石田真敏 さん プロフィール

  •  
石田真敏さん: 地方の声を中央に!−石田真敏・和歌山2区−
ハンドル名石田真敏 さん
ブログタイトル地方の声を中央に!−石田真敏・和歌山2区−
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ishida_masatoshi_net/
サイト紹介文和歌山2区の衆議院議員(自民党)石田真敏が国会議員の日々の活動や事務所の日常をお伝えいたします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/11/09 21:01

石田真敏 さんのブログ記事

  • 衆議院の解散
  • 石田です衆議院が解散されました今回の解散についてはさまざまな指摘がありますまず「森友・加計隠し」との指摘ですしかし質疑は選挙後の国会でも行われるはずで「隠し」にはなりません次に北朝鮮問題が緊迫している中で解散すべきでないとの指摘もありますしかし来年12月に衆議院の任期が切れるなかで北朝鮮がミサイルを発射しないと確証できる時期はありません北朝鮮が日本の国会の解散権を握ることになりかねずまさしく北朝鮮 [続きを読む]
  • 臨時国会の開催に向けて
  • 石田です衆議院解散が報じられる中で28日の臨時国会招集が伝えられていますそれを受けて議運の与党筆頭理事として28日開催に向けて野党筆頭理事との協議や国対でのさまざまな調整など朝から晩まで国会内で動いています和歌山で一刻も早く活動したいのですがままなりません野党側にもさまざまな思いがありなかなか協議が進まず無事に開会できるまで議運と国対で忙しい毎日を送ることになりそうです [続きを読む]
  • 争点について
  • 石田です臨時国会冒頭での解散が報じられています同時に、解散の大義名分についても議論がなされています現在の北朝鮮を取り巻く事態の中で安倍総理はトランプ氏やプーチン氏をはじめ各国首脳と密に連携を取りながらかつてないリーダーシップを発揮していると高く評価していますしかし一方で日本のトップとして主体的な役割が担えないことも明らかになりつつあります北朝鮮の暴走に対して日本は今後どう取り組むのか国民的議論を必 [続きを読む]
  • 北朝鮮の核実験
  • 石田です北朝鮮が核実験を行ったようです以前より6回目の核実験がレッドラインと言われていましたがそれを越えたことになりますそもそも金正恩氏はイラクやリビアが攻撃された理由を核武装の有無と考えて核開発を進めてきたようですそのため開発を放棄させることは非常に難しいと想定されていましたそれがいよいよ現実となり厳しい状況を迎えたということです放置すれば北朝鮮が増長するだけに安易な行動は慎まなければなりません [続きを読む]
  • 放送法遵守の意見広告
  • 石田です22日付けの読売と産経に「放送法遵守を求める視聴者の会」による意見広告が出ていました「異常に歪んだテレビ報道」と題した全面広告で視聴者の知る権利が奪われ続けているとしてテレビ局に放送法の遵守を求めたものです内容は7/10の加計問題を扱った国会閉会中審査に関するテレビ報道についてです2日間で30番組が取り上げ8時間36分23秒が報道されたうち前川氏の発言2時間33分46秒に対し加戸・前愛媛県知事 [続きを読む]
  • 地元の夏祭り
  • 石田です先日来、各地の夏祭りに参加させていただいています花火大会を伴うような市町村単位の大きな祭りから小さな地域の祭りまでさまざまですがまずは開催にご尽力されている関係者や世話役の皆さんに心から敬意を表しますおかげでどの会場でも日頃はあまり見かけない子どもたちが楽しそうに参加していたのが印象的でしたとくに小さな集落などでは町に出て行った地域の皆さんがそろって里帰りされ小さなお子さんたちを交えた数少 [続きを読む]
  • 議運の筆頭理事
  • 石田です新しく衆議院の議院運営委員会の与党筆頭理事とそれに付随する党国会対策委員会の筆頭副委員長に就任することとなりました議運および国対は本会議の設定をはじめ議会全体の舞台回しの役柄を担いますそのため国会開会中は月曜日の朝から金曜日の夜まで国会に張り付くことになり地元での活動が制約されることになります昨年来、予算委の筆頭理事をする中でこれらの役を担う皆さんの大変さを目の当たりにしていましたそれだけ [続きを読む]
