石田真敏 さん プロフィール

  •  
石田真敏さん: 地方の声を中央に!−石田真敏・和歌山2区−
ハンドル名石田真敏 さん
ブログタイトル地方の声を中央に!−石田真敏・和歌山2区−
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ishida_masatoshi_net/
サイト紹介文和歌山2区の衆議院議員(自民党)石田真敏が国会議員の日々の活動や事務所の日常をお伝えいたします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/11/09 21:01

石田真敏 さんのブログ記事

  • 赤坂自民亭について
  • 石田です「赤坂自民亭」が注目を集めていますご批判はしっかり受け止めなければなりませんただ誤った情報も多く流れているのであらためてブログで説明します自民亭はそもそも平成24年の政権復帰後数名の同期の友人たちと始めたものです多くの新人議員をはじめ期数の若い議員が日ごろ話す機会の少ない大臣や党幹部の皆さんと気軽に談笑できる場を先輩議員の務めとして設けようとの趣旨です議員宿舎の会議室に各人が酒やつまみを持 [続きを読む]
  • メルマガ発行(3/12)
  • 地元事務所です石田が予算審議での裏方の仕事や議運の仕事についてメルマガで報告いたしましたホームページに掲載しておりますのでぜひご覧くださいhttp://www.ishida-masatoshi.net/※(事務所より)とくに年始以来、石田は議運や国対の仕事で東京でもほとんど議事堂内に詰めており議員会館の部屋にも帰ってこれませんそのためブログも更新できておりませずまことに申し訳ございません [続きを読む]
  • 予算委員会の質問時間
  • 石田です予算委員会の審議が進み質問時間など紆余曲折がありましたがいよいよ予定された日程で補正予算案が衆議院を通過しましたそのような中で質問時間について自民党が時間を残して質問を終えたとのヤジに触れた新聞記事がありましたしかし、これは2つの誤解がありますまず、質問時間は政党に割り振った上で各政党が所属議員に時間を割り当て各議員がその中で調整しながら質問しますそして最終的に政党分の質問時間を使い切るか [続きを読む]
  • 日中議会交流委員会
  • 石田です火曜日、第10回日中議会交流委員会がありました中国の国会である全人代から常務委員会の副委員長が十人規模で日本の国会に来られ意見を交わす議会交流です議院運営委員会が超党派で対応し午前2時間、午後2時間の2セッションに分かれ午前には政治と安全保障について午後は経済、環境、社会分野の協力活動、立法活動について意見交換をそして夕刻には懇親会を開きました政府による外交だけでなく双方の考え方の違いを明 [続きを読む]
  • 5Gの新たな取り組み
  • 石田です新しい通信規格5Gは21世紀の基幹インフラであり地方から敷設されなければ都会と地方の格差が一段と広がり取り返しがつかなくなると従来から主張してきましたそうした中ようやく総務省で「ICTインフラ地域展開戦略検討会」が設けられました地方代表を含めた有識者の方々により2020年に実用化が見込まれる5Gを活用した地域での展開について議論が重ねられることになります5Gは新技術の活用に不可欠なだけにどこで [続きを読む]
  • 新しい漆器ブランド「KISHU+」
  • 石田ですここ数年、地元で挨拶回りをして気づくのは若い経営者が非常に多くなったことですそんななか海南の漆器会社さんにお伺いしたとき息子さんたちが5社で「KISHU+」というブランドを立ち上げられたことを聞きましたそしてデザイナーの方と協力して新たに作成した漆器を今月インテリアのパリコレと言われるフランスの展示会に出展されるそうですまたワイングラスなどガラス製品に漆で模様をあしらった新製品を見せてもらいまし [続きを読む]
  • パンダ報道とネットニュース
  • 石田ですスマホでよく見るのですがネットのニュースではさまざまな記事が発信されていて興味深く有用ですたとえば今日のパンダの記事です上野の赤ちゃんパンダが話題ですが白浜では1、2年ぐらいごとに赤ちゃんパンダが生まれていますそうした過熱報道に対して仁坂知事も指摘されましたがネット記事でも「全国ネットで東京ローカル番組やめよう」や「なんで、東京のパンダだけが チヤホヤされているのか全く理解できない」といっ [続きを読む]
  • 特別国会、閉会
  • 石田です投票日後すぐに協議を始め39日間の会期で始まった特別国会が本日で終わりましたこの間、衆議院の野党一党、二党が参議院には存在しないことや多くの会派が誕生するなど難しい状況の中ギリギリまでかかりましたが予定されていた法案も無事成立しホッとしています開会日以来、与野党協議などで連日、多忙な日々が続き会期途中から始まった税調の会合にも案の定、出席できる時間がほとんどありませんでしたというのも国対筆 [続きを読む]
  • Society5.0時代の教育に向けて
  • 石田です党内の文科部会を中心にSociety5.0時代の教育に対応すべきと強く主張してきましたがそれを受けた形で2つの会議が立ち上がりました「新たな時代を豊かに生きる力の 育成に関する省内タスクフォース」は林大臣を筆頭に省内課長級で構成され文科省として実施すべき課題を検討することになりますもう一つは「Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会」ですSociety5.0時代に広く国民にどのような能力が必要かまた社会を先 [続きを読む]
