磐田のえいちゃん さん プロフィール

  •  
磐田のえいちゃんさん: 天竜川と磐田
ハンドル名磐田のえいちゃん さん
ブログタイトル天竜川と磐田
ブログURLhttp://eichan4649.hamazo.tv/
サイト紹介文磐田の地元情報  グルメ 自転車 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供517回 / 365日(平均9.9回/週) - 参加 2009/11/08 05:12

磐田のえいちゃん さんのブログ記事

  • 日頃から、電気もストックしておく意識。
  • 昨日から今朝にかけて自分とこも停電しました。夜は諦めるしかないのですが、準備は土曜日からしていました。電池はニッケル水素(エネループなど)を主に使っていて土日で可能な限り充電。これをUSB電池ボックスに入れれば2000mAHのパッテリーパックとなるのです。このニッケル水素電池は自分の身の回りのラジオ、カメラ、時計、LEDライト、そしてUSB電池ボックスなどとイロイロなところに使ってるので恒に充電して使っていればい [続きを読む]
  • 昭和23年「浜松事件」という抗争の真相。
  • 1948年(昭和23年)4月に静岡県浜松市で発生した抗争事件。“浜松大紛争”とも呼ばれた。新聞記事では在日朝鮮人と小野組の抗争が記事になってる。しかし、原因はこうだ。在日が不法闇市に対して警察が介入したことに対して捜査に入った警官殺害をしたことに反発した小野組が特攻を行ったもの。 警察が及び腰だったので、代わりに任侠が介入したということ当時はGHQのもと情報統制がされていたのでそういう情報に蓋がされていた。 [続きを読む]
  • 被災地支援の考え方。
  • 被災地支援、どのタイミングでどういう方法で実施するか今回は考えてしまうね。義援金って直接届けることは効果的だけど、赤十字がやってるのは信用出来ない。フェアなのか?という部分で。効果的に利用して貰うのを一番考えてるんだけど日常の仕事での生産活動もそれから得られる収入から発生する税金も支援の一部となるわけです。いまはココ、日常をちゃんと回すこと。1円募金のような小学生がやる方法も勉強の一部としては有り [続きを読む]
  • 役に立たない液状化想定地図。
  • https://www.gis.pref.shizuoka.jp/?z=12&ll=34.664487%2C138.83144&t=roadmap&mp=1811&vlf=-1静岡県の被災状況想定のページを見てみたがやはりというか、見てもしょうがない情報でしかない。扇状地は液状化が起こることは地理を習っていれば知識としてあって当然。その中でも、地歴から細かく情報を出すのが自治体の作業だと思うんだけどその仕事を怠っている。いまでも天龍川の伏流水がわき出ている場所が比較的安全とされている [続きを読む]
  • ビニールハウスの縫合手術
  • 前々回?の迷走台風、遠州灘を舐めるように通過したときにビニールハウスのビニールは破裂した。補修テープでとめてあったものの、やはりそこは補修なので今回の台風ではがれてきた。今日は晴れてきたので、この時間を大切に。縫合手術としました。紐は、ビニールに使われている繊維、針は針金を手術用の針のカタチにしてチクチクと縫って、補修テープでカバー。今できることはとりあえずやったのであとは野となれ山となれ、です。 [続きを読む]
  • 電線の地中化すると、大きな震災では逆に復興が遅くなる。
  • 電線を地中化するとかいう、景観的には良い意見があるし自分もそれは賛成なのですが、地面に埋めちゃうことで見えなくなる、メンテナンス大変、工事するごとに道路工事が伴う。故障があってもその場所が目視で判断出来ない。などとコストアップ、インフラ復興時間に支障が出るのは大勢の方か理解するかと思います。しかし、安易に地中化為た場合には。大地震ともなると地割れが起こりあちこちで電線が切れるわけです。復興なんてい [続きを読む]