yuushi さん プロフィール

  •  
yuushiさん: 一望千里
ハンドル名yuushi さん
ブログタイトル一望千里
ブログURLhttps://ameblo.jp/itibousenri
サイト紹介文田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら日常の出来事を記事にしてお知らせします。
自由文妻と愛犬チャムの2人と1匹の毎日の出来事を記事にして、田舎暮らしの楽しさを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/11/10 21:16

yuushi さんのブログ記事

  • リンゴの花
  • 2日続いた雨もやっと上がりました。数日前は半袖でも暑いぐらいだったのに、急に14℃まで気温が下がり、肌寒さを感じています。野菜にとっては恵みの雨となり、リンゴの花も咲き始めましたが、残念ながら今年は花芽が少なく期待したほどではありません。 ■フジの花 ■ツガルの花リンゴは自家受粉出来ないため2種類の苗木を植えましたが、ツガルの方がピンクが鮮やかで綺麗です。素人には栽培が難しく、たくさん実を付けるよう [続きを読む]
  • ルバーブの花
  • 植えて3年目になるルバーブの花が咲きました。一般的にはあまり知られていないシベリヤ原産の野菜ですが、タデ科なので、花も茎もイタドリに良く似ています。すっぱいのもシュウ酸が含まれているのも同じで大量摂取は健康に悪影響があるそうです。特に葉はシュウ酸やアントラキノンというが多量に含まれているため食べられません。ご注意を・・・■ルバーブの花ルバーブは茎をジャムにしたりタルトのトッピングに使いますが、私は [続きを読む]
  • 今年初のタケノコご飯
  • タケノコを貰ったのでコイン精米機に米ぬかを取りに行って、早速、トタン鍋で湯掻きました。私の故郷の盛岡では孟宗竹や真竹は寒さの所為で自生出来ず、タケノコといえば山で採って来た根曲がり竹でした。根曲がり竹は高地の雪深いところに自生するため、当地では手に入りませんが、孟宗竹もなかなか美味です。 ■貰ったタケノコ ■タケノコご飯とタケノコとワカメの煮物湯掻いたタケノコはタケノコご飯とタケノコとワカメの煮物に [続きを読む]
  • カレイとサバ、アンコウ、サクラマスを貰った!
  • 朝、用事があって出掛けようとすると、HIさんから魚を取りに来るよう電話があったので、貰いに行って来ました。が入っていましたが、カレイは8枚も入っており、我が家の冷凍庫には干物したものが、まだたくさん残っているので、お世話になってる知り合いにお裾分けしました。アンコウは小さいと肝も少ないのですが、とも和えにして見ました。サバとサクラマスは三枚に下ろし、サバは味噌煮用と唐揚げ用に冷凍し、サクラマスは冷 [続きを読む]
  • 巣箱の設置と初分蜂
  • 知り合いのKSさんの敷地に巣箱を設置して来ました。初めての場所なので、捕獲出来るかわかりませんが、この場所に期待しています。 ■巣箱の設置周囲が山林になっていて、近くには菜の花畑もあり、条件は良いので、仮に今年捕獲出来なくても、来年までこの場所に置かせてもらうつもりです。 我が家のミツバチが分蜂しそうなので、設置して直ぐに家に戻り、見張っていると12時過ぎに分蜂しました。ただ集合板にも巣箱にも蜂球を [続きを読む]
  • ウドの初収穫
  • 暖かい日が2日続いた所為か芽吹いたウドが急速に伸び始めたので、6本収穫しまして、ミツバチのことで来ていたKSさんに3本お裾分けしました。これからどんどん大きくなると思うので目が離せません。この場所は畑仕事の邪魔になるので西側の斜面に移植しようと毎年思いながら、忙しいので、なかなか出来ないでいます。今秋こそ移植しなければ・・・ ■ウドの収穫 ■ウドのキンピラと酢味噌和え生で食べることが出来る唯一の山菜 [続きを読む]
  • 耕運機と自転車を貰った!