  • 台風21号被害への対応
  • 石田です連日、議運の筆頭ならびに国対筆頭副委員長として国会運営の調整に多忙を極めています年末の税制と予算に向け税調をはじめ各部会も動き始めました今回、議運筆頭への就任を受けた時点で税調のインナーを辞退しましたがいざこのように動き出してみるととても対応できない状況にありまずはしっかり国会運営に取り組んでまいりますそうした中、台風21号被害について党災害対策特別委員会での議論を踏まえ今村委員長をはじめ幹 [続きを読む]
  • 世界民族祭2017
  • 石田です先週の海南の紀州漆器まつり・家庭用品まつり昨日の九度山の大収穫祭など各地で秋のイベントが続いておりおおぜいの人で賑わってますそうした中で今日は紀美野の世界民族祭に行ってきました今年で9回目となりますが昨年からスケールアップし今年も世界各国の皆さんが出演され非常に充実したイベントとなってきましたまた有料ですが「子どもたちの祝祭」という特別企画では創作ミュージカルや合唱、カンボジアの伝統舞踊と [続きを読む]
  • 与党の質問の役割
  • 石田です国会の質問時間をどう配分するかの問題が続いています話題の中で与党側の意見はなかなか伝えられませんが与党も質問時間を増やしてほしい理由がありますブログで先にも指摘しましたが期の若い議員の質問する機会がない、国民から自民党はなぜ質問しなのかといった声があるためです野党の質問封じとのレッテルを張られてしまっていますが今回が初めてでなく従来から要求してきたことであり当然、野党に多くの時間を割くべき [続きを読む]
  • 「フェスタルーチェ」
  • 石田です和歌山マリーナシティで今日から1月28日まで開かれるイルミネーションフェスティバル「フェスタルーチェ」のオープニングセレモニーに出席しましたマリーナのポルトヨーロッパがLEDライトで装飾され非常に鮮やかで美しい風景でした県内はもとより他府県の皆さんにもぜひ楽しんでもらいたいものですこのようなイルミネーションのイベントが和歌山で数カ月にわたり催されるのはすばらしいことだと思いますこうした取り [続きを読む]
  • 特別国会が開会
  • 石田です選挙直後から続けられてきた各派協議会が決着して今日から特別国会が始まりました議長の選任などさまざまな協議を重ねる中で最後に残った会期の問題も12/9までの39日間となりました総理をはじめ閣僚の外交日程が非常に過密に入っており年末には税制改正や予算編成がありますそうした中で与党として成立させたい法案の審議日程や野党の要望も入れながら会期幅の検討が続けられましたまた協議に際しては衆議院で野党の第一党 [続きを読む]
  • 与野党の質問時間
  • 石田です与野党の質問時間の配分が話題となっていますただ報道などを見ていても現場にいる身からするとどうも誤解されているようなので指摘しますまず今、野党に質問されたくないため唐突に言われ出したことではありません昨年、予算委の筆頭理事を務めていたときも野党には全く受け入れられませんでしたが2対8の質問時間の変更を訴えていましたこの割合はそもそも民主党政権時代小沢幹事長の「与党に質問は不要」との思想から生 [続きを読む]
  • 選挙直後の国会
  • 石田です昨日、上京して議運筆頭の仕事を始めています明日からは議会を構成するための各会派との協議を進めていきますその一方で議員会館も議員宿舎も引っ越しに備えて業者による通路などの養生が進んでいます選挙の結果から4日以内の退去という厳しい決まりがありその後は入居される方もおられるわけでしばらくの間、悲喜こもごもの引っ越しが続きます [続きを読む]
  • 衆議院の解散
  • 石田です衆議院が解散されました今回の解散についてはさまざまな指摘がありますまず「森友・加計隠し」との指摘ですしかし質疑は選挙後の国会でも行われるはずで「隠し」にはなりません次に北朝鮮問題が緊迫している中で解散すべきでないとの指摘もありますしかし来年12月に衆議院の任期が切れるなかで北朝鮮がミサイルを発射しないと確証できる時期はありません北朝鮮が日本の国会の解散権を握ることになりかねずまさしく北朝鮮 [続きを読む]
  • 臨時国会の開催に向けて
  • 石田です衆議院解散が報じられる中で28日の臨時国会招集が伝えられていますそれを受けて議運の与党筆頭理事として28日開催に向けて野党筆頭理事との協議や国対でのさまざまな調整など朝から晩まで国会内で動いています和歌山で一刻も早く活動したいのですがままなりません野党側にもさまざまな思いがありなかなか協議が進まず無事に開会できるまで議運と国対で忙しい毎日を送ることになりそうです [続きを読む]
  • 争点について
  • 石田です臨時国会冒頭での解散が報じられています同時に、解散の大義名分についても議論がなされています現在の北朝鮮を取り巻く事態の中で安倍総理はトランプ氏やプーチン氏をはじめ各国首脳と密に連携を取りながらかつてないリーダーシップを発揮していると高く評価していますしかし一方で日本のトップとして主体的な役割が担えないことも明らかになりつつあります北朝鮮の暴走に対して日本は今後どう取り組むのか国民的議論を必 [続きを読む]