蹴蹴 さん プロフィール

  •  
蹴蹴さん: 遅咲指導者禄〜あの日見た夕日〜
ハンドル名蹴蹴 さん
ブログタイトル遅咲指導者禄〜あの日見た夕日〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rio_de_abril
サイト紹介文とある田舎町で少年サッカーの指導をしている4級審判員、C級指導者ライセンスを持つオヤジのブログです。
自由文16歳でサッカーをやめ、息子が少年サッカーに入団したのをきっかけに再びボールを蹴るようになりました。
18年ものブランクがあり、30代にも関わらず4級審判員の資格を取り、少年サッカーに関わり始めました。
最近、C級指導者ライセンスも取得し、よせば良いのに地区トレセンの指導までしています。
サッカーに関する事を色々と書いて行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 23日(平均6.4回/週) - 参加 2009/11/11 20:37

蹴蹴 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 嫌いな物
  • どうでも良い話。蹴蹴の嫌いな物。■クモちっちゃいのは平気。足を含めて50mm超える位から嫌。屋外にいる「ジョロウグモ」とか「コガネグモ」とか大っ嫌い。でも、今現在、蹴蹴ん家の軒先には大量にいる。ちょっと離れて通る。家の中に出る大きなクモも大っ嫌い。ちょっと調べたら、よく見るのは「アシダカグモ」っていうらしい。それとは明らかに違う「ネズミ色した、腹のボテッとした産毛の生えたやつ」もレアだが出現する。蹴 [続きを読む]
  • それはやめて
  • 3種以降はどうか解りませんが、4種の試合で副審をしていて、たまにある出来事。公式戦ではあまり無いのですが、カップ戦とかでありがちです。もう既に順位が確定している消化試合的な試合で起こります。審判配当を確認して「あぁ、これはかなりのワンサイドゲームになるなぁ。」と予測出来る事があります。それで、さりげな〜く前半が忙しいであろうサイドの旗をゲットします。蹴蹴は面倒事を先にやっつけたい方なので、後半が暇 [続きを読む]
  • 夜の懇親会
  • カップ戦等で行われる夜の「懇親会」。こちらも「繋がり」を作る為には有効だと感じます。ただし、この懇親会、気を付けなければならない事もあります。2日間大会であれば、当然ですが翌日も試合です。二日酔いで選手に会いますか?審判配当もありますよ?翌日走れますか?要は飲み過ぎ注意って事。これが結構、難しい・・・。また、呑んだ席で約束や練習試合の打診をしない事も大切だと思います。憶えてませんよ。「あれっ、どこ [続きを読む]
  • 記憶
  • 蹴蹴の最古の記憶。「どこかの公園。 人は沢山いた。 ロープで区切られた芝生の上にいる。 蹴蹴がロープの方に歩いていくのを誰かが止めようとして、 間に合わずに、蹴蹴はロープに引っかかって転ぶ。 そして、それを見て、恐らく両親と姉かな、にこやかに微笑む。」周りの景色も、一緒にいたであろう家族の顔もおぼろげ。古いフィルム映像みたいな記憶。多分、よちよち歩きだったので、1歳そこそこかなぁ。良く憶えてるもん [続きを読む]
  • 指導者が外に出るメリット
  • サッカーに限った事ではありませんが「指導者が外に出る」ってチームにメリットがあると思います。やめちゃうとか、移籍とかって事ではありません。トレセン活動や、指導者講習会とか、チーム活動以外に顔を出すって事です。色々な性格、考え方の指導者がいるでしょう。でも僕は「指導者は外に出た方がチームのためになる」と思っています。理由は色々とありますが、思いつく事を。トレセン活動や指導者講習会。直接的な事を言えば [続きを読む]
  • コントロール
  • 試合中にベンチから聞こえる声は様々ですよね。色んなチームがありますよね。少年サッカーで多いなぁと感じるのが「ベンチがリモコンを持ってるチーム」です。「○○が空いてる、パス出せ!」「そこはもう、バックパスだ!」「中からは無理だ、サイドから崩せ!」「サイド変えろ!」・・・・等々・・・。ウチの少年団の代表がこんなタイプでした・・・。他のチームの選手がこの手の指示でどう動くのかは良く解りませんが、ウチの選 [続きを読む]
