WellFieldすたっふ さん プロフィール

  •  
WellFieldすたっふさん: Thailandシルバーブログ*WellField*
ハンドル名WellFieldすたっふ さん
ブログタイトルThailandシルバーブログ*WellField*
ブログURLhttps://ameblo.jp/wellfield-thailand/
サイト紹介文タイ・シルバーファクトリーWellFieldスタッフブログ。海外でアクセサリーに囲まれる日々をご紹介☆
自由文ブログではジュエリーやアクセサリーについて、社の新作・オススメアイテム、タイの色々情報をご紹介します〜☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/11/10 15:05

WellFieldすたっふ さんのブログ記事

  • 5月の誕生石<エメラルド>
  • 5月の誕生石<エメラルド>久しぶりのブログ更新です。今回はエメラルドについて。エメラルドはベリル(緑柱石)の一種で、クロムを発色原因とし、強い緑を帯びた宝石です。モース硬度7.5-8と固い石ですが、内部に不純物を含んでいることが多く、また一定方向からの衝撃に極端に弱い為慎重に作業しないと簡単に割れてしまう事もあります。エメラルドは天然で良質の石が殆ど取れない為、結構な傷物も宝石として流通させることが一般 [続きを読む]
  • スの話。
  • スとは?スは鬆(ス)という言葉からきており、本来は均質であるべき物の中にできた空間を指す言葉です。松の葉の重なりから向こうがすけて見えるさまから来ているとされています。鋳造の世界では地金の中に気泡が内部に閉じ込められて生じる状態を呼びます。鬆は鋳造物の表面上に現れたり、金属の内部に閉じ込められて表面化していないものがあります。 この状態では金属の粒子は粗くなり、細部まで調べるとスカスカの状態になっ [続きを読む]
  • 貴金属
  • ジュエリーや投資材料、その他工業製品等でも大活躍の貴金属について。 貴金属 = Precious Metal は腐食性に非常に強く、かつ希少価値の高い金属を指します。 化学的には、プラチナ(白金) (Pt)、金 (Au)、銀 (Ag)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os) の8つが貴金属と定められています。 皆さんご存知の通りプラチナ、金、銀は、ジュエリーには欠かせない貴金属です。 ロジウ [続きを読む]
  • ジュエリーの刻印<品位>
  • ジュエリーの刻印<品位> 多くのリングなどのジュエリーの裏側などに、「925」や「K18」等の刻印がある事がありますが、どういった意味があるのでしょうか。 まずは、よく目にします925の刻印の意味ですが、こちらは、リングなどの対象の貴金属が製品中に1000分の925、つまり92.5% 以上、含まれている事を表しています。 これを千分率といい、‰ (パーミル)という記号を用いて表します。 例えば、10gの銀のリングであれば、9.2 [続きを読む]
  • エナメルのお話。
  • ジュエリーにおけるエナメルとは?ジュエリーにつかわれるエナメルは、熱で溶かして貴金属性の装飾品などに融着させたガラス質のことを指します。 エナメルの加熱温度は850℃程で作業は手間がかかり、細心の注意を必要とします。 エナメル製品の磨きはエナメルを十分に熱して、その表面が流れて滑らかに仕上がる<Fire Polishing>という方法で行われています。 さらに機械研磨をかけたりしてより効果を高めている方法もあります。 [続きを読む]
  • 年末年始休業のお知らせ
  • Well Field Corporation Ltd年末年始休業のお知らせ 12月29日(金) 〜 1月3日(水) までを年末年始休業とさせて頂き、1月4日(木) から営業を開始致します。 2017年は皆様どの様な1年でしたでしょうか? 2018年も皆様にとって良い年になりますように ? http://www.wellfield.th.com/ [続きを読む]
  • ジュエリー検品道具
  • 【ジュエリーの検品道具のご紹介】 お店に陳列しているジュエリーや、皆さんが身につけているジュエリーは、専門の人間によって隅々までチェック、すなわち検品されている場合がほとんどです。 製作しているメーカーでの検品は勿論、納品先のブランドや問屋、小売店でも再度検品されています。 本日はその検品の時に使用する道具をご紹介します。 ルーペ 必需品の中でもかなりの必需品。完成品のジュエリーだけでなく、製作途 [続きを読む]
  • 12月の誕生石<ターコイズ>