  • 近所のOさんが2ヶ月ほど前に病気でご主人を亡くされ、借りていた畑も返したためでしょうか?耕運機と自転車を貰ってくれないかと言って来ました。水門の排水作業が終わってからOさんの車庫から耕運機を引っ張り出し、エンジンをかけて試運転もして見ましたが全く問題ありません。今使っているポンコツの管理機はベルト伝達式で旋回が大変ですが、デフロック式なので旋回が楽で馬力も大きく使いやすいので、ありがたく貰うことに [続きを読む]
  • 4月の花散策
  • 鹿狼山も若葉が芽吹き若草色が新鮮で美しく、山桜の薄いピンク色やヤマブキの黄色などいろいろな色に山肌を染め始め、気持の良い季節を迎えています。今日は生憎、小雨模様で写真は撮れなかったので、昨日、撮影した4月に咲く山野草を紹介します。 ■ヤマブキ現在、7分咲きぐらいですがもう少しすると一面に咲き誇ります。八重咲きのものもあるので、探して見てください。 ■野生種のボケ憩いの森コースにボケの花が数箇所に咲い [続きを読む]
  • 巣箱の移設と鹿狼神社の修復
  • 鹿狼山のイベント広場の脇に巣箱を1年設置したままにしていたので、チャムを連れて違う場所に設置して来ました。 ■1年設置したイベント広場の脇 ■移設した場所小高い南側の斜面で見通しの良い場所に設置しました。5年ほど前は設置すると、かなりの確立で入居したようですが、最近は養蜂者も増え、ニホンミツバチそのものも減っていて、なかなか入りません。何とか入って欲しいと鹿狼神社に祈っていますが、苦しい時の神頼みで [続きを読む]
  • ミツバチの巣箱設置の下見
  • KSさんとIZさんの3人でミツバチの巣箱を設置するため、知り合いのKOさんの案内で屋敷跡と山林の二箇所を下見して来ました。 ■KOさんの屋敷跡更地にした屋敷跡とその周囲の広大な土地には柿林や梅林があり、畑だった場所にも草花が咲き、近くに民家もありません。なにより近くに菜の花畑があり、待ち受けには最適条件が揃っています。 ■花木を植林した山林次に案内されたこの場所は桜やツツジ、シャクナゲ、レンギョウな [続きを読む]
  • イカリソウの花
  • 鹿狼山のカタクリも終わりかけていますが、代わるように早くもイカリソウのピンク色の可憐な花が咲いています。まだ、極一部でしか見られませんが、確実にこの花も増えているようです。イカリソウはカタクリと同じように種にアリが好む成分が含まれているため、巣穴に持ち帰り、生息域を広げて行くと言われていますが、もっと増えて欲しい山野草の一つです。 ■イカリソウの花一頭の雄牛が、百頭の雌牛と交尾しても少しも衰えなか [続きを読む]
  • 分蜂準備
  • 巣箱の外にオス蓋が出ていたので、そろそろオスが出て来ると思っていたら、昼近くにオス蜂が1匹出ているのを見つけました。状況を確認するためカメラ入れて内検しましたが、姿は見えませんでした。去年より分蜂が早いかもしれません。 ■オス蓋と姿を見せたオス蜂赤丸で囲んだ黒いのがオス蜂です。 ■内検前回の内検の時よりかなり、蜂が増えています。 ■設置した集合板もう2週間ぐらいで分蜂が始まるかもしれないので、あり合 [続きを読む]
  • カニ味噌作り
  • マルガニを沢山貰ったのですが、多すぎるので半分は知り合いにお裾分けして、残りでカニ味噌を作りました。マルガニは身肉は少ないのですが、旨みが強く味が良いので人気があります。ここで言うカニ味噌とはカニの臓器のことではなく、正確にはカニの味噌炒めと言った方が良いかもしれません。(当地ではカニ味噌と言っています。)ややこしいですが、甲羅の内側のカニ味噌は臓器の一部で肝臓と膵臓を一つにしたようなものだそうで [続きを読む]
  • コウナゴ干しの手伝い
  • 畑で仕事をしているとHIさんから奥さんが浜に手伝いに行っていて、一人で出来ないからコウナゴ干しを手伝って欲しいと電話があり、手伝って来ました。震災後は漁師の人が集合団地に住むようになり、自宅で煮たり、干したりが出来なくなったので、HIさんのところに持ち込んでやってもらっているようで、持ち込んだ人とHIさん夫婦で人手は足りてしまうので、7年ぐらいコウナゴ干しを手伝ったことがなく、本当に久しぶりです。 [続きを読む]
  • 山ウドの芽が出た!
  • 山ウドの芽が出ていました。海辺に自生していたものを移植して6年になり、株も大きくなっているので今年もたくさん収穫出来そうです。 ■芽が出た山ウド山ウドは生でも食べられる唯一の山菜ですが、灰汁が気になる人は皮を剥いてすぐに3%の酢水に5分ぐらい漬けて食べれば美味しく食べられます。生に味噌やマヨネーズをつけて酒の肴にするのも良いですが、我が家では剥いた皮はキンピラにして食べ、茎は味噌汁や酢の物、先端部 [続きを読む]
  • 三つ葉アケビの花
  • 畑の脇に三つ葉アケビの花が咲いていました。アケビには三つ葉アケビと五つ葉アケビの二種類があり、三つ葉アケビは標高の高いところ、五つ葉アケビは平地に自生するようですが、何故か平地の我が家の周囲には三つ葉アケビしか自生していません。アケビは3〜4年で実をつけるそうですが、まだ、実をつけたことはありません。そろそろ実が生っても良いころなので楽しみです。 ■三つ葉アケビの花三つ葉アケビの皮を味噌炒めにして [続きを読む]
  • ニホンタンポポ発見!