  • 人の成長を邪魔するやつ
  • 蹴蹴には既に成人して就職した息子がいます。彼も僕が今監督を務める少年団の卒団生です。それきっかけで指導者になったんですけど。彼が小学5年生の時に入団しました。その1つ下の学年が最悪の世代だったのです。人の失敗は全力でけなす、自分のミスは知らん顔。相手が上級生でも大人でも一緒です。例えば自分のコントロールミス。たまたま別の選手の近くに転んだら、それをパスだと言い張り、その選手がコントロールミスしよう [続きを読む]
  • それな
  • 10年弱、少年団で選手を見てきて感じる事。それは、能力のある選手ほど「練習嫌い」な傾向があるって事。「もっと真剣に練習すれば良いのに・・・もったいない。」そんな感じです。もっと上を目指せるのにって思います。今まで1人だけいました。能力もあって、練習も真面目にする選手。ナショトレ選考まで行きました。子供目線で考えると「俺は練習しなくてもチームで1番上手だから。 地区トレにも入ってるし。」多分、そんな [続きを読む]
  • 漫画好きな蹴蹴
  • どうでも良い、蹴蹴の趣味の話。蹴蹴はNexus7というタブレットを愛用しています。もう随分前のモデルですが、結構便利です。4年位前かなぁ、会社の若いのが「蹴蹴さん、これとかいります?」とUSBメモリーを持って来ました。大量の漫画データが入ってました。「自炊したんだろう、きっとそう。自炊、自炊。 大変だったねぇ〜、こんなにたくさん。」と自分に言い聞かせ、全てコピーさせてもらいました。全てタブレットに [続きを読む]
  • 選手交代
  • 先日の話と少しかぶりますが、選手交代の話です。公式戦では無く、カップ戦とかの話。いつも出席してくれる選手、でも試合に出してあげられない選手っていますよね。4年生以上になれば先日も書いた通り、タイミングを見て底上げをします。2年生とか、3年生とかの話です。遠くの会場までやって来て、ユニフォームも着て、ベンチに座ってお兄ちゃん達を応援してくれている。出来れば出してあげたいのです。皆さんはどんなタイミン [続きを読む]
  • ノートPCの放電処理
  • 少し前に知人から聞いた面白い話。その知人は区の会計を担当していたらしい。年度末になって会計報告書を作る際、愛用のノートPCに異変が・・・。画面が真っ暗で何も映らなくなってしまったらしいのです。HDMI接続でテレビに画面を拡張して、その場をしのいだらしいです。「修理に出すとハードディスクを初期化されるから面倒」という理由でその後もHDMI接続でごまかしていたらしいのです。でも流石に面倒になり、意を決 [続きを読む]
  • トーキックの話
  • 先日、交流のあるチームから招待を受けてカップ戦に参加させて頂きました。対戦チームの選手が「トーキック」でパスを出しました。するとベンチから「トーキックじゃなーーーいっ!」と怒りの声が・・・。「何で?」と思いました。選手の判断で、その時はトーキックがベストだったかも知れないし。トーキックしなかったら、ボールを失ってたかも知れないし。何だか昔から「トーキック=悪いキック」みたいな感じがあるけど、僕はそ [続きを読む]
  • 椎間板ヘルニアの話:Vol−03
  • 2014年10月、椎間板ヘルニアと診断されました。僕は椎間板ヘルニアになったら必ず手術するもんだと思っていたのですが、違うようです。余程の事が無い限り、今は保存療法が主流だそうです。余程の事とは「歩行困難」とか「排便障害」とかだそうです。椎間板ヘルニアになる場所というのが、神経のあつまる結構デリケートな部分なんだそうです。なので、手術にもそれなりのリスクが伴うし、手術したからといって良くなるとも限 [続きを読む]
  • 続・解る人には解るはなし