  • 12月の誕生石早いもので今年も残すところあと1ヶ月になろうとしています。 12月の誕生石といえばタンザナイト、ラピスラズリなど、青い石が多いですが、その中でも最も知られているのが、ターコイズではないでしょうか。宝石言葉は成功、繁栄。 その美しい青から空の石とも呼ばれております。勇気と行動力をもたらし、古くから危険や邪気から身を守り、旅の石としても重宝されてきました。 この様に青のイメージが強いターコイズ [続きを読む]
  • 火ムラについて。
  • 火ムラとは?火ムラは、英語名をFirescale又はFire stainと呼ばれ、銀を加熱することによって表面に出来る酸化膜の事です。 火ムラは何故起こる?純銀や純金はやわらかすぎて加工するにも難しく、ジュエリーに使用するシルバーやゴールドには一定の硬さを持たせるために割り金と呼ばれる別の金属を混ぜてあります。 一般的にシルバージュエリー制作に使う銀はスターリングシルバー(シルバー925)と呼ばれるものが多く、92.5%が銀 [続きを読む]
  • ネックレスの長さイメージ
  • ジュエリーの主役級アイテムとしてリングと肩を並べる 【ネックレス】 その1本で第一印象がガラリと変わるかもしれません! 今回はそんなネックレスの長さの見本をご紹介します♪ あくまでも目安ですのでご参考までに。 ちなみに、ネックレスの長さには名前がついているのであわせてご紹介します。 ※レディース編※ チョーカータイプ短めで首周りにフィットするタイプ。リボンやベルトタイプではもっと短いタイプも目にします [続きを読む]
  • ジュエリーのお手入れ方法〈シルバー〉
  • シルバーは傷つき易いだけでなく、硫化化合物によって黒く変色しやすい金属です。 この黒ずみを、歯磨き粉等を代用して綺麗にする方法が様々なサイトにて紹介されておりますが、可能であれば、シルバー製品専用のクリーナー、もしくは専用の磨きクロスで磨く事をお勧め致します。 表面の黒ずみには、液体クリーナーの使用が効果的です。ただし、液体クリーナーに浸しすぎると、地金表面の肌があれて、ざらざらになってしまう事も [続きを読む]
  • 燻し加工とは?
  • 燻し加工銀の表面に硫化化合物を用いて全体を黒く変色させ、変色効果を与える化学的な加工です。元々銀は何もしない状態でも、空気中に微量に含まれる硫化水素に反応し黒くなります。この性質を利用し、人工的に変色させ、(硫化とも言います。)凹凸の陰影をはっきりさせたり、アンティーク感を出したりと、デザインにより広がりをもたせる事が出来るので、様々な商品に用いられています。また、この加工は大昔から行われている技 [続きを読む]
  • リング 各部の名称
  • 少し前に リングの名称 というタイトルで様々な形状のリングの呼び方・名称をご紹介しましたが、今回はリングの各部の名称のご紹介をします。 前回のリングの名称のブログはこちら まずは画像をご覧下さい↓↓ ①中石(センターストーン)主に指輪の中心についている石。中心についていないデザインで、デザインの核となるような石はメインストーンと呼ばれたりもしますね。 ②脇石(サイドストーン)中石の横にセットされる石 [続きを読む]
  • 8月の誕生石<ペリドット>
  • 8月の誕生石のペリドットについてごご紹介致します。 ペリドットは、宝石の中でも珍しく、他のカラーを持たない明るい緑の宝石です。 美しく映える黄緑色は「オリーブ・グリーン」と呼ばれ、和名では「橄攬(かんらん)石」といい、新緑のような色からこの様に呼ばれる様になりました。 結晶内部に含まれる鉄イオンの含有量により、緑の濃さが左右されます。 この鉄イオンの含有量が多い程、黄色〜褐色へと色が変化致します。 中 [続きを読む]
  • ジューンブライドとブライダルリング。
  • 6月といえば、ジューンブライド。ジューンブライドという言葉はヨーロッパから来ているようです。ギリシヤ神話に登場する主神ゼウスの妻、女性や子供、家庭の守護神として知られている最高位の女神ヘラ(ローマ名ユーノー)が守護する月が6月だったため、6月に結婚するとユーノーに見守られ幸せな結婚生活を送れるという説や、ヨーロッパでは6月が一年の中で一番気候が良いとされる事から6月に結婚するカップルが多かったという説 [続きを読む]
  • リングの名称
  • 今回はリング(指輪)の呼び方・名称についてご紹介致します。 世の中には色々なデザインのリングが溢れていますが、形状や特徴によってリングの名称が決まっている物も少なくありません。 ブランドやメーカーによって若干使い方が異なることもありますが、その一部をご紹介していきます。 画像は全て自社製品となりますので該当する名称に完全に当てはまっていない物もあるかもしれませんが悪しからず。 1. 平打ちリング断面が [続きを読む]
