J2 さん プロフィール

  •  
J2さん: ジャングルジム津(トレーニングジム&治療院) 
ハンドル名J2 さん
ブログタイトルジャングルジム津(トレーニングジム&治療院) 
ブログURLhttp://jun2.mie1.net/
サイト紹介文津市高茶屋にあるトレーニングジムでの雑多な出来事をトレーナー兼鍼灸師の私がお知らせします。
自由文津市高茶屋でトレーナー兼鍼灸師として皆様のフィットネスのお手伝いをさせて頂いております。 
皆様の見本となるべく、毎年ボディビル大会に参戦中!!
三重県ボディビル連盟理事、三重県パワーリフティング協会理事、大会の審判もしております。 ジム&治療院、酸素カプセル <ジャングルジム津> 営業時間14:00〜24:00(日曜定休) 059-234-5605  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供734回 / 365日(平均14.1回/週) - 参加 2009/11/07 22:44

J2 さんのブログ記事

  • 「片足スクワット」を台の上で
  • ある会員さんがテレビでラグビー選手がやっていたという片足スクワット ↓ を再現しようと頑張ってました。片足スクワットは脚の筋力もさることながら、バランスと柔軟性が求められるので難しいトレーニング方法です。通常の両足でやるスクワットに比べて股関節回りの筋肉(特に中殿筋)がたくさん使われます。ですから流行りの美尻トレーニングに最適なのですが、前述のように様々な体力要素が求められるので簡単ではありません。実 [続きを読む]
  • 年末年始の営業予定
  • 昨夜の閉館時の気温は0℃でした。寒くなりましたね。KENKODOは本日 11:00-16:00 の日曜日営業時間です。今年もあと15日となりました。年末年始の営業は ↓ です。年末年始に恒例の「ビジター半額の日」は 12/30,31,1/3 の3日間です。2018年のトレーニング収め、2019年のトレーニング初めはKENKODOでどうぞ [続きを読む]
  • 呼吸に関わる「呼吸筋」も鍛えられます
  • 呼吸は肺そのものが伸び縮みして行われるのではなく、肺の周りの筋肉が働くことで伸び縮みします。息を吸う時に使われる筋肉は 胸鎖乳突筋、斜角筋、内肋間筋、外肋間筋、横隔膜など。 息を吐く時は 外肋間筋、外腹斜筋、腹直筋 などが使われます。これらは筋トレで全身をバランスよく鍛えることで発達します。筋トレだけでなく呼吸を意識的に調整する方法として、胸式呼吸、腹式呼吸や、ヨガ、気功、健康体操など多種多様です。肺 [続きを読む]
  • 趣味でやるなら楽しく
  • 近年筋トレを趣味としてアピールする人が増えてきたのは筆者的にたいへん嬉しいです。趣味というからには自発的であり、やりたいからかる、楽しむためにやるというように誰にも縛られず自由にやるイメージですね。趣味は「楽しい」と感じなくなったら何か原因があります。こういう時には思いきって休んだり、別の運動を楽しむというような工夫が有効です。→完全に辞めるという選択肢もありますが。KENKODOの場合は巨大タイヤ、ロ [続きを読む]
  • 小胸筋をいたわりましょう。
  • 大胸筋の奥に位置する小胸筋は、表面から見えないので文字通り目立たない筋肉です。とはいえ小胸筋に不調が起こると胸の奥が詰まったような不快感があり、血管や神経を圧迫して腕にしびれが出ることもあります。筋トレではディップスやリバースプッシュアップで身体を深く沈めすぎたり、シュラッグやベントローでバーベルを下げすぎたりすると痛めやすいですね。→肩甲骨が不安定な状態で強い負荷を加えると負傷しやすい。小胸筋の [続きを読む]
  • 2021年は三重国体 パワーリフティングは朝日町です
  • 世間は2020年東京オリンピック&パラリンピックに注目していますが、その翌年2021年の国民体育大会(国体)は三重県で開催されます。→【三重とこわか国体】昨日国体準備委員会より各競技の開催日程が決定した旨の通知が届きました。"本日開催されました(公財)日本スポーツ協会国体委員会において、三重とこわか国体の正式・特別競技及び公開競技の競技別会期について、本県提出案が承認され、決定しました"公開競技(都道府県対抗の [続きを読む]
  • 「かめはめ波風味」のプロテイン
  • ミルキー、波動拳、くまモンなど、いつもユニークな商品を発売するプロテインビーレジェンド(リアルスタイル社)より、またまたユニークな商品が発売されました。あすから公開の映画「ドラゴンボール超ブロリー」とのコラボレーション商品です。世界中で大人気のドラゴンボールだけに、パッケージを見ただけで予約する人が日本人だけでなく海外出身会員さんにもいました。子どもへのプレゼント用という人も多いですね。味は「かめは [続きを読む]
  • 腹筋を割りたい女子が増加中!