  • 西側斜面のイチジクの木の周りにタンポポが咲き始めたので、セイヨウタンポポだと思い気にもしていませんでしたが、たまたま、今日鹿狼山にニホンタンポポが咲いていたので、気になって良く見ると、何と!ニホンタンポポでした。しかも群生しているのです。 ■ニホンタンポポ ■セイヨウタンポポニホンタンポポとセイヨウタンポポの違いは顎が下向きか上向きかで見分けます。3年ほど前に敷地の中に数株自生していたので移植してや [続きを読む]
  • ショウジョウバカマ・カタクリ群生地の整備下見
  • 鹿狼山のショウジョウバカマ・カタクリ群生地の整備を”しんち未来塾”のメンバーが引き受けてもらえないか検討してもらっていましたが、やってもらえそうなので、今回は群生地の場所と鹿狼山の魅力をもと理解してもらうため、春の山野草や公に出来ない植物の素晴らしい植生の実態を見てもらいました。 町や共有林の地主にも説明が必要なため、具体的な活動内容を計画書にして提出してもらい、実施してもらうつもりですが、ショウ [続きを読む]
  • 新造船祝い
  • 友人のOHさんの漁船が松川浦の造船所で進水式を終えて、お披露目するため11時ごろに釣師漁港に入港するというので、早めに行って待っていました。OHさんは町ではちょっとした有名人で、山田徹監督の「新地町の漁師達」という原発事故後の漁師の姿を描いたドキュメンタリー映画(第3回グリーンイメージ国際環境映像祭大賞受賞)に出演し、東京、仙台、南相馬などで上映会を開催していますが、今回の新造船をNHKで4月25 [続きを読む]
  • 右近清水の桜が満開だ!
  • 右近清水に水を汲みに行ったついでに桜を見て来ました。今年の桜は蕾が膨らんでから満開になるまでが早かったので、あっという間に満開になりましたが、菅の沢溜池の周囲にはソメイヨシノ、カワズザクラ、ウコンザクラ、などいろいろな種類の桜が植えてあるので、満開の時期がずれるのと、ここ数日間、気温の低い日が続いているので、その分長く桜を楽しめそうです。 今日は生憎の曇り空で気温が低く、肌寒く朝早いこともあり、見 [続きを読む]
  • ツクシの群生発見!
  • 漁港に向かって降りる傾斜地にツクシが一面に生えていました。鎌で刈るほど生えていて、あまりの多さに唖然としまうほどです。昔は佃煮や卵とじ、天ぷらなどにして食べたりしたものですが、栄養価が高く美肌効果もあるそうなので、女性にはお勧めかも・・・”ツクシ誰の子スギナの子”と歌にもあるので、大きくなるとスギナになると思っている方もいるかもしれませんが、スギナなの子供ではありません。ツクシは胞子を飛ばすための [続きを読む]
  • イワウチワ満開!
  • イワウチワの見学に行って来ました。藪の中を山奥まで分け入って毎年、見に行っていますが、丁度、満開で足の踏み場も無いほど一面に咲いています。(写真では奥の方がわかり難いのが残念です。)後、数日で散ってしまうかもしれませんが、これだけの群生地は少ないのではないでしょうか? ■満開のイワウチワ盗掘の可能性があるため、自生地は明かせませんが、2ヵ所の群生地を見てきました。どちらも見事に咲いていましたが、藪 [続きを読む]
  • オケラが出て来た!
  • 時間が空いている時に畑の一部に小石がいっぱい混じっているので、30cmほど堀り、フルイをかけて取り除いているのですが、スコップを入れた時に驚いたのか?土の中からオケラが飛び出て来ました。昔は田んぼの中などに結構いたのですが、最近では少なくなっているようで、オケラを知らない人も多いのでは・・・かくいう私もオケラを見るのは数年ぶりです。 ■出て来たオケラオケラは卵から孵ってから成虫になるまでのほとんど [続きを読む]
  • ハヤトウリの種植え
  • 去年は種の芽出しに失敗した上に風でやられてしまい、種用に3個採れただけです。新聞紙に包んで保管していたその種をポットに植えました。根が張り、定植出来るようになるのは5月中旬頃だと思いますが、それまで上手く育ってくれれば良いのですが・・・ ■ハヤトウリの種残念ながら今年は白い種が無いので、定植する時期までに手に入れたいのですが、ホームセンターでは売っていないことが多いので、手に入らなければ青い種だけ [続きを読む]
  • 畑は敵だらけ!
  • 少し肌寒かったのですが、日々やることが多くなって来たので、朝食を済ませてから直ぐに堆肥を入れて畝を耕し、ホウレンソウ、大根、人参の種を蒔きました。 ■ホウレンソウ、大根、人参の種蒔き大根は出たばかりの芽を野良猫が踏み潰したり、スズメが砂浴びをしたりして、駄目になるのを防ぐため、防虫ネットを被せました。ホウレンソウの畝には既に猫の足跡が付いていました。 ■カラスに穴を開けられた種袋2時間ほど用事で作業 [続きを読む]