  • メッキのお話
  • ジュエリーに欠かせないメッキ 高額なジュエリーから安価なアクセサリーまで、様々な場面でメッキ加工が施された商品を目にしますが、一口にメッキと言っても様々な種類があります。 ゴールドメッキ(イエロー・ピンクゴールド)シルバーメッキロジウムメッキプラチナメッキパラジウムメッキブラックルテニウムメッキなど様々な種類があります。 メッキは他にも、◯◯コーティングや◯◯加工等と呼ばれる事もあります。 めっきの歴 [続きを読む]
  • 日本のジュエリー史。
  • 日本でのジュエリーの始まりは旧石器時代に遡り、縄文時代から古墳時代にかけて広く普及したとされています。 昔のジュエリーの用途や目的は主に魔除けや呪術的な意味合いを持ってつけられていたと言われていますが審議の程はさだかではありません。 今回はそんなジュエリーの歴史を時代ごとにまとめてみました。 縄文時代動物の牙や骨、角、爪を用いたものや、貝殻、木、粘土、石、ヒスイなどが出土されており、その当時手に入る [続きを読む]
  • 金の話し その2
  • 前回のブログで金について紹介しましたが、今回ももう少し金についてご紹介します。 前回のブログはこちら ・元素記号: Au・原子番号: 79・比重: 19.3    ・融点: 約1064℃ ・沸点: 2856℃  元素記号のAuはラテン語で金を意味する aurum から由来するようです。 比重(比重とは)は19.3 なので、銀と比べると2倍近く重くて、水と比べるとなんと約20倍の重さとなります。 手に取った時のずっしり感も金の醍醐味かもしれ [続きを読む]
  • 金の話
  • 宝飾品としても身近な存在の「金」ですが、 なぜ金は高価なのでしょうか。 勿論、産出量(毎年、採掘される量)及び 埋蔵量(今後、採掘可能な量)が共に少なく、 希少価値が高いのも一つの要因ですが、 根本としては化学的な性質によるもの が大きいと考えられます。 貴金属としての絶対的な要件として、 耐食性に優れているという点が挙げられます。 耐食性とは、腐食に強く酸化に強い =  つまり、錆びにくい とい [続きを読む]
  • シグネットリングとは?
  • シグネットリングとは?(イタリア名:Intaglio Ring、日本名:印台)ヨーロッパ貴族が各々の紋章、イニシャル、シンボルを彫刻した宝石をリング上部に彫刻したリングの事を指し、印鑑としての役割を果たすリングの事を言います。 起源最初の使用は4000年以上前の古代エジプトまで遡ると言われており、ファラオと何人かの高官の墓には多くのシグネットリングが発見されました。 そのデザインはユニークなもので、自然と古代の神々 [続きを読む]
  • 59th Bangkok Gem & Jewelry Fair
  • 59th Bangkok Gem & Jewelry Fair第59回 バンコクジェム & ジュエリーフェアDITP(タイ国政府貿易センター)主催のジュエリーフェアです。 場所 : バンコク インパクト チャレンジャーホール MAP商談期間 :2017年 2月22日〜24日 10.00am - 18.00 am 一般開放 :2017年 2月25日 10.00am - 18.00 am2017年 2月26日 10.00am - 17.00 am フロアプランはこちら 品目:貴石・半貴石・ダイヤモンド・原石・真珠・貴金属・人工石・カ [続きを読む]
  • 金属の融点
  • 本日は、貴金属の融点のお話!まず、融点とはなんでしょう?融点とは「個体が溶けて液体に変化し始める温度」のことです。ご存知、水の融点は0度なので氷は0度で水に変化します。逆に、水も0度で氷へと変化します。(凝固点)つまり、融点とは物質が液体になるか個体になるかの、限りなく境目に位置する温度ということになります。それでは、貴金属の融点を見てみましょう純プラチナ(1000) 約1774℃純金(1000) 約1064℃純銀 [続きを読む]
  • 2月の誕生石<アメジスト>
  • あっというまに2月ですねというわけで、今回は2月の誕生石につきまして。2月の誕生石は、アメジストです。パワーストーンとしてもとても人気のあるアメジストですが宝石言葉は<真実の愛>だそう。スピリチュアルな意味合いとしては、内面の静けさと平和、インスピレーションや直観力を高める効果があるとされ、瞑想等にも良く用いられていますね。さて、そんないわれのあるアメジストですが鉱物としてはどんなものなのかという [続きを読む]