  • 女性フィットネスモデルがメディアに取り上げられ、筋トレ女子の増加とボディビル・フィットネス大会を観に来る女子の増加により「◯◯さんみたいなフィットネス体型になりたい」という女子が増加中です。↑2019アーノルドクラシックヨーロッパ(スペイン)より特に目立つのは「腹筋を割りたい」という女子ですね。最近立て続けに相談を受けました。そういう女子からは腹筋を割るために腹筋トレーニングだけを頑張っていたり、腹筋を [続きを読む]
  • 2019JBBF主催大会&派遣国際大会の予定
  • 来年度(2019年度)のJBBF主催大会のスケジュールが発表されました。→一部予定来年は変更点が多く・スポルティックカップを除いて6,7月の開催は無くなりました。・日本ジュニア&全国高校生大会が日本選手権から独立しました。・日本女子チャレンジカップ、ミス21健康美大会は日本社会人連盟主催になります。↓JBBFが日本代表選手団の派遣を予定している国際大会のスケジュールも発表されました。大会のスケジュール、開催場所が発表 [続きを読む]
  • 筋トレの事故は防げます
  • 三重県内で先日開催されたマラソン大会でランナーが心肺停止になり救急搬送されたという記事を見ました。残念ながらマラソン大会での心停止は毎年発生しており、市民マラソン大会では18.5万人に1人の割合という調査もあります。筋トレの場合、心停止が起こった事例は知りませんが、ベンチプレスによる死亡事故は複数報告されています。→バーベルを首に落下させるケースがほとんどと思われる。 ベンチプレスによる事故は器具の安全 [続きを読む]
  • 宴会続きでも太らないためには
  • 忘年会にクリスマス、正月休みに新年会と食べ過ぎに事欠い季節に太らないためには身体を「リセット」させることがポイントです。リセットさせるために 16〜20時間 水分以外何も口にしない「プチ断食」が簡単な方法です。宴会は夜が多いので、翌日の夕方まで水分だけで過ごすことになります。この時期「食べ過ぎて体重がヤバイっす!」とよく相談を受けますが、そのほとんどは食べ過ぎた食品に含まれる水分による増加分です。そして [続きを読む]
  • 冬場にマラソン大会をやる理由
  • 子どもの頃に冬場のマラソン大会が苦痛だったという人は少なくないでしょう。しかしマラソン大会を冬場にやるのは発汗による脱水症状(それに伴う熱中症)が起こりにくいという健康面の配慮があるからです。また寒い環境で持久的な体力を向上させることで皮膚温の維持と熱産生の亢進、つまり寒さに強い皮膚と体温を維持する能力が高まるそうです。これは手指のような局所においてはっきりしているので、指先が冷える人は寒い屋外で [続きを読む]
  • 太ももの筋肉で寒さ対策
  • ヒトは寒いと筋肉を緊張させて身を縮ませます。こうすることで体表面積を小さくして熱が逃げるのを防ごうとします。それでも寒いと無意識に筋肉をブルブル震えさせることで熱を作り出します。このように筋肉には熱を作り出すというヒトにとって大切な役割があります。寒さ対策として運動をやる場合に効率が良いのは人体で最も大きな筋肉である「太もも前側(大腿四頭筋)」をしっかり使うことです。↑スクワットや自転車が代表例です [続きを読む]
  • 寒い時の筋トレウェアについて
  • ようやく冬本番の寒さになったので防寒対策が必要になりました。防寒対策は衣類による調節が基本ですが、筋トレなどのトレーニングウェアに綿(コットン)とかレーヨン(ヒート◯ックなどに使われている)素材は汗をかくと乾きにくいので、運動後に体温を奪われてしまいます。→着替えればOKですが運動をやる場合は汗の吸収・速乾性が高いタイプを選びましょう。↑KENKODOは一般人から「季節感が無い!」と言われています(笑) →寒すぎ [続きを読む]
  • 健康のため?
  • いつもしっかりと筋トレをやる人がエアロバイク(フィットネスバイク)を使っていると「何か理由があるのか?」と勘ぐられてしまうKENKODOです(笑) →ボディビル系大会を目指すのか?などこのように筋トレ愛好家というのは有酸素運動をあんまりやらない傾向があります。「なんで(エアロバイクを)やっとんの?」と聞かれたら「健康のため(^^)」と答えるのが決まりになっているようです(笑)これは当たらずも遠からずです。健康のために [続きを読む]
  • 日本人の肉体美は世界で通用しています!
