スミスのママ さん プロフィール

  •  
スミスのママさん: ダイエット・エステ etc お洒落の小部屋
ハンドル名スミスのママ さん
ブログタイトルダイエット・エステ etc お洒落の小部屋
ブログURLhttp://mi1103dec.blog101.fc2.com/
サイト紹介文日常の生活応援情報を何でもグルメ的に広い分野でご紹介♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2009/11/03 22:13

スミスのママ さんのブログ記事

  • 麻衣子、今度は身体も絢に向けて…。
  •  チラリと自分の後ろのベビーベッドの絢に顔を向ける麻衣子。知寿子は一瞬、向かいの捷子の顔を見て、そのまま目を上に向けて…。麻美、小さな声で、「なに…???」悠馬、「どう…いう…???」知寿子、「実は〜〜。」悠馬、麻美、「うん。」「あ…の…ね〜〜。」悠馬、麻美、「何…???」麻衣子、今度は身体も絢に向けて、「絢〜〜。」知寿子、「木本…浩一。彼。モッちゃん…。」悠馬、口を尖らせて、「ふん…、彼が…???」「マコの [続きを読む]
  • 「結婚は…してないけど…。」
  • 賑やかに夕食を食べながらの5人。「あっ、そうだ。ねぇねぇ、悠馬。」いきなり捷子。悠馬、「ん…???」キョトンと悠馬。「ほらほら、新しく悠馬のとこに来た主任さん。」「あぁ、木本君。浩一君…???」麻美、「はぁ…???」「うんうん。その人。木本さん。浩一さん。どんな感じ…???」いきなり顔を見合わせる知寿子と麻衣子。「ちょ…、ちょっと…捷…。」目をパチパチと麻衣子。そんな麻衣子と知寿子の顔を見ながら悠馬。「へっ [続きを読む]
  • 「みんなでご飯。」
  • 捷子が絢を抱きながら、麻衣子はカートを押しながら食材を選んでカゴの中に。「あっ、それも良いね〜。」と、捷子、ミニトマトのパックを指差して。「ふん。んじゃこれも…。」麻衣子。「あとは〜。でも…、いっか〜。多分チズも買ってくると思うし。チズじゃないと悠馬の好きなの分かんないもんね〜。寿のはあるし〜。」「だ〜ね〜。はいはい、絢〜。ルルルルル〜。」ニコニコ顔の捷子。「おっす。」麻美。スーパーの中で麻衣子 [続きを読む]
  • 「なんか…怒ってる…???」
  •  午後からは、何とも気が乗らない麻衣子。そんな麻衣子に、「ごめんね、マコ。でも…、この前からちょっと、気になっててさ。」知寿子。麻衣子、「そんな事…言ったって…。私…。」しょげながら。「わ〜かってる〜。絢と言う可愛い娘がいるって。私もそれは…考えた。でも…、モッちゃん、良い人だよ。」麻衣子、「……。」「ねぇねぇ、重(しげ)ちゃん。」身体を右寄りにして、隣の室井重也に小さな声で咲、「つかさん。外から帰 [続きを読む]
  • 「なんでチズが私に謝んのよ。」
  • 「いやいや…、なんでチズが私に謝んのよ。ははは、可笑しな人〜。」ニコニコしながら、おかずを口の中に入れながらの麻衣子。「うん。どしたのチズ〜???」カップのフルーツジュースをストローで飲みながら捷子。「もしかして…、何か変な事、企んでるとか…???くくくく…。こら、白状しろ、チズ〜。かかか。」奏。鼻の下を伸ばして…、右目を瞑って、やばそうな顔をして知寿子。「あ〜ん、もう…。言うっきゃないね〜。こうなっ [続きを読む]
  • 水回りの事なら「住まいる水道サポート」
