平和への道」と題する基調講演をなされました。この世に世界平和連合(FWP)を名乗る団体があるとするならば、その団体の主張はこの基調講演の内容と完全に一致していなければならない、と私は思います。私たちがこの世に対して出来る最大かつ最低限のことは、文鮮明先生の主張をこの世に伝えることです。世界平和連合創設大会世界 [続きを読む]