  • 現在スペインで開催中の「世界マスターズ選手権&ジュニアワールドカップ」にて、JBBF代表選手団は初日から金メダルラッシュに沸いています。競技の競技発展のためには世界大会活躍するというアピールが欠かせません。スポーツの世界でしばしば使われる「日本人離れした体型」という表現にとっても違和感がありましたが、肉体美を競う世界大会でも日本人が活躍できることが証明されています [続きを読む]
  • ベンチプレスでケガをしないために
  • ベンチプレスを我流で練習している人の「手幅」を拝見すると、ほとんどの人が大きく広げたワイドグリップですね。ちなみにトレーニング教本ではベンチプレスの手幅について「肩幅の1.5倍」または「バーベルを胸まで下ろした時に前腕が床に対して垂直」と解説してあります。筆者的には後者に従い、前腕が床に対して垂直の手幅を勧めています。しかしながら多くの筋トレ愛好家が教本よりも広い手幅でベンチプレスをやっているのは「 [続きを読む]
  • 筋トレは一過性のブームではない
  • 最近は高野豆腐が品切だそうですね、以前はサバ缶でした。思い起こせばココアや舞茸などなどテレビで宣伝されると爆発的に売れて、しばらくするともとに戻ります。このような「単品を食べ続ける健康法」や「◯◯だけダイエット」は一過性のブームがほとんどですよね。筋トレがブームと言われて久しいですが、今のところ廃れる感じはありません。しかし同じ轍(てつ)を踏まないとは限らないので、油断せず普及発展に努力します。 [続きを読む]
  • アスリートのためのスクワット
  • 昨日某大学に伺った臨時講習は、トレーナー志望の大学生ということでボディビル的なトレーニング(肉体改造的な)をベースに、アスリートにも対応できるようなアドバイスを。基本のスクワットではバーベルを首の後ろに担ぐバックスクワットだけでなく、バーベルを首の前に固定するフロントスクワット、脚を前後に広げるスプリットスクワットに時間を費やしました。フロントスクワット、スプリットスクワットはボディビル的には大腿四 [続きを読む]
  • 基本の反復練習を大切に
  • 知人から依頼のあった某大学トレーナーサークルでの筋トレ実技講習を終えKENKODOに戻ってきました。↓充実した設備は素晴らしく機能的でした。講習はトレーナーの勉強では必須である、関節の屈曲伸展などの基本運動の復唱から始まりました。実技実習では復唱した基本運動を確認しながらスクワット、デッドリフト、ベンチプレスなど。こういう基本種目の反復練習はとても大切です。反復練習を積み重ねて、クライアントのニーズに合 [続きを読む]
  • 臨時講師のお仕事
  • KENKODOは本日も 11:00-23:00 の営業です。筆者は大学のトレーナーサークルで筋トレの実技講師を依頼されたので某大学(愛知県)へ。古い知人がここの職員をやっている関係で本日だけの講師です。学生に少しでもお役に立てれば幸いに思います。 [続きを読む]
  • 腰痛はセルフケアを欠かさずに
  • 腰痛に悩む人は国内で3000万人とも言われていますが、腰痛の原因が特定できるのは15%程度に過ぎず85%は原因を特定しにくいとされています。原因が特定できない腰痛の場合、痛みがあるからといって過度な安静や医療機関を渡り歩くと筋肉がどんどん弱ってしまいます。適切な筋力強化とストレッチングのようなセルフケアは筋力アップ、痛みの軽減に加えて、腰痛に悩む気持ちが前向きになります。↑KENKODOでは自分でできるストレッ [続きを読む]
  • 蒸し暑い!?
  • 今日も12月とは思えない暑さの津市です。今日もジム内は20℃以上で暑い!またこの時期にしては雨が多く、昨夜は大雨で蒸し暑くエアコンで除湿するほどでした。「蒸し暑い」を外国出身会員さんらに伝えたくて、翻訳機でスペイン語とポルトガル語、フランス語に変換したところ3人とも照れ笑い???どうやら日本語で「今夜は官能的」という意味に翻訳されたようです(笑) [続きを読む]
  • 流行りの"MAGグリップ"を導入しました
  • 筋トレ愛好家の間で大絶賛されているケーブル系マシンのアタッチメント「MAGグリップ(マックスグリップ)」7種類を本日より導入しました。↓左グリップ(握るところ)の形が独特で、ラットマシン、ローイングマシンで深く引いたポジションでも背中への刺激が逃げません。またしっかりとしたホールド感により、ストラップなど使わなくても高負荷が扱えます。それにしても一気に7つも増えたので、どんだけアタッチメントがあるんだろ・ [続きを読む]