  • ■なんだかチクチクするなぁ〜と思ったら、靴下に切り子がからまってる。■8−10のスパナを手に取ったつもりが、11−13のスパナ。■配線が終わり火入れの時、電源スイッチを押すも電源が入らない。配線の邪魔だと外したMCのリレーが入ってない。■なんだか手が痛い。インシュロックの切り口で何カ所か切れて血が出てる。■盤配線の時、番号チューブが逆な事に気づき端子を切ってやり直そうとするが、向きを直さずそのまま [続きを読む]
  • 交代のタイミング
  • 選手交代のタイミングって難しいぁと思います。11人制ならば交代時はプレーが止まりますが、8人制はプレーが止まりません。自由な交代、それはそれで良いのですが、ベンチから見て逆サイドのDFとか、タイミングが難しい・・・。一度、近いサイドにポジションチェンジしてからって方法もありますが、それだとしばらくミスマッチな状態が発生したり・・・。交代でバタバタしてる間にピンチって、たまにあります。せめてベンチの [続きを読む]
  • 椎間板ヘルニアの話:Vol−02
  • その日は突然やって来ました。10月中旬位だったと思います。病院で処方される薬の凄さに感心しながら普通に生活出来る様になってました。朝、会社へ行こうと腰をかがめて靴下をはいていた時です。再び「ビィッキィーーッッ!!!!」と来ました。30秒位、身動き出来ず。そのまま何とか出社し、少しづつ痛みも引いて来ました。翌日にはほとんど痛みも無くなり「結局、あれは何だったんだろう。」と思ってました。数日後の朝です [続きを読む]
  • 解る人には解るはなし
  • 僕は産業用の自動機を制作するエンジニアです。機械設計、電気設計、組み立て、配線、現地立上まで全て1人で行います。部品供給機、組立機(Assy機)、検査機、パレタイジング装置、ちょっとした治具、何でも作ります。PLCやTPはK社が好き。O社はまぁまぁ。M社は大嫌いで、改造依頼のあった装置にこのM社のPLCが搭載されているとテンションが下がる。ラダーの組み方は結構クセがあると思う。昔は自己保持回路派だっ [続きを読む]
  • 椎間板ヘルニアの話:Vol−01
  • *前回の投稿で「今は暇」と書きましたが、2014年は1月からずっと忙しかったです。*月の残業は平均で60時間を超え、この9月は120時間位だったかなぁ。*暇な時は暇、忙しくなるとこんな感じ。上司にタイムカードを取り上げられる・・・。*結構なブラック企業でしょ(笑)。・・・2014年9月中旬でした。その日は朝から何回か会社のフォークリフトで工場内の荷物を運搬していました。何回目かの乗降時「ピキッ」と [続きを読む]
  • 再開のきっかけ
  • 先程の投稿でも少し触れましたが、最近、暇なのです。なので、1日中少年サッカー関係のブログを読んでいたりします(仕事しろ)。で、自分はどんな事書いてたっけなぁと思い、読み返してみました。意外にも「結構、ウケそうな事書いてるじゃん」となったんですが「3級審判受験記録」シリーズが中途半端だと気付きました。完結させてない自覚はあったのですが、あんなに半端なところで止まってたっけなぁって。Vol−01から読ん [続きを読む]
  • 5年分を駆け足で
  • 5年もあれば、色々とあった訳で・・・。駆け足で振り返ってみたいと思います。順不同です。■3級審判員になった。 興味のある方はシリーズVol−01からどうぞ---3級審判受験記録_Vol−01■椎間板ヘルニアになった。 身体的な一番の変化です。今でも急に症状が出たりします。■長男坊が就職した。 そろそろ僕の年収を超えるかも(泣)。■次男坊の就職も決定した。 その後次男坊も高校へ進学し、来春には就職。■再 [続きを読む]
  • 3級審判受験記録_Vol−17
  • はい、大丈夫です。生きてましたよ(笑)。もう5年も放置してました・・・。記憶をたどりながら、責任を持って完結まで・・・。・・・・3級審判の実技試験でU18の1部リーグ、N学園対H高校の90分ゲームを担当する事になった可哀想な蹴蹴。「試合前のアシスタントレフリー(以降AR)との打ち合わせもしっかり見られるんだろうなぁ」と考え、開始15分位前には両ベンチ間でARを待っていました。すると両チームの監督が何やらボソボソと [続きを読む]
  • 過去の記事 …