  • 教育無償化に関する議論
  • 石田です昨日、憲法改正推進本部の役員会と全体会議がありました4回目となる今回の議題は教育無償化でこれで議論が一巡したことになります会議では新聞で報じられているように慎重な意見が多数を占めましたが詳しく説明すると「教育の重要性に鑑み、教育環境の 整備に努める」といういわゆるプログラム規定を書き加える加憲については賛同するものの無償化の明記については異論が多くありました私自身は役員会で少し違う観点から [続きを読む]
  • 興味深い家康の言葉
  • 今日の産経新聞のコラム「歴史の交差点」で東大名誉教授の山内昌之氏が徳川家康の逸話を通して興味深い指摘をしていました一つは家康が言った「天下の政は重箱をすりこぎにて 洗ひ候がよろしき」という言葉ですすりこぎでは重箱の隅は洗えませんがそうした大らかさも政治に必要との意ですもう一つは家康の好んだ老子の「大国を治むるは小鮮を烹るがごとし」という言葉です小魚はつつき回さず料理するように政治もあまり細かなとこ [続きを読む]
  • さまざまな町おこし
  • 石田です昨日、町役場や金剛峯寺をはじめご挨拶に高野山を訪ねたところ昼間の気温は28度と下界に比べれば随分涼しかったですが高野山にしては暑い日だそうですさて、そこで驚いたのが平日ということもあってか町中で見かける人のおよそ半分が外国人だったことです訪ねたお宅でも外国人に道を尋ねられることが度々と仰っておられ高野山がインバウンドの町になっていることを実感しましたまた若い人たちも熱っぽくいろいろな街づく [続きを読む]
  • 桃の視察
  • 石田です昨日、毎年恒例の桃の視察で各地の選果場に伺いました今年は味もよく価格もまずまずとのことで例年のように直売所には県外ナンバーも多く列をなして桃を買い求めていましたただ出荷量は例年より少ないそうで桃農家の皆さんの高齢化や後継者不足昨年のせん孔病の影響などが原因と見られているようですまた収穫時期の女性アルバイトの人手不足も課題とのことでした取り組むべき課題はいろいろありますがせっかくの素晴らしい [続きを読む]
  • 合区問題に関する議論
  • 石田です昨日、憲法改正推進本部の役員会と全体会合がありました自衛隊と9条、緊急事態条項に続く3回目の会議で議題は一票の格差と合区問題についてです両会議ともに合区解消の必要性や衆議院も含め人口だけの基準でよいのかといった意見が大半でしたとくに、これほど急激な東京一極集中と人口減少という事態は憲法制定時に想定されていなかっただけにそれを踏まえた見直しは必要だと思いますただ選挙制度については各党それぞれ [続きを読む]
  • 「未来の年表」を読んで
  • 石田です「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」(河合雅司著)という本が売れているようです人口推計を元にこれから日本で起きることを年表風に並べて論じているもので非常に重要な指摘に満ちあふれています3年前に大きな衝撃をもたらした「地方消滅」いわゆる増田論文に続く画期的な本だと思います地方創生をしっかり進めることは当然ですしかし各自治体も今一度詳細な人口推計など多くの関係資料を元に各々の地域の [続きを読む]
  • 予算委アメリカ視察
  • 石田です予算委員会のアメリカ視察から帰ってきましたトランプ大統領就任後のアメリカの現況を幅広く理解しようとさまざまな要人との会談が昼食時、夕食時も含め密にセットされハードな日程でしたが非常に有意義でした詳しくは後日何らかの形でご報告しますがそれとは別に印象深かった事柄が何点かありますまずニューヨーク、ワシントンともに圧倒的に日本車が多かったことですそして日本車に続いてヨーロッパ車がありアメリカの自 [続きを読む]
  • 緊急事態条項に関する議論
  • 石田です本日は党憲法改正推進本部の会議が朝8時からは執行役員会が午後には全議員が参加できる平場が開かれました前回のテーマは9条でしたが今回は緊急事態条項です役員会、平場とも時間いっぱい熱心にさまざまな議論が交わされました意見はおよそ、前回の9条と同様に十分な内容を書き込むべきとの主張と他党や国民の理解や賛成をいただくため緊急時の国会議員の任期や身分など内容を絞り込むべきとの主張に大別されましたそう [続きを読む]