  • 毎日の生活の中で、思い掛けないトラブルと言うのは…意外とつき物で。電気、ガス、水道。何か一つでもトラブッたら、意外と、ライフラインが…。さて今回は、その中でも、ちょっと…、「お父さん、何とかなんないの〜???」「そう言われても…、こりゃ…専門家だな〜。」そこで、0120〜365〜の273〜。ダイヤルしてみて下さいませ〜。またはこちら、「住まいる水道サポート」からでもどうぞ〜。お宅の水まわりのトラブル、解決して [続きを読む]
  • 開運グッズ『金運・財布用ふとん』
  • 珍しく、何やら、角のところで数人の奥様連中が、「井戸端会議」ちょいと、耳を傾けてみる…と〜〜。「何…納税…???」「金運…ふとん…???」「才色兼備…???」「ふるさと…???」「返礼品…???」何の事やらさっぱり…。そこへお隣の奥様。「ふふ…、もうニュースになってるみたいね〜。」「はぁ〜???」「つまりはこういう事〜。」さて、それでは解説しよう。東京は千代田区に、流通業を展開するお店、「株式会社才色兼備」がある [続きを読む]
  • 「ごめん、マコ!!!」
  •  捷子、「何々…、あのふたりって…???…ん…???悠馬の会社の…、挨拶周り…って…???」少し考えながらも、すぐさま捷子。「あ―――――っ、もしかして…、あの人。チズの高校時代の同級生〜〜!!!」麻衣子、「ビンゴ〜〜、捷子〜〜。確か…、モッちゃんって…言ったっけ…???…でも…、それがどうしたの、チズ〜???」何気に知寿子の顔を見る麻衣子。なにかしら真面目な顔の知寿子。「はっ???どしたのチズ…???」またまた知寿子に [続きを読む]
  • 木を使った食器「47noki」
  • 現代社会、確かに、もの凄いスピードで未来に突き進んでいる感じ…。なんだけど…、近代的になると同時に、ある側面からすると…、意外と〜。「自然をもっと、もっと感じたい…。」そ〜んな面持ちもあるのが…、現代人のこころの中にはあるのでは…。さてさて、私たち人間、生きていくためには必須項目の一つとして、「食文化」ねぇ〜。そしてその食文化に必要なものと言うのが、食材…。そしてもう一つが…、忘れてならないのが [続きを読む]
  • 同期・歳の離れた従姉妹関係。
  • その小暮美津の声に、それぞれ3名、「何々…どしたの…美津〜???」「帰任だってさ。」「帰任〜〜???」声を揃えて3人。「帰任って…、誰が…???」静香。「それが…。私たちも…まだ…見た事が…ない。」「はあ〜〜???」「よっ。食べてるね〜3人トリオ〜。」奏。「あっ、チーフ〜。」麻衣子、知寿子、捷子。「どうだった、悦、元気してた〜???」「ん〜〜。もう元気元気。それに、綺麗だった〜相変わらず。」麻衣子。「チーフ同様 [続きを読む]
  • 「アンタから…なに…するしか…。」
  • 「だって…こっちは…もう〜〜???」藍子をからかうように順子。藍子に麦茶の入ったグラスを渡しながら…。「バッカねぇ〜。簡単なこっちゃない。そういうときは、アンタから…なに…するしか…ないんじゃな〜い。」「いや…。だって…、だって、だって…。前…、それで失敗してんのよ。私〜。」順子に迫る藍子。「まぁ…、そりゃ…前の人は…。ねぇ〜。何とも…。…くっ。」「そこで、笑う〜〜???」「いや…アンタにしては、良く [続きを読む]
  • 新サービス「FARO」
  • 今や広告や宣伝と言うのは、ある意味、企業の販売促進の最たる武器であると言えますよね。そして今や、その企業を売り込むと言うのにも、Webサイト、つまりはホームページは欠かせない時代となって来ています。そして企業が売り出す、商品や商材、製品等々。ただ、この販売力と言っても、やはり広告や宣伝に頼ると言う事になる訳です。企業では、自社では何とも…難しい話となってきて、常に広告や宣伝に費用を掛けている事になる [続きを読む]