  • 都議選の結果を受けて
  • 石田です都議選は予想を遙かに超える大敗でした結果を真摯に受け止めきちっと反省しなければなりません春の衆議院予算委員会の終盤からさまざまな問題が取り沙汰され始め対応に無理があったのかなどと思いを巡らせていますただ最近の選挙は無党派層の皆さんの動向で大きく振れる傾向が強く表れます小泉チルドレンに始まり小沢チルドレン、安倍チルドレンそして今回は小池チルドレンですしかしこうした状況は決して政治的安定にとっ [続きを読む]
  • 憲法9条に関する議論
  • 石田です党の憲法改正推進本部の会議が始まりました昨日は役員会が、今日は全議員が参加できる「平場」が開かれ閉会中にもかかわらず多くの議員が参加する中熱心に議論が交わされました本日は9条について、来週は緊急事態そして参院選の合区問題、教育についてと順次、議論を進めていく予定ですさて本日は9条に関する議論だっただけにさまざまな角度から議論がなされましたが私は次の2点が気になりました一つは、9条の1項と2 [続きを読む]
  • 今国会を振り返って
  • 石田です1月以来の通常国会がいよいよ閉会します今国会は冒頭から予算の年度内成立を目指し予算委員会の筆頭理事として全力を傾注しましたそうした予算委の筆頭という立場上国会運営にも影響を及ぼしかねずブログを控えてきましたことをあらためてお詫びします今国会では文科省の天下りや自衛隊の文書管理、テロ等準備罪法案森友学園、加計学園などについて議論が交わされましたただ予算に関する議論が少なかったのは誠に残念です [続きを読む]
  • 和歌山でも5G実証試験
  • 石田です以前から21世紀の基幹インフラであり都会との格差を広げないためにも地方から敷設することが重要と主張してきた次世代通信5Gの実証試験がいよいよ始まります和歌山県では県立医大と地域診療所間を高精細の4K映像をリアルタイムでつなぐ遠隔医療の試験が行われることになりました他には8都道府県にわたり・高臨場・高精細の映像配信や広域監視・鉄道やバスへの高精細映像の配信・建機の遠隔操作・屋内スタジアムでの [続きを読む]
  • 区割り法案と憲法改正
  • 石田です昨日、党総務会があり衆議院の区割り法案を了承しましたただ、その議論の中で私は次のような旨を発言しました最高裁の判断が出ており結論は急ぐべきとの考えから今回は賛成するしかし現状では選挙のたびに同じことが繰り返されることになるそのことを考慮すればこの際衆参のあり方を含めて抜本的な議論を行う場を設けるべき以上のような意見を申し述べたところ他のメンバーからも同様の意見がありましたこの一票の格差は衆 [続きを読む]
  • 仏大統領選
  • 石田です仏大統領にマクロン氏が選ばれました英国EU離脱やトランプ米大統領といった一連の社会現象がEU域内の選挙にどのような影響を及ぼすか注目されていましたそれがオランダに続きフランスでも一応、EU維持の方向となり一連の流れが押し止められたことは政治の安定という点から非常に意義あることです今後ドイツの選挙もありますがこの流れが続いてほしいと思いますただ、こうした潮流の根本的な要因である社会格差や雇用 [続きを読む]
  • 衆議院の区割り案
  • 石田です衆議院小選挙区の区割り案が勧告されました司法の憲法判断に基づき昨年5月に国会で成立した法律による改定案だけに速やかに対応していくことは当然ですただ、人口だけを基準とした国会議員の定数のあり方が本当に日本にとって正しいのか根本的に検証されるべき時期に来ていると思いますそもそも国会議員の役割は国内外のさまざまな課題に適切に対応していくことですが人口が集中する都市圏を代表する国会議員が多数を占め [続きを読む]
  • 多言語音声翻訳シムテム展示会
  • 石田です昨日、第3回多言語音声翻訳シムテム展示会が党本部で開催されました2年前に初めて私が企画したものですが今回は20近くの企業・団体と非常に多くの皆さんにプレゼンいただきました国家戦略本部などで提起しはじめた4年前には多言語翻訳の活用を皆さん半信半疑で聞かれていたことを思うと長足の進歩で感慨深いものがあります第一の区切りである東京五輪の2020年に向けさらなる進歩で頑張っていただきまた2030年 [続きを読む]