  • 「変な人ね〜。かかか。」
  • その浩一の声に典、「あっ、はい。」「竹橋さんって…、面白い人みたいだね。」そして今度は、その浩一の声に典、「はぁ〜あ???」玄関のチャイム。「はぁ〜い。ちょっと〜待って。」廊下で絢を抱いてお庭を見せていた順子。そのまま玄関に、「開いてますよ〜。」ドアを開けて、「バア〜。」藍子である。「あ〜ら。藍子〜。珍しい。どしたの…???絢〜。藍子おばちゃんだよ〜。」「わぁ〜。絢ちゃ〜ん。かっわいい〜。ふふ…、外回 [続きを読む]
  • 「結婚…して…ますよね…???」
  • 「…侑…佳…???」全く侑佳の言っている事が分からない浩一。「あか…ちゃんって…。まだ…俺達…???」手摺から離れて浩一の前に跪く侑佳。そんな侑佳の両肩に体を下げながら両手を添える浩一。「…何…が…、あった…???侑佳…???」「浩…。」自分の斜め上の浩一の顔を見ながら、ぐしょぐしょになった顔で侑佳。浩一に申し訳なさそうに…。「お腹の赤ちゃん…。お父さん…。…浩じゃ…ない。」「それは…。だって…、俺達…まだ [続きを読む]
  • 「女の子…産まれたんだ。」
  •  「へぇ〜〜。前の主任の奥さん…、だったんだぁ。」浩一。「うん。…でも、私も気付かなかったわ。会った事。2…回くらいだったかも…。でも…凄いや、奥さん、私の声も覚えてたみたいだったから…。」典。「そうみたいですね〜。そして…、女の子…産まれたんだ。」「そう…みたいね〜。1年…数か月の結婚生活…か〜。」「へっ!!!そうだったんですか…。わお。」「うん。去年の夏ね。女の子を助けようと車道に…。」「わぁ… [続きを読む]
  • 「素敵な仕事が出来そう。」
  • 「へっ…???」その悦の声に典。「フラワーショップ、アティレとDaniel広告企画、そして…、ウチのgrande grace…。良い感じ。これだけでも、素敵な仕事が出来そう。」にこにこしながら悦。「そうですね〜。grande grace…、うん、いい感じ。偉大なる恵みかぁ。中川さん。前の主任の噂は聞いてます。前主任の名前に恥じないように、頑張ります。」浩一。「とんでもない。ウチの高志なんて…。みなさんに…迷惑ばかり掛けてたんじゃ [続きを読む]
  • 「これも…何かの縁…かな〜。」
  • 「そしてコチラが…。」典。その典の声を遮って悦、「中々どうして…、素敵な方じゃない、つかさん。」そう言いながら名刺を取り出し、「イベントプロモーションgrande grace専務を任せられています、越谷悦と申します。どぞ〜お見知りおきを〜。ふふ。」「これは、これは。ご丁寧に…ありがとうございます。」浩一。「大変だろうけど、頑張ってね〜。つかさん。今度は…大丈夫かな〜。」悦。「うん。何とか…。」典。「マコ〜。 [続きを読む]
  • 「綺麗〜。うん。いい香り〜。」
  • その女性の声を聞いて麻衣子、「あ〜。すみません。私たち…、関係者じゃ。…あれ…。どっかで…???」会場のアレンジされている花々を見ながら典、「綺麗〜。うん。いい香り〜。」そんな典にイベント会社の担当者、「あら、はい。お世話様〜。宮部さん。ちょっと待ってね〜。」そう言いながら、「専務〜。宮部さ〜ん、参られました〜。」その声に、「おほほほほ〜。いら〜っしゃ〜い。わざわざ〜ありがとね〜つかさん。」イベント [続きを読む]
  • 「ふくの日!大福の日!」
  • 「大福好きな人、集まれ――――――っ!!!」と言う感じで…。みなさんの中にも、和菓子の好きな方々…、たっくさんいらっしゃると思うんですが…。今回貼付してます、画像…、これって、大福のマンガチツクな画像なんですが、かっわいいでしょう〜。。。…で、今回のTOPIXと言うのが、これ、「和菓子を食べてハッピー!」…で、もって、「ふくの日!大福の日!」と言うTOPIXでございます。なんと、毎月29日を「ふくの日 [続きを読む]
  • 「あっ、会場見えてきた。」
  • 典、「白州に…お奉行と言えば…。」ふたつ目の駅、発進。その典の声に、「すぐ頭に浮かぶのが…遠山の金さん。そして大岡越前。」「全〜部…DVD持ってるんだって。」「へっ???うそ。すご〜。」「そんな人と一緒に飲み会行ってみなさい。」「な〜るほどね〜。そりゃ…仕切るわ〜。」「しかも。部署内一の…、古株…。あっ、主任、ここ、降ります。」ホームに降り、そのまま典の後ろを歩く浩一。「あっ、会場見えてきた。」麻衣子 [続きを読む]
  • 「んじゃ、頼むよ〜。郷、お願い。」
  • 「んじゃ、頼むよ〜。郷(ごう)、お願い。」奏。後ろから走ってくる郷を、ファイルを確認しながら。「は〜い、了解〜。行ってきます。んじゃ。」ワゴン車の運転席に乗って、窓を開けてニッコリと。「ふふ。相変わらず綺麗なお母さんだ。ねぇ〜郷ちゃん。それに、かっこいいお父さんね〜。郷ちゃ〜ん。」知寿子。「ははは。ありがとうございま〜す。」角郷(すみごう)。角奏のひとり息子である。そしてフラワーショップ、「アティレ [続きを読む]
  • 「ニックネームばっかだね〜。ここは…。」
  • 「ハッシ〜???」また目をパチクリさせての浩一。そこにまた咲、「うん。名前が竹橋雅人。だめだよ主任、たけはしって言わないと怒るから、このお奉行。た・け・は・し。竹さんなんて言ったら、おじいちゃんみたいでしょ。それよりだったら、は・し・で、ハッシ〜の方が…。」その咲の話を聞いて思わず浩一、「ぷっ。へぇ〜。面白い。いいね〜この雰囲気。」その浩一の笑いと声を聞いて、典に雅人、「ん…???」「じゃ、この際、紹 [続きを読む]
  • 「この典を…つかさって、読めるんだ…。」
  • 「えっ。そうなの…???…って、主任っ!!!」典。「いや…。ごめん。いや…、あの…初めから…何て言う名前だろ…。てん???…それとも…のり…???…ごめん…、それしか…思いつかなかったから…。名前…言えなかった。…ほんとに…ごめん。」浩一。腕組みしながら仏頂面の典。「いや…、でも…、この典を…つかさって、読めるんだ…。へぇ〜。響き…良いですよね。ねぇ〜室長。」その声で、いきなり赤くなる典。「…と、言う事だ、 [続きを読む]
  • 「お目当ては絢ね〜。ふふ…。」
  • 「おっはよう〜。」既にお店に入っていた知寿子。「おや…ふたり同時に…???」捷子、「うん。ははは…、昨夜、マコのアパートに泊まっちゃった〜。かかか…。」「お〜やおやおや。お目当ては絢ね〜。ふふ…。」麻衣子、「ご名答〜。おはよ、チズ〜。」そう言って、知寿子とハイタッチ。「あっ、室長、おはようございます。」浩一。「おぅ、おはよう、早いね〜木本君。」悠馬。「えぇ…。とにかく、早く慣れないと…。」照れながら [続きを読む]
  • 「まだ…、夜泣きは…しないよね。」
  • すやすやと眠っているベビーベッドの中の絢。「まだ…、夜泣きは…しないよね。」布団の中で捷子。「まだでしょ。まだ…生まれて2週間しか経ってないのに…。」キョトンとしながら麻衣子。「かかか…、それもそうだ。でもさ…、寿って、夜泣きしたって、聞いてないよね。」「あ…。そう言えば、そうだ。聞いてない、聞いてない。…でも…。ん〜〜。絢は…覚悟だけは…しとかないと…。」「だよね。マコ…、時々…泊まりに来てい [